FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年8月号 7月26日発売
AKB48Group新聞 2019年8月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年8月号 セブンネットオリジナル生写真セット new2.gif

今だから話せる失敗談 (2014/03/16、14時開演、AKB48チーム4)

AKB48劇場 チーム4「手をつなぎながら」公演 55回目

■出演メンバー
チーム4 → 相笠萌岩立沙穂内山奈月梅田綾乃岡田彩花北澤早紀篠崎彩奈高島祐利奈橋本耀前田美月峯岸みなみ村山彩希茂木忍
研究生 → 込山榛香達家真姫宝向井地美音

バックダンサー(研究生) → 土保瑞希市川愛美福岡聖菜湯本亜美佐藤妃星大川莉央

■開演
◆M00.overture
◆M01.僕らの風
◆M02.マンゴー No.2 (タイトルコール:岩立沙穂)
◆M03.手をつなぎながら
◆M04.チャイムはLOVE SONG


■MC (自己紹介)
相笠萌「皆さん、こんにちは」
みんなで「AKB48チーム4です」

相笠萌「私たちAKB48チーム4の公演「手をつなぎながら」が始まりました!」
メンバーたち「イェー」客、拍手

# 相笠萌 序盤4曲紹介

本日のお題:声を大にして言いたいことは何ですか?

【1列目 上手側から】
梅田綾乃「14歳のうめたんこと梅田綾乃です。よろしくお願いします」

「私はですね、よく落ち着いて見えるねってよく言われるんですけど、まだ14歳で、私、7ヶ月ぐらいAKBの最年少になったことがあるんですよ。今、真姫宝ちゃんが小6で12歳、私も12歳で入ったんですよ。だから最年少の時期がありました」

込山榛香「15期生のこみはること込山榛香です。よろしくお願いします」

「私は今私のこの髪型見えますか? 私、ストレートにしたんですよ。わかりますか? 前は2つ結びだったんです。そこまで普段あんま先輩に可愛いって言われないんですよ。でもそのストレートにしたら、いつも言ってくれない茂木さんとか」
茂木忍「可愛いと思ってるよ」
込山榛香「前、シーサーに似てるって言われました」
茂木忍「違います。私が言ったんじゃなくて大家志津香さんが「シーサーに似てるね」って言って、それに同意しただけです」客、軽くw
峯岸みなみ「共犯だよ」
込山榛香「それに、萌さんも私はストレートのほうが好き言ってくれたり、あんま言ってくれない先輩が」客、軽くw

「いつも言ってくれないんですけど」
峯岸みなみ「でもさ、茂木と萌はアイドルとして参考にならない2人だからファンの方の意見も大事にしたほうがいい」客「可愛い」
込山榛香「ほんとですか? ありがとうございます。なので私はストレートにしました。今日もこみはるスマイル全開でいきたいと思います」

向井地美音「15期生のみーおんこと向井地美音です。よろしくお願いします」

「私はですね、達家真姫宝ちゃんのことなんですけど、楽屋の机が隣なんですよ。そしたらなんか「このマスク大きくない?」とか「この服似合わなくない?」とかどうでもいいことを凄い訊いてくるんですよ。それで「どっちでもいいんじゃない?」って言うと「えっ? 美音ちゃんすぐ怒る」みたいなことを凄い言ってくるんですよ。なので私は怒ってません!」

相笠萌「15歳の相笠萌です。よろしくお願いします」

「私はですね、常に楽屋で大声で叫んでいるので、特に無いんですよ。だから今ちょっとどうでもいいことを叫びたいと思います。(マイク外し)おい!茂木!」

岡田彩花「無口な甘えん坊の15歳、あやかこと岡田彩花です。よろしくお願いします」

「私は有限実行したっていうことを言いたいんですけど。昨日、彩希とメールしてて、私が急に「朝外食したいな」みたいなこと言ったんですよ。それを今日の朝実行さして、朝、モーニングセットというものを初めて食べに行きまして。しかも1人で行ったんですよ。だからこれは自慢したいなと思って今日言いました」


【2列目 上手側から】
内山奈月「いつも笑顔だ (なっきー) 今日も笑顔だ (なっきー) あなたをハッピーにしたい、内山奈月です。よろしくお願いします」

「私はですね、日産スタジアムとか武道館とかで憲法の暗唱を披露させていただいて、皆さんに絶対文系だと思われてると思うんですけど、私こう見えましても今流行のリケジョでして、リケジョっていうことを声に大にして言いたいんですけど、ちょっと皆さん信じられないと思うので、今から円周率を言いたいと思います。3.1415926535897932384626、はい、こんな感じです」
高島祐利奈「絶妙に短くない?」客、軽くw
峯岸みなみ「正解わかる人いるのかな?」
村山彩希「沙穂言えるもんね」
岩立沙穂「言えるけど、50桁まで前覚えてたんですよ。でも今たぶん20桁ぐらい。披露する機会が無いから忘れちゃうんだよね」
内山奈月「そうなんです。私頑張って60桁覚えて沙穂に勝ちたいと思います」
岩立沙穂「じゃー100桁覚える」
内山奈月「じゃー200桁覚える」
村山彩希「楽屋でやってください」
内山奈月「皆さん今日もハッピーになって帰ってください」

前田美月「美月はどこにいるの? みんなの? (前田!) ありがとうございます。前田美月です。よろしくお願いします」

「私が言いたいことは今やってたキャッチフレーズなんですけど、私の近所の仲のいいおばさんが作ってくれました」

橋本耀「高校1年生の橋本耀です。よろしくお願いします」

「私は単刀直入に言うと私の炭酸水が無いんですけど」
峯岸みなみ「知らんよ、それ何?」
橋本耀「昨日も公演だったんですけど、昨日の帰りに炭酸水を飲んだんです。でも明日も公演あるから取っておこうと思って楽屋の冷蔵庫に入れて、今日見たら無かったんです。ゴミ箱の中に捨ててました」客w
高島祐利奈「私も昨日置いてったお茶、ゴミ箱の中にあった。だからたぶん誰かが整理していらないと思って捨てたんだと思う」
峯岸みなみ「まだ捨てないでって書かなきゃダメだね」
橋本耀「そうですね、捨てないでください」

峯岸みなみ「チーム4のみぃちゃんこと峯岸みなみです。よろしくお願いします」

「切実なんですけれども、実家でやっている喫茶店のほうのお客さんの出入りがかなりまばらになってきまして」客、軽くw

「ぜひ皆さん行ってあげてください。けっこう最初のほうは秋元先生とか麻里子様とか陽菜とかたかみなとかきたりえとかあきちゃとかそうそうたるメンバーが足を運んでくれて、一時は外に並ぶぐらいの盛況があったんですけれども、最近そういうのも無く、ちょっと暇そうなのでぜひ実家のティールームタネというお店に行ってあげてください。お勧めはキーマカレーです」

村山彩希「高校1年生のゆいりーこと村山彩希です。よろしくお願いします」

「私が言いたいのは、私はゆーりんじゃない!っていうことなんですけど」
峯岸みなみ「その時点でちょっとどっちつかずだったんだけど」
村山彩希「私はゆーりんじゃなくてゆーりんなんですけど。ぐぐたすのコメントとかでも「ゆーりん可愛いね」私ゆいりーなんですね」
高島祐利奈「ある」
村山彩希「しかもなんか、さっき峯岸さんも「ゆーりん」と「ゆいりー」間違えてて。けっこう間違えられるんだよね」
岩立沙穂「それね、私ね、さっほーとさっきーもあるんだよね。握手会とかでもあるし。「さっきー」って言われたことある。ごめんと思った」
村山彩希「ハイタッチとかって凄い速いじゃないですか。だから「ゆーりん」って言われると「ゆーりんじゃないのにな」って」
高島祐利奈「それある。私、ゆいりーよりハイタッチが前なんですけど、私に対して「ゆいりー可愛かったよ」って言った時に後からゆいりーがくるわけじゃないですか。その時にどう思うんだろうと思って」客、軽くw
村山彩希「とりあえず私はゆーりんじゃなくてゆいりーです」

高島祐利奈「どんなにすべっても凹まない、ゆーりんこと高島祐利奈です。よろしくお願いします」

「言いたいことは今日の前髪がうまくいきません」


【3列目 上手側から】
岩立沙穂「皆さん、発声練習始めます。私に続いて言ってください (ヤッホー!) はーやーい。ヤッホー! (ヤッホー!) さっほー (さっほー! さっほー!) おーそーい。さっほーこと岩立沙穂です。よろしくお願いします」

「私が言いたいことは童顔なんですけど、あと半年ちょっとで二十歳になります」客、拍手&おめでとう

「おめでとうまだ早い。何歳に見えるんでしょうね。握手会とかでもたまに「何歳なの?」って訊かれるんですけれど、今当日券っていう制度があるじゃないですか。それであんまり知らないんだけど来てみましたって人に「何歳なの?」って訊かれて、「今19歳です」って答えると「えっ!?」ってなるんですよ。そんなに若く見えますか? 見える?」
篠崎彩奈「見えると思う。子供っぽい」
岩立沙穂「あんま嬉しくない」客、軽くw

「って感じなので、19歳なんですけれど、そんな感じの人もチーム4にはいるんだよっていうことを覚えて帰ってください。今日も私らしく歌って踊って喋ります」

篠崎彩奈なんなんでも可愛いなんってな~んだ? (あやな~ん!) ありがとうございます。あやなんこと篠崎彩奈です。よろしくお願いします」

「私が声に出して言いたいのは、なんと、なんと、なんと、4月から女子大生です」客、拍手
岩立沙穂「仲間だ」
篠崎彩奈「終わりです」

達家真姫宝「15期生の達家真姫宝です。まきちゃんと呼んでください。よろしくお願いします」

「私は茂木さんなんですけれど、ほんとに茂木さん優しくて、もう大好きです」
茂木忍「ほんと? ありがと~」
岩立沙穂「言わせた?」
篠崎彩奈「怯えてる」
茂木忍「言わせてないし、怯えてないわ。でも本番前に「茂木さん自己紹介で言っていいですか?」って言ってくれて、もうほんと可愛い」客、軽くw

「ありがとう。可愛い~」

北澤早紀「夢は大きく志は高く! 高校1年生のさっきーこと北澤早紀です」

「私は主にメンバーに向けて言いたいことなんですけど、毎回円陣の時に「いつも感謝 冷静丁寧正確に AKBチーム4」っていうのをやるんですけど、それがみんなすっごい早口でして、ついてけないんですよ、正直」
岩立沙穂「早紀ちゃん言えてないんだ、実は」
北澤早紀「ついてけないので、円陣はね、みんなと一緒に団結力というものもあるのでやりたいので、ちょっとね、気にしながらやって欲しいなと思います」

茂木忍「あなたのハートをもっぎもぎ。ありがとうございます。もぎちゃんこと茂木忍です」

「私が声を大にして言いたいことはですね、茂木だってアイドルなんだぞっていうのを言いたいんですけど。例えば今の真姫宝の茂木さんが大好きみたいな言った時に「言わせてんじゃないの?」とか、あと私が可愛いユニットとかをやった時に「茂木が天使のしっぽ?(笑)」みたいな、そういうのがあるので、茂木だって一応フレッシュなチーム4のメンバーのアイドルなんだぞっていうのを声を大にして言いたいです」

篠崎彩奈「AKB48チーム4「手をつなぎながら」公演、以上のメンバーでお送りします。次は様々なユニットの登場です」


◆M05.Glory days (向井地美音相笠萌梅田綾乃)
(BD:土保瑞希市川愛美福岡聖菜湯本亜美佐藤妃星大川莉央)
◆M06.この胸のバーコード (茂木忍峯岸みなみ岩立沙穂)
◆M07.ウィンブルドンへ連れて行って (北澤早紀(黄)・篠崎彩奈(ピンク)・達家真姫宝(青))
◆M08.雨のピアニスト (込山榛香岡田彩花高島祐利奈)
◆M09.チョコの行方 (内山奈月村山彩希前田美月橋本耀)


■MC
内山奈月村山彩希前田美月橋本耀

橋本耀「自分の家族の自慢話をしたいと思うんですけど」

内山奈月「内山家すごい仲良しな家族なんですよ。三人家族、3人でオセロとか。オセロは3人でできなかった」客、軽くw

「でもやるんです、オセロとかダイヤモンドゲーム。私のママいっつもお弁当にお手紙つけてくるんです」
メンバーたち「優しい」
橋本耀「何行ぐらい書いてあるの?」
内山奈月「4行ぐらい」
メンバーたち「すごい」
内山奈月「今日はなんとかだから頑張ってね、とかっていう自慢です。もう1コ言いたい!ママの卵焼きは世界一美味しいんです」

村山彩希「私のお父さんはガクトさんにそっくりなんです。パパが言うのは「ガクトがオレのこと真似してんだよ」ってよく言うんです。それぐらい自信があるみたい」
橋本耀「ちょっと待ってください。私のお父さんめっちゃ湯浅さんに似てるんです」客w

「笑わないで、ほんとに」
前田美月「私、今日耀の家泊まったんですけど、マジで似てます」客w
橋本耀「初めて私も湯浅さん見た時に「あっ、パパ?」と思ったんですけど、パパが支配人になったかと思って。だからパパも湯浅さんにライバル心沸いちゃって、「絶対オレのほうがかっこいい」って」
橋本耀「ちょっと待ってください。私のお父さんめっちゃ湯浅さんに似てるんです」客w

「笑わないで、ほんとに」
前田美月「私、今日耀の家泊まったんですけど、マジで似てます」客w
橋本耀「初めて私も湯浅さん見た時に「あっ、パパ?」と思ったんですけど、パパが支配人になったかと思って。だからパパも湯浅さんにライバル心沸いちゃって、「絶対オレのほうがかっこいい」って」
村山彩希「いつか私のパパも見に来てよ。ほんとにね、一時髪の毛金とかに染めてたんですよ。不思議なパパなんです」

前田美月「お父さんの自慢話なんですけど、うちのお父さんはお土産のセンスが全然無いんですよ」
メンバーたち「それって自慢?」
前田美月「自慢ですよ。ほんとにみんなが考えてるほどセンスがなくて、前京都に行って帰ってきて「お土産だよ」って言って渡されたら、八つ橋ちゃんっていう知らないキャラクターのストラップもらったんですよ」
内山奈月「それさっき私がめっちゃダサイって言ってた」客、軽くw

「だって八つ橋とか言ってるんですけど、ただ三角形が3つぐらい」
前田美月「顔もあんまり可愛いくない八つ橋」
村山彩希「商品に失礼だろ」
前田美月「八つ橋ちゃんっていうストラップもらって。黄色、ピンク、青、緑ぐらい、「何色買ったらいいかわかんないから全部買ってきたよ」って言って。いろいろ4色ぐらい買ってきてくれて、ピンクがマシかなーと思ってピンクをもらって、今の友撮カメラに付けてます」
村山彩希「でも付けてるだけ偉くない? 私だったら絶対付けないもん」
橋本耀「それより普通の八つ橋のほうが嬉しいね」
前田美月「八つ橋もらったほうが嬉しいです。「あともう1コあります。お母さんは元マラソン選手で、世界5位? 日本人2位だった」
村山彩希「みんな自慢したがりだな」

橋本耀「私もお母さん、毎日生配信見てくれてるんですよ」
内山奈月「私もママも見てますよ。ママ~ (カメラに手振る)客w
橋本耀 → カメラに手振る
村山彩希「ママーじゃないから」
橋本耀「こんな風にいっぱい自慢できる家族を作りたいなって思います」
村山彩希「もう作ってるわ」

内山奈月「AKB48チーム4「手をつなぎながら」公演まだまだ続きます」


◆M10.Innocence
◆M11.ロマンスロケット
◆M12.恋の傾向と対策


■MC
◆前半:前田美月峯岸みなみ相笠萌込山榛香達家真姫宝高島祐利奈村山彩希岩立沙穂

相笠萌今だから話せる失敗談
峯岸みなみ「失敗談よくあるからね、みんなこうやって公演をやっると。ねぇ、こみはる」
込山榛香「昨日ですか?」
峯岸みなみ「昨日見ちゃいました」
高島祐利奈「私も見ちゃいました」
込山榛香「昨日ですね、今の前の前の曲で披露させていただいたロマンスロケットあるじゃないですか。踊ってたらスカートがストーンと落ちてしまいまして・・・あれっ?わかりますか?言ってる意味」
峯岸みなみ「もっとリアクションあっても良かった」
込山榛香「そう、ビックリした。ついたんですよ、床に」客、反応

「優しい。でも峯岸さん説明してください」客、軽くw
峯岸みなみ「なんか、とりあえず目の前でスカート落ちた人がいてビックリしちゃって。こみはる1回ガンって上げて、ちゃんと止めてないのにまだ踊り続けようとしたんですよ。ダメダメダメと思って、私がそのままグって上げてグって袖に捌けさせたんですけど、でもちょっと目の前で起きたことはビックリしたよね、ゆーりん」
高島祐利奈「衝撃と笑いが隠し切れなくて」
峯岸みなみ「今日もその曲の時ちょっとドキっとした」
込山榛香「見ててくれたんですよ、最前の方とか」
峯岸みなみ「センターだったもんね」
込山榛香「落ちた瞬間パって目逸らして、誰も見てくれなくなっちゃった」
峯岸みなみ「優しさでしょうね。1コ目に大きいの出ちゃったけど、このようなエピソードありますか?」

相笠萌「私は入りたての頃にお仕事で北京に行ったんですよ。それで仕事が終わって止まったんです。ひらりーと大島涼花ちゃんと私の部屋で、その時点でヤバことんですけど、寝たんですよ。目覚ましちゃんとかけたはずなのに、涼花が寝ぼけて全部止めたみたいで、朝起きなくてマネージャーさんが鍵開けて入ってきて「今何時だと思ってるの?」って入ってきて。入ったばっかりだったんですよ。だからすっごいビックリして、飛び起きて、ほんとにもうヤバイ、これはもう終わったなって思って。本当にそれが今まででヤバイ出来事です」
峯岸みなみ「寝坊焦るよね」
岩立沙穂「私その北京の時に、まったく別の部屋で起きた出来事なんですけど、萌ちゃんだち寝てた時間に岡田彩花ちゃんと早紀ちゃんが鍵が閉まっちゃうじゃないですか、ホテルのドアって、オートロック。それで鍵を持ってないといけないのに寝ぼけて2人とも出て来ちゃって、鍵が閉まったんですよ。北京ですよ、言葉が通じないってなって、朝のほんとに早朝から私が使えない英語でフロントに電話をかけて、鍵を持ってきてもらって。頑張ったんですよ。朝の4時とかに頭フル回転で。っていうハプニングがありました」
峯岸みなみ「意外と頼りになるんだね」
岩立沙穂「だって間に合わないと思って」

前田美月「私、今やった「恋の傾向と対策」って曲で「アインシュタイン」の時に1人で勝手にベロを出してるんですけど、その時に出し過ぎて、マイクなめちゃって、鉄の味がしたっていう」
峯岸みなみ「地味だな。嫌だね、次の人そのマイク使うの。みんなでまわしてるから」
前田美月「ごめんなさい、気をつけます」

高島祐利奈「私はぐぐたすかモバメか両方か忘れちゃったんですけど、大先輩を「さん」を付けるの忘れて投稿しちゃって。それぐぐたすが始まってちょっと経ってた時に篠田さんのことを」
峯岸みなみ「一番ヤバイやつじゃん」客w
高島祐利奈「ぐぐたすに書いたんですよ、篠田さんが卒業された時に。その時に私、うっかり1箇所だけさん付け忘れたんですよ」
峯岸みなみ「篠田おめでとうみたいな?」客w
高島祐利奈「たぶんそんな感じで書いちゃって、それをお姉ちゃんからメールがきて、「あなた、ぐぐたす読み返した?」って来て、さんが付いてないんですよ、篠田さんに。で、あ~と思って、それが私の失敗です。今覚えてる中で一番冷や汗かきました」
峯岸みなみ「麻里子にその後会ったの?」
高島祐利奈「確か私、仁藤さんのことも呼び捨てにしちゃったことあるんですよね」
岩立沙穂「憧れの先輩だよね」
高島祐利奈「そうなんですよ。だから何回かやっちゃってるんで、気をつけます」

村山彩希「私は入った初期ぐらいの時に「目撃者」公演の前座ガールズに出させていただいて、ミニスカートの妖精って曲を踊ってたんですよ。ほんとにまだ入ったばかりですごい楽しみだったのに、背中のチャックが全開になってしまったんですよ。しかも、スタッフさんにもチャックが開いたら捌けるんだよとも言われてないからこれは踊んなきゃいけないと思って、背中丸見えで踊りました」
峯岸みなみ「もちろんじゃー例の線は見えてるってことだよね?」
村山彩希「見えてましたね、バリバリ」
高島祐利奈「みぃちゃん反応し辛いじゃないですか、お客さん絶対」
峯岸みなみ「気になるじゃん」

「真姫宝、あるの?」
達家真姫宝「あります」
峯岸みなみ「締めだよ、締め」
達家真姫宝「Innocenceっていう曲あるじゃないですか。あれを歌っちゃいそうになっちゃいました」
峯岸みなみ「ちょっと説明不足過ぎるな」客、軽くw

「Innocenceってこの3曲の一番最初に歌ったセクシーな歌なんですけど、あれ16歳未満の人はちょっと歌詞があれなので歌っちゃいけないんですよ。彼女は12歳だからほんとは歌っちゃいけないはずなのに歌っちゃったっていう話でした」

# 後半チーム入場 / メンバーチェンジ

◆後半:内山奈月梅田綾乃北澤早紀篠崎彩奈向井地美音茂木忍橋本耀岡田彩花

篠崎彩奈今だから言えるごめんなさい

向井地美音「私は彩花さんなんですけど。私、15期のデビューが研究生武道館だったじゃないですか。初めてたぶん先輩たちに会ったのもそれのリハーサルとかで、その時、彩花さんすごいなんか、めっちゃ静かでひと言も喋らなくて、メガネしておでこ前髪上げて、茂木さんより怖くて。なのでごめんなさい」
岡田彩花「全然全然」
篠崎彩奈「今はどうなの?」
向井地美音「茂木さんのが怖い」
茂木忍「待って、なんで? 怖くないよ」
向井地美音「怖くないです」
梅田綾乃「怖い怖い」
篠崎彩奈「いじめないで、美音ちゃん」
茂木忍「美音ちゃん仲良くしようねー」
メンバーたち「怖い」
茂木忍「どう処理したらいいかわかんないから次いこう」

内山奈月「私も茂木さんのことなんですけど。怖い系じゃないんで。昨日の公演で「あっ、こみはるなんか今日声低いな、どうしたんだろう」と思ったら茂木さんが喋ってて。それの話大声で楽屋でしちゃってごめんなさい」
茂木忍「たぶんこみはるの声だと思って聞いたら低いかもしれないけど、茂木の声だと思って聞いたらそんなことないみたいな、そういうパターンじゃない?」
内山奈月「なるほど、じゃー茂木さんだと思ってこみはるの声を聞くよ」
梅田綾乃「どういうこと?わけわかんない」
内山奈月「ごめんなさい、何でもないです」

梅田綾乃「私、早紀のお母さんに謝りたい。今日早紀がホワイトデー、過ぎたんですけどチーズケーキを持ってきてくれたんですよ。早紀が作るチーズケーキってほんとにすっごい美味しくて、早紀が作ってきたものだと思って、「誰が作ったの?」みたいな最初に訊いたんですよ。「お母さん」って言われて「えー? お母さんなんだ」って言っちゃったんです」
茂木忍「どういうこと?」
梅田綾乃「お母さんなんだーっていう。早紀が作ったんじゃなくて、あっ、お母さんが作ったんだねっていうそういう感じ。期待外れじゃないけど、期待外れみたいな言い方しちゃったっていう。だからお母さんに伝えといてくんない」
北澤早紀「聞いてないから大丈夫だよ」
篠崎彩奈「でもさ、美味しかったよね」
北澤早紀「私のおかげじゃなくてレシピのおかげだから」

橋本耀「私はなっきーに謝りたいんですけど。失礼過ぎてちょっと言っていいか迷ったんですけど。私の友達が凄くなっきーのこと可愛いって言ってくれたんですよ。そこまでいいんです。そしたらその友達が実物と写真どっちのほうが可愛い?って訊かれたので「写真のほうが可愛い」って言っちゃって」客、軽くw
内山奈月「ひどい。確かに写真写りいいんです、私。だから公式写真めっちゃ詐欺なんです」客w

篠崎彩奈「私もけっこう似てるんですけど、友達がなっきーのぐぐたすを見て、「この子すごいね、なんか」みたいな感じで。お料理動画あるじゃないですか。それを見て、ちょっと「あっ、すごいね」っていうテンションで、「すごいよね」みたいな同意しちゃって、ちょっとひいてた、友達」
内山奈月「否定してくださいよ、あやなんさん」
篠崎彩奈「ごめんね」
内山奈月「なっきー広めといてください」
篠崎彩奈「すごいいい子だよって言っといた」
橋本耀「言った言った」
篠崎彩奈「絶対言ってないでしょ」
橋本耀「なっきーの動画ってさ、見てるほうが恥ずかしくないですか?」
篠崎彩奈「見たことありますか?皆さん」
内山奈月「見てください」
篠崎彩奈「すごいよね」
内山奈月「なんか、身内の人が見るとちょっと恥ずかしいって言われます。でもいいんです、そうやって知ってもらえればいいんですよ」
梅田綾乃「うわっ、ポジティブ」

岡田彩花「私は早紀ちゃんに謝りたいんですけど。早紀ちゃんがよくチョコレートを持ってくるんですよ、普通に毎日。それを早紀ちゃんがいない間に盗み食いしたっていう」
北澤早紀「気づいてた、それ。だって日に日に減ってくんだもん」
岡田彩花「私、チョコレート大好きで、チョコレート見かけると誰のかわからなくてもすごい食べたくなって、ちょっと食べちゃう時があるんですよ」
茂木忍「それコンビニとか言った時、大丈夫?」
岡田彩花「大丈夫。けど、早紀ちゃんのはほんとに美味しそうだから食べてます」
篠崎彩奈「その気持ちわかる。冷蔵庫によくメンバーの食べ物とか入ってるんですよ。でも名前とか書いてなければ別にいいかなと思って食べちゃう」
茂木忍「ダメダメ」
篠崎彩奈「ごめんなさい」
茂木忍「ということでこれからも後ろめたいことがないようにまっすぐに生きていきたいと思います。ということで次が最後の曲になります」

梅田綾乃「今日もこうして皆さんの前で歌って踊れることがほんとに嬉しいです。これも皆さんが応援してくださるおかげです。いつもありがとうございます。ということで、最後の曲です」


◆M13.大好き


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール


◆EN01.ロープの友情
◆EN02.火曜日の夜、水曜日の朝

# 暗転 (メンバー捌ける)

■VTR (チーム4活動映像) (BGM:大人への道)

# 上映終了 / メンバー入場


篠崎彩奈「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 篠崎彩奈 アンコール曲2曲紹介

篠崎彩奈「AKB48チーム4「手をつなぎながら」公演いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「これからもAKB48そしてチーム4の応援をよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

篠崎彩奈「本日の公演も皆さんの応援のおかげで無事終わりに近づいてきています。この劇場を出た後も私たちのことを忘れないでください。私たちも忘れません。次の曲は皆さんのことを想いながら歌いたいと思います」


◆EN03.遠くにいても


峯岸みなみ「本日のご来場ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 峯岸みなみ 曲振り(2月26日発売 AKB48 35thシングル「前しか向かねえ」)


◆EN04.前しか向かねえ相笠萌センター


村山彩希「これからもAKB48そして「前しか向かねえ」をよろしくお願いします」

# 村山彩希 ハイタッチ案内

「それでは最後の挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶 「せ~の(バック)、せ~の(前進、お辞儀)、ありがとうございました(お辞儀)」

# メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:前しか向かねえ)

# 公演終了


■ハイタッチお見送り (ロビーにて)


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】3月16日(日)「手をつなぎながら」14:00公演

公演後の感想 → 北澤早紀岩立沙穂

[ 配信中の公演一覧 ]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND