FC2ブログ
新体感ライブ 指原莉乃 卒業コンサート 販売中 new2.gif
※2019年4月28日の(生)映像の配信視聴をご希望の方は2019年4月19日18:00までに買い求めください。
予約受付開始!
AKB48Group新聞 2019年5月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年5月号 セブンネット限定生写真セット new2.gif

4月20日、21日(A4th-R)感想

既に1ヶ月以上も前の話になってしまったが、
保留していた4月19日~21日までの分の感想をアップした。

該当エントリはだいぶ流れてしまったので、アップした感想の部分を別エントリとしてアップします。 ここでは4月20日、21日分をアップします。

昨日、今日にかけて書いたものですが、基本はその日メモした内容と記憶による起こしです。


■4月20日 A4th-R 初日(1公演目)
昨年の6月26日以来となったチームA公演。
昨日のひまわり千秋楽に出演したメンバーにとっては、15時間程度しか経ってない内に新ステージに立つことになった。 新というか、リバイバルですが。

チケットはまえっちさんと連番だった。
抽選前、まえっちさんが某外人さんに「may be 1巡」とか話してたら、本当に1巡だった(笑)  そういや昨年のA4th初日も1巡だったような。その時は某R先生と連番だったっけな。。。

公演前、お兄ちゅん氏の号令の元、チームAコールが始まった。
「いよいよチームAが復活する」新鮮な気分になったが、2、3コールした後にオーバーチュアーが流れ始めた。 もうちょっと新鮮な気分に浸っていたかった。

序盤3曲は、昨年と比べたら4~5割程度のデキのように感じた。
レッスン時間がどの程度あったのかわからないが、ブランクが影響してるのかなと思った。 がっかりはしなかった。むしろ懐かしさのほうでいっぱいだった。 中盤以降は7~8割のデキ、徐々に調子を上げていったように思う。

りなてぃんとお-いぇがステージ復帰。
2人ともひまわりセカンドは不参加で、ひまわりファースト以来のステージとなった。

りなてぃんはダンスも表情もあまりブランクを感じさせなかった。しっかり今日に照準を合わせてきたような印象。 お-いぇの方は、この日が来たのでステージに上がったといったような、ややブランクを感じる動きであった。 焦らず、徐々に戻ってきて欲しいと思う。

新メンバー。亜美菜&れいにゃん。
率直に言うと、少し違和感を感じた。パフォーマンスがどうのというよりも、 どうしても昨年の16人と比べてしまうので、そういう意味で違和感を感じた。 しかし今日のステージを見ていたら、違和感を感じなくなるのは時間の問題のような気がした。


■4月20日 A4th-R 初日(2公演目)
公演前に「イェス!おーいぇ!」の掛け声が飛び交った。
なんだか懐かしかった。

ひまわりセカンド終盤に、ノゾフィスのダンスが少し上達したかな?と感じていた。 でも実際どうなのか、いまいちよくわからなかった。今日A4thを見て、昨年の同セットと比べて、 確かにうまくなってるかもと思った。ノゾフィス独特の妙なリズムも薄まっているように感じた。

帰郷でのゆかりんは、1年前はただのオーバーオールが似合う子だったと思う。
1年経って、雰囲気が出てきたというか、タレントっぽく感じられた。オーバーオールが普段着ではなく、 衣装のように感じられた。

フェイント。
1年前のともちんはあどけなさが残っており、大人な感じな曲はまだちょっと早いかなと感じたが、 今日見た感じでは、まったく違和感を感じなかった。

亜美菜のダンスのデキがいい。なぞっていない。

この1年で新規ファンがかなり増えたと思うが、1年前のA4thを見たことない人も けっこういたりするのではないだろうか。亜美菜とれいにゃんが新メンバーとして加わり、 私は以前のチームAと比べてしまい少し違和感を感じてしまうわけだが、昨年のA4thを知らない人にとっては 新生チームAがどのように映ってるのか、気になるところ。そういった人たちのブログを読んでみたいかな、と思った。


■4月20日 A4th-R 初日(3公演目)
こじはる生誕祭。
主役はこじはるではなく、ひぃちゃんだったような気がする(笑)

生誕は一体感に包まれ盛り上がる場合が多いが、たまに微妙な空気が流れる時もある。 今日の生誕は少し微妙な空気が流れる場面もあったように思う。ここ最近の2人の関係が現れていたのかも、なんて思った。

今年ハタチ。若いメンバーと違って、1日の持つ意味合いが違うと思う。
こじはるは昨年あたりから一段と脂が乗ってきたように思う。この1~2年が勝負の年かも、今の時期を逃したら ブレイクは難しいかも、なんて思った。徐々にドラマなど外での仕事も増え始めているわけで、 本人はグラビアやりたいと言ってるが、目の前の仕事を1つ1つ大切にがんばっていって欲しいと思う。

「シアターがあるからがんばれる」

その発言は、劇場が好きな私にとっては非常に嬉しい言葉だった。
今後ブレイクしても、出演回数が減ったとしても、まだしばらくは劇場にいて欲しいかなと。

「環境が変わってきてると思うんですけど」
普段のトークを聞く分には天然か?なんて思ってしまうわけだけど、意外と周りの状況を把握でき、 しっかりしてるのではないかと思う。意外と、と言っては失礼ですね。あまり表に出さないだけで、 MCなんかもすごく考えていそうな気がする。


昨年の生誕祭、こじはるおじさんが作成したお花のマイメロや等身大パネルは、つい最近のことのように思えてしまうわけで。

先日のたかみなの時もそうだったけど、こじはるも来年の生誕がおこなわれるかどうか心配していた1人。 外での仕事が増え始めたら、いつ卒業があってもおかしくないのではないかと思っていたので。 なんか、意外とそうでもないのかなと最近思い始めた。来年の生誕もおこなわれるのではないかなと楽観し始めたわけだけど、 この劇場はいつ何が起こるかわからないわけで。。。


■4月21日 A4th-R
4人が休演。研究生が4人出演した。

ゆかりんの代役は中塚智実。ちょいとハーフっぽい雰囲気。
ひぃちゃんが「クリステル」と呼んでいた(笑)そのセンス、素晴らしい。

ともちんの代役は指原莉乃であった。
チームB公演でバックダンサーを務めている時のような、か細い印象はなかった。
全然印象が違った。アンコールでは頬が上気していた。その赤く染まったほっぺがかわいらしかった。

まだほとんど染まってない、無色透明といった印象。
ステージを重ねるごとに色づいていきそう。ちょいと楽しみな存在だと思った。


AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND


Comments 1

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/06/01 (Sun) 21:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply