FC2ブログ
STU48 3rdシングル 7月31日発売 予約受付開始 new2.gif
Amazon 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
タワレコ 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
指原莉乃卒業コンサート Blu-ray&DVD 予約受付開始
Amazon SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
タワレコ SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
楽天ブックス SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
セブンネット SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
DMM new2.gif SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD-BOX / DVD

江籠裕奈 14歳の生誕祭 (2014/03/23、13時開演、チームS)

SKE48劇場 チームS 4th「RESET」公演 43回目

■出演メンバー
チームS → 阿比留李帆石田安奈磯原杏華江籠裕奈大矢真那木崎ゆりあ後藤理沙子斉藤真木子都築里佳出口陽中西優香向田茉夏矢方美紀
研究生 → 北川綾巴北野瑠華竹内彩姫

前座ガールズ → 佐々木柚香青木詩織熊崎晴香空美夕日

■開演前
熊崎晴香「チームSさんの公演では毎回公演が始まる前に前座ガールズが1曲披露させていただきます。今日は私たち4人がお届けします」

# 下手から順に自己紹介 (佐々木柚香青木詩織熊崎晴香空美夕日)

佐々木柚香「それでは歌わせてください。前座ガールズで檸檬の年頃」

◆M00.檸檬の年頃(前座ガールズ)

青木詩織「チームS公演始まります」

# 4人手を振りながら緞帳閉まる


■開演
◆M00.overture (SKE48 ver.)
◆M01.RESET
(OP → 大矢真那江籠裕奈木崎ゆりあ)
◆M02.洗濯物たち
◆M03.彼女になれますか?
◆M04.ウッホウッホホ


■MC(自己紹介)
中西優香「みなさんこんにちは」
みんなで「SKE48チームSです」客、拍手

中西優香「チームS「RESET」公演始まりました!」
メンバーたち「イェー」客、拍手

# 中西優香 序盤4曲紹介

「ありがとうございます(一同お辞儀)」客、拍手

本日のお題:江籠裕奈について

【1列目 上手側から順に】
斉藤真木子「大阪から来ました、女子大生、19歳の斉藤真木子です。よろしくお願いします」

「江籠ちゃんは5期生でSKE48に入ってきて、一時期研究生として一緒に活動してたんですけど、その時から今の通り妹キャラでいってるんですけど、ある日私、街を歩いてると江籠一家に遭遇したことがあるんですよ。その時江籠一家の江籠ちゃんは、裕奈ちゃんは弟と妹がいるんでね、その弟と妹を引き連れて、子守っていうか、お姉ちゃんらしく街では装っていて、なんだか江籠ちゃんのギャップっていうんですか? そういうのを見れて、私は家族では長女なんですけど、妹にすべてにおいてのいろんなことを抜かされてきてるわけですよ。なので江籠ちゃんを見習って素敵なお姉ちゃんになれるように、結局自分の話になっちゃうんですよね、すみません。頑張っていきたいと思います」

中西優香「巷で噂の男子系女子、中西優香です」

「今日始まる前に中西と真那と出口という1期生の3人で江籠ちゃんを取り囲んでいい意味で可愛がってたんですよ。そしたらそれを見たスタッフさんがね、「江籠ちゃん愛されてるね」って言ったんです。それを聞いた江籠ちゃんが「はい、愛されてます、知ってます」みたいなことを言ってて。えっ?江籠ちゃんがその自覚があるの超可愛いと思って」客w

「あざとい江籠ちゃんもいいなと思ったので、私もね、今日はあざと可愛くいきたいと思います。今日も皆さん一緒にテンションアゲアゲでいきましょう」

北川綾巴「あなたに必要な材料は? (りょうは!) ありがとうございます。あなたに必要とされたいな。ちょっぴりツンデレ、15歳、6期生の北川綾巴です」

「私は初期の頃、江籠さんに似てるってよく言われてたんですよ。髪型も人見知りなところも似てるって言われて、でも最近は似てないって言われます」

木崎ゆりあ「いつも心に ピース! あなたの心に ゆりあピース! エイティーンのチームS・木崎ゆりあです」

「江籠ちゃんと言えばチームSの天使担当なんですけど。やっぱその天使をね、狙う変な人たちが2人いるんですよ。その人たちを江籠ちゃんから守るべく、私とまなっちゃんと都築で江籠ちゃんを守り隊っていうのをやってて、でもこれからね、先すごい心配だったんですけど、昔は真那さんが「おいでおいで」って言うと江籠ちゃん「あっ、じゃー」みたいな感じですごい行っちゃったんですけど、最近はノータッチノーユーってちゃんと言えるぐらい」客w
都築里佳「Don't touch me」
木崎ゆりあ「言えるようにたくましくなってるんですよ。だから私もひと安心だなって、親の気持ち。ごめんね、江籠ちゃん。これからの江籠ちゃんの成長もまだまだ見ものだなと思います。なので今日の公演はみんなの成長が皆さんにお見せできるような公演になったらいいなと思います」

都築里佳「合言葉は~ ぴよす! ダンスに恋する18歳、永遠の中二病、りかちゅうこと都築里佳です」

「公演の時に楽屋の入り口のちょっとすぐ近くのちょっと小さいスペースみたいなカーテンとかでできてるとこがあって、そこが私と江籠ちゃんの荷物置き場なんですよ。いつも隣に荷物置いてて。でもね、組閣あって違うチームになってこれから隣に誰の荷物がくるんだろうと江籠ちゃんは隣にいないと思うと寂しいんですけど、少ない時間江籠ちゃんと隣の荷物置き場を楽しんでいけるように、そうですね、江籠ちゃんの可愛さを少しでも盗んで女の子らしくなれるように頑張りたいと思います、今日は」


【2列目 上手側から順に】
磯原杏華「はっはー (はっはー) いつでもどこでも全力磯原いっきま~す! 17歳のきょんこと磯原杏華です」

「私は江籠ちゃんと親友なんですけど。その親友になった、仲良くなった時の話を今日はしたいと思います。3333の呪い事件というのがありまして。私とゆうちゃんが同じ部屋になったんですよ、ホテルで。ちょうど角部屋で、ゾロ目で、ちょっとこれヤバイ感じがするぞと思い生活をしてたんですよ。けっこう長かったから。そしたら、テレビをつけて、部屋の電気をつけて、2人でベッドに座ってゆったりとテレビを見ていたら突然電気だけが消えたんですよ、部屋の。テレビはついてるのに部屋の電気だけが消えたんですよ。停電かなと思ったんですけど、停電だったらね、テレビ消えるはずじゃないですか。なのになぜか電気だけ消えて、しかも部屋の入り口って主電源あるじゃないですか、カチっていう。その主電源さらさら消えてて、これヤバイやつだと思って2人で大騒ぎしたんですけど、それが原因で2人は親友になりました。そういう怖い出来事が起きてからのそれを乗り越えてからこその今の親友の絆があるということですね」

向田茉夏「フラッフィボイス、SKE48チームSの向田茉夏、17歳です」

「私、江籠ちゃんと1回だけ一緒に帰ったことがありまして。でも江籠ちゃん、普通の方の中にいるとやっぱり隠れきれないわけですよ、美少女オーラが」
江籠裕奈「そんなことないですよ」
向田茉夏「だからほんとに、見てるこっちが恥ずかしくなっちゃって、江籠ちゃんの可愛いさってすごいなって改めて一緒に帰った時に思いました」

後藤理沙子「強化ガラスのハートの持ち主、高校1年生、16歳の後藤理沙子です」

「私は江籠ちゃんと一夜を共に過ごした話をしたいと思うんですけど、私はいつも通り裸でいたんですよ。そしたらパって江籠ちゃんを見たら、もうフリフリの可愛いお花柄のパジャマきてて、すごい気まずくなりました」

大矢真那「せ~の、M・A・S・A・N・A まさな! 名古屋のスノーホワイト、大矢真那です」

「私は江籠ちゃんのファンの方々についてお話したいんですけど。私キッズ大好きで、KDなんですよ。江籠ちゃんのおばあちゃんじゃないですよ。江籠ちゃんの握手会のレーンに並んでる方々に通りかかって「あっ、仲間ですね」って言ったの。そしたら「えっ?やめてよ」みたいな、「一緒にしないで」って言われたし、目も嫌そうな目をされたんですよ。でも、私は皆様と一緒に手を取り合ってキッズたちを応援したいのに」客w

「どうして否定するんだって思ったわけです。だから皆さん一緒にこれからもキッズたちの成長を見守っていきましょう」

阿比留李帆「あなたの あなたの あなたの中の高まりほモード スイッチ オン! チームSのりぃちゃんこと阿比留李帆です」

「私はですね、昔からアイドルが大好きで、いろんなアイドルさんを見てきたんですけど、中でも江籠はほんとに素晴らしいポテンシャルの持ち主だと思うんですよ」
江籠裕奈「ありがとうございます」
阿比留李帆「ほんとに。江籠ちゃんにはほんとに私期待してるから、私もちょっとまさにゃと一緒に手を取り合って、江籠ちゃんを応援したいと思ってるんです。でもまさにゃとかあきすんとかは江籠に対して下心があるので」
大矢真那「無いよ」
阿比留李帆「私はそこを守りつつ、江籠の良さをたくさん、李帆も江籠の良さを出していけるような存在になれたらいいなって実は思ってます。というわけで、隠れ天使コンビなので」客、反応
江籠裕奈「何でしたっけ? エンジェルズ?」
阿比留李帆「エンジェルズっていうチーム組んでるんですよ」
大矢真那「悪い癖だよ」客w&拍手
阿比留李帆「悪い癖じゃないよ。拍手しないの、皆さん。だからね、今日はちょっと天使のオーラを2人で出していけたらいいなと思います」

北野瑠華「今日も1日がんばるか! (がんばるか!) ありがとうございます。6期研究生の北野瑠華です」

「私はですね、この前「1+1は2じゃないよ!」で江籠さんとペアだったんですね。その時にチームジェラシーというコンビを結成したんですね。そのチームジェラシーを結成したおかげで江籠さんとの仲がより深まって、最近ずっと喋ってるので、今日はそんな仲良しなところをアピールできたらなと思います」


【3列目 上手側から順に】
矢方美紀「いくぞー! (おー!) ひー!ふー! みきてぃ!M! 大分県から屋形船でやってきました、チャレンジ精神旺盛なみきてぃこと矢方美紀です」

「私がよく楽屋のほうで変なことを1人でしてるんですけど、そういうやってると遠くから笑い声が聞こえるんですね。それがほとんど江籠ちゃんなんですよ。江籠ちゃんかまなってぃなんですよ。それで「おもしろかった?」って訊くと「すごいおもしろいです」って言って。そんな江籠ちゃんとやっぱり私はもっと仲良くなりたいと思うので、今日からですね、江籠ちゃんじゃなくてゆうちゃんって呼ぶことにします」
江籠裕奈「嬉しい」
矢方美紀「呼んでいいですか?」
江籠裕奈「お願いします」
矢方美紀「じゃーゆうちゃん」

江籠裕奈「しっかり者なみんなの妹になりたい、2000年生まれ、13歳の江籠裕奈です」

「私、自己紹介何喋ったらいいんだろう。1曲目からすごい声援ありがとうございます。これからもよろしくお願いします」

出口陽「ヘーイ ヘイヘイ ヘーイヘイ! (ヘーイ ヘイヘイ ヘーイヘイ!) ヘイ! (ヘイ!) ヘイ! (ヘイ!) ヘン! (タイ!) ヘン! (タイ!) あきすん! ありがとうございます。三重県出身のあきすんこと出口陽です。こんにちは」

「実はですね、昨日のレッスン中に江籠ちゃんにチョッカイをかけ過ぎて、今絶賛無視され中なんです」客w

「なんか「もう陽さん無視するから」って言われて、ずっと今日も口聞いてもらえないんですよ。江籠ちゃん♪」
江籠裕奈 → 無言で手振る (客w)
出口陽「江籠ちゃん、ごめんね」手を差し出す
江籠裕奈「(出口の手を握る) はい、仲直りしましょう」
出口陽「仲直り、良かった」客、拍手

「今やっと口を聞いてくれました、ありがとう。というわけでこれからも、私は江籠ちゃんに対して別に下心があるわけじゃないんですよ。親心なんです、完全な。なのでこれからも江籠ちゃんのいろんな成長を見届けていきたいなと思います」

石田安奈「今日も小悪魔なプレゼントをお届けしてもいいですか~? (いいです いいです いいですよ) あんにゃこと石田安奈、17歳です」

「私はですね、江籠ちゃんがチームSに入って、あることを奪われたんですよ。それは、妹キャラを奪われまして。実はね、私ずっと妹キャラでやってたんですけど、江籠ちゃんのほうが歳も下だし、妹っぽいし、これはヤバイと自分の中で思って。そしたら決定的に真那さんの対応が違いまして」客w

「もう全然違うんですよ、江籠ちゃんと私に対しての。「もうあんちゃん大人だから」みたいな。前は違ったのになーと思って悲しくなったんですけど、今では確かに江籠ちゃん可愛いし、妹っぽいし、認めました。なので、私はチームSのセクシー担当でいこうと思います」客「おー」

「そう、ねぇ、あきすん」
出口陽「いいと思う」客w
石田安奈「思ってないでしょ、心を込めて」
出口陽「思ってるよ」客、軽くw
石田安奈「あきすんも対応も違うので、今日はですね、大人っぽくいきたいと思います。そして江籠ちゃんの可愛さをたくさん出していきたいと思います」

竹内彩姫「あなたを彩るお姫様♪ 目指すはSKEのスイッチヒッター、14歳の研究生、竹内彩姫です」

「江籠さんと私は同級生でよく話が合うんですよ。なんですけど、私たち以外の同級生の方は馬鹿さんが多くて、話が通じないんですよね。だから、江籠さんみたいなまともなすごい先輩がいて嬉しいです」
江籠裕奈「ありがとうございます」

出口陽「チームS「RESET」公演 以上のメンバーでお送りします。この公演をみなさんと一緒にチームSの色に染めていきたいと思います」


◆M05.制服レジスタンス (都築里佳木崎ゆりあ斉藤真木子)
◆M06.奇跡は間に合わない (磯原杏華北川綾巴阿比留李帆)
◆M07.逆転王子様 (後藤理沙子向田茉夏木崎ゆりあ)
◆M08.明日のためにキスを (出口陽大矢真那江籠裕奈斉藤真木子)
◆M09.心の端のソファー (中西優香石田安奈矢方美紀)


■MC
矢方美紀石田安奈中西優香

矢方美紀「今日朝なんですけど、ほんとに3時間4時間前の話なんですけれども、ちょっと天気が晴れてたんで上見て歩いてたんですよ。桜が咲いてて。桜咲いてるんですよ。見た方います?」
中西優香「私も見ました」
矢方美紀「名古屋の開花予想は28日みたいなことを言ってたんで、早いなと思って、凄い心温まったんですね、その桜を見て。なんで、今日は皆さんに私たちからホっとするような温まるエピソードできたらなと思ってるんですけど。こういうのってやっぱ中西さんがいっぱいありそうじゃないですか」客「おー」
中西優香「そうなんですよ、やっぱり星の数ほどちょっと心温まるエピソード、心温まる中西って呼ばれてるんですよ」
石田安奈「ある?」
中西優香「うん、あるよ」客w
矢方美紀「中西さんと言えば1人でどっかこっか行くことが多いから、そういう小さな幸せ多いかなと思って」
中西優香「でも先ほど、つい先ほどなんですけど、最後のポーズでこうなるじゃん。こんな時にめっちゃ安奈いい匂いするやんと思ったよ」客、軽くw

「凄いね、いい香りするんですよ。入浴剤の」
矢方美紀「今ちょっとフローラルな香りしましたけど。フローラルとか言うと佐藤実絵子さんみたいになりますね」客、軽くw

「昭和っぽい」
石田安奈「でもなんか男の人っぽいだね、そういうところ」
中西優香「なんで? いやいやね、いい匂いのほうがいいでしょ? 今安奈のこと褒めたのにさ、そうやってけなすのやめてもらって」
石田安奈「ありがとう」
中西優香「ウィンウィンの関係でいようよ」客w
石田安奈「あーおもしろいw」

「私お家帰ってお風呂に入るんですけど、最初に」
中西優香「すぐ入るの?」
矢方美紀「だってすぐ脱ぐもん、まず」
中西優香「わかるわかる、ホテルとかでもね」
石田安奈「すぐ脱いで、お風呂に入って、出てきて、パッパで」
中西優香「すっぽんぽんのことをパッパって言うの? まっぱじゃなくて?」
石田安奈「まっぱまっぱ」客、軽くw

「まっぱで、ホットミルクを飲むんです」
矢方美紀「意味がわからない」
石田安奈「それが幸せ。ホっとするの」
中西優香「家族はどういう顔で見てるの?それを」
石田安奈「服着なさい!って言う。無視」
中西優香「全然恥ずかしくないんだ」
石田安奈「ないない、開放的になって」
中西優香「どこ心温まったのか教えてもらっていい?」客w
矢方美紀「それ体の中しか温まってないやん」
中西優香「ホットミルクはあったまるよ」
石田安奈「私自身ホってした」
中西優香「あとね、やっぱりこの間」客、軽くw
石田安奈「なんで逸らすの?ちゃんとフォローして」
中西優香「もう1コぐらいいいですか? この間駅をね、普通に歩いてたんですよ、こうやって、1人で歩いてたら、「お姉さんお姉さん、カバン開いてますよ」って言われて、「取られたらいけないから閉めたほうがいいです」って言われて、なんか別にね、私が取られようが関係ないじゃん、その人には。でもそうやって声かけてくれるなんて優しいな、なんて思ったけどクソ恥ずかしかったよ」客w
矢方美紀「でもね、そういう優しい人もね、世の中たくさんいますからね」
中西優香「いやーいい話だ・・・w」
矢方美紀「これからも私たちからの小さな幸せではなく、皆さんに大きな幸せを感じていただけたらいいなと思います」客、拍手

中西優香「後半戦はこの曲からです、どうぞ」


◆M10.毒蜘蛛
◆M11.オケラ
◆M12.ホワイトデーには・・・


■MC
◆前半:中西優香阿比留李帆木崎ゆりあ北野瑠華矢方美紀大矢真那江籠裕奈出口陽

江籠裕奈「私、今日やりたいことがあるんですけど」客「おー」

「いいですか? それはテンション上げ下げゲーム! 私、中西さんのキャッチフレーズのテンションアゲアゲ!ってやつが好きなんですよ」
中西優香「ほんと?」
矢方美紀「良かったらもう1回だけお願いします」客「おー」
中西優香「それでは皆さん今日もテンションアゲアゲで。やっていいですよ、1回」
江籠裕奈「えっ? いいですか? テンションアゲアゲ
メンバーたち「可愛い」
江籠裕奈「こういうのをやりたいんですよ」
中西優香「人が変わるだけでこんなに変わるんだね」客w
江籠裕奈「それでやりたくて、今日は皆さんにテンションが上がったこと、下がったこと言ってもらって」
矢方美紀「えっ? サゲサゲもするんですか?」
江籠裕奈「それで最後にみんなで、せーのテンションアゲアゲとかサゲサゲっていうのをやりたいんですけど、いいですか? やったー嬉しい」
メンバーたち「可愛い」
中西優香「江籠ちゃん何か例ある?」
江籠裕奈「今日陽さんにセクハラされました。テンションサゲサゲ。こんな感じでお願いします」
出口陽「私はアゲアゲだったけど」客w
阿比留李帆「やめなさい、ちょっと」

江籠裕奈「じゃー真那さん」
大矢真那「私はアゲアゲなこととサゲサゲなこと両方あるんで、アゲアゲって言った後にまだサゲサゲのこと言うので、ちょっと待っててください」客、軽くw

「握手会にちっちゃい子が来た! テンションアゲアゲ! だけどその次に来たファンの方が「5歳だよ」って入ってきた、サゲサゲ。どう見ても5歳じゃないの」客w
矢方美紀「ちなみに何歳ぐらいだったの?」
大矢真那「40ぐらい」客w
木崎ゆりあ「ウソはよくない」
矢方美紀「35歳サバ読みましたね」
阿比留李帆「それはサゲサゲだわ」

江籠裕奈「じゃー李帆さん」
阿比留李帆「きたよ。李帆ね、けっこうこういうノリのいい感じじゃなくて、ガチでサゲサゲの話してもいいですか? この間ある日寝ようと思って深夜11時ぐらい、夜中の11時ぐらいに寝ようと思って布団に入ったら携帯が鳴ったんですよ。メールが来て開いたら、誰とは言わないんですけど、とある後輩からのメールで。顔が丸くて黒くて短くて茉夏に溺愛されている後輩、誰か言わないけどそういう感じの子からメールが届いてたんですよ。開いたらその子の下着の写真が。寝る寸前にそれ見て私テンションサゲサゲっていうね」
中西優香「これファンの人だったらもうアゲアゲ」
阿比留李帆「皆さんだったらテンション?」客「アゲアゲ!」

「アゲアゲなんだ」
北野瑠華「それ誰ですか?」
阿比留李帆「あなたでしょ。急に送ってきたんですよ」
矢方美紀「なんで送ったの?そんなの」
北野瑠華「李帆さんは着替えとかよく見るんですけど、李帆さんの。セクシーな下着着てるんですよ」
阿比留李帆「もうやめよう」客w

「次いきましょう」

木崎ゆりあ「瑠華ちゃんの話なんですけど。靴を履いてて。可愛らしい靴だったんですよ。Kiss meって右と左でKiss meって書いてるやつだったんですけど、「これ読める?」って訊いたら「キスウィー」って言ってたんですよ。私より頭悪いじゃん!テンションアゲアゲ
北野瑠華「アゲアゲなんですか?」
木崎ゆりあ「私的にアゲアゲ」
中西優香「五十歩百歩ですよ」
木崎ゆりあ「ミーをウィーって読んだんだよ」
中西優香「ゆりあさんもたいして変わらないよ。ほんと変わんない。だって「RESET」のことレッセイって読んでたから」客w
メンバーたち「えー!?」
中西優香「ビックリした」
北野瑠華「それはちょっと」
木崎ゆりあ「そういう時期もありました」

江籠裕奈「じゃー最後に」
矢方美紀「上がる話しますか?」
江籠裕奈「瑠華」
北野瑠華「私は昨日の握手会のミニライブで茉夏さんと真木子さんと成美さんと4人で「ガラスの I LOVE YOU」ができたこと、テンションアゲアゲ、イェー。楽しかったです」
矢方美紀「相思相愛なね、ペアだったね」

江籠裕奈「じゃー皆さん、この後も引き続きテンションアゲアゲでいきましょう」

# 後半メンバー登場 / メンバーチェンジ

◆後半:竹内彩姫都築里佳石田安奈北川綾巴後藤理沙子磯原杏華向田茉夏斉藤真木子

斉藤真木子最近周りや自分で流行ってる遊びについて話していきたいと思いますが、私は最近人狼(じんろう)ゲームに嵌ってるんですよ。ちょっとブームは過ぎたかもしれないんですけど、メンバーで昨日とか最高で14人ぐらい集まって全国握手会の休憩中とかにやってて。一番おもしろかったのがチームKIIの小林亜実ちゃんが人狼になった時なんですよ。何がおもしろい?みたいな空気やめてくれる?」客w

「めっちゃおもしろかったんですけど、信頼性が薄くなるゲームだなと感じまして、あんまりメンバー内でやると今後にかかわっていくかな、人間関係が変わっていくかなと思ったんで。そういう話ですよ」客、軽くw
石田安奈「頼むよー」
斉藤真木子「例えばって話ね。みんなは? ごめんな、めっちゃ言い難いやろうけど」

後藤理沙子「握手会でですけど、ファンの方で鼻毛出てる方とかよくいらっしゃるじゃないですか」客w
斉藤真木子「よくいらっしゃるの?」
後藤理沙子「よくいらっしゃいません?」
斉藤真木子「もしそうでも言えへんわ」
後藤理沙子「そのよくいらっしゃる方がいて、鼻毛出てますよってまず教えてあげるんですよ。その鼻毛の本数を数えるのに嵌ってる」客w
斉藤真木子「最高記録?」
後藤理沙子「でもなんか数えれないように束になってる時あるじゃないですか」客w
メンバーたち → w
後藤理沙子「だからそれはわからない、スコアわからない」
磯原杏華「めっちゃ楽しんでんじゃん」
斉藤真木子「理沙子のファンの人はそれを楽しみに来てるの?」
後藤理沙子「でも、なんかよく他のファンの方で私のレーンに来て、「鼻毛出てる?」って言って「出てないですよ」って言って「これで安心して推しメンの所に行ける」って言って」客、軽くw
磯原杏華「鏡?鏡?」
斉藤真木子「鼻毛ぐらい自分で見れるやろ? わざわざ行かんでもよくない? そうなんやね、おもしろいね、そういうゲーム」
都築里佳「でもりさこつんだからできるやつ」
石田安奈「来たよ。私、理沙子のファンの方が「理沙子に鼻毛出てるって言われた」って。出て、治してくるかと思ったらまだ出てるんですよ」客w

「治してこないの?みたいな。そんなこともありましたよ」

都築里佳「アプリでクッキーが走ってるゲームがあるんですよ。わかる方はわかると思うんですけど。スマートフォンのアプリで。私が凄い嵌ってて、阿比留李帆さん、りぃちゃん招待して。そしたらりぃちゃんも始めて、こういうゲームあんま嵌んなかったけど嵌ったって言ってくれて」
斉藤真木子「お前主催者かよ。何やの?」
都築里佳「ランキングで私今1位なんですよ、自分の中では。だから怖いってお兄ちゃんとかによく言われるぐらい嵌ってます。ゲーマーの性なんだよね、記録更新しないと・・・」
斉藤真木子「知らんがな。なるほどね、皆さんもやってみてはいかがでしょうかという」
都築里佳「伏字にてGoogle+のほうとかでちょっとお知らせしますね」

北川綾巴「話が戻っちゃうんですけど人狼ゲームなんですけど。最初研究生がやり始めたんですよ」
斉藤真木子「主催者かよ、これまた」客、軽くw
北川綾巴「そうなんですね」
斉藤真木子「ごめんな、なんか後から流行乗ったみたいになってるな、私たち。楽しい?でも」
北川綾巴「めっちゃ楽しいです」
向田茉夏「私わかんないんですよ、人狼ゲームの楽しさが」
斉藤真木子「とりあえずめっちゃおもろいねん」客w
磯原杏華「イラっとするわ」
斉藤真木子「後から休憩中やろうよ」
向田茉夏「。。w」
斉藤真木子「やらんのか」客w

「おい、絶対イヤやん、その反応」

竹内彩姫「私は終身名誉研究生の松村香織さんをいじることが私が今嵌ってます」
斉藤真木子「例えば? どうやっていじんの?」
竹内彩姫「お腹のお肉プニプニ触ったり。そうすると「もう!」って言うのが好きなんですよ」
斉藤真木子「なるほどね。愛されてるね、かおたん」
都築里佳「(真似て)やめておーって言う」
竹内彩姫「そうやって言います」
斉藤真木子「他には? ババァ!とか言うの?」
竹内彩姫「それは言わないです。香織さんが怒って怒られるから。本番前に香織さんにお腹ツンツンしてたら背中バンって叩かれて気合を入れられたりしたんで」

石田安奈「いろんなゲームがありますね」
斉藤真木子「半分以上がゲームじゃなかったよ、今の話」
石田安奈「一番私の中のツボは理沙子の鼻毛のゲームですけど」
斉藤真木子「今日のハイライトですね」
石田安奈「握手会でもいろんなメンバーの所に行ってみたら嬉しいなと思います。これからもSKE48のことをよろしくお願いします。それでは最後の曲です。気持ち込めて歌います」


◆M13.ジグソーパズル48


■アンコール
有志の方「本日は1週間後の3月29日に14歳の誕生日を迎える江籠裕奈ちゃんのお誕生日会です」客「イェー!」

「13歳の1年は研究生から正規メンバーへの昇格を果たし、チームSのしっかり者なみんなの妹として活躍してきました。先日の大組閣を経て、次はチームKIIの一員として、また新たなスタートを切ります。チームSとしての活動は残り少ないかもしれませんが、裕奈ちゃんの未来がどんな時でも輝いていけるように、更なる飛躍を願って、本日のアンコールは裕奈コールでお願いします」客、拍手


「裕奈」コール


◆M14.星空のミステイク
◆M15.夢の鐘


木崎ゆりあ「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 木崎ゆりあ アンコール2曲紹介

# 木崎ゆりあ 曲振り(3月19日発売、SKE48 14枚目シングル チームSバージョン)


◆M16.未来とは?


江籠裕奈 生誕祭
大矢真那「今日は3月29日に誕生日を迎える江籠ちゃんの生誕祭です!」
メンバーたち「イェー」客、拍手

# BGM → 涙サプライズ!

# 出口陽から花冠贈呈 (江籠の頭に装着)
木崎ゆりあ「なんか後ろにボンボン付いてるよ」
メンバーたち「可愛い」

# 木崎ゆりあから花束贈呈

# ケーキ搬入
江籠裕奈「わー凄い、ありがとうございます」

大矢真那「じゃー江籠ちゃん、ロウソクが見えると思うので」客、軽くw
江籠裕奈「見えます」
大矢真那「今からお誕生日の歌を一緒に歌ってください。どうしよう、裕奈のほうがいいかな? ゆうちゃん? 何て呼んでます?」
中西優香「裕奈にしますか」

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア 裕奈(ゆうな) ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」

江籠裕奈 → ケーキの上をフーと
メンバーたち「おめでとう」客「おめでとう」
江籠裕奈「ありがとうございます」

磯原杏華「ではではお手紙が届いてますので読みたいと思います」

「ゆうちゃんへ。14歳のお誕生日おめでとう。

まだ13歳か。ということはSKEの組閣でチームSに昇格した時は13歳になりたてホヤホヤだったんだね。

話かけてもあんまり言葉を発せずに相槌ばかりだったゆうちゃん。みんなが混乱してたし、昇格組のゆうちゃんも早くチームSに馴染めたらいいなと思って、まず私が仲良くなろうとかなり強引に、まだそこまで喋ったことも無いのに親友と言ってみました(軽くw)

勝手に親友と言い出し、馴れ馴れしくしてきた先輩はかなり鬱陶しかったと思います。

それでもちゃんと心を開いてくれたゆうちゃんはとっても素直な子です。本当にありがとう。

今では胸を張って親友と言えるようになれたから、強引だったけど言ってみて良かったです。

ゆうちゃんとここまで仲良くなれた3333の呪い事件は先ほど話した感じです(w)

ゆうちゃんは好きなアイドルのこと、おもしろいと思った本のこと、学校のこと、可愛い妹や弟のこと、好きなお菓子のこと、いろんなことをいっぱい喋ってくれます。しっかり者と言ってるけれど、そういうお話をしてくれるところはまだまだ中学生なんだなとホっとします。

大人にならなきゃいけない時はすぐ来てしまうので、許されるうちはどこまでも子供でいてください。こんな風に子供扱いするとゆうちゃんは拗ねちゃいますか?

大組閣の後、チームが離れてしまうのが寂しくて、私が泣きながら「もうなかなか会えなくなって喋れなくなって親友って何のことでしたか、言っちゃうようになっちゃうんだね」とか言ってみたら「ならないから、ずっと親友だから」と何の迷いもなく即答してくれるゆうちゃんは間違いなくしっかり者なみんなの妹です。

でもどんくさいというか、ドジっ子なのはドジっ子なので、怪我には気をつけてください」
江籠裕奈「気をつけます」
磯原杏華「アザばっか作んないでください。

14歳になっても変わらず誰よりもまっすぐでキレイな瞳でいつまでもみんなから愛されるゆうちゃんでいてください。迷ったらいつでも相談してね。

私にとって親友はゆうちゃんだけです。素敵な1年になりますように。きょんより」客、拍手

大矢真那「江籠ちゃん、きょんからお手紙だったけどきょんに何か、今読んでもらった気持ちを」
江籠裕奈「ありがとうございます。親友です」客、拍手
大矢真那「終わり?」客、軽くw

「じゃー14歳になる江籠ちゃんの抱負だったり、どんな1年にしたいかだったり、ファンの方に向けて想いを語ってください」
江籠裕奈「今日なこんなに素敵な生誕祭を開いていただいてほんとにありがとうございます」客、拍手

「私はお話するのがあまり得意じゃないので、こういう時に何て喋ったらいいのかちょっとなんかアレなんですけど、13歳の1年は家族やいつも応援してくださるファンの皆さんやメンバーやお友達や学校の先生にとてもほんとにたくさんの方に支えていただいて、そんな1年で、なので14歳の1年はそんな私を応援してくださる皆さんの期待に応えられるように一生懸命努力して頑張っていきたいと思います。

そして14歳の目標は選抜メンバーに入ることです」客、おー&拍手

「その目標が達成できるように努力してほんとに頑張っていきますので、皆さん応援よろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました」客、拍手

「ありがとうございます」
メンバーたち「おめでとう」
江籠裕奈「ありがとうございます、ありがとうございます」

向田茉夏「それではいい感じに盛り上がったところで次の曲いきますか。(花冠)付けたままいける?」客「付けたまま」
江籠裕奈「わかりました。落ちちゃったらごめんなさい」

向田茉夏「次に聴いていただきます曲はこのチームになってからのメンバーの気持ちが表れていると思います。それでは本当に最後の曲です」


◆M17.引っ越しました


大矢真那「本日はお越しくださり誠にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 大矢真那 ハイタッチ案内

# 手繋ぎ挨拶 「ありがとうございました」

メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:RESET)

江籠裕奈「今日は本当にありがとうございました」

# 公演終了


SKE48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】3月23日(日) 13:00~ チームS 「RESET」公演

[ 配信中の公演一覧 ]
SKE48 25thシングル 7月24日発売
Amazon 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND