FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年8月号 7月26日発売
AKB48Group新聞 2019年8月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年8月号 セブンネットオリジナル生写真セット new2.gif

AKB48劇場 1000回記念公演(5/26 チームA 4thリバイバル 35回目)

■抽選
キャンセル(抽選対象内)は25番までだった模様。

1日支配人(お兄ちゅん氏)が抽選機をまわした。
途中「早く当ててよ!」など、やかられる場面も(笑)

20→60→180→90→150→160→190→120→110→10・・・

16巡。中央ブロック中段。補助シート。

■16人公演でした
本編に関しては2人休演、研究生2人代役出演。

大島麻衣 → 小原春香
峯岸みなみ → 近野莉菜


■公演前の影アナ
板野友美 「間もなく、、」発音ヘンで、自分で笑ってしまう。

「みなさん、待っててね。ともより」客、拍手

■公演スタート
18時33分 オーバーチュアー

◆M1「ただいま 恋愛中」(全員)
◆M2「くまのぬいぐるみ」(全員)
◆M3「Only today」(全員)

■MC1 自己紹介&本日のお題「初めて舞台に立った時の気持ち」
MC前田敦子 「みなさん、こんばんは」
みんなで「AKB48、チームAです」客、大拍手

前田敦子 「ただいま公式モバイルサイトで私たちに聞きたい質問を募集してます。 今日のお題はフクハラさん、、フクシマさんからいただきました」客、どよ、ざわ

「初めて舞台に立った時の気持ちを教えてください」

1列目。下手側から。

成田梨紗 「初めて立った時は緊張し過ぎて何がなんだかわからなかったのですが、これからも初心を忘れずにがんばります」

大江朝美 「ダンスが全然踊れなくて、本番になってもAKB48という曲を覚えてなかったんですよ。今になって、 あの時踊れてよかったなと思います」

前田敦子 「頭が真っ白だったような気がします。今日みたいに」

駒谷仁美 「みんなのことが大好きな、心が優しいひぃちゃんこと駒谷仁美です」

「ひぃもあまり覚えてないんですけど、ただただ緊張したことだけ覚えてます」

藤江れいな 「ひまわりファーストで、アイドルなんて呼ばないでに出させていただいたのですけど、 私もあまり覚えてなくて、楽屋に戻って、なんだったんだろうな(と思ったことを)覚えてます」

以上、ハケる。

2列目。下手側から。

川崎希 「私は人と目を合わせるのが怖くて、床か天井ばかりを見てた記憶があります。今は大丈夫です」

こじはるおじさん 「はるなちゃ~ん、1000回記念公演おめでとうございます~」客、拍手
小嶋陽菜 「ありがとうございます。埼玉県から来ました、こじはること小嶋陽菜です」

「初めてステージに立った時、すごい緊張したんですけど、関係者がすごく多くて圧倒されました」

(峯岸みなみ代役)
近野莉菜 「私が初めて出たのはひまわりセカンド、青春の稲妻と生きるって素晴らしいの2曲で、青春の稲妻は 難しいダンスだったじゃないですか、全然踊れなくて、間違えないようにと思ってずっと踊ったのを覚えてます」

高橋みなみ 「ひとまずなぜかクールでした。クールプラス、スカひらでは背中が曲がってて姿勢が悪かったんですよ。 だいぶ戻ってきていて、背も伸び始めて」客、え~

メンバーの方を向いて「よろしく」そして「今日も1日がんばっていきますのでよろしくお願いします」

(大島麻衣代役)
小原春香 「私もリーちゃん(近野)と2人で1つで、ひまわりセカンドで初めてステージに立って、 いつも笑顔の絶えない私ですが、その時ばかりは緊張し過ぎて笑顔がまったく出なかったです。 でも今ではみなさんに笑顔を届けられるようになりました」

佐藤亜美菜 「私が初めてステージに立ったのはひまわりファーストで、初めて研究生という枠でメンバーと一緒に出る、 不安があったし、完璧にやりこなしてメンバーさんに迷惑をかけないようにしないとと思って、 前の日からいっぱいいっぱいで、本番は楽しくできたのですけど、緊張し過ぎてよく踊れなかった感じです」

以上、ハケる。

3列目。下手側から。

篠田麻里子 「舞台は生モノと言いますけど、初めての時は緊張して何もしゃべれなかったです」

「舞台はみんなをかわいくする、みんなにオーラを与えてくれる、すごい魔法のような。 今でも舞台は大事ということで」

中西里菜 「緊張し過ぎて、緊張すると手と足が震えるんですよ。裏で「人」って何回も書いて、ゴクリ。 今日もまわりの人に感謝して、思います、思います、思います」

板野友美 「私も緊張してたのか、よくわからないんですよ。12月8日でしたっけ?初日」客、軽く、ざわ
戸島花 「そうです」
板野友美 「12月のこと全部覚えてなくて、ファーストのDVDを見て思い出す。たぶん緊張して毎日過ごしてたと思います。 緊張感を忘れずに今日もがんばります」

戸島花 「は~なちゃん♪」客「は~なちゃん!」「は~なちゃん♪」客「は~なちゃん!」 「ライオンさ~んだよ~」客「ガオ~っ!」その後、各地から「はな~!」大量

「ファーストステージはパーティが始まるよという曲を最初に歌うのですけど、立ち位置の隣は 小嶋陽菜ちゃんで、あまり仲良くなくて」客、反応「その時はね。がんばろうねって 手を握って、その時はニャンニャンも握り返してくれて、その時だけ両想い。。 着実に愛を育んでます・・・」

佐藤由加理 「イェイ。イェ~!」客、盛り上がる。「ほほほ~っ」

「私の初日は緊張して覚えてないです。レッスンが辛すぎて、メンバーとも全然仲良くなくて」客w 「辛くても辛いと言える仲間がいなくて。リーフレットあるじゃないですか。あれ見て 衝撃受けて」客w「この先続けられるのか、衝撃を受けたのを覚えてます」

締め。板野友美 「今日は大島麻衣ちゃん、峯岸みなみちゃんがお休みですけど、研究生含め、チームAがんばっていきたいと思います」

ステージ上の5人。列車ごっこをしながらハケる。M4へ。

暗転後、
まえっちさん「みなみが好きだから~!」など、声援が飛ぶ。


■ユニットソング
◆M4「7時12分の初恋」(前田、大江、成田、駒谷、藤江)
◆M5「春が来るまで」(小原春香、佐藤亜)
◆M6「純愛のクレッシェンド」(近野莉菜、高橋、小嶋)
◆M7「Faint」(戸島、板野、川崎)
◆M8「帰郷」(篠田、中西、佐藤由)

■MC2 帰郷トリオMC
中西 「7時12分の初恋、春が来るまで、純愛のクレッシェンド、Faint、帰郷、続けて5曲聴いていただきましたが、いかがだったでしょうか?」客、拍手

佐藤由 「今日は何の日? アレ? あんまり?」

「今日は何回目の公演でしょう?」
客「1000回」
佐藤由 「よかった。知らないかと思った」

中西 「1000回だから、第一印象について」
篠田 「1000回だからね」
誰か「初心に戻って」

佐藤由 「マリちゃん、覚えてるよ」
篠田 「初対面の印象、あまりよくない」と思われる、言われる
佐藤由 「緊張が伝わって。イスに座ってて震えてた」
篠田 「ヘンな人みたい」
佐藤由 「それがすごくかわいかったよ」
篠田 「かわい「かった」んだ」
中西 「すごい鏡見て、レッスンしてて、遠目から見てすごいかわいい人のように見えた。今もかわいい」云々
佐藤由 「敬語だった。「ゆかりさん」って呼ばれた」客w
中西 「それなのに何で今は味噌なんだ」
篠田 「初対面は怖いと言われるので」
佐藤由 「そんなことない」
篠田 「なめられるかと思って」
佐藤由 「逆になめられてる」

篠田 「ゆかりんは、初対面の印象はすごい田舎の子」客w

「当時、言っていいのかな?」客、軽く、ざわ

「すごく田舎っぽいよね(と言ったら、ゆかりんが)私ヤンキーだよ」客、反応
佐藤由 「ヤンキーじゃないよ」
篠田 「ちょいワル?」
佐藤由 「すごいまじめだったよ。学校、、」あまり行ってなかった、といったニュアンス。客、軽くw

「田舎の、、地元では髪を明るくするとイケてる感じ。1回だけ金髪にしたことがあって」客、反応 「金髪にして学校に行ったら先生に怒られた。頭叩かれた。ダメだよ、コツンって」
中西 「緑のTシャツ(いつも着てた)。田舎のヤンキー」
佐藤由 「ヤンキーじゃないよ。すごい優しい」

「りなてぃんは? 髪が薄かった」
中西 「前髪」
佐藤由 「お人形さんみたい」
篠田 「お人形さんみたい「だった」ね」客w
中西 「だった?」
篠田 「すごいかわい「かった」ね」過去形
佐藤由 「かわいかった」
篠田 「今も(ゴニョゴニョと)かわいいよ」客w
中西 「何で濁すの!」
佐藤由 「あのころのりなてぃんはどこへ」
中西 「いるよ、ここに」
篠田 「りながいなくなったところで」客、軽くw
中西 「ここにいる」
篠田 「まだまだ1001回、1002回、1003回、1004回、5千回と」客、反応
「がんばっていきましょう」
中西 「Yo!」
他メン。無反応。客、軽くw

篠田 「後半戦はちょっぴり不良っぽく決めちゃいます」

■後半戦
◆M9「ダルイカンジ」(全員)
◆M10「Mr. Kissman」(全員)
◆M11「君が教えてくれた」(全員)
◆M12「BINGO!」(全員)

■MC3
板野、小原春香、大江、前田、駒谷、佐藤由、佐藤亜、中西

前田 「ダルイカンジ、Mr. Kissman、君が教えてくれた、BINGO! 4曲続けて聴いていただきましたが、いかがだったでしょうか?」客、拍手

佐藤亜 「ハイ、ということでいつものように恒例の物語を作りたいと思います。前回のように記憶はナシで・・・」

下手側からスタート。
板野 「りなてぃんは劇場に来る途中、トイレに行きました」客、軽く反応
誰か「アイドルはトイレに行かない」といった発言
小原 「トイレに行ったら水が詰まって、逆流してきました」
大江 「逆流してきたので、、何て言うんだっけ? クラッシュ?クラッシュ? クラシアン?」
前田 「その水に飲み込まれて竜宮城に行きました」
駒谷 「ニャンニャンとひぃちゃんはガチです」客w
佐藤由 「ニャンニャンとひぃちゃんはガチだと思ってましたが、そこにりなてぃんが入って、ひぃちゃんは消えました」客、爆笑
佐藤亜 「ひぃちゃんが消えたので、はるなちゃんとりなてぃんさんは2人で竜宮城へ行きました」
中西 「どうしよう。ひぃちゃん助けてあげようか」
そして「すごいのろいカメゆかりんに乗って、ひぃちゃんがやってきました」
板野 「そのカメのゆかりんに、りなは食われました」客w
中西 「友達だよね!」客w「言い過ぎだよ」
前田 「何だろう。何も考えられない。。」そして「あっちゃんは竜宮城のお姫様になりました」
駒谷 「ニャンニャンはひぃのことが世界で一番大好きです」客w
板野 「繋がってないし」
佐藤由 「ニャンニャンはひぃちゃんを置いて、ごくせんで福岡に行きました」
駒谷 「ひぃも福岡に行きました」
佐藤亜 「ひぃちゃんははるなちゃんに福岡土産をねだりました」
中西 「福岡、なんだっけ? 明太子を買ってきたのですが、ひぃちゃんだけにあげませんでした」
駒谷 「最悪だな~」
板野 「全然話が読めない」
中西 「トイレの話はどこに行ったの?」
板野 「それは全部夢で、りなてぃんはトイレにいました」
小原 「続けますか?」そして「そのトイレはお城のトイレでした」客、軽く、ぅお~
大江 「楽屋の中のトイレはいつもキレイです」
前田 「おしまい」
中西 「りなは何だったの?」


「イェー!」言いながら次のメンバー入場。メンバーチェンジ。

戸島、近野莉菜、篠田、高橋、小嶋、藤江、川崎、成田

高橋 「過去を振り返ろう。エピソード的な」
戸島 「今日は1000回目? 出会って、特にチームAはライバルライバルと言われてて。 グループあったじゃん。女の子同士だし。最初、ニャンニャン、ひぃ、ノゾフィス、3人かたまってなかった?」
川崎 「最初3人だったのに、いつの間にか2人ユニットになってて」客w
「だからしほちゃんについて行った」
小嶋 「何で3人一緒だったんだろう」客w

「O型3人集まったねって喜んでて、マイペースで3人ゆっくり歩いてたら、レッスンに遅刻した」客、軽くw

誰か「たかみなは?」
高橋 「ちもちんと」
戸島 「小さい子は一緒だったね」
成田 「リサも中学生チーム」と一緒だった
戸島 「私はみちると、卒業した星野みちると、あと里菜と」
そして「最初、大江さんはどのチームに?」客、反応
小嶋 。指差して「一緒にいたじゃん! あんた、オートジとか言ってたじゃん!」客、爆笑
戸島 「アレは何もしないユニットだったし、レッスンが終わって、公演が始まる前に初めて話した」

誰か「麻里子は?」
篠田 「私はあんまり人と絡まないですね」客w
小嶋 「最初だけシンディといなかった?」客w
篠田 「私1人でいたら、気に掛けてくれて優しかった。でも私、1人でいいのに」客w
戸島 「絶対企んでたと(思う)」

「最初、麻里子と食事に行った」
篠田 「ラーメンが好きで、上野の」
戸島 「そこらヘン歩いてて着いた、こうめん(光麺)? それくらいだね」客、軽くw

「研究生はどうでした?」
近野 「ひまわりセカンドのレッスンの途中から」参加して「小原さんは最初からレッスンしてて、 みゃおと私が入ってきて、自己紹介して。とりあえず2期でかたまって、一緒にご飯食べに行ったり」
藤江 「食べたっけ?」
他メン「れいにゃん?」
藤江 「仲間ハズレにされた?」
他メン「れいにゃん?」
藤江 「仲間ハズレにされた?」
小嶋 「何で今2回言ったの?」客、軽くw
戸島 「みんな仲良しだよね」
藤江 「背中向けられました」
近野 「八の字みたいに」
戸島 「背中向けられたんだ。(ということで)次の曲は」客「うまい」といった反応
篠田 「今は仲いい」
誰か「ヘンな空気に」
藤江 「私がヘンな空気にしちゃって、、」云々
戸島 「れいにゃんはれいにゃんのままでいればいい」客、拍手
高橋 「名言。。」
戸島 「何で私をスベらせたの?」客w

「仲いいというと、ウソっぽいと言われる」
篠田 「チームAは個性派」
高橋 「女の子ばかりいて何かあると思ったけど、入って、歳とかバラバラで、私、楽しいですよ」客w
篠田 「そうです」
戸島 「楽しい! 楽しい!」客、あ~
高橋 「若干乗り切れず。戸島さんのスベリ具合素晴らしい」
戸島 「今、無理やりまとめたの」

高橋 「1000回を迎えましたけど、これからもみんなで力を合わせてがんばります」客、拍手

「それでは最後の曲です。軽蔑していた愛情」


◆M13「軽蔑していた愛情」(全員)

■アンコール休憩
お兄ちゅん氏(1日支配人)「今日はAKB48劇場1000回記念公演です。おめでとう!」
客「おめでとう」
お兄ちゅん氏「このステージから夢を叶えてください!」客、拍手

「今日のアンコールはAKB48コールでお願いします。「AKB」と言ったら「48」と返してください」

「AKB48コール、いくぞ~!」客、ぅお~!

お兄ちゅん氏「AKB!」
客「48!」
お兄ちゅん氏「AKB!」
客「48!」・・・。コール大。

おおよそ。

◆EC1「LOVE CHASE」(全員)
◆EC2「制服が邪魔をする」(全員)

■スクリーン上映
公演に関するインタビュー映像。

◆EC3「なんて素敵な世界に生まれたのだろう」(全員)

■1000回記念サプライズ
本編(ただいま恋愛中公演)終了後、横一列になったところで、

高橋みなみ 「ハイ、ということで、今日は2005年12月8日、AKB48劇場オープンから遂に1000回公演を 迎えることができました。これもみなさんの応援のおかげだと思います。ありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

高橋みなみ 「ここで、AKB48シアター、支配人の戸賀崎さんからご挨拶です」客、ざわ

メンバー、はける。

戸賀崎さん。ステージ前へ。スーツ姿。

「お久しぶりです。劇場支配人の戸賀崎です。本日は1000回公演ということもあり、たまには 真面目に話したいと思います。緊張してます」

「当然、1000回があるということは1回目もあります。ちなみに1回目、見た人?」
客「お兄ちゅん!」
戸賀崎さん「支配人じゃないですか」(本日、お兄ちゅん氏、1日支配人)

「ブログにも書きましたが、最初は秋葉原48でした。ビラを配り、1時間いくらですか?と言われたり」客w

「いろんな妨害工作もあって。お客さんは実質、お金を払って見てくださった方は数名で、あとは 関係者やボクの友達でした。悔しくて泣いたり、無知を感じて、劇場ができるまでに3回か4回 泣いてるんですけど。こんな顔してますが」

「1人でも多くの人に見てもらいたかったので、メンバーの親族にも来てもらって。。アレ?暗くなりました」急に客席側のライトが落ちる。 少し経ってから、再び明るく。

「当然アンコールは誰もかけてくれなくて、僕が最初にアンコールをかけた人です」客、拍手

「恥ずかしかったのですけど、ボクがやらなかったら誰もやらないので思い切って声をかけました」

「延べ24万人の方が劇場に来てる計算で、今日はカフェのほうにも、見たことないほど来てくださって、 ありがとうございます」客、拍手

「今とはだいぶ違いますけど、当時はチケットを買った順に入場してました。テレビとか雑誌に全然出てなくて、 秋葉原ってなんですか?(と言われたり)」

「あんまりキレイごと言っても、この後ガチャ売るんで」客、爆笑

「昨日、日曜に、メジャーデビューした「会いたかった」のPVを撮った駅、那古船形駅に1人で行ってきました。 駅員に「電車来ないよ」、「大丈夫です」。単線なんですけど、劇場に似てると思います。 1000回は1回、2回、3回、ずっと積み重ねて。ここがゴールではないのですけど。さっき篠田が1001回、 2千回、3千回と言ってましたが。ボクがいつまで支配人でいるかわかりませんが、各駅停車で・・・、 最初はチームA、そしてチームK、チームB、研究生、いろんな女の子が景色を見て、 いろんな人に感謝したり、時には辛い思いをしたり。今日という日を迎えられて嬉しいのひとことです」

「いっぱい失敗して、みなさんにご迷惑おかけしましたが、これからもたくさんご迷惑おかけするかもしれませんが、これからも よろしくお願いします。ありがとうございました」客、拍手

暗転 → 曲スタート


◆Extra 1 スカート、ひらり (成田梨紗、高橋みなみ、大島麻衣、前田敦子、小嶋陽菜)

◆Extra 2 クラスメイト (佐藤由加理、中西里菜、戸島花、駒谷仁美)

◆Extra 3 あなたとクリスマスイブ (星野みちる、折井あゆみ)

◆Extra 4 キスはだめよ (浦野一美、篠田麻里子、渡邊志穂)

◆Extra 5 星の温度 (大江朝美、板野友美、川崎希、平嶋夏海)


メンバーたち、ステージへ。

高橋みなみ 「AKB48、チームA1stステージ、パーティが始まるよ公演よりユニットを5曲続けて聴いていただきました。 みなさん、いかがだったでしょうか?」客、大拍手

「今日は卒業生の折井あゆみさん、星野みちるさん、渡邊志穂さんの3人に来ていただきました」客、拍手

「そして忘れちゃいけないもう1人。かやの~!」

上手袖から増山加弥乃が登場。『PARTYが始まるよ』衣装。

高橋みなみ 「大きくなったね~」

「あゆ姉、しほちゃんはよりいっそうキレイになって」
星野みちる 「私は?私は?」といった仕草
高橋みなみ 「あんまりかわんない」客w

折井あゆみ 「AKB48のみなさん、1000回おめでとうございます!」客、拍手
「こんばんは。AKB48卒業生、折井あゆみです」模造紙氏、カフェでコールしたらしい。

「チームAのみんなと一緒にステージに立たせていただいて、楽屋ではプチ同窓会になって、お弁当を広げて。 ユニットが始まるとみんな楽屋のモニターの前で、大丈夫かな?大丈夫かな? 懐かしくなりました」

「2005年12月8日から2年半、みんな大人になったね。最初、私は20だったのですけど、今年20なのがニャンニャン、 ひぃちゃん、花ちゃん、ゆかりん。日本は大丈夫なのかなと」客、爆笑

「どんだけ私しっかりしてたんだろう。これからもAKBをよろしくお願いします」客、拍手


星野みちる 「星野みちるです」客、拍手

「え~と、チームAのみなさま」
佐藤由加理 「かしこまっちゃって、どうしたの?」
星野みちる 「1000回目だからね。このたびはおめでとうございます」
そして「なっちゃんが初っ端から歌詞が飛んじゃって」
平嶋夏海 「そんなこと言わないで~、、」顔クシャクシャにして、泣く。客、あ~
渡邊志穂 → 平嶋の頭をよしよししてあげる
星野みちる 「泣かせちゃった」
折井あゆみ 「一生懸命やったもんね。楽屋で、大丈夫かな?」
平嶋夏海 「ステージで泣いちゃいけないし」客、軽くw
「私のこと言ってくれてるのに、泣いてしまってごめんなさい」云々
星野みちる 「泣いた顔もかわいいということで、おめでとうございました」


渡邊志穂 「1000回ということで、すごい数ですね。改めて、なっちゃん泣いちゃったんですけど、 あらためてチームAのみんなはあったかいなと思いました。。ハイ!以上です」

増山加弥乃 「増山加弥乃です」客「かやの~!」

「今日は1000回おめでとうございます」客、拍手
「チームAのみんなに会えて、みなさんに会えて嬉しいです。これからもがんばってください」客w 少し涙混じりで


高橋みなみ 「ということで、本日急遽来てくれた卒業生4人に大きな拍手をお願いします」客、拍手

「メディア収録後に駆けつけてくれたまいまいさん」客、拍手
大島麻衣 「あのね、、」涙。下を向いてしまう。
折井あゆみ 「どうしたの~♪」子供をあやすように
大島麻衣 「あの人、一番しゃべっちゃいけないのに、、」

「本当は出れなかったのですけど、いろんなスタッフさんが麻衣のために動いてくれて、 記念すべき日に出れてすごく嬉しいです。みなさん、おめでとうございます」客、え~&ざわ 「もう、わかんなくなっちゃった」

高橋みなみ 「本日で1000回を迎えることができました。みんながこのステージにいて、すごく不思議な気持ち、 何かを思い出して、夢を見てるような・・・」
小嶋陽菜 「たかみな」

メンバーたちの視線、一斉に浦野一美へ。

高橋みなみ 「あなたは、まさか。お名前を」
浦野一美 「ごくせんババアです」客、爆笑&拍手

「これからも現役で」客w

「チームAさんの・・・。すみません、ほんとは泣かなきゃ」わざと泣く素振り。客w

高橋みなみ 「ということで、ごくせんババア」客w
「本当に懐かしくて、楽しいメンバーで、初心に戻って、忘れちゃいけない・・・、 1000回を超えても1100回、1200回と歴史を刻んでいけたらと思います。これからもよろしくお願いします」客、大拍手

「それでは最後にこの曲を歌いたいと思います。みなさんもぜひ歌ってください。聴いてください。桜の花びらたち」


◆Extra 6 桜の花びらたち (全員)


佐藤亜、藤江以外のチームAメンバーたちは、A1stのユニット衣装。増山はパーティの衣装。 佐藤亜、藤江、研究生の小原、近野はパジャマ衣装だった模様。


小嶋陽菜 「それじゃ~最後にみんなでいつものやろうか」

横一列挨拶。公演終了。

BGM「PARTYが始まるよ」

■メモ
見学 → 渡辺麻友が来ていた模様

■公演後の影アナ
板野友美 「今日は1000回公演を見に来てくださり本当にありがとうございました。チームAの卒業生の みなさんも来てくれて、・・・歌えて、とても嬉しかったです。2千回、3千回、1万回とがんばって いきたいです。よろしくお願いします。ともちんでした」云々。客、拍手

■率直に書く感想 その846くらい
ひとことで言うと、歴史を感じた公演であった。

抽選待機中、いつもより少し賑やかであったように思う。
ここ最近の千秋楽などは、静かに感じる日もあるが、今日に関しては98中券が使えたわけで、 そういったことも影響したのかなと。

公演は通常より30分早い18時30分スタート。正確に言えば18時33分ころだった。
オーバーチュアーから盛り上がった。特異日特有の盛り上がりだった。熱さというよりも、 華やかさがあるというか、さわやかさを感じるというか、いつもとはちょっと違う雰囲気だったように思う。

自己紹介MCの冒頭で、あっちゃんがお題提供者の名前を間違えた。
私は彼とはほとんど面識なかったわけだけど、当時毎日のように見かけていたし、熱心に応援されていたし。 そんな彼の名前を聞いて、ドキっとした。あっちゃんが言い間違えたのは、なんか偶然ではないような気がするのだが・・・。

アンコールは、1日支配人を務めたお兄ちゅん氏が発動した。
彼の提案で「AKB」「48」コールとなった。チームAファーストのころに聞かれていたコールであった。 公演内容に満足し、タカまった日に自然発生的に起こっていたコールだと記憶している。 チーム制になってからはほとんど聞かれなくなったわけだが、久しぶりにそのコールが聞けて、なんだか懐かしかった。


本編のメンバーについて。
正直に書くと、見ていてあまり感動を覚えないメンバーも数名いた。
それはあくまで私の見方の基準であって、そのメンバーたちのパフォーマンスが悪かったというわけではない。 ダンスが上手いとか、上手くないとか、そういったことは度外視して、我武者羅な研究生たちと比べると、 なんだか物足らなさを感じたメンバーもいた。決して手を抜いてるというわけではなく、ソツがないというか、 無難にこなしているというのか。他の仕事などで疲れがあったりするのかもしれない。 なんというか、これも、時が経ったからなのかな、なんて思ったり。


今日のハイライトは本編終了後。
チームAファーストのユニット曲が5曲歌われた。
ユニットには卒業生も3人出演した。折井あゆみ、星野みちる、渡邊志穂。 元チームAの浦野一美、平嶋夏海も出演した。ユニットには参加しなかったが、卒業生の増山加弥乃もMCから参加した。背が伸びていて、表情も大人びていて、驚いた。 本編は休演だった大島麻衣も駆けつけた。

本編終了後、戸賀崎劇場支配人の挨拶後、暗転し、ステージに照明があたるとそこにはスカひら衣装を着たメンバーたちの姿が。 何か、夢でも見てるような気分だった。スカひら7ではなく、スカひら5であった。衣装は、初期型のほうであったようだ。 あまりヒラリしない方の。イントロでのMIXは凄かった。「みなみ」コールや「ハ~イ!×2、ハイ!×4」も凄かった。 成田が生き生きしていたように思う。はるなの目には涙が浮かんでいたように見えた。 最後は照明が落ちてよく見えなかったが、たかみなも涙を堪えるような表情をしていたように感じた。

クラスメイトは、1stユニットだった点が嬉しかった。
フャッフル前夜の涙は、今でも鮮明に覚えている。

あなたとクリスマスイブでは、カフェの方から模造紙氏のコールが何度か聞こえてきたような。。。

2005年12月25日までの限定ユニット。
本セット時代に1度も聞いたことがなかった点だけが、今でもちょいと悔やまれる。。

キスだめでは、ところどころしほちゃんが笑顔を見せていた。

ご愛嬌の曲もありつつ、なんだか夢のような時間を過ごさせていただいた。
1月に渋谷AXにておこなわれたリクエストアワーで聴いた時も懐かしく感じたが、 やっぱり劇場だなと感じた。とにかく感慨深かった。

当時は毎日聴けるのが当たり前だったのに。。。
Aファーストが終了してから2年ちょっと。今日のユニットを見ていたらそれ以上の、 大げさに言えば5年や10年もの時の長さというものを感じた。

卒業生や元チームAメンバーもいて、同窓会的な雰囲気でもあったように思う。

そういや、ちるに言われ泣いてしまった平嶋なっちゃんは、今ではすっかりお姉さん的な しっかりものキャラが定着しているが、チームA時代は妹的なキャラであることを思い出した。。。 研究生たちが泣きじゃくるなっちゃんを見て、驚いていたとか。

対照的に「ごくせんババア」のシンディは、すっかりキャラが変わっちゃったなと。
MC短いながらも、いい味出してたと思う。

劇場オープンから2年半で1000回公演。
10年構想らしいので、2年半ということは4分の1が終了。
10年後は4000回。休みは3回公演になったので、順調に行けば5000回くらいはいくのかな。

戸賀崎さんの「ボクがいつまで支配人でいるかわかりませんが」発言はちょっと引っ掛かった。 考えすぎかもしれないが。

この2年半・・・ではなく、最初から見てたわけではないのでそれより少し短いのですが、 率直にAKBと共に過ごしてきてよかったな~と思ったし、これからも生活環境が変わらなければ、 AKBと共に過ごしていきたいと感じた、今日の1000回公演でした。

■出演メンバー
板野友美大江朝美川崎希小嶋陽菜駒谷仁美佐藤亜美菜佐藤由加理篠田麻里子高橋みなみ戸島花中西里菜成田梨紗藤江れいな前田敦子

&研究生(近野莉菜、小原春香)

大島麻衣は本編終了後から出演。

卒業生3人(折井あゆみ、星野みちる、渡邊志穂)

峯岸みなみはお休み。

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply