山本由香 卒業公演 (2014/03/22、17時開演、SKE48研究生)

SKE48劇場 SKE48研究生「制服の芽」公演 19回目

■出演メンバー
青木詩織井田玲音名犬塚あさな大脇有紗荻野利沙折戸愛彩熊崎晴香後藤真由子佐々木柚香空美夕日竹内彩姫野口由芽日高優月松村香織山田樹奈山本由香

井口栞里 → 卒業セレモニーのみ出演



■開演
◆M00.overture (SKE48 ver.)
◆M01.恋を語る詩人になれなくて
◆M02.合格Kiss
◆M03.アンテナ
◆M04.制服の芽


■MC (自己紹介)
熊崎晴香「みなさん、こんばんは」
みんなで「SKE48研究生です」客、拍手

熊崎晴香「SKE48研究生公演「制服の芽」始まりました!」
メンバーたち「イェー」客、拍手

本日のお題:山本由香ちゃんについて

【1列目 下手側から順に】
日高優月「名古屋名物 せーの、手羽先・きしめん・ひつまぶし・味噌煮込みうどん、あと? (ゆづき!) ありがとうございます。いつでもなんでも全力な15歳の日高優月です」

「私は6期生としてSKE48に入ってから、ずっとゆかみの通訳者として」客w

「これまで活動してきたんですけど、こうやって通訳する役目がなくなると私の資格は水の泡ということになってしまうので、卒業してからもゆかみの専属通訳者として活動していきたいなと思ってます。今日ゆかみの通訳もしていきたいと思うので、ぜひ聞き取っていただけたらいいなと思います」

折戸愛彩「喜 怒 哀 楽 どんな時でも (アイアイサー!) ありがとうございます。いろんな私を見てください。今日も元気モリモリ! 15歳のあーさこと折戸愛彩です」

「ゆかみは握手会の時とかによくいろんな子の髪型を三つ編みとかいろいろやってあげてて、すごいなーって思ってたんですけど、私一度もやってもらったことがなくて」客w

「だから、今度やってね」
山本由香「OK」

熊崎晴香「私のことを見てくれないと、み~んなくまらせちゃうよ。16歳のくまちゃんこと熊崎晴香です」

「私はですね、ゆかみちゃんと枝豆同好会というものを作っておりまして、常日ごろ新幹線の中でも枝豆を2人で食べてたりとかしてるんですけれど、まぁ今日この公演でこの枝豆ポーズっていうのがあるんですよ、ゆかみちゃんと一緒に考えた。これを何回かやるので、皆さん見つけてください。お願いします」

空美夕日「空に浮かぶ美しい夕日は誰だ? (みゆか!) ありがとうございます。そらちゃんこと空美夕日です」

「あの・・・(涙)」客「頑張れ」

「(涙)・・・」
犬塚あさな「笑いなさい」客w

「まだまだ先があるのよ。笑いなさい。笑顔大事だよ」
日高優月「そうですよ、お母さん」
空美夕日「私はゆかみとは6期生の中でも一番仲が良くて、ゆかみゆかというコンビ名があるので、今日はその仲良しを出していきたいです」

佐々木柚香「横浜代表。ふわふわ天使の笑顔を届ける、ゆっぴーこと佐々木柚香です」

「私もゆかみとはオーディションの時からけっこうよく喋ってて、オーディションの時にトイレでゆかみと2人で喋ったのがすごい思い出なんですけど、その時にゆかみが「さしすせそ」が言えなくて「はひふへほ」になってたのにその時私は気づいて、たぶんSKEの中で一番最初にゆかみの滑舌が悪いことに気づいたのは私だと思います。でも今はちゃんとゆかみが言ってることも理解できて」客w

「昔は適当に「そうだね」って流してたんですけど、ほんとは」客w

「でも今はちゃんと理解できるので、安心してください」


【2列目 下手側から順に】
竹内彩姫「あなたを彩るお姫様♪ 目指すはSKEのスイッチヒッター、14歳のさきぽんこと竹内彩姫です」

「私とゆかみは6期生で一番歳が離れてて、なんですけど、仲がいいんですよ。それでこの間2人で映画も行ったりして、凄く仲良しです」

犬塚あさな「私と一緒にお散歩に行きませんか? (行く!) ありがとうございます。20歳になりました、わんちゃんこと犬塚あさなです、わんわん」

「ゆかみはですね、ホテルで同室になったことがありまして、ちょっとお腹が減ったからコンビニエンスストアに行こうかって2人で行ったんですよ。そしたら凄い大きいものを持ってるから何持ってんのかなと思ってよく見たら巨大な袋に入った枝豆の冷凍の枝豆を持ってて、「これ買うんです」って言ってきて、別に買ってもいいよと思って。同室で、電子レンジが無かったので、どうするの?って言ったら「自然解凍させます」って言って、自然解凍させるの!?と思って。で、10分ぐらい経ったら「もう我慢できません」って、まだ冷凍されてる硬いだろう枝豆を食べ出して、ちょっと意味わかんないよと思って」
山本由香「めっちゃカチカチでした」
犬塚あさな「意味わかんなかったんですよ。なのに、その日寒かったんですけど、窓の近くに今度は枝豆を置きだして、何してんだろうなと思ったら「腐るといけないから窓の近くに置いとくんです」って言ってて、私は意味がわからなかったんですけど、そんな不思議なゆかみと今日は最後にこの公演に立てるということで、たくさん楽しい思い出を作っていきたいと思います」

大脇有紗「みなさんとクローバーが大好きな妄想少女、自称美人の大脇こと14歳の大脇有紗です」

「私はゆかみとは好きなアイドルが一緒なんですよ。もともと最初に話した話題もその好きなアイドルさんの話題が出てから仲良くなったので、今日はですね、ゆかみと、そして皆さんの一番好きなアイドルになれるように頑張りたいと思います」

後藤真由子「あなたのハートにおじゃまし? (まぁたん!) ありがとうございます。まぁたんこと後藤真由子です」

「ゆかみは最近になって、私にすごいめんどくさいチョッカイばっかりかけてくるんですよ。それを前に話したんですよ。「最近うちばっかチョッカイかけてくるよね」みたいな。そしたら「それまぁたんだけなんだよ」みたいな」客「ひゅ~」

「だからちょっと、ウザ絡みだけど、嬉しかったりもして、意外とゆかみの中でも特別な存在であったんだなと思いました」

井田玲音名「私の笑顔とこの大きな手で みなさんのハートを鷲づかみ。今日も元気いっぱいな中学3年生、15歳の井田玲音名です」

「ゆかみとは帰り道が一緒で、ずっと今まで帰ってたんですけど、そんな唯一の帰る友がいなくなってしまうと思うと、別にぼっちだからとかじゃなくて、普通に帰る道が私とゆかみしかいなかったということなんですけど、そんな1人で帰るの悲しいなと思うんですけど、今日は皆さんと一緒に楽しんで盛り上がっていけたらいいなと思います」

野口由芽「今日も1日がんばるか! (がんばるか!) あなたに必要な材料は? (りょうは!) ありがとうございます。ゆめちにめちゃめちゃ夢中になってね。6期研究生、15歳の野口由芽です」
荻野利沙 → 「なっきー」
野口由芽「あっち こっち どっち (なっきぃ!) 手のひらは薄いけど心は熱い。道産子パワーなまら全開。はい、ありがとうございます。15歳の野口由芽です」

「全員の気持ちを乗せてみたんですけども。それとは話変わってですね、ゆかみちゃんはこの間駅で私が前を歩いていた時にいきなり「すみません」みたいな感じで話かけてきたんですよ。ファンの人みたいな感じで「すみません」みたいな感じで話かけてきたんですけど、滑舌の悪さですぐわかって」客w

「(真似て)すみません、みたいな感じだったので、ちょっとそれが最近はビックリしました」


【3列目 下手側から順に】
山本由香「ゆかみのあいうえお作文いきます。せーの、(ゆかみ) ゆっくり話せば (ゆかみ) 噛まずに話せます (ゆかみ) 三重県出身の枝豆が大好き、18歳のゆかみこと山本由香です」客、声援&拍手

「ありがとうございます、ありがとうございます。私のことについてなんで、自己紹介しますね。私は山本由香です。そして枝豆が大好きな18歳です。あとは枝豆の次の次に好きな食べ物はメロンジュースです。今日は心に一生残る思い出を作っていきたいと思います」
松村香織「なんか、「です」の「す」が全部「でふ」って聞こえた」
山本由香「それはたぶんあれです、幻聴です」
松村香織「ほら、ねぇ、聞こえません?でふ。大丈夫?」
山本由香「大丈夫でふ」客w

松村香織「今日もあなたに!(わ~) あなたに! (わ~) 萌えをデリバリー 萌え萌えきゅーん。かおたんこと終身名誉研究生の松村香織です」

「ゆかみはガイシホールであったコンサートの時に憧れる先輩は?っていう時に私の名前を空美夕日ちゃんと一緒に出してくれて、そういうのって今までいっぱい何回か機会があったんですけど、初めて名前を出されたんですよ。だから会場の人もまさか松村の名前を出すなんと思わないっていう感じで裏で着替えてたらみんなが「おっ!」みたいな感じで言って、凄くそれがね、私は凄く嬉しくて、ちょっとゆかみは松村チルドレンだなって思ったんですけど、でもね、この私の背中を見て、炎上しちゃいけないっていうのはたぶんよくよく勉強だったりしてきたと思うので、これから大学生ということで、はっちゃけ過ぎずにね、たまに問題になってるからさ、大学生が遊びすぎて」客、軽くw

「なってるじゃないですか。ちょっとそういうので山本由香みたいな名前は見たくないのでほどほどにして」
山本由香「ほどほどにしていきます」
松村香織「ほどほどに遊んで、でもなんだろうね、学生生活を満喫して、アルバイトとかしたら教えてください」
山本由香「わかりました」
松村香織「遊びに行くので。ゆかみのこのマッタリした雰囲気に私は凄く癒されているので、今日はですね、ゆかみぐらいマッタリしていきたいなと思います」

山田樹奈「ちっちゃい樹奈はどーこだ? (見っけた) ありがとうございます。じゅなっここと山田樹奈です」

「ゆかみとは山田山本ってことでホテルの同室になるんですよ、よく。その時に同室になった時に夜な夜な一緒に生ハムと枝豆とポテトチップスを食べて、語ってたんですよ。それができなくなると寂しいなってちょっと感じます」

青木詩織「あなたの推しに? (おしりん!) ありがとうございます。静岡県からやってきたお魚ガール、おしりんこと青木詩織です」

「私はですね、SKEに入って一番最初にショッピングに行ったのがゆかみと」
山本由香「そうやん、思い出した」
青木詩織「ゆかみと佐々木柚香ちゃんと3人で行ったのが初めてだったんですけど、その頃はやっぱ3人とも愛知県出身じゃない3人だったので、すごい楽しくて、それが。だけど、プリとかも撮ったんですけど、それをちゃんと取っといてあるよね?」
山本由香「あるよ、あるよ。画像も残っとるよ」
青木詩織「じゃーそれを見て、ゆかみのことこれからも思い出そうかなって思います」

荻野利沙「男は度胸 女は愛嬌 荻野は? (最強!) ありがとうございます。おぎりーこと18歳の荻野利沙です」

「私はよくいろんな人にファンの方からもそうなんですけど、ゆかみが私に似てるみたいなことをよく聞いてたんですよ。おっ、無反応」客w

「それで、私も最初プロフィールの写真を見た時に「あっ、似てるわ」と思って。それで同い年で、よく似てるって言われてちょっと親近感を持ってたんで一番気になってた存在で、ちょっと仲良くなって、「同い年だから利沙ちゃんって呼んで」って言って、最初のほう「利沙ちゃん」って呼ばせてたんですけど、最近呼んでくれないよね」
山本由香「最近荻野さんって呼んでますよね」
荻野利沙「そう、呼んで、利沙ちゃんって」
山本由香「呼びますね。卒業したらちゃんと」
荻野利沙「OK、遊ぼうね」
山本由香「あの、前、買い物行こうって言って行けてないじゃないですか。誘ってくださいよ」
荻野利沙「わかりました、じゃーいきます。ごめんなさいね、プライベートの話しちゃって。これで本題なんですけど、「制服の芽」公演になってから私、ゆかみと同じポジションなんですよ。中西さんのポジションをやらせていただいてるんですけど、私が違うポジションで出て、ゆかみとまた出られるっていうのがすごい嬉しくて、もうね、何回かやったんですけど、こういう貴重な場をね、大事にして、たくさん目を合わせて思い出を作っていけたらいいなと思います」

松村香織「SKE48研究生「制服の芽」公演 以上のメンバーでお送りします。私たちの制服の下の心の奥にあるそれぞれの制服の芽、無限の可能性をもったその芽は皆さんからの応援という名の光を浴びながら、この舞台の上で一歩ずつ育まれていきます」


◆M05.思い出以上 (佐々木柚香熊崎晴香日高優月)
◆M06.狼とプライド (折戸愛彩空美夕日)
◆M07.女の子の第六感 (犬塚あさな竹内彩姫大脇有紗井田玲音名後藤真由子)
◆M08.枯葉のステーション (野口由芽)
◆M09.万華鏡 (山本由香荻野利沙松村香織山田樹奈青木詩織)


■MC
青木詩織山田樹奈松村香織荻野利沙山本由香

松村香織「いやー青いサイリウムね、キレイだったね」
メンバーたち「ありがとうございます」

山本由香「今日はですね、私、枝豆が大好きじゃないですか」
松村香織「めっちゃくるね」
山本由香「枝豆が大好きな私がいなくなってしまう」客、軽くw

「なんで、次の枝豆大好き後継者を決めたいと思います。じゃー枝豆を褒めてください。誰が一番愛情があるか私が審査します。褒めたい人?」客w
青木詩織「じゃー褒めましょうか」客「おー」

「いきますね。枝豆はですね、ビタミンB1という成分入っておりまして、これはスタミナ不足解消にいいんですよ。だからぜひね、公演後の香織さんなんか食べてもらうと凄くいいと思うんですけど」客w

「あともう1つメチオニンという成分入っておりまして」客「おー」

「これはアルコールを分解するんですよ。ですから、この後ゆかみを想ってお酒を飲んで、しんみりする方にピッタリかなと思うので、この後も食べてくださいねー」客、拍手
山本由香「いいですねー」
荻野利沙「完璧。でもね、すごい調べてくれたのはいいんだけど、ゆかみ全然知らなかったらしいよ」客w
青木詩織「知らなかったの?」
山本由香「知っとったよ」

荻野利沙「私は枝豆をいかにね、皆さんに食べていただけるるかをちょっと。いきます。(高音)見てください、この商品。この緑の枝豆、この中の豆は素晴らしい曲線美に皮もプチっとして美味しいです。今なら枝豆と豆腐とビールを付けて3,800円、、」客、反応
山本由香「そこは最後までやってください」
荻野利沙「3,890円のところを」客「おー」

「250円でお届けしたいと思います」客、拍手
山本由香「安いです」
荻野利沙「今から30分のお電話の3名様のみにさせていただきたいと思います。みたいな、通販的なね。やり切れなかったのが」
山本由香「セールスみたいですね」
荻野利沙「頑張ります」

山本由香「香織さんとかどうですか?」
松村香織「私ね、枝豆今まで人生で1回も食べたことないの」客「えー」

「だから、居酒屋とかでもよくあるじゃないですか。金子栞ちゃん、一緒に住んでる子もすっごい好きで、枝豆の袋を家にめっちゃ置いてあるの。食べかけのとかもいっぱい」客、軽くw

「だから、なんか実際私はアピールすることができない」
山本由香「食べてください」
松村香織「ほんとになんか、あの丸い粒に恐怖がある。そうなの」
山本由香「美味しいですよ」
松村香織「そうなの、なんかね、だから今すごい客観的に聞いてた」

山田樹奈「じゃーいきますね。まず枝豆は緑、それはやっぱ今地球温暖化なので、緑が少ないじゃないですか。だから枝豆は地球温暖化に貢献しないんですよ」客、反応

「だからそれはやっぱすごいポイントで、でも中には3つのやつもあれば1つのやつもあるじゃないですか、豆が」
山本由香「もういいよ」客w
山田樹奈「じゃー最後に聴いてください、枝豆の歌」客「おー」
山本由香「樹奈、もういいよ。もう愛情伝わった」
山田樹奈「ほんと? ありがとう。良かったー」
荻野利沙「気になるらしいけど」
山田樹奈「作ってないです」客w&反応
荻野利沙「待って、台本じゃん」

山本由香「この中には枝豆後継者、ちょっといないですね」
青木詩織「ウソでしょ?」
山本由香「やっぱり代々受け継ぐ人は必要かなと思いましたが、やっぱり私1人でやっていきます。今日私の枝豆愛がたぶん皆さんに伝わったと思うんで、その皆さん愛を込めて、皆さんの渡した愛をまた私たちに・・・何て言ったらいいんですか? こういうことです」客、軽くw
荻野利沙「ゆるいわー」

青木詩織「SKE48研究生「制服の芽」公演まだまだ続きます」


◆M10.ジェラシーのアリバイ
◆M11.Doubt!
◆M12.仲間の歌


■MC
◆前半:竹内彩姫後藤真由子山本由香犬塚あさな青木詩織空美夕日山田樹奈佐々木柚香

山本由香「今日はですね、3月22日、22、毎月22日は夫婦の日、なんで、この中で一番誰を妻にしたいか
青木詩織「どうやって決める?」
犬塚あさな「せーので指差してみたりとかする?」

メンバーたち「せーの」 → 指差し
後藤真由子「みんな私? 私の人?」後藤以外の7名挙手(客、おー)

「やったー!嬉しい」
山田樹奈「それはガチでまぁたん」
後藤真由子「凄くないですか?」客、拍手
犬塚あさな「っていうかたぶん、この8人ってちょっと女子力低めなんですよ」
後藤真由子「1人だけ理由を聞かせて欲しいな。私、さきぽん選んだんですよ」
竹内彩姫「両想いです」
犬塚あさな「お互いに理由は?」
竹内彩姫「だって料理できるし、なんか、いい」
後藤真由子「この中では女子力があるかな」
誰か「料理できるから、彩姫」
後藤真由子「でもこんなんじゃもう終わっちゃったやん」客w
犬塚あさな「第二希望は? 第二希望こそ私くると思うんだ」

メンバーたち「せーの」 → 指差し
山本由香犬塚あさな「あー!」2人ハグ
犬塚あさな「両想いになった。何これ?」
山田樹奈「おしりん。違うんだよ。夫婦としてじゃなくて、妻はほんとにまぁたんがいいんだけど、夫だったらおしりんがいいかなみたいな」客、軽くw
青木詩織「私も女だよ」
山田樹奈「おもしろいですよね、おしりん。見るだけでおもしろいんですよ」客w
青木詩織「それバカにしてる、それは」
犬塚あさな「私たち両想いだったよ、第二希望同士だけどね」
山田樹奈「何この取り残された感」
犬塚あさな「第三とかいってみる?」
後藤真由子「第三もういないよ」
犬塚あさな「さっきから空ちゃんが指差してないんだけど」
空美夕日「なんかその、でも第二希望はじゅなっこなんですけど、やっぱこの中で一番いて楽しいのは私だと思うんですよ」
メンバーたち「どういうこと?」
空美夕日「もし私が私だったとしたら、妻だとしたらめっちゃ楽しいと思いますよね?ねぇ?。。」
メンバーたち「はい、シーン」
犬塚あさな「この中で一番空ちゃんを妻にしたくない」
空美夕日「なんでそんなこと言うんですか」
山田樹奈「片付けできなさそうだし」
犬塚あさな「おっちょこちょいっぽいもん」
空美夕日「確かにおっちょこちょいは」
後藤真由子「ファンの人の意見を聞いてみたい」
犬塚あさな「ゆっぴーがいい人拍手?」客、拍手小
後藤真由子「じゅなっこがいい人?」客、拍手小
犬塚あさな「空ちゃんがいい人?」客、拍手パラパラ
後藤真由子「おしりんがいい人?」客、拍手
メンバーたち「あさなさんがいい人?」客、拍手小
後藤真由子「ゆかみがいい人?」客、拍手大

「みんな優しいな」
山本由香「まぁたんがいい人?」客、拍手

「まぁまぁ」
犬塚あさな「彩姫ちゃん」客、拍手
山本由香「みんな一緒や」
犬塚あさな「やっぱり空ちゃんが一番少なかったと思う」
空美夕日「空気読んだんですよ、きっと」
山本由香「結局誰が誰かわからんけど、皆さんにとって私たちを妻にしたいと思っていただけるように可愛くこれからも全力でやっていきたいと思います」

# 「イェー」メンバーチェンジ

◆後半:熊崎晴香松村香織荻野利沙井田玲音名日高優月折戸愛彩大脇有紗野口由芽

野口由芽山本由香ちゃんと言えばブログとかキャッチフレーズでも言ってるあいうえお作文なんですけれども。ということで今日はこの8人で一文字ずつあいうえおを言っていって、どんな文章が出来上がるかみたいなのをやってみたいなと思ってるんですよ」

「じゃー山本由香(やまもとゆかみ)で。私は進行なんで実況しますね」
松村香織「なんか怖い。事故りそうな予感」
メンバーたち「山本のや」
大脇有紗「約束だよ」
メンバーたち「山本のま」
折戸愛彩「マカロン買うの」
メンバーたち「山本のも」
日高優月「森の中で待ってる」客、軽くw
折戸愛彩「マカロン買うの約束して森の中で待ってる」
メンバーたち「山本のと」
井田玲音名「と? マカロン買うの約束して森の中で待ってるから・・・時計持ってきてね」
メンバーたち「ゆかみのゆ」
荻野利沙「湯葉が食べたいです」
松村香織「もう終わったじゃん、ここで」
荻野利沙「ごめん、違うのにしますね。ゆかみだよ」
松村香織「だって文章整理しよう」
大脇有紗「約束だよ」
折戸愛彩「マカロン買うの」
日高優月「森の中で待ってるよ」
井田玲音名「時計持ってきてね」
荻野利沙「湯葉が食べたいです」客、軽くw
松村香織「おかしいでしょ」
荻野利沙「待って、じゃー変えるよ。ゆっくり話せば」
松村香織「じゃー何? 森の中でゆっくり話してるの?」
メンバーたち「ゆかみのか」
松村香織「神曲」
メンバーたち「ゆかみのみ」
熊崎晴香「未来とは?3月19日発売されてます、よろしくお願いします、イェー」客、拍手
メンバーたち「イェーだけども」「2人で打ち合わせ」
熊崎晴香「してないですよ」
野口由芽「未来とは?神曲ってこと?」
熊崎晴香「そういうことです」
日高優月「それはそれで二重丸なんだけど、ここね、問題はここ」
松村香織「待ってよ。マカロン買ったよ、何も努力してないから」
折戸愛彩「約束したんです」
松村香織「やっぱりこのお題やめたほうが良かった」客w
野口由芽「じゃー誰か短い単語で何か考えた人いません?」
日高優月「いいよ。春休みでやっていい?」
メンバーたち「春休みのは」
日高優月「早く」
メンバーたち「春休みのる」
日高優月「ん~」
メンバーたち「考えてないじゃん
日高優月「忘れちゃったじゃん」
メンバーたち「春休みのる」
日高優月「瑠華に会いたい」
メンバーたち「春休みのや」
日高優月「約束だよ~」
メンバーたち「春休みのす」
日高優月「すぐに来てね」
メンバーたち「春休みのみ」
日高優月「みかん狩り一緒に行こう」
松村香織「ねぇ、そこは未来とは?を言うべき」
メンバーたち「そうだ」
荻野利沙「しかも瑠華に対しての個人的な連絡でしょ?」
日高優月「今瑠華いないんで、会いたいなっていう、ほんとに即興で作ったっていう」
松村香織「でもこんな感じの未熟な感じがいいんじゃない、やっぱ」
野口由芽「香織さんのつっこみで成長していくと思うんで」客、軽くw

「またリベンジしますね。ということでこんな個性豊かないろいろ回答が出てきたんですが、これから私たちの一粒一粒が凄く美味しくて個性豊かメンバーになっていけたらいいなと思います」

大脇有紗「私たちの制服の芽は今やっと芽吹いたところです。まだまだ未熟な私たちですが、これから一生懸命努力し、ここにしっかりと根を生やし、茎や枝葉を伸ばして、いつか大きくてキレイな花を咲かせたいと思います」

日高優月「SKE48研究生「制服の芽」公演、最後の曲です」


◆M13.水のないプール


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」捌ける


■アンコール
有志の方「本日は6期研究生、山本由香さんの劇場最終公演となります。本日に至るまでゆかみが私たちにたくさんの元気や笑顔をくれました。ゆかみののんびりふわふわしたオーラと三重弁訛りの話し方、枝豆不足になるくらい枝豆が大好きなこと。6期生の髪型やメイクを自ら率先して手伝うメンバー想いの優しさ、見てるだけで癒される最高の笑顔、こんな優しさと魅力溢れるゆかみが私たちは大好きです」客、拍手

「SKE48を卒業し、4月から自らの夢に向かって新たな道を歩み始める山本由香さんの今後の成功と活躍を願いまして、本日のアンコールはゆかみコールでお願いします」


「ゆかみ」コール


◆EN01.楽園の階段
◆EN02.ピノキオ軍


折戸愛彩「アンコールありがとうございます!」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

# 熊崎晴香 曲振り(3月19日発売、SKE48 14枚目シングル「未来とは?」研究生バージョン)


◆EN03.未来とは?


山本由香 卒業セレモニー
日高優月「今日はここで最終公演を迎える山本由香ちゃんの卒業セレモニーを行いたいと思います」客、拍手

# 井田玲音名から花束贈呈(青色)

# 色紙贈呈
佐々木柚香「実は6期生からみんなで色紙を書いたので受け取ってください。卒業おめでとう」客、拍手

日高優月「今日はここである方からお手紙を頂いてます」

空美夕日「ゆかみへ

何を書いたらいいのかうまく言葉が思いつかないかもしれないけど私の精一杯書いた手紙を読むね。

ゆかみとは一緒に6期生として入ってきて、私は6期生の中でも特にダンスができなくて、いつも泣いていた中、ふと横を見たらゆかみもできてなくて、「一緒だ。この子も私と一緒だな」と思いました。ダンスができないという共通点でそこから何回か話していくうちに凄く気が合って、一緒にいて一番楽しい存在にゆかみはなっていたよ。

「制服の芽」公演が始まった時、振りを私たちはまったく覚えられなくて2人でメールをやり取りしたり、2人で振りを教えあったりしてなんとか私たちが初日の公演に間に合うように頑張って覚えたね。

そんなことがあったのをまったく出さずに公演では我武者羅にやったよね。今思い出すとほんとに辛かったけど、私にとっての初日の公演をゆかみと一緒に出れて凄く嬉しかったよ。

今まで2人で笑ったり泣いたり爆笑したりお出かけをしたりケンカしたり、いろんなことがあったけど、ゆかみといた時間は私にとって本当に幸せで、本当に楽しかったし、一番の思い出だよ。

ゆかみの卒業発表があった時、凄く悲しくて1日中泣いたけど、もう会えないわけじゃないし、遊べる時はたくさん遊んでゆかみの夢を私は応援したいし、ゆかみは自分の道をちゃんと選んで凄くかっこいいです。

ゆかみがSKE48じゃなくなっても『ゆかみゆか』という仲良しコンビはずーっと変わらないよ。これからもゆかみはお姉ちゃん以上に大好きだよ。上手く言えてなかったらごめんね。

本当に本当にありがとう。ゆかみ大好き」客、拍手
山本由香「ありがとう」

日高優月「今日はこれだけじゃなくて、ある方にサプライズでここに来てもらってます。どうぞ」

# 井口栞里が登場

井口栞里「SKE48チームEのいぐっちこと井口栞里です」客、拍手

「今日はサプライズということで手紙を書いてきたので読ませていただきます」

「由香へ。卒業おめでとう。

知らない方も多いかもしれませんが、私と由香は地元が一緒で、もう3年ぐらいの付き合いになります。

由香がSKEに入った時は高校生で、三重から通うのですら大変なのに、学業との両立も絶対大変だろうなと思いましたが、由香は弱音を吐かずに由香なりに頑張っていたのを私は知っています。

公演が終わってお家に着いたら時間は夜中で、そっからテスト勉強をしたり、けど公演の練習もしなきゃいけなかったり、私の見えない所でたくさん努力して、いっぱい辛いことと向き合ってきたんだろうなと思います。

私から見た由香はこうしたいなと思っててもなかなかその一歩を踏み出す勇気がなくて、いろんなことで悩んでしまうイメージがあります。今回の卒業のこともギリギリまで悩んでて、何回か相談にも乗りましたが、私が「どんなアドバイスをしても最終的に決めるのは自分だよ」って少しきつく言ったこともあります。

卒業という大きな決断をしてからの由香は新しい目標に向かって前向きで凄くキラキラしてます。

SKEで学んだことは無駄なことは1つも無いと思うし、自分を成長させてくれる場所だったり、応援してくれる温かいファンの皆様、時にはライバルだったりほとんど毎日一緒に過ごしてきたメンバー、たくさんの出会いからたくさんのことを学んだと思います。

その学んだことを活かして春から新たな目標に向かって頑張ってね。辛くなったりしたら私たちSKEの時からずっと支えてくれた友達や、もちろん一緒に過ごしてきたメンバーもいます。

これからも由香らしくあなたの天然さで周りを笑顔にしてね。

由香はこれからもずっと付き合っていく友達です。こんな私ですがこれからもよろしくお願いします。そしてこのような機会を作ってくださった方、本当にありがとうございます。

チームE、いぐっちこと井口栞里より」客、拍手

日高優月「これを受けて、ゆかみからひと言お願いします」
山本由香「えっと、なんか空ちゃんとかいぐっちとかほんとに知らなくて、すごいビックリして、でも嬉しい気持ちがいっぱいで、けどめっちゃ泣いとるし、なんて言ったらいいかわかんないんですけど、私はこのステージに立って、このメンバーみんなに出会えて、ファンの皆さんとも出会えて、すごい幸せ者やなって今改めて感じました。

すごい急な発表で、メンバーのみんなにもファンの皆さんにも申し訳ない気持ちでビックリされた方もたくさんいると思いますが、私は4月から小さい頃だった夢の美容の職に就くために学校に通ってたくさん勉強します。

SKEで学んだことはほんと、言葉では表せないぐらいいろんなことを学んで今までやってきて、すごい、なんて言ったらいいんやろう、けど幸せでした。

なんかほんとに実感してなくて、明日もレッスンや劇場に来るような気分でいるので、なんて言ったらいいかわからないんですけど、ここまでやってこれたのも皆さんのおかげなんで、すごい恩返しができてたかなーと思いますが、ありがとうございました」客、拍手

「最後にゆかみのあいうえお作文言ってもいいですか?」客、拍手
日高優月「皆さんも一緒にお願いします」
山本由香「せーの、(ゆかみ) 夢に向かって (ゆかみ) 輝く、進む (ゆかみ) みんなに出会えて本当に良かったです。ありがとうございました」

日高優月「ゆかみありがとうございます」
山本由香「何て言ったらいいかわからん」
日高優月「頑張った。ゆかみは前向きな卒業ということで、皆さんも一緒にゆかみの夢を一緒に応援してください。これからも応援よろしくお願いします」客、拍手

井口栞里「私が持って帰ります」花束や色紙などを回収し、退場
日高優月「井口さんありがとうございました」客、拍手

熊崎晴香「初代チームSさんたちが築き上げてきた「制服の芽」公演。早く先輩たちに追いつけるように、そしてこの公演に来ると凄いライブが見れるんだよって皆さん言っていただけるように、この「制服の芽」公演と共に私たちも成長していきたいと思います。これからも私たちへの応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

熊崎晴香「それでは本当に最後の曲です。私たちを応援してくださっている皆さんに感謝の気持ちを込めて歌います」


◆EN04.手紙のこと


山本由香「先ほどアンコールで歌わせていただいた「手紙のこと」でも言ったように、急に手紙が書きたくなったので、想いを込めて手紙を書いてきました・・・(1名に手紙プレゼント)」 → 抽選の結果 90番の方が当選

松村香織「SKE48研究生「制服の芽」公演本当にご来場いただきありがとうございます・・・(ハイタッチ案内)」

「ゆかみは今日で旅立ってしまいますが、これは自分の夢に向かっての旅立ちになるので、どうか皆さん最後は大きな声援と拍手でゆかみの旅立ちを背中を押してあげると嬉しいです、よろしくお願いします」

# 手繋ぎ挨拶 「せ~の、せ~の、ありがとうございました」

メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:制服の芽)

# 公演終了


SKE48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】3月22日(土) 17:00~ 研究生 「制服の芽」公演

[ 配信中の公演一覧 ]

最新商品

5月11日発売

NMB48 3 LIVE COLLECTION 2021

4月5日発売

UteenB NO.01 NO.01

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

スポンサーリンク

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ