FC2ブログ
STU48 3rdシングル 7月31日発売 予約受付開始 new2.gif
Amazon 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
タワレコ 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
指原莉乃卒業コンサート Blu-ray&DVD 予約受付開始
Amazon SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
タワレコ SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
楽天ブックス SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
セブンネット SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
DMM new2.gif SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD-BOX / DVD

チームK4th「最終ベルが鳴る」公演開幕 & 大堀恵重大発表(5/31 チームK 4th 1回目)

※ 曲名はスクランブルエッグ編集長のブログ からの引用です。

■抽選
キャンセル(抽選対象内)は11番まで、実質8人程度だった模様。

抽選。盛り上がっていた。

110→50→120→10→80→130→40→231→170→210・・・

15巡くらい。上手ブロック後方。

■チームK16人&研究生6人公演


■公演前の影アナ
梅田彩佳 「チームKとしては1年ぶりの公演ということで、みんな気合が入ってるので、みなさん盛り上がってください。梅田彩佳でした」客、拍手

■開演直前に
客席から「チームK」コール発動。1分ほど。

コール終了後、客、拍手

「カヨ~」や「ノロさ~ん!」「サエ~!」などの声援

緞帳の向こうから宮澤? 気合入れのような掛け声が3フレーズほど聞こえてきた。
そのたびに客席から「ぅお~!」。

最後に「AKB フォーティ、フォーティーエイト!」といった掛け声。客、拍手


■公演スタート
19時2分、オーバーチュアー

◆M1「マンモス」(全員ソング)
◆M2「最終ベルが鳴る」(全員ソング)
◆M3「ボーイフレンドの作り方」(全員ソング)
◆M4「偉い人になりたくない」(全員ソング)

■MC1 自己紹介
MC秋元才加 「みなさん、おまたせしました!」客、大拍手

「AKB48」
みんなで「チームKです」客、拍手。しばらく続く。

秋元才加 「AKB48、チームK4th、最終ベルが鳴る公演、オープニング、マンモス、最終ベルが鳴る、ボーイフレンドの作り方、偉い人になりたくない、 4曲続けて聴いていただきました」客、拍手

「1人ずつ意気込みを・・・」云々

1列目。上手側から順に。
野呂佳代 「この4thステージ、最終ベルが鳴る公演、ちょっとよく考えてみたら、私とか大堀さんは最終ベルが 鳴ってるんじゃないか」客w「チームB、浦野もテレビに出て調子に乗ってる場合じゃない」客w
小野恵令奈 「そういう意味? もっと前向きな意味じゃないの?」
野呂佳代 「そんなこと言うと10年後知らないよ」客w

梅田彩佳 「I love ダンス」客、手拍子(パン、パン)「you love ダンス」パンパン「shall we dance」パンパン 「フ~!(照れ笑い) 梅田彩佳です」客、拍手。しばらく続く。

「やっぱり楽しいって、すごいと思いました。緊張したんですけど、上がった瞬間に1年半ぶりの ブランコ、、じゃない、ブランクを感じさせないくらい」がんばりました

野呂佳代 「みなさん、ただいま!」客、少し間があってから反応
「時差があっても仕方ない」客、軽くw「なにぬね!」客「ノンティ~」

「私は、野呂ってこんなにキレイなんだ、こんなに羽がここにくっついてるんだ、 そういうとこをどんどん見せて行きたいです。your looking(?)。楽しんで行きましょう」

秋元才加 「みなさん、こんばんは! 強く気高く美しく、秋元才加です」

「私は大好きな劇場に」やっと戻って来れました。
「かっこいい面、たまに垣間見せるちょとかわいい面を見せていけたらと思います」

客。声援&大拍手
小野恵令奈 「みなさんの顔を見るの久しぶりで、すごいタカまってます。久しぶりのチームK公演ということで 気合入れてがんばりますのでよろしくお願いします」

成瀬理沙 「中学3年、14歳の、成瀬理沙です!」客、拍手

「私はですね、チームKとしてはK公演初めてなので、自分らしさを出せるようにがんばるので、応援よろしくお願いします」客、拍手

以上、ハケる。

2列目。上手側から順に。
大島優子 「変幻自在のビー玉アイランド、大島優子です」

「お久しぶりです。初日から声がガラガラになってしまったんですけど、がんばります。 新生チームKになってから梅ちゃんと一緒に踊れて本当に嬉しくて、近くにいると微笑んでますね。 あ~いる~、梅ちゃんだ~と。もっちぃやなるるがチームKに入って、今までと違った新しい色を出せればと思います」

増田有華 「焼きたてのたこ焼きより熱い歌を届けます、大阪出身の増田有華です」

「みなさん、メッチャ元気ですね」客、反応
「舞台に出る前から「チームK、チームK」言ってくれて涙が出そうになりました。1人1人の個性が 引き立ったいろんな面を見せていけたらと思います。今日も最後まで盛り上がって、いくで~!」客、ぅお~

宮澤佐江 「歌って踊れる陽気な操り人形、ゲンキンクイーン、宮澤佐江です」

「も~、会いたかったです、みんなに」客、拍手
「このメンバーと1年ぶりくらいですけど楽しみで。チームKでしか出せない面を見せていきたいので、 みなさん要チェックしてください」

奥真奈美 「中学1年、奥真奈美です」云々

「えっとですね、チームK復活ということで、もっちぃやなるるが新しく加入して、 一緒に盛り上がっていけたらと思います」

早野薫 「オーケー、イケイケシャイニング~、早野薫です」客、拍手

「今の気持ちはただいまという感じなんですけど、4thではかっこよかったりするけど、 かわいかったりするけど、いろんな私を見てください」

倉持明日香 「みなさん、こんばんは。チームKにやってまいりました、倉持明日香です」客、拍手&声援 「ありがとうございます」

「最初1曲目からすごい盛り上がってくれて本当に嬉しいんですけど、みなさんに負けないように 楽しみたいと思います。みなさんもメンバーのフリをよ~く見て、覚えて帰ってください」客、軽くw

3列目。上手側から順に。
小林香菜 「国数社理~『できません』」客w&え~
「アドリブばかりじゃ『いけません』得意教科は休み時間、その名は!?」客「かな~!」※二重カッコ内は他メンと一緒に

「意気込みはですね、16歳から17歳に進化を遂げたんですよ。5月17日に誕生日だったのですが、 今まで初日はちゃんとできるかな?不安ばかりでしたけど、ダンスかかってこい!」客、ぅお~! 「歌だって」客、ぅお~!「いきご、、意気ごい、、」客、軽くw「意気込みは、 このステージに来たので雄叫びをあげるくらいがんばります」

河西智美 「1ヶ月ぶりの公演、しかもチームKは1年ぶりですごい楽しい気持ち(?)なんですけど、チームKらしい とも~みをみなさんに見ていただけたらと思います」最後に「1分でも2分でも3分でもとものことを見てください」

佐藤夏希 「1+2=Nなっち~。今まではとうもろこしの小さな粒でしたが、いつか弾けるポップコーンになりたい、佐藤夏希です」

「この日を待ちくたびれて、待ち焦がれて。。そのヘンよくわからないのですけど。初日の意気込みは、 盛り上がっていくぞ~!」客、ぅお~! 「いい汗かくぜ!」客、ぅお~!「チ~ム、K!」客、ぅお~

松原夏海 「みなさんご一緒に。うん、みんみんみん、なっつみぃ! 高校生17歳、松原夏海です」

「新しいチームKに変わったので、新しいチームKのソウル、魂をみなさんに見ていただきたいと思います」客、軽く、ぅお~&拍手

大堀恵 「ハ~イ、どうしましょう、最終バッターになってしまいました。マイク近づけたら「フ~」って言ってください。 ライクアバージン?」客、フ~「素敵♪ めーたんこと大堀恵です」客、拍手

「ほんとに1ヶ月ぶりで、寂しさを、みなさんに会えない寂しさ・・・、チームKが新生チームKになって このステージに立てて本当に嬉しいです。1人1人熱い魂なので、みなさんにもどんどんぶつけていきたいです。 みなさんも熱く盛り上がりましょう」

「チームK4thステージ、最終ベルが鳴る公演、メンバー全員、ここが正念場だと思ってるので」客、正念場に反応

「そうなの。正念場なのよ、ここが。みなさんも最後まで全力で応援よろしくお願いします」

河西智美 「それではまずはこのユニットからどうぞ」


◆M5「リターンマッチ」(秋元、野呂、梅田、成瀬)
◆M6「初恋泥棒」(小野、奥、早野)
◆M7「ごめんねジュエル」(大島、宮澤、増田、倉持)(DB→大家、冨田、北原、鈴木、指原、中西優)
◆M8「おしべとめしべと夜の蝶々」(河西、大堀)
◆M9「16人姉妹の歌」(小林、佐藤、松原)

■MC2
小林、佐藤、松原

佐藤 「リターンマッチ、初恋泥棒、ごめんねジュエル、おしべとめしべと夜の蝶々、 私たちが歌わせていただきました16人姉妹の歌。みなさん、いかがでしたか?」客、拍手

小林 「圧倒的に私たちの曲でしょう」
松原 「それはね、企画モノだから」客w
佐藤 「さっき言いましたが、このユニットに倉持明日香ちゃんが入ってたんですけど、 いつの間にか何キラキラな衣装着て」云々。客w
小林 「みんな、このユニット嫌いなの?」
佐藤 「私は、小林とは、、」客w
小林 「(松原に)嬉しいでしょ?」
松原 「ごめん、、」客w
小林 「ユニット構成は私じゃないから」客、軽くw
佐藤 「それは秋元先生に・・・」

小林 「トリって、紅白のトリも一番(最後で)偉いんだよ」
佐藤 「違うよ。鳥違いだよ」
誰か「巣までできてる」「何で鳥持ってるの?」
小林 「ゲットしたの」1羽は普通に持ってて「もう1羽は逃げそうなので、格闘してる」
佐藤 「鳥2匹・・・」
小林 「見たかったら最前に座ってください」客、反応

小林 「みんな、どのユニットが好き? 衣装を着たい?」云々
佐藤 「私はキラキラのジュエル」
松原 「私はリターンマッチ。イスとか使ってるし」
小林 「私は、めーたん」客w 客、あれこれと「無理って!」

「今までやったことないセクシーな曲、今回来るかな~? また着ぐるみかも。そしたら こんなメルヘンチックな」客「かな、かわいい~!」客w

「みんなユニット、どんどん個性を出せていけるように、もっといいものにしていけたらと思います」

佐藤 「後半戦、まだまだ続きます。どうぞ」


◆M10「Stand up」(全員ソング)
◆M11「Coolgirl」(全員ソング)
◆M12「回遊魚のキャパシティ」(全員ソング)

■MC3
前半 → 河西、奥、梅田、宮澤、早野、大島、倉持、野呂

大島優 「Stand up、Coolgirl、回遊魚のキャパシティ、3曲聴いていただきました」客、拍手

「初のユニットお披露目をしたのですけど、いかがだったでしょうか?」客、拍手

「王子風のをやってみたんですけど、いかがでしたか?」
野呂 「けっこう我が家で評判よかったですよ」客w
「お母さんが「カヨちゃんが一番」。なんて子想いの親」
大島優 「親バカ」
宮澤 「ペガサスの時より男性っぽい」
野呂 「そうですよ。あの時より確実にレベルアップ」してます。
「役に入ることは大切だと。歌も歌えて踊りもできて、役に入り込むことできて、女優もできて、 お笑いもできて」客、ぅお~

梅田 「相手役のさやかをその時だけ好きな人と思って」客、ひゅ~
大島優 「レッスンの時、ヤバイ、本当にさやかにキュンとした、って言ってたよね」
宮澤 「さやか、イケメンだよね」客w
野呂 「成瀬さんも、すごい切なそうな表情ですよ。うちの成瀬さん」客w

宮澤 「まーちゃんとかおりん同じユニットだね」云々
「ずっと一緒だよね、ほねほね以外は」
大島優 「ずっとじゃないじゃん」云々
早野 「バイバイバイも違ったじゃん。まーちゃん大雑把過ぎ!」
梅田 「そんなに怒らなくても」
野呂 「ケンカするな」

宮澤 「とも~みは、緊張する?」客、ひゅ~
河西 「ほんとすごい緊張するし、フリがもっとエッチだったんですよ」客、反応
「これはまずい(ということで)2、3回変わって今に至る」
客「見たい」
河西 「本当にマズイんです」
宮澤 「緊張する? 雰囲気すごい」
大島優 「あれ見てすごいおもしろかった」
河西 。憮然とした表情。
大島優 「キレイなんですけど、途中「どうかしら~♪」」大堀のマネ。カマっぽい口調。客w&拍手 
宮澤 「今の何?みたいな」

野呂 「1ヶ月ぶり・・・」

上手袖に大堀が現れ
大堀恵 「あらら~、ど~したの?」例の口調で。客w


メンバーチェンジ。

後半 → 大堀、佐藤夏、小野、秋元、増田、小林、成瀬、松原

誰か「かわいいでしょ?」客、拍手
秋元才加 「どうですか?この衣装」客、拍手&かわい~
「さやかがかわいい?」

大堀恵 「さっきとも~みも言ってたのですが、フリが何度も変わり、イントロが何度も変わって、 最後にギリギリに決まった。とも~みと、ちょっとこれやり過ぎじゃないかって。見せられる範囲でOKが出た」
増田有華 「ソバで見て、初めて身体が固まると思った」客w
佐藤夏希 「研究生、目を伏せてた」子がいた
大堀恵 「そんな子がいた!?」
佐藤夏希 「恥ずかしいって、みんな」
秋元才加 「私、ご飯食べられなくなった。なんかもうお腹いっぱい」
大堀恵 「さやかがその後に「めーたん、いいよ」アレでがんばろうと思った」

誰か「レッスンの思い出について」テーマ

松原夏海 「かなちゃんは最初ダンスが苦手でしたが、ダンスリーダーになり、ダンスキャプテンになり、ダンスマスターに昇格しました」客、拍手
小林香菜 「2年半、16ビート踏めなかった子が、何だっけ? ダンスマスターに」
大堀恵 「ダンスの先生にマスターって言われた」客、拍手

「(私がダンスを)覚えられなかった時に、先生が・・・。ダンスマスターとマンツーマンで」
小林香菜 「めーたん、こうやって足を出すと言っても出さないんですよ」
大堀恵 「ダンスマスターの教え方、特殊で。(普通は)ワン・ツー・スリー・フォーじゃないですか。 チユウチユウチユウチユウ~」客w「なぜか覚えられた。楽しかった」
増田有華 「めっちゃ楽しそうにやってた」
小林香菜 「あと、ワンチユウ~、スリーチユウ~」
秋元才加 「チユウの話いいや」客w

成瀬理沙 。ひまわりでは秋元さんとダブルキャストで同じステージに立てなかったのですが、
「今こうして一緒に立ってる。意味わかんないです」客w
秋元才加 「お揃いのカチューシャ付けてまんがな~!」

小野恵令奈 「休憩時間にまなみとコンビニに5分で」
佐藤夏希 「行くんですよ」
小野恵令奈 「普通に歩くと15分のところを5分で」
佐藤夏希 「若いっていいね」

小野恵令奈 「そんなこんなわけで、この公演始まったばかりですが、いろんなところに注目してください」

「最後の曲です」客、え~!

「会いに行こう」

◆M13「会いに行こう」(全員ソング)

曲終了後、メンバーはける。

■アンコール休憩
客「チームKコール、行くぞ~!」客、ぅお~!

「チームK」コール

◆EC1「シャムネコ」(全員ソング)
◆EC2「メロスの道」(全員ソング)

■MC(お礼と感想)
MC大島優子 「チームK4th、最終ベルが鳴る公演、いかがだったでしょうか?」客、拍手

「ここで1人1人お礼を言わせてください」

1列目。上手側から順に。
倉持明日香 「ちょっと自分では食いの残る部分があったんですけど、みなさんが盛り上がってくれて最高の 初日になりました。みなさんに負けないようにもっともっと練習して・・・」

宮澤佐江 「ひまわりセカンド公演が終わってから1ヶ月ぶりの公演で、みなさんの前で歌って踊れることが 本当に本当に楽しくて、このステージに立てて嬉しいです。この気持ちを忘れずに突っ走っていきたいです」

増田有華 「あっちからこっちからそっちから、みなさんが一体になってホンマに昔のチームKのころを思い出して嬉しかったのですけど」客w 「今もチームKやけどひまわりの前のチームKという意味です。言葉足らずでした」

「すごい楽しかったです。これからも一致団結して」がんばります

梅田彩佳 「楽しいです!」客、拍手
「悔しい点もありますけど、楽しさより勝るものはないと思いました。合ってるよね?今の」客、拍手

大島優子 「まだ実感が沸きません。まだスモークが夢の中のモヤみたい。通し稽古をやってるみたいです。 今日のすごい盛り上がりは、このまま持続。。させてください」客、軽くw

「私たちがチームK公演を盛上げていけるようにがんばります」

小野恵令奈 「やっぱり自分は緊張して、失敗が何点かあったんですけど、みなさんが盛り上げてくれたおかげで楽しい公演『には』なりました」客、には、に反応 「よかったですよ。次の公演は失敗なくみなさんと盛り上がれるように、これからもキラキラパワー全開でがんばります」客、拍手

奥真奈美 「ひまわりでダブルキャストだったえれぴょんと公演に出れて、梅ちゃんも出れて嬉しいです。 明日は3公演あるので、よかったら見に来てください」

成瀬理沙 「あ~、なるるです」客w
「1つ思ったことがあったんですけど。チームK公演はこんなに熱気に包まれて、こんなに熱くて、 こんなに汗かくんだな。これからも熱気に包まれて」がんばっていきたいです

2列目。上手側から順に。
河西智美 「楽しくて、鳥肌が立つくらい楽しかったです。明日からもずっとずっとこの楽しさを続け」られればと思います

野呂佳代 「みなさん、今日はありがとうございました」客、拍手
「私も、チームKがまた元に戻って、今回のフリやショーは楽しくて、レッスンは苦痛にならず」客、軽くw

「みなさんただいま~! それは梅ちゃんのセリフ(だと思いました)。「久しぶり」って言えばよかった」
梅田彩佳 「今言っても微妙・・・」
野呂佳代 「私が言っても白けちゃう。早く終わって、てか?」

早野薫 「ここに復帰してくれた梅ちゃんや新メンバーさんのもちくら、なるる。チームKみんなで舞台に 立てることが嬉しいです。これからもこの気持ちを持って・・・」がんばっていきます

松原夏海 「7女の私、8女のなっち、10女のかなちゃんで歌った16人姉妹の歌が、みなさんたくさん笑って くれたのが嬉しかったです」客、拍手

佐藤夏希 「1曲目のマンモスから」さきほどの曲まで「あっという間で。これからもみんなで一緒に作り上げていく チームK4th」にしていきたいです

小林香菜 「16人姉妹の歌で、めーたんのマネがウケたんですよ」
大堀恵 「ホントにウケたの?」
小林香菜 「失礼ですね。本当ですよ」
客「もう1回コール」
小林香菜 「やめて、そういうの。それは置いといて。。私が見て激しいダンスのところも、 私を見てと言い張れるように、ダンスリーダーと言われるように」客「違うよ」など.。 「ダンスマスターと言われるように、そんな人間になれるように」

大堀恵 「ハーイ。とも~みと1から練習してきたんですけど、とも~み、どこいるのよ。私の相方、ともみ~」
河西智美 。下を向く。恥ずかしそう。そして「ハイ」客w
大堀恵 「相方がとも~みちゃんでよかったなと。お互いのいい面を引き出せたら、どんどんよくなって・・・」

「チームK4th、これからもあたたかい目で見守ってください」

秋元才加 「まず最初に私たちを応援してくださったファンのみなさま、私たちを支えてくれたスタッフのみなさまに、 初日を迎えられたことに感謝したいと思います」云々

「この感謝の気持ちを忘れずに、チームKのクオリティを上げ、1人1人スキルアップして、これからも 上へ上へ目指してがんばっていきたいと思います」

締め。大島優子 「ここでみんなで一緒にステージに立てることは幸せです。この幸せを噛みしめて歌わせてください」

◆EC3「支え」(全員ソング)


■ラストソング終了後
横一列に並んだところで、下手側にいた大堀が挙手

大堀恵 「ハーイ!」客、ぅお~

「ハイ、大堀恵です」ステージ中央へ。

「今日はですね、チームK4th、最終ベルが鳴る公演にご来場いただき誠にありがとうございました」客、拍手

「新生チームK、いかがだったでしょうか?」客、拍手
「ありがとうございます」

「このような嬉しい日に、わたくし大堀恵からみなさんに報告があります」

「わたくし大堀恵。。。」






イヤな空気が流れる。






「事務所移籍が決定しました!」

客、拍手。

紙テープ発射。

客「めーたん」コール、大合唱

河西智美 「びっくりした、、。せっかくユニット練習したのにと・・・」客w

大堀恵 「移籍先は、卒業生の星野みちるちゃんと同じAZエンターテインメントに移籍が決まりました」客、拍手

「移籍第一弾としまして、来月6月13日発売の月刊キング」客、反応

「あれ? 違う? キングさんから妄撮(もうさつ)というコーナーに出させていただくことになりました」客、拍手
他メン「え~」
大堀恵 「うそじゃない。ほんと。VRT流したいから早く下ろして」

スクリーン降下。

「それではVTRを流したいと思います。みなさんに見ていただきたいものがあります」

コーナー紹介VTR、1~2分流れる。

(私は柱で半分ほどしか見えず)

客「ひゅ~」や「ぅお~」それに拍手も。反応よく。

ナース姿、最後に下着姿が映ったらしい。

VTR終了後、客「めーたん」コール

大堀恵 「まなみ? どうしたの?どうしたの? 大丈夫、大丈夫」
秋元「一気に大人の時間になったじゃんか」
奥「めーたん、いつものめーたんじゃなくなった」客w →「あ~」

大堀恵 「今回はナースをやらせていただきました。みなさん要望があれば」やらせていただきます。

「やっていい?」
奥真奈美 「ダメ」客w&拍手
大堀恵 「こういうのでやるしかないのよ~」云々
奥真奈美 「めーたんの将来があるならやっていい」客、拍手

大堀恵 「まーちゃんからお許しが出たので、今日から心機一転がんばりたいと思います」客、拍手

「どうでしたか?」
他メン「すばらしい!」
小林香菜 「VTR見て、口が渇いた」客w
松原夏海 「買うよ、買うよ」

大堀恵 「ということで、チームK初日が始まりまして、梅ちゃんが復帰して」客、拍手
「なるるやアスカと一緒にステージに立てる。今日からスタートラインということで、チームKよろしくお願いします」

「それではいつものやりましょう」

研究生バックダンサー、上手下手から3人ずつ登場。列に加わる。

横一列挨拶。公演終了

■メモ
19時2分開演 → 20時52分終演


■公演後の影アナ
梅田彩佳 「久しぶりの公演、とっても楽しかったです」

「めーたんが(あんな)空気を作った時、ほんとフザケンナと思いました。めーたんに代わります」
大堀恵 「今日はみなさん、本当にありがとうございました。梅ちゃんが復帰、なるる、アスカ(が加入して)、 本人もがんばっていくので、よろしくお願いします」
梅田彩佳 「ということで、今日はありがとうございました。気をつけて帰ってください」

■率直に書く感想 その848くらい
約1年ぶりにチームKが戻ってきた。
そして、新生チームKとしての新たな歴史がスタートした。

1年前と比べ、いろんな面で状況が変わってきていると思うので、
チームK公演が以前と同様の雰囲気になるのか、それとも違った雰囲気になるのか、 どうなるのだろうと思っていたが、チームAやチームB公演とは明らかに違った、以前のチームK公演らしい「熱さ」を感じる雰囲気であった。 まったく同じか、というとそうではないんだけど。そこはこの1年、いろんな状況が変わっているわけで。

新セットリストへの期待感、それにチームKらしい会場の雰囲気も相まって、さらに楽しく感じられたように思う。 チームK公演の客席は、アイドルのステージを見るというよりも、どちらかというとスポーツ観戦スタイルに近いような気がする。

新セットリスト。
構成は、B3やひまわりと同じ16曲。MCの箇所も同じ。
最近はこの構成で固まってきたということであろうか。

(全体4曲~MC~ユニット5曲~MC~全体3曲~MC~全体1曲~アンコール2曲~MC~ラストソング)

個人的には割と好きな曲が多いかもしれない。
80年代風味ではあるが、これまでの曲と比べると80年代色は薄いのかなと感じた。

ファーストインパクトを感じる曲が少ないように思った。

神公演と呼ばれるほど良曲揃いのB3と比べると、今回のK4はややインパクトに欠けるかなと感じた。 これからジワジワくるのか、それは回数を重ねないとわからないわけだけど。

ただ、B3については、チームBメンバーたちが曲に育てられているような気がする。
チームBは今はそういう時期でもあると思う。今回のK4は、曲に育てられるというよりも、 自分たちで色づけしていく、そういうタイプの曲が多いのではないかと思った。特に全体曲については。 自分たちのパフォーマンス如何で、今後随分と評価が変わってくるように思った。 ある意味、チームKの実力が試されるセットリストではないかと思う。

ユニット曲は、めーたんととも~みちゃんの「おしべとめしべと夜の蝶々」が 全部持っていったように思う(笑)

16人姉妹の歌。
等身大程度のメンバーパネルが出てきて1人ずつメンバーを紹介する曲。
ワッショイB!とはひと味違ったメンバーソング。なっつみぃ曰く「企画モノ」。 今後、回数を重ねていっても、いかに飽きさせないようするかがポイントだと思った。

ラストソング。1人ずつ挙手して、名前を言っていく場面。
寒気がした。。。感動した。。。

梅ちゃん。
1年半ぶりにステージ復帰。しかし足にテーピングをグルグルと。
ちょいと見ていて痛々しかった。公式ブログによると、明日以降は一部欠場があるらしい。 無理せず、徐々に慣らしていって欲しい。

■出演メンバー
秋元才加梅田彩佳大島優子大堀恵奥真奈美小野恵令奈河西智美倉持明日香小林香菜佐藤夏希成瀬理沙野呂佳代早野薫増田有華松原夏海宮澤佐江

&研究生バックダンサーズ


SKE48 25thシングル 7月24日発売
Amazon 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply