FC2ブログ
新体感ライブ 指原莉乃 卒業コンサート 予約受付中 new2.gif
予約受付開始!
AKB48Group新聞 2019年5月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年5月号 セブンネット限定生写真セット new2.gif

「うちらほんとにガチだよね」平嶋夏海 生誕祭(5/27 、チームB 3rd 73回目)

08052701.jpg  08052702.jpg

■チケット&抽選
キャンセル(抽選対象内)は6番まで。

MVP&1巡前入場。

抽選
80→221→130→140→190

5巡。中央前方へ。

■チームB16人&研究生6人公演

[ AKB48 チームB「パジャマドライブ」公演出演メンバー ]

■公演前の影アナ
平嶋夏海 「今日は15歳最後のチームB公演です。すごくドキドキして気合入ってるのですけど、気合入りすぎて 失敗しないようにがんばります。平嶋夏海でした」客、大拍手

■公演スタート
オーバーチュアー後、

仲谷 「みんな、みんな。その場でいいんで聞いて」

上手端からセンターへ歩きながら、
「みんなの原点は、何ですか?」

やや語り口調で。以降もそんな口調で。

「みんなの夢は何ですか?」客、ざわざわとし出す

「みんなの今の目標はなんですか?」

「じゃあ、将来の目標は?」

「みんな違って、いい」客w&拍手

「それぞれ違っていいじゃない」

「今やることはただひとつ。サイコーのステージを作ること」

ちょいとぶりっ子口調で「みんな、行くぞ~!」客、拍手

他メン「どうしたの?」
平嶋 「いつものやろう」
野口 「今のなかやん?」
浦野 「ちょっと怖かったな」客、軽くw

「なかやん、最後にひとこと」
仲谷 。ちょいとぶりっ子口調で「気合入れていくぞ~!」客、拍手

浦野 「いつものやりましょう。なかやんの新しい一面が見れたね。みんなもステージで 新しい一面を出せるようにがんばりましょう」

「いつものやりましょう」

みんなで「いつも感謝。冷静に丁寧に正確に。みんなの夢が叶いますように」
浦野 「AKB」
みんなで「チ~ム B!」M1スタート


◆M1「初日」(全員ソング)
◆M2「必殺テレポート」(全員ソング)

日替わり(じゃんけん勝ち)→ 渡辺麻友

佐伯と2人でセンターへ。2人で「ポリ、ポリ」言いながら頭をポリポリかく仕草。客、軽くw

最後に「ポリポリピーナツ♪」


◆M3「ご機嫌ななめなマーメイド」(全員ソング)
◆M4「2人乗りの自転車」(全員ソング)

■MC1 自己紹介&本日のお題「凹んでしまった時、どうやって立ち直るか。元気が出る方法」
MC柏木由紀 「みなさん、こんばんは」
みんなで「AKB48、チームBです!」客、拍手

菊地彩香 「最初に聴いていただいた1曲目は、私たちがこのステージに初めて立てた時の感動をいつまでも忘れずに、毎日が初日だという気持ちを込めて歌った曲、初日です」

多田愛佳 「2曲目に聴いていただいたのは、大好きな人を自分だけのモノにするために超能力を使ってテレポートさせたいという脳内願望を歌った曲、必殺テレポートです」

渡辺麻友 「3曲目に聴いていただいたのは、サーフィンが好きな彼と海に行って、ずっと浜辺に待たされて、ちょっとスネている女の子の気持ちを歌った、ご機嫌ななめなマーメイドです」

仲川遥香 「4曲目に聴いていただいたのは、密かに思いを寄せる女の子と自転車に二人乗りをして、学校から帰る男の子の切ない気持ちを歌った、二人乗りの自転車」

柏木由紀 「4曲続けて聴いていただきましたが、みなさんいかがだったでしょうか?」客、拍手

「ただいま公式モバイルサイトにて募集している私たちへの質問にお答えしながら、1人1人自己紹介させてください」

「今日のお題は○○さんからいただきました。すごく凹んでしまった時、どうやって立ち直りますか?  元気が出る方法を教えてください」

1列目。上手から順に。

仲川遥香 「凹んでも、そんなの関係ねぇ~!ということで、みなさんもそんなの関係ねぇ、ポジティブに生きてください」

多田愛佳 「私は携帯に入ってる音楽を聴くことです。それ以上になっちゃんと鼻チューすることです」客、ひゅ~ 「今日の公演前も鼻チューしました♪」

客。声援。
柏木由紀 「ハ~イ、ありがとうございます」客w

「公演前、一番元気そうな奈瑠っぺに元気になる方法を教えてと聞いたら「ポリポリピーナッツだよ」詳しく聞かなくていいかなと。 ポリポリピーナッツって何?」
井上奈瑠 「私が開発した一発ギャグで、次の流行語大賞を狙ってます。ゆきりんもみなさんも使ってください」
柏木由紀 「めんどくさい感じ? それ言ったら元気になれるみたいなので、みなさんも使ってみてください」

菊地彩香 「ポリバケツはわからないのですけど」客、ざわw
「最近友達と電話するんですけど、1日の出来事を話したり。何笑ってんの?」
仲川遥香 「ポリバケツじゃなくて、ポリポリピーナツ」
菊地彩香 「ハイ、今日もよろしくお願いします」客、軽くw

渡辺麻友 「さっき多田愛佳ちゃんがなっちゃんと鼻チューすると言ってましたが、私はもっとなっちゃんと鼻チューします」
平嶋夏海 「今日、私、モテモテなんだけど」
渡辺麻友 「なっちゃんはもともとモテモテだからね」

以上、ハケる。
2列目。上手から順に。

仲谷明香 「ポリポリピーナツに負けない、モチモチピーナツを流行らそうと」客、ざわw

「自分が新たな一面を出していけば」いいんじゃないかと思います。終始いつも以上に声を張る。

野口玲菜 「私は明日があるさと思えばいいと思います。宿題どうしよう? 明日があるさと思って引き伸ばせばいいと思います」客、軽くw

平嶋夏海 「チームB公演を盛り上がって見るには、笑顔、手拍子、そしてウルトラなっちゃん! なっちゃんこと平嶋夏海です」客、大声援&大拍手

「いつもより大きい声で。いつもこうだったらいいんですけどね」

「なっちゃんの笑顔を見ると元気になれると言われると嬉しいので。今日はちっちゃい子、妹にMCでモテモテなんですけど、 チームB16人の公演を見て、元気に笑顔になってくれればと思います。今日もいつも以上にがんばりなっちゃん!でがんばります」

片山陽加 「音楽を聴いたり、癒しの女王ラブたんとまゆゆの画像を見ることです。最近、柏木さんが出てなくて、そこまで寂しくないかなと 思ってたのですが、ゆきりん不足になって、メールすると元気になったので、落ち込んだ時はゆきりんにメールしたいと思います」

松岡由紀 「やる気、元気、まつゆき!」客「ウィー!」

「元気になるにはこれしかない。やる気」客、軽くw「元気、まつゆき!」客「ウィー!」

以上、ハケる。
3列目。上手から順に。

井上奈瑠 「私はですね、お母さんに電話することと、幸せのおまじない、ポリポリピーナツだと思います」

田名部生来 「私はですね、自称アニメオタクなんですけど、中野ブロードウェーに行って」客、反応 「パーっとお金を使いたいと思います」

佐伯美香 「つい最近まで五月病だったらしいのですけど、五月病は無理に立ち直ろうとしないこと。。。この空気マズイですね。なってません」

「ちなみにポリポリピーナツをやり過ぎると疲れちゃうので気をつけてください」

米沢瑠美 「テンション低くなると仲川遥香のとこに遊びに行きます。ツンツンやると「なに米ちゃん!」絡みが楽しくて、それで ここに来たらテンションさらに上がって」

最後に「今日の公演、みなさんとなっちゃんと楽しんでいきましょう」といった発言

浦野一美 「私に惚れたら上級者。。」客、拍手
「すごい緊張してて、がんばらなきゃ今日は。今日はちょっと楽しみにしてきたんですね。何があるかお楽しみだなと思います」

「チームBに入って、AKBヤバイなと思った時期があって、なっちゃんとディズニーランドに行ったらそこらへんの男の子と 行くよりすごく全然楽しくて」客、反応「AKBにいた方がいいな。チームBでがんばろうと思った。なっちゃんパワーすごいなと思いました」

「1回やっていいかな? がんばりなっちゃん」客、軽くw

そして「今日もがんばりなっちゃんで!」客も一緒に「なっちゃん!」

「楽しい! 今日もよろしくお願いします」

早乙女美樹 「私もなっちゃんにお手紙もらったことがあって、セカンドステージの会いたかった公演」ユニットがなっちゃんと同じポジションやってて。

「その時にすごく長文のお手紙、3枚もらって。すごく嬉しくて、今でも落ち込んだ時に読んでます」

締め。佐伯美香 「チームB、パジャマドライブ公演。この後は様々なユニットの登場です。お楽しみに」

■ユニット
◆M5「天使のしっぽ」野口、多田、仲谷
◆M6「パジャマドライブ」平嶋、渡辺、仲川
◆M7「純情主義」片山、井上、松岡 & 研究生6名
◆M8「てもでもの涙」柏木、佐伯
◆M9「鏡の中のジャンヌ・ダルク」米沢、早乙、菊地、田名部、浦野

■MC2
米沢、早乙女、菊地、田名部、浦野

米沢 「天使のしっぽ、パジャマドライブ、純情主義、てもでもの涙、鏡の中のジャンヌダルク、5曲続けてお送りしましたが、いかがでしたか?」客、拍手

早乙女 「じゃ、岩かたせてきます」
菊地 「旗も片付けてきます」
浦野 「ヨロシク~!」

米沢 「今日はダブルで気合が入るね」
他メン「ホント、ホント」
浦野 ?「ドキドキするわ~」

米沢 。菊地の頭をなでながら「よしよしよしよし~、帰ってきた~」
菊地 「誰?」
米沢 「本当に寂しかった。メディア収録お疲れ様でした」客、拍手
浦野 「メディアお疲れ」客、軽くw

米沢 「今日のお題は菊地よろしく」
菊地 「何? 聞いてないよ」

「もし自分でお店を持ったとして、オリジナルのお弁当を作るなら」
浦野 「何で弁当が出てくるんだ」客、軽くw
菊地 「どういう具材、おにぎりの形に」
浦野 「チームB弁当を作ろうよ」
他メン「いいね~」「作りたい」
早乙女 「幼稚園生が持ってくるようなかわいいの入ってるのがいい」
浦野 「ビービンバ」
米沢 「重くない?」
早乙女 「お弁当だよね」云々
浦野 「違うよ。ビービンバだって」

米沢 「チームB弁当は何が入るんだろ」云々
菊地 「フルーチェ入れようよ」
米沢 「ほんと菊地はすごいの入れそう」
菊地 「フルーチェは端に。アルミホイルのやつで」
浦野 「その時点でグチャグチャ」
米沢 「開けたら腐っちゃってる」
菊地 「(学校行って)オハヨー、すぐに食べる」
他メン「早いよ」
菊地 「ミートボールとちくわを入れたい」
他メン「ちくわ?」
菊地 「小さいころちくわが好きで。菊地ってちくわみたいな名前してるね」
浦野 「ごめん、笑うところ?」客、軽くw

田名部 「モロキューと馬刺しとコロッケ」客、モロキューに反応
浦野 「馬刺しはヤバイよ。夏場は」
田名部 「イカの塩辛あるじゃないですか。お弁当に入れられたの。教科書とか水浸しになった。メッチャえつこにキレました」客、軽くw
浦野 「フルーチェも塩辛も一緒」みたいなもの
米沢 「やめようよ、ドロドロしたものはダメ」
菊地 「たまにカレー入れる人いない?」
浦野 「それはタッパーでしょ」

米沢 「チームBで作ったらどうなるか不安なんですけど、何かの企画で(実現できれば)楽しいんじゃないかなと思います」

「チームBサードステージ、パジャマドライブ公演、まだまだ続きます」


◆M10「Two years later」
◆M11「命の使い道」

日替わりパート → 田名部生来 「おじさん、愛って何?」


◆M12「キスして損しちゃった」


■MC3(平嶋夏海 生誕祭)
最初ステージには、

米沢、松岡、浦野、平嶋、早乙女、田名部、多田、仲谷の8人

野口の姿はなく。


平嶋 「Two years later、命の使い道、キスして損しちゃった、続けて3曲聴いていただきましたがいかがだったでしょうか?」客、拍手

「今歌った3曲のうち、命の使い道のブレイクの部分とキスして損しちゃったのサビ前で、毎回日替わりをしてるんですけど、 今日の命の使い道はたなみんが。何て言ったの?」
田名部 「おじさん、愛って何?」
浦野 「うまかったね」
他メンたちも「うまかったね」
田名部 「ありがとうございます」

平嶋 「キスして損しちゃったはシンディが」
浦野 「マリオー!」
平嶋 「聞こえてたよ」
浦野 「よかった。一番は言えなかったけど」
米沢 「シンディ、その時チラ見したでしょ?」客、軽くw

他メン「何でマリオだったの?」
浦野 「最近マリオとルイージのマリオカートにハマってて。なっちゃんすごい強いの。 はるごんと私がやってて、はるごんに勝ってたら、なっちゃんが来て」全然勝てなくて。すごい強い。
平嶋 「持ち上げなくていいよ」
浦野 「今日は目立っとけって」客、爆笑&拍手

平嶋 「今日のお題は、歌詞に合った演技をしよう」客、拍手

「先生を呼んでます」

どんでんから野口登場。
野口 「チャッ、チャッ、チャララ~、軋むドアを押し開いて 誰もいない教会の中へ~、ラララライ、ラララライ~。。止めてよ」
平嶋 「Two years laterの、軋むドアを押し開いて 誰もいない教会の中へ」の場面について、演技する
野口 「緊張してて、お客さんのオイがライって聞こえた」客w

「みんなのハードルを下げといたから」
浦野 「挑戦者いる?」
仲谷 「ハイ!」客、ぅお~

「後ろにまわった方がいい?」どんでんの後ろにまわる

「どうするの?」
平嶋 「軋むドアを押し開いて、誰もいない教会の中へ。その後はフツーで」

「とにかくなかやん、誰もいない教会に入ってくればいい」

どんでんから仲谷が登場。
仲谷 「ドア重い」客、軽くw

「先にいなくない? いるの普通でしょ? 。。カット~!」客、軽く、え~
浦野 「どういうこと?」
仲谷 「リアルな・・・。待ち合わせしてたのに、何でいないの?」

次に平嶋がやることに。どんでんの裏にまわる。

浦野 。PAに向かって口パクで何か合図を送る。

「なっちゃん聞いてる? 結婚式、当日来たのに、いない・・・」

その間にケーキ、花束がステージに。平嶋以外のメンバー、ステージに。

浦野 「何で誰もいないわけ?って演技して。期待してるよ」
平嶋 「照明さん、よろしくお願いします」客、軽くw
浦野 「よ~い、スタート!」

どんでんから平嶋が登場。
平嶋 。目の前にケーキ台。「えっ?」みたいな表情を浮かべ、床にへたり込む。

BGM「誕生日の夜」客、手拍子&盛り上がる

ケーキ、ロウソクに着火 → 菊地、仲川
細長いタイプのロウソク

BGMに合わせて、客「なっちゃん!」コール

渡辺 → 平嶋に抱きつきながら、花束を渡す

渡辺 「ということで、みんなでなっちゃんにお誕生日の歌を歌いましょう」

みんなで「♪ハッピバースデートゥーユー ハッピバースデートゥーユー ハッピバースデー ディア なっちゃん~  ハッピバースデートゥーユー」客、拍手

歌後、花束を抱えた平嶋も、開いてる方の手でもう片方の腕をパチパチと。

平嶋 → 3、4フーでロウソクの火を吹き消す。客「おめでとう~!」各地から

渡辺 「昨日の星の温度サプライズと違って」客w
平嶋 「昨日見に来てたよね」
渡辺 「今日は言葉が飛んで。本気で」演技に取り組もうとしてて
平嶋 「いいとこ見せなきゃ。昨日の挽回」をしようと思って、花嫁を演じようと
渡辺 「本当の誕生日は明日ですが、明日で何歳になりますか?」
平嶋 「16歳になります」客、拍手

渡辺 「まゆから1つ質問があります」

「なっちゃんはまゆのこと、どれくらい好きですか?」客w
平嶋 「この劇場が足らないくらい好きだよ」

「まゆゆやチームBに会えたのは、このシアターのおかげ」云々
渡辺 「なっちゃんは東京ドーム3個分くらい好きだよ」客w
平嶋 「私はまゆのこと、東京ドーム5個分くらい好き」
渡辺 「じゃあ、まゆは」
浦野 「やめよ」
渡辺 「終わり」

浦野 「なっちゃんさ、ここでシンちゃんが」客、反応。某HGSSスタッフさんの方を見た人もいたり。

「お手紙書いてきました」

「下書きしたの。便箋3枚」
平嶋 「意外に長い」客、軽くw

浦野 「Dear なっちゃん。AKBシアターが2005年12月8日にオープンしてから、ずっと一緒のなっちゃん。 思い出すと、あの頃DSでなっちゃんをからかって「MIHOちゃんなんて大キライ」なんて大泣きさせて。 そんななっちゃんがかわいくて大好きで、よくチョッカイ出して遊んでいたよね。 あんなに子供だったなっちゃんが、もう16歳。まだまだ若いけど、今はチームBで一緒になって 振りを教えたり、チームをまとめたり。いつも大きくなったな~なんて思ってるよ」

「ずっとなっちゃんを見てきて思うことはたくさんあるけど、私はいつも一生懸命で、純粋で、何があってもひたむきな、 そんななっちゃんが大好きです」

「辛い時、いつもそばにいてくれてありがとう。この間、なっちゃんがさり気なく言ってくれた 「うちらほんとにガチだよね」って言葉、すごく嬉しかったよ。いつも頼りなくてごめんね。 これからもチームBの大好きなメンバーたちと、最強のチームになれるようにがんばるぞ」

「最後に。ハッピバースデー、なっちゃん大好き」

平嶋 。涙。
浦野 「なっちゃん、ハイ」手紙を手渡す
平嶋 。涙混じりに「もっと爽やかに」なると思った。泣ける感じで。
浦野 「すごいよ、目の下」
平嶋 「私、チームAの前だと子供に戻っちゃう。チームBの前では大人でいようと、 チームBに来た時から決めてたの」
浦野 「えらいな~。なっちゃんは本当にえらいよ」

渡辺 「じゃ、なっちゃん、最後に応援してくれたファンのみなさんにひと言」

平嶋 「ほんとうに今日はありがとうございます」

「楽屋で今のMC、すごいいっぱい打ち合わせしてて、私が仕切って決めてたから、 まさかこのMCでお誕生会を開いてもらえるとは思ってなくて、言葉で表せないくらい嬉しいです」

「一番前にパジャマで」客w
「幕が開いた時、シンディと笑っちゃって」客w
浦野 「言っちゃ悪いけど。。」客w&拍手
平嶋 「びっくりしちゃったよね」
浦野 「病院から来たのかと思った」客w
「心配になったよね。今日のために(病院から来てくれたのかと)」客w

平嶋 「チームBになって1年。みんなも成長したと思うし、私も選抜に入って成長できたと思うし、 チームAにいたら今の私はいないと心から思ってるので・・・秋元先生、まわりのスタッフさんに感謝しています。 チームBの16人じゃなかったら、ここまで成長できなかった、チームBのみんなに感謝してます」

「アピールするの恥ずかしくて、苦手で、うまくできなくて、「なっちゃん冷たい」と言われるのですけど、 そうではなくて、みなさんのこと感謝してるし大好きなので、これからも平嶋夏海とチームBの応援よろしくお願いします」客、拍手

「いつも大人しいまゆゆが仕切ってくれて」
渡辺 「3日前から徹夜してシミュレーションして」客、軽くw

平嶋 「どうすればいいかな?」
仲川 「ケーキ食べてきます」

ケーキ台、花束撤収。ステージには通常のMCメンバーのみに。

平嶋 「間延びした感じもチームBらしい」

「この手紙、部屋に」飾らせていただきます
浦野 「字が汚くてごめんね」
平嶋 「もうグシャグシャになってるよ。手紙入れたままダンスするんだもん」云々
浦野 「緑が好きなので、緑のペンで」
平嶋 「前の人も、サイリウムも。みなさん、私の好きな色知っててくれて、嬉しいです」
浦野 「優しいな~。でも、パジャマ」客w
誰か「ユニットがパジャマだからね」
浦野 「でもパジャマ」客w「本当に心配した。わっかとか、その紙とかしてないかドキドキした。 親が看護士だから詳しいの」
平嶋 「幕が開いた時、みなさんチェック柄着てて」

浦野 「これからは何を目指すの?」
平嶋 「私は、大女優ですよ」客、拍手
浦野 「・・・純粋だね」
平嶋 。憧れは米倉涼子さん。「今はピュアだけど、いつか悪女もやりたい」客、ぅお~
浦野 「私は女優の先輩として」といった発言
平嶋 「ほんの何秒出たからって、調子に乗るなよ」客w
「はるにゃんくらい出ないと」
浦野 「なるなと同等よ。だって、ごくせんだし」

平嶋 「シンディとは2年半くらい同じ」
浦野 「唯一の同期」
平嶋 「年齢は違うけど」客w

「シンディはダメなとこ言ってくれるし、私も言うし。その関係がいいな。 チームBは1年以上経つけど、まだそんな関係じゃない。私も成長したいから(言って欲しいし)関係を深めたいと思ってる」
米沢 「けっこう本音で話したことある」
平嶋 「チームBに入ってすぐの夏に、待ち合わせして」
米沢 「チームBでシンディと今は仲良し、チームAの時はそうでも」客w
浦野 「私は仲いいと思ってた。AKB日誌よく撮ってたし。あれはイヤイヤだったの?」
平嶋 「私的に、なるにゃんと仲いいと思ってた。私のことからかってくるし、苦手分野だった」客w 分野に反応
浦野 「私を「分野」にしないで」
他メン「すごいよね、絆が」
平嶋 「絆は大切」
浦野 「行列でも・・・」

「どうする、このグダグダな感じ」

平嶋 「私たちチームBはもちろん、AKBとしても絆を深めて、チームB全員がAKBを代表するような メンバーになるようがんばっていきたいと思います」客、拍手

「それでは最後の曲です。僕の桜」


◆M13「僕の桜」

歌終了後、メンバーたちハケる。暗転。

■アンコール
客「今日はなっちゃんの生誕祭です」客、ぅお~

「アンコールはなっちゃんコールでお願いします」客、ぅお~

客「なっちゃん!」コール


出だしに研究生6人。頭の上にて手拍子など、客席を温める。30秒程度。

BGMが終わった後、横一列、
中西優香 「みなさん、チームBさんへのアンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

下手側から順に挨拶。

中西優香 「私はトロロソバという言葉を早く言おうとすると「トゥルォルォソバ」愉快な感じになります。 まともな言い方を勉強中です。それと、なっちゃんさん、おめでとうございました」

北原里英 「私はローソンで販売されたスカシカシパンを食べそびれたことに後悔してます」

大家志津香 「今日、日傘をアリサさんが差してたんですよ。上が茶色になってたので、しょう油? と聞いたら、日で焦げた」云々「におったらしょう油のニオイがしました。 なっちゃんさん、おめでとうございました」

藤本紗羅 (11歳)「実は指原莉乃ちゃんと北原里英ちゃんと足のサイズが一緒です」客、反応

「えっと、私は子供なので改札を通るとピヨピヨと後で鳴るんですよ。 大家さんがマネして、ピヨピヨと口で言ってました。おもしろいのですけど、子供限定なのでやめてください」

指原莉乃 「大家さんなんですけど、目が合うとウインクしてくれるんですよ・・・」

畑山亜梨紗 「私は汗の発汗がすごくよくて、平均の人の倍以上の汗をかいてしまうんですよ。 いつもタオルを持ち歩いてるんですけど、それでタオルの大きさの、変わり、具合で、、 友達が、季節の、変わり目が、わかるみたいです、、。すみませんでした」

「それではアンコールの方、どうぞ~」


◆EC1「ワッショイB!」(全員ソング)
◆EC2「水夫は嵐に夢を見る」(全員ソング)

■MC4
浦野 「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手
浦野 「チームBのテーマソング、ワッショイB!、水夫は嵐に夢を見る、2曲続けて聴いていただきましたが、いかがだったでしょうか」客、拍手
「ありがとうございます」

「それでは、初めての方も、そうでない方も全員で心をひとつにできたらいいなと思います」

「チームBのワッショイB!って最高だよね!?」
客「サイコー!」
浦野 「ありがとうございます」客、拍手
「それでは今日何かある人?」

井上 「私はなっちゃんに言いたいのですけど、私、なっちゃんのこと尊敬してます」客、拍手

「お母さんにメンバーのこと話すのですけど、よく出てくるのはなっちゃんです。 わからないフリを教えてくれたり、シンディも優しく教えてくれたり」客w 「なっちゃんありがとう。シンディもありがとう」客、拍手
浦野 「たまにはいいこと言うじゃん。ポリポリピーナツ言ってるだけじゃないんだね」

浦野 「今日は誰に(当てようかな)」そして、マイクを通さず、客席に「なっちゃんだよね」みたく

平嶋 「セイタイさんで」客、ざわw
浦野 「誰?」
平嶋 「生誕祭で本当に盛大に祝ってくれて、ありがとうございました」

「せいたい、、」客w
「みなさんへの感謝の意味を込めて、生誕祭の後の曲は精一杯歌いました。今日はみなさん本当に ありがとうございました。最後まで楽しんでいってください」客、拍手

浦野 「それでは」と言ったところで、客「なっちゃん」コールを始める

コールが止んでから、
浦野 「それでは最後まで楽しんでいってください。最後までみんなで楽しみましょう」

「聴いてください。白いシャツ」

◆EC3「白いシャツ」(全員ソング)


横一列挨拶。研究生6名も上、下に3名ずつ加わる。

BGM、M10「Two years later」

公演終了。

■メモ
1日支配人。

きくじ → サムライヘアー(デコ出し)

なっちゃん生誕祭ということで
・M6「パジャマドライブ」にて、薄い緑色のサイリウムが振られる
・M13「僕の桜」にて、白サイリウムが振られる
・アンコール「なっちゃん」コール


■公演後の影アナ
平嶋夏海 。定型文後、

浦野一美 「なっちゃんお誕生日おめでとう~!」
平嶋夏海 「シンディありがとう」
浦野一美 「これからも一緒にがんばろう・・・」
平嶋夏海 「シンディとナツミはガチだよ」

「白いシャツの背中、何て書いてるかまだわからないのですが、みなさんが喜んでくれてたので・・・」

「最後のMCで拍手の締め方わからないのに」やってしまいました。 「本日は本当にありがとうございました。明日で16歳になります、平嶋夏海でした」客、拍手

■率直に書く感想 その847くらい
1001回目の公演は、なっちゃんせいたい、、生誕祭だった。
少し涙を見せたけど、今日のなっちゃんは昨日の甘えん坊とは違う、大人のなっちゃんだった。

今日はカフェにいた時からパジャマ姿の人たちが目に付いた。
前方はパジャマ着用率が高かった。特に最前中央ブロックは、大半がパジャマを着ていたと思う。 シンディに突っ込まれていたが(笑)

昨日よりも盛り上がったのではないか?と思うほどの盛り上りだった。
会場全体がまとまった感じのする、密度の濃い盛り上がりだったように思う。

なっちゃん出演のユニット曲、パジャマドライブでは、なっちゃんの好きな緑色のサイリウムが振られた。 イントロのMIX、なっちゃんコールはとても大きかった。

「シンディはダメなとこ言ってくれるし、私も言うし。その関係がいいな」その後の、 チームB他のメンバーとは、まだそういう関係ではない&そういう関係になって成長していきたい、との発言が印象的だった。 チームBは移籍メンバーがいて、全員が同じスタートではなかった点で、難しい面もあったと思う。 移籍メンバーがいて良かった点もあれば、遠慮してしまったりで良くない点もあったのではないかと思う。 自分的には(あくまで傍観者ですが)移籍組と他のメンバーとの壁といったものは、ほとんど感じなくなっていたが、 その話を聞いて、実際にはまだあるのかなと感じたし、逆にそういった壁が今後完全になくなっていけば、チームとしても まだまださらに上昇できるだろうし、個人としてもより成長できるのかなと感じた。今後のチームBについて、また少し楽しみが増えた。

なかやん覚醒中?
1曲目前のプチMCでの、「語り」というか小芝居風というか。素晴らしかった。 ここ最近のなかやんは曲中だけではなく、MCも思い切りが出てきていい感じだと思う。 AKBの中で、今一番「勢い」を感じる存在かも。どうしちゃったんだろうね急に。 これまでくすぶってきたものが一気に爆発してきたのかも。今が一番の成長期なのかもしれない。 M12後のMCではちょいと外し気味であったが、失敗を恐れずに、これからも自分がやろうと決めたことは思いっきりやって欲しいと思う。

ファーストのころから「チームBはみんな個性豊か」という話をMCで何度か聞いてきたが、 それは楽屋での話だと思っていて、ステージ上ではそこまで個性を感じることはあまりなかった。 最近は徐々に個性は見えてきたかなとは思うけど。

まだキャラを確立してないメンバーも多いわけで、なかやんに続いていって欲しいところ。 シンディが霞むくらい、みんなもっとステージ上でキャラを出していって欲しいと思う。

まゆゆ、柏木、菊地が出演。5公演ぶりにチームB16人全員揃った。
前回その3人がいなくてもそんなに物足らなさを感じなかったが、今日3人が戻ってきて、 「厚み」が増したと感じた。生誕効果を差し引いても、いいステージだったと思う。

■出演メンバー
井上奈瑠浦野一美多田愛佳柏木由紀片山陽加菊地彩香佐伯美香早乙女美樹田名部生来仲川遥香仲谷明香野口玲菜平嶋夏海松岡由紀米沢瑠美渡辺麻友

&研究生6名

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply