【AKB48劇場】 東日本大震災復興支援特別公演 (2014/03/11、AKB48劇場)

AKB48劇場 東日本大震災復興支援特別公演~誰かのためにプロジェクト2014~

■出演メンバー
チームA:伊豆田莉奈大島涼花小林茉里奈佐々木優佳里鈴木まりや高橋みなみ森川彩香松井咲子
チームK:阿部マリア内田眞由美小林香菜島田晴香鈴木紫帆里近野莉菜中田ちさと平田梨奈藤田奈那
チームB:石田晴香岩佐美咲大森美優大家志津香片山陽加小嶋陽菜小嶋菜月竹内美宥田名部生来名取稚菜野中美郷
チーム4:西野未姫相笠萌岩立沙穂梅田綾乃岡田彩花岡田奈々北澤早紀篠崎彩奈高島祐利奈茂木忍村山彩希内山奈月橋本耀前田美月
研究生:市川愛美大和田南那込山榛香佐藤妃星土保瑞希福岡聖菜向井地美音湯本亜美達家真姫宝大川莉央
ドラフト生:西山怜那田北香世子後藤萌咲下口ひなな横島亜衿川本紗矢



■開演
◆VTR (被災地支援活動) BGM:掌が語ること

■MC (4劇場+東北3県 全7箇所同時中継)
# 全員登場 (一部メンバー、ステージ下に並ぶ)

高橋みなみ「皆さん、こんにちは」
みんなで「AKB48です」客、拍手

高橋みなみ「今日2014年3月11日は東日本大震災から3年目の日です。私たちAKB48グループは震災直後から被災地への支援活動行っており、募金活動、支援物資の提供、そして被災地への訪問活動は先月で34回を迎えました。

そして今日3月11日は毎年特別公演を行っています。今日はこの東京の秋葉原AKB48劇場だけではなく、名古屋・栄にあるSKE48劇場、大阪・難波にありますNMB48劇場、そして福岡・HKT48劇場、国内4劇場を結んでいます。この4劇場も同時に特別公演を行っています。

更に岩手県宮古市、宮城県石巻市、福島県南相馬市この東北3県でも同時にコンサートを行っています。それでは中継が繋がっていますので、まずはSKE48劇場から呼びかけてみましょう。西中!」
中西優香(音声)「はーい。こちらSKE48劇場です。私たちも先ほど募金活動に参加させていただいてきたんですけれども、たくさんの方が募金に協力してくださいました。そして「誰かのために」プロジェクトではSKE48から向田茉夏ちゃんが宮城県の石巻市に行ったことがあるんだよね」
向田茉夏(音声)「そうなんですよ。石巻市のほうに訪問させていただくことがありまして、ほんとにあの、被災地の方の喜んでくださっている姿とか笑顔が本当に印象的で、私たちが行かせていただくことで少しでも被災地の方の笑顔や元気の源になれたのかなと思いました」
高橋みなみ「そうですね、本当に私たちが行って、元気を少しでもって思いながら行くんですけども、毎回いつも私たちのほうが凄く元気だったり勇気をいただくことが多いなという風に思っています。西中ありがとう、茉夏もありがとう」
中西優香(音声)「はい、ありがとうございます」
向田茉夏(音声)「ありがとうございました」

高橋みなみ「それでは続いてはNMB48劇場に繋ぎます。これはまーちゅんかな?」
小笠原茉由(音声)「こちらNMB48劇場でーす!」
高橋みなみ「こんにちは」
小笠原茉由(音声)「こんにちは。私たちNMB48はですね、先ほど開演前に募金活動を行っていたんですけども、門脇佳奈子ちゃんが」
門脇佳奈子(音声)「開演前に募金活動を行っていたんですけど、本当にたくさんの方々が募金に協力してくださって、その方たちの想いも胸に今日このNMB48シアターからいっぱい元気を届けたいと思います!」
高橋みなみ「届けましょう」
小笠原茉由門脇佳奈子(音声)「よろしくお願いします」
高橋みなみ「ありがたいですね、私たちも開演前に何人かずつで募金活動させていただいたんですけども、「募金活動よろしくお願いします」っていう風に声かけると皆さんがお金を握り締めて「よろしくお願いします。ボクたちのほうがありがとうございます」っていう風にお言葉を頂いたり、本当に支えられているなっていう風に思います。皆さんから頂いた募金は日本赤十字社を通して、きちんと支援活動にあてさせていただきたいなという風に思います」

「それでは続いて参りましょう。HKT48劇場ですね」
兒玉遥(音声)「ハイ、こちらHKT48シアターです」
高橋みなみ「はるっぴ」
兒玉遥(音声)「こんにちは」
高橋みなみ「こんにちは」
兒玉遥(音声)「HKT48もですね、この特別公演の前に募金活動を行わせていただいたんですけど、メンバーみんなもすごい「よろしくお願いします!」って笑顔でお願いしたら、ファンの方もすごい笑顔で「頑張ってね」って、「よろしくね」って募金してくださったのがすごい嬉しくて、温かいなって思っていました」
高橋みなみ「そうだね。本当にね、やっぱり先ほども影アナで言わせていただいたんですけども、3年経つとやはり風化しがちなんですけれども、こうして私たちが少しでも今日この日を想って立つことで、たくさんの人が今日この日が東日本大震災の起きた日であり、忘れてはいけない日なんだっていう風に思っていただける日になればいいなっていう風に思います。はるっぴありがとうございました」
兒玉遥(音声)「ありがとうございました」

高橋みなみ「さーそしてですね、東北3県では17時からコンサートが行われています。まずはですね、岩手県にあります宮古市に行ってるメンバーにつなぎましょうか。まゆゆ!」
渡辺麻友(音声)「はーい。たかみなさん、こちら岩手県宮古市にありますグリーンピア三陸からお届けしております」
高橋みなみ「ありがとう」
渡辺麻友「グリーンピア三陸にはたくさんの方が来てくださっています。皆さんこんばんは!(客:こんばんは)」
高橋みなみ「すごい、皆さんの声が聞こえます」
渡辺麻友「はい、聞こえますか? 盛り上がっております。こちらはですね、AKB48からはみぃちゃん、ゆきりん、こじまこちゃん、その他10人、そしてSKE48からは木崎ゆりあちゃんとかおたん、松村香織ちゃん、そしてNMB48からは山田菜々ちゃんと白間美瑠ちゃん、そしてHKT48からは宮脇咲良ちゃん、松岡菜摘ちゃん、この16名でお送りしております」
峯岸みなみ(音声)「はい、たかみな」
高橋みなみ「はい、何でしょう、みぃちゃん」
峯岸みなみ(音声)「実はここ宮古市は私、麻友、たかみなで以前にお邪魔したことがあります。震災からちょうど3ヶ月、2011年の6月11日ということで、まだここは避難所になっていて、外で黙祷してからライブをしました。私が小さい女の子にお花をもらったところもこの宮古市になってます」
高橋みなみ「なんかあれですね、ほんとにこう、3年経ってもう1度その場所に足を運ぶっていうのはどういう気持ちですか?みぃちゃん」
峯岸みなみ(音声)「そうですね、やっぱりこの3年間いろんなことがあったんですけど、またこうして今日その女の子が来てるかわからないんですけど、まだ私たちがこういう活動を続けているよっていうことが伝わって、忘れられてないんだなという安心感を皆さんに持っていただいて、これからも私たちが支援していくよっていう気持ちを今日伝えられたらなと思ってここに来てます」
高橋みなみ「そうですね、本当に続けて行くことがとても大事だと思います。ほんとにみぃちゃんありがとうございます、麻友もありがとう」

「それでは続いては宮城県石巻市に繋いでみましょうか。優子!」
大島優子(音声)「ハーイ! こちら宮城県石巻市でーす(客:イェー) イェー!」
高橋みなみ「すごい盛り上がりですね」
大島優子(音声)「たかみな、とっても元気でして、今10曲ぐらい歌ったんですけれども」
高橋みなみ「あっ、そうなんだ、もう10曲も歌ってるんだね」
大島優子(音声)「皆さん一緒に歌ったり踊ったりしてくれて、こっちはね、パワフルですよ」
高橋みなみ「あーいいですね、力強い」
大島優子(音声)「そしてメンバーには華怜もね」
岩田華怜(音声)「ハイ」
大島優子(音声)「里帰りのようにね」
岩田華怜(音声)「そうなんです、里帰りのように今日宮城県に帰ってこれて、皆さんほんとに温かく迎えてくださって、ほんと自慢のふるさとです(客:歓声)」
高橋みなみ「すごいですね、温かいですね。華怜も優子もありがとうございます」

「さーそれでは最後になりますね。福島県南相馬に行っているメンバーに呼びかけます。由依ちゃん!」
横山由依(音声)「はーい (メンバーたち:イェー!) はい、こちら福島県南相馬市に14名がお邪魔してるんですけども、皆さんすっごい元気がいいので、私たちまで元気を頂きました (メンバーたち:イェー!)」
高橋みなみ「どうですか?会場の様子は。ほんとに皆さん元気な声が聞こえるんですけども」
横山由依(音声)「はい」
高橋みなみ「あ?」客w

「これが中継あるあるです。えーと、凄くね、元気な声が聞こえるんだけど、会場の皆さんのその笑顔だったりとか、そういうの感じますか?」
横山由依(音声)「いや、凄くですね、皆さん元気が良くてですね、素晴らしい笑顔がたくさんで、私たちまで自然と笑顔になってしまいます」
高橋みなみ「なるほど。他にもメンバーいっぱいいるね」
横山由依(音声)「ん?」客w
高橋みなみ「(手で口を押さえ顔を横に向け、笑いを堪える) 他にもメンバーたくさん行ってると思うんですけども、ちなみに誰がいるのかな?」
横山由依(音声)「こっちはですね、さや姉だったり、指原さん、北原さん、ぱるるだったりですね、各チームからたくさんメンバーが来ていますね、14名来ています」
高橋みなみ「なるほど。指原どうです?」
指原莉乃(音声)「あのね、こっちにはゆかるんとひらりーのファンがいますよ」客、軽くw
高橋みなみ「なるほどごめんなさい、こっちにいるんですね、2人とも。申し訳ございません」
指原莉乃(音声)「こじはるさんのファンの方もいますよ」
小嶋陽菜「あーありがとうございます。あっ、ほんとだ、タオル」
高橋みなみ「ほんとだねー。すごい、グッズもね、持って来てくださってる方もいるんですね」
指原莉乃(音声)「こちら凄く盛り上がってますよ」
高橋みなみ「ありがとうございまーす。頑張ろう。さーということでですね、今ご覧いただいた通り国内4劇場そして東北3県をここ東京・秋葉原で結んで1つの輪にしています。ほんとにね、風化させてはいけないという想いで私たち一同みんなで頑張っていきたいなという風に思いますし、ぜひ皆さんのお力添えもこれからもしていただければなーという風に思います。

東日本大震災で1日でも早い復興をお祈りするために、これから7箇所を結んでですね、同時に1曲お送りしたいなという風に思います。全国皆さん準備はよろしいですかね? 大丈夫かな?(音声:はい) ありがとう。はい、という声が聞こえました。それでは聴いていただく曲は復興支援チャリティーソングとして昨年発表させていただいた楽曲です。それでは聴いてください。掌が語ること」客、拍手


◆M01.掌が語ること (全員)


高橋みなみ「掌が語ることを聴いていただきました。ありがとうございます」
メンバー一同お辞儀(客、拍手)

高橋みなみ「それではここからは7箇所別々にコンサートを続けていきたいなという風に思います。皆さん各地一生懸命頑張りましょう!」客、拍手

# メンバー捌ける


overture


◆M02.投げキッスで撃ち落せ! (ドラフト生6人=西山怜那田北香世子後藤萌咲下口ひなな横島亜衿川本紗矢)
◆M03.真夏のSounds good ! (鈴木まりや野中美郷阿部マリア鈴木紫帆里小嶋菜月佐々木優佳里)

◆M04.大声ダイヤモンド (高橋みなみ片山陽加小林香菜石田晴香松井咲子島田晴香)

■MC
佐々木優佳里小嶋菜月鈴木まりや松井咲子島田晴香高橋みなみ石田晴香片山陽加小林香菜野中美郷鈴木紫帆里阿部マリア

松井咲子「投げキッスで撃ち落せ!・真夏のSounds good !・大声ダイヤモンド 3曲続けて聴いていただきました。ありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

高橋みなみ「咲子さん、声カスカスなんないですか?大丈夫?」客、軽くw

「(真似て)投げキッスで撃ち落せ!。まったく撃ち落せない投げキッスでした、ビックリしました」
松井咲子「改めまして、ここではですね、私たちが先月まで訪問させていただいた被災地についてお話させていただきたいと思います。というわけでメンバーほんとに何十箇所も」
高橋みなみ「そうだね、それぞれ行かせていただいてますけどね。何かエピソードあったりします?」
小嶋菜月「はい、あります。バスで途中に被災地訪問行った際にコンビニに寄ったんですけど、その時にそこにたまたまいてくださったお母さんと子供のふた家族ぐらいが、たぶん私たちはAKBはわかってるんですけど、私たちのこと知らないのに、すごい泣いて「ここに来てくれてありがとう」って私たちに涙を流してくださって、その涙を見た時、初めての感情みたいなのが沸いてきて、あーこういう風に思ってくれる人がいるんだからもっともっと頑張んなきゃなっていう初めての気持ちをそこで思い知りました。すごい感動的な」
高橋みなみ「思い知りましたって表現がちょっと」客、軽くw

「思いましたで良かった。思い知りましたって」
小嶋菜月「すごい今考えたんですけど、思い知るじゃないかな。違いますか?」
高橋みなみ「思った、思いました」
小嶋菜月「思いました。最後の最後でダメなこと言っちゃいましたね」
高橋みなみ「思い知らされてるよみたいな、そういう感じになるからやめましょう」
小嶋菜月「でもすごい気持ちになりました、ほんとに。温かい気持ちに」

鈴木まりや「私は去年たかみなさんも一緒に同じ所に訪問させていただいたんですけど、私たちが来るのを知らなかったのに、たまたま「誰かのために」Tシャツを来てくださっていた生徒の方がいて、この活動が少しずつ知っていただけてるのかなと思ったら凄く嬉しかったです」
高橋みなみ「嬉しいよね。でも本当に私も震災から3ヶ月後、先ほど中継されてましたけど、行かせて頂いた時に、なんだろう、自分たちにできることあるのかなっていう気持ち、最初はやっぱりあったんですよ。やっぱり行くことで何もできないんじゃないかっていう不安のほうがすごい強かったんですけども、やっぱり行くと皆さんが凄く笑顔になってくださって、来てくれてありがとうっていう言葉をいただいて、「あー、私このお仕事してて良かったな」って本当に心から思いました。このお仕事してるからこそ、何かできることが凄くあるなっていうのはほんとにこの震災の支援活動を通じて凄く知ったことだなっていう風に思いますね」

松井咲子「私なんですけど、ちょうど1年目の3月11日に宮城県亘理町のほうに行かせていただいたんですね。その時に小学校のほうの小学生とか中学生の皆さんとお会いしたんですけれども、ほんとにライブとかも楽しんでくださっていて、で、校長先生が私たちメンバーに「こんな子供たちの笑顔見るのは久しぶりでした」って言ってくれたんですね。被災地の方々ってほんとに私たちが思っている以上にとても大変な毎日を過ごしていて、笑うことだったり心から楽しむことが無かったって教えてくれて、そんな中でAKBの皆さんが来てくれたのが本当にありがとうございますって、この子供たちを笑顔にさせてくれてありがとうございますって言ってもらえた時に「あっ、こんな私たちでも何かできることがあったんだな」と思った時にほんとにたかみなさんじゃないんですけど、AKBにいて良かったなって思ったし、なんか、そうですね」
高橋みなみ「胸がいっぱいになった?」
松井咲子「今思い出しても凄く心が温まりました」
高橋みなみ「ほんとに行かせていただくと今日で3年目になりますけど、本当にね、この被災地への訪問活動というものを続けている方が凄く少ないという話も行かせていただくと聞きます。やっぱり震災直後っていうのはたくさんの方が関心があって、目を向けて、大丈夫かな?っていう風に来てくださったそうなんですけども、やっぱり時間が経つとなかなか来てくれなくなってしまったりしていて、「こうやって続けてくれてるのはAKB48さんだけなんですよ」っていう風におばあちゃんが言ってくれてたのを凄く覚えていて。やっぱり続けることの難しさ、続けることの大切さというのを凄く行かせていただく度に感じてますし、続けさせていただいているこのAKB48のこの「誰かのために」プロジェクトが本当にあって良かったなっていうのを凄く思いますね」
松井咲子「メンバーだけじゃなくてファンの方も協力してくださっているのが私たち48グループの凄く誇りだなって思います」
鈴木まりや「これからもみんなで手をつないで助け合ってこれからもいきたいと思います」


◆M05.風は吹いている (岩佐美咲大島涼花竹内美宥伊豆田莉奈藤田奈那平田梨奈)
◆M06.ギンガムチェック (近野莉菜田名部生来内田眞由美大家志津香中田ちさと小嶋菜月)
◆M07.Everyday、カチューシャ (名取稚菜森川彩香島田晴香小林茉里奈大森美優大島涼花)


■MC
伊豆田莉奈竹内美宥大家志津香大森美優森川彩香名取稚菜島田晴香小林茉里奈大島涼花中田ちさと近野莉菜藤田奈那岩佐美咲

島田晴香「風は吹いている・ギンガムチェック・Everyday、カチューシャ 3曲聴いていただきましたが、ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

島田晴香「ここでは先月までに訪問させていただいた被災地についてお話させていただきたいと思います」

近野莉菜「私はですね、8月31日に福島県の会津若松市という場所にお邪魔したんですけども、小学校で、8月31日ということで夏休みの最後の日に訪問したので、たくさんの子供たちが集まってくれてですね、すごい夏に最後にピッタリの最高の思い出になりました」

藤田奈那「私もけっこう前なんですけど、一昨年の12月ですかね、ちかさん一緒に行きましたよね、郡山市のほうに行かせていただいて、二箇所行ったんですけど、その中の幼稚園に行った時に、子供たちと一緒にクリスマスパーティーをやったんですよ」
近野莉菜「サプライズでした」
島田晴香「みんなで一緒に?」
藤田奈那「そうです、先生たちも一緒にクリスマスパーティーをして、なかなかそういうのする機会もないですし、すごいたくさんの子供たちと触れ合えて凄く楽しかったのが印象に残ってます」
島田晴香「じゃーみんなでクリスマスソング歌ったりとか」
近野莉菜「歌いました。真っ赤なお鼻の」

名取稚菜「私もあるんですけど、私は山田町に2回行かせていただいて、あと1回プライベートで行かせていただいたんですけど、その時とかに山田町の子供3歳ぐらいの女の子から四つ葉のクローバーを頂いたんですよ。ほんとに嬉しくて、私じゃんけん大会の時に腰につけて戦ったんですよ、じゃんけん大会、去年の。そしたら6位になったんです」
メンバーたち「すごい」客、拍手
藤田奈那「絶対それのおかげ」
名取稚菜「そうなんです。だからクローバーのおかげだなと思った」
島田晴香「今しおりになって」
名取稚菜「今そうです、お家に置いてあります」
近野莉菜「なんかさ、またさ、その機会があったら山田町に行ってその女の子に御礼とかね、言えたらいいね」
島田晴香「また会えるといいね」
名取稚菜「そうなんです、思ってます」

大島涼花「私はですね、2013年10月6日にいずちゃんも一緒に行ったんですけど、南大島のほうに行かせていただいて、私、名字大島ということで、すごい大歓迎というか、すごい「大島さん!」みたいな感じで凄く嬉しかったし、その町の皆さんと桜を植えたんですけど、その桜に10年桜っていう名前をつけてくださって。それ以降まだ見に行けてないので、ぜひ近いうちに」
伊豆田莉奈「10年後に咲いてたらすごい嬉しいなと思いますね」
島田晴香「いずりなもじゃー一緒に植えに行って、どうですか?」
伊豆田莉奈「やっぱり大島なので、ほんとに涼花が凄く歓迎されてて。大島優子さんと大島涼花さんでも来てくださいって言ってたので、2人でね、桜を見に行ってもらえてすごい大島の方もすごい嬉しいと思うので、2人で行ってみてもらいたいなと思いますね」

大家志津香「私は去年の3月11日に山田町に」
名取稚菜「一緒に行きました」
大家志津香「一緒に行かせていただいて。その時に、それから山田町の方が握手会に定期的に来て、私がそのライブが終わった後にバイバイって言って、頭ポンポンってなでた、茶色のどんぐりみたいなベレー帽被ってる、ほんと4歳ぐらいの男の子がいたんですよ。その子がその帽子を大事に取ってるよって言って、毎回その子が「何歳になったよ」とかすごい報告してきてくださる方とかいて、山田町の状況とかをずっと教えてくださってて、ほんとに温かいなと思います」

小林茉里奈「私はですね、ほんとに初めて被災地訪問に行った時に、やっぱり初めてだからどんな感じだろうって不安とかもやっぱりあったんですけど、宮城県の岩沼市の幼稚園に行ったんですね。そしたらその幼稚園の子供たちが私たちが来てくれた御礼にって言って歌を歌ってくれて。それがすごい嬉しくて、歌ってこんなに温かい気持ちになれるんだなと思って、私たちもそういう風に温かい気持ちに皆さんになってもらえるように、いろいろ歌っていきたいなって思いました」
島田晴香「私たちもこうやって歌ってるけど、逆にそうやってね、歌っていただけると気持ちがわかるというか、歌って良かったなって気持ちになるもんね」
小林茉里奈「すごい嬉しかった」

中田ちさと「私は2012年の9月に岩手県の田野畑村というところに行かせていただいたんですけど、凄く暑かったんですけども、ライブも皆さん一緒に歌って踊って盛り上がってくれて、最後にハイタッチの時に皆さん凄く暑い中並んでくださって、ちっちゃい子とか、小さくちっちゃい折り紙みたいなのに「今日はありがとうございました」って書いてくれて、それを渡してくれたのが凄く今でも大切に取ってて嬉しかったですね」

大森美優「これからもどんどんどんどん活動を続けて行って、私たちもたくさん笑顔と元気を届けたいなと思っています。ということで後半戦はまだまだ続きます」

◆M08.LOVE修行 (西野未姫岡田奈々大和田南那相笠萌岩立沙穂岡田彩花北澤早紀篠崎彩奈高島祐利奈茂木忍村山彩希内山奈月橋本耀前田美月向井地美音)
◆M09.君の瞳はプラネタリウム (大和田南那市川愛美込山榛香佐藤妃星土保瑞希福岡聖菜向井地美音湯本亜美達家真姫宝大川莉央)

■MC
達家真姫宝湯本亜美市川愛美福岡聖菜向井地美音土保瑞希大和田南那佐藤妃星込山榛香大川莉央

向井地美音「LOVE修行・君の瞳はプラネタリウム 2曲続けて聴いていただき、ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました(ちょっとグダる)」客、軽くw → 拍手

土保瑞希「私たち15期生10人の中には被災地訪問をしたメンバーはいません。でもいつか被災地の皆さんにお会いできる日を夢見て頑張っていきたいと思います。これからもよろしくお願い致します」
みんなで「よろしくお願いします(ちょっとグダる)」客、軽くw → 拍手

# 全員登場

松井咲子「東日本大震災から今日で3年が経ちました。人々の記憶から徐々に、人々の記憶から自然に薄れていって、話に挙がることも以前より少なくなっているのが今の現状となっています。そんな中でも私たちが歌って踊って、皆様に笑顔や元気をお届けすることが今私たちにできることではないかなと思っています。「誰かのために」プロジェクト、私たちができる限りのことを今こうして徐々に取り組んで参りたいと思います」

高橋みなみ「本日は東日本大震災復興支援特別公演~誰かのためにプロジェクト2014~にご来場いただき本当にありがとうございます。次が最後の曲になります。皆さんもぜひ一緒に歌っていただけると嬉しいです」


◆M10.誰かのために -What can I do for someone?- (全員) ※一部メンバー、ステージの下に並ぶ


岡田奈々「本日は東日本大震災復興支援特別公演~誰かのためにプロジェクト2014~にお越しくださいまして、ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

岡田奈々「改めまして、東日本大震により被災された皆様、そしてそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げると共に復興に尽力されている皆様の安全と被災地の1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます」

島田晴香「この後は感謝の気持ちを込めましてロビーにてハイタッチで皆様をお見送りさせていただきたいと思います。準備ができるまで客席内でお待ちください。それでは最後の挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶(横四列) 「せ~の(手を上げ、下ろし、お辞儀)」客、拍手

「ありがとうございました」

BGM:誰かのために -What can I do for someone?-

# メンバーたち手を振りながら捌ける

# 公演終了 (約1時間4分30秒)


■LIVE!! ON DEMAND
AKB48劇場 東日本大震災復興支援特別公演~誰かのためにプロジェクト2014~ ※無料配信
対応デバイス:パソコンのみ
配信期間:2014/03/11 23:00 ~ 2014/04/10 22:59




カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ