FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

えー? ほー (2014/02/03、AKB48チーム4)

AKB48劇場 チーム4「手をつなぎながら」公演 34回目

■出演メンバー
チーム4 → 相笠萌岩立沙穂内山奈月梅田綾乃岡田彩花岡田奈々北澤早紀篠崎彩奈高島祐利奈西野未姫橋本耀前田美月村山彩希茂木忍
研究生 → 大和田南那土保瑞希

バックダンサー(研究生) → 佐藤妃星市川愛美向井地美音湯本亜美達家真姫宝大川莉央

■開演
◆M00.overture
◆M01.僕らの風
◆M02.マンゴー No.2 (タイトルコール:岩立沙穂)
◆M03.手をつなぎながら
◆M04.チャイムはLOVE SONG


■MC (自己紹介)
岡田奈々「皆さん、こんばんは!」
みんなで「AKB48チーム4です」

岡田奈々「私たちチーム4初めての公演「手をつなぎながら」が始まりました!」
メンバーたち「イェー」客、拍手

# 岡田奈々 序盤4曲紹介

お題提供:ナッシーさん
本日のお題:今日は節分の日ということで、この人マメだなーと思うメンバーの行動について教えてください

【1列目 上手側から】
梅田綾乃「14歳のうめたんこと梅田綾乃です。よろしくお願いします」

「私はですね、なぁちゃんなんですけど。なぁちゃんってチーム4の風紀委員って呼ばれてるんです、真面目でね。それで、公演前にみんなで円陣をするんですけど、その円陣をする10分前とかになると「円陣10分前でーす」とか、すごい時は、さっきなんですけど「円陣をする5秒前でーす」って言われたんですよ」客w

「それが、いっつも言ってくれるのですごい助かるし、さすがだなって思います」

岡田奈々「高校1年生、16歳の岡田奈々です。よろしくお願いします」

「私は橋本耀ちゃんなんですけど。耀は公演が始まる前に必ずいい匂いのボディークリームを塗るんですよ。絶対欠かさず塗ってるよね」
橋本耀「うん」
岡田奈々「だから、たぶん劇場で近くにきた人は「あれっ?耀ちゃんいい匂いするな」ってもしかしたら思うかもしれないんで、近くに来たらクンクンしてみてください」

西野未姫「東西南北 東の逆は?(西野!) ありがとうございます。14歳の西野未姫です。よろしくお願いします」

「私は北澤早紀ちゃんなんですけど。早紀ちゃんはすごい自分のメイクポーチがどこに何を入れるかっていうのが全部場所が決まってるらしくて、例えばチークは右端とか、そういう風に全部決まってるらしくて。私は取って入れて取って入れてみたいな感じでチェックが閉まらないくらいに適当に入れるので、早紀ちゃんはマメだなって思います」

相笠萌「15歳の相笠萌です。よろしくお願いします」

「私はですね、チーム4の中では私と茂木とうめたん以外みんなマメだなって思うんですよ。今言った3人は予定とかの連絡がみんなに一斉に来て返事をしないんですよ。でも他のみんなは「了解しました」とか言ってて。特になっきーは「承知しました」みたいな、すごい丁寧なのでマメだなって思います」

岡田彩花「15歳のあやかこと岡田彩花です。よろしくお願いします」

「今から私が言うことは気持ち悪いと思って欲しくないんですけど。私はよくマメだなって自分で思うのがみぃちゃんとのメールのやり取りなんですよ。気持ち悪いって思わないでください、ぜひ。あのですね、まず劇場着いたら「今日公演だよ」公演始まる前に「もうすぐ始まるよ」とかいちいちメールするんです、私、みぃちゃんに。でもそのほとんどが返信返ってこないっていう話なんですけど」客、軽くw
茂木忍「それは返事こなかったらちょっと気持ち悪いかもしれない」
岡田彩花「でも今日はメール送ってないんですね。だから終わったら「今日楽しかったよ!」みたいな、「今日の出来事これだよ」って送ろうと思うのでぜひ気持ち悪いって思わないでください」


【2列目 上手側から】
内山奈月「いつも笑顔だ (なっきー) 今日も笑顔だ (なっきー) あなたをハッピーにしたい、内山奈月です。よろしくお願いします」

「私はSKEさんの須田亜香里さんなんですけど。ファンの人に教えてただいた話なんですけど、須田さんって握手会とかでメモするってご存知ですか? 頂いたお手紙とかプレゼントとかをメモするみたいなのを聞いて、あー須田さんってすごいなと思いまして、すごいアイドルとしてプロな方じゃないですか。だから私も須田さんみたいにならなきゃ!と思って、私もそういうメモを始めました」客「おー」

「でもね、問題が。書くんですけど、握手会の前に見忘れちゃうっていう、そういうのがあるんですけどでも一生懸命メモはしてます。皆さん今日もハッピーになって帰ってください」

前田美月「美月はどこにいるの? みんなの? (前田!) ありがとうございます。前田美月です。よろしくお願いします」

北澤早紀ちゃんなんですけど、毎日水筒を持ってくるんですよ。やっぱり公演の時って水分必要じゃないですか。こんな汗かいてね。それで、私はほんと水分必要だなって思うんですけど、ペットボトルとかを買うのも忘れちゃうぐらい適当人間なんですけども、早紀ちゃんは毎日持ってくるよね」
高島祐利奈「しかもスポーツドリンクの粉みたいなの持ってきて、作ってるんですよ、毎日」
北澤早紀「それは2回公演の時に荷物が重くなるから粉を持ってくる。マメとか言うのじゃなくてただのケチで。ペットボトル高いじゃないですか」
土保瑞希「いつもチョコを持ってきてるみたいな」
大和田南那「でっかいチョコが」
北澤早紀「貧血予防でして。糖分を摂ると血流が良くなるらしいので毎日欠かさず持ってきてます」

橋本耀「高校1年生の橋本耀です。よろしくお願いします」

「私は岩立沙穂さんなんですけど。言うのも別になんなんですけど、沙穂さんって人のボディーを障りたがるんですね。私、公演前に衣装に着替えるじゃないですか。その時わざわざ、けっこう楽屋遠いんですけど、私と沙穂さんの席は。なのに遠いとこからわざわざ私のボディーを触ってくるんですね、毎日欠かさず」
内山奈月「変態ですよね、ただの」
岩立沙穂「絶対ひいてるよね。ひかないでください」
橋本耀「そんな行動がマメだなと思いました」

土保瑞希「15期研究生の土保瑞希です。よろしくお願いします」

「今日私自分なんですけど。学校行ってて、普通に授業ノート取ってたんですよ。そしたら古典の授業で活用表みたいなのあるじゃないですか。それを書いてて、そういう感じのやついっぱい書かされちゃって、活用表1コ1コ書かなきゃいけなかったんですよ。普通手書きで書きたくなっちゃうじゃないですか。私は昨日ピって思い出して、定規を家から持ってきて、定規でやってたんですよ。線を引いて。友達が「瑞希ってA型だっけ?」って言ってきて「Oだよ」って言ったら「大雑把なのに定規で引くんだね」みたいなバカにされちゃって、ちょっと私マメになったのかなって自分で関心してます」

村山彩希「高校1年生のゆいりーこと村山彩希です。よろしくお願いします」

「私はマメだねという意味がわからなくて、違う意味で豆な人を考えてみたんですよ、食べ物の豆っぽい人を。そしたらなっきーが豆大好きなんですよ。今日お弁当に豆が入ってて、それを見てなっきーは豆だなと思いました」

高島祐利奈「どんなにすべっても凹まない、ゆーりんこと高島祐利奈です。よろしくお願いします」

「私はメンバーでマメってよくわかんないし、16人メンバーいるんできっと誰かが言い尽くすじゃないですか。って考えたら私、来てくださる皆さんだなと思って。なんでかと言うと、サイリウムなんですけど、皆さん持って来てくださってる方が多いじゃないですか。黄色のサイリウムって前のチーム4さんと今のチーム4では若干色が違うんですね、実は。それを見て、意外と新チーム4の黄色のサイリウムを持ってる方がちゃんといるなっていうのが凄く嬉しくて。それで皆さん、ちゃんとチーム4を好きでいてくれて嬉しいなって思いました。ということで今日はみなさん振ってください」


【3列目 上手側から】
岩立沙穂「皆さん、発声練習始めます。私に続いて言ってください (ヤッホー!) はーやーい (ヒャッハー!)」客w
茂木忍「なんか今ふなっしーがいた」
岩立沙穂「いたいた、ビックリ。ゆるキャラに浸透しましたね。いきますよ、ヤッホー! (ヤッホー!) さっほー (さっほー!) さっほーこと岩立沙穂です。よろしくお願いします」

「私はマメな人というかマメのサイズと言うんですか、小さめの人のことのお話をしたいんですけど、あちらにいる北澤早紀ちゃんなんですけれど、チーム4で一番ちっちゃいんだっけ?」
北澤早紀「はい、そうですね」
岩立沙穂「一番ちっちゃくって、身長がね。足のサイズも21.5センチと凄く小さくて可愛い子なんですけれど、その早紀ちゃんがレッスン着にキャラクターのパーカー、ジャージみたいなのを着てて、そのクマがめっちゃ可愛くて、可愛い過ぎて。ちょっと身長高めの人が着たら普通なんだろうけど、このサイズ感で着るからこそのぬいぐるみっぽい可愛いさがありまして、私はすれ違うたびに今日抱きつきました。ひかないでください。今日も私らしく歌って踊って喋ります」

篠崎彩奈なんなんでも可愛いなんってな~んだ? (あやな~ん!) ありがとうございます。あやなんこと篠崎彩奈です。よろしくお願いします」

「私はけっこう多い北澤早紀ちゃんなんですけど。ハンカチ、ティッシュはもちろん、マスクとか常備薬とかをいっつも持ってるんですよ。たぶんそれメンバーのためなんだよね?」
北澤早紀「けっこうね。みんなから頼まれることが多いんで」
篠崎彩奈「マスクを私いつもけっこうもらうことが多いんですけど、ちょうだいって言って、毎日言っても毎日持ってるから、たぶん毎日補充してるんだなって思うとマメだなって思います」
北澤早紀「そろそろね、自分で持ってきてください」客、軽くw

大和田南那「15期研究生のなーにゃこと大和田南那です。よろしくお願いします」

「私は同期の向井地美音ちゃんなんですけど。いっつもバッグの中見るとポーチが5個以上絶対入ってて、生で入ってるものが無いんですね。絶対ポーチの中に振り分けられてて、その中を見ても整理整頓されてるなと思ってマメだなと思いました」

北澤早紀「夢は大きく志は高く! 高校1年生のさっきーこと北澤早紀です」

岩立沙穂ちゃんなんですけど。この前、辛い物がお互い好きってことで、辛い物食べに行こうよって話をしてて、それで知ったんですけども、絶対食べに行く前にそのお店の情報をインターネットで検索して、調査してから行くらしくて」
岩立沙穂「レストランのメニューとか調べると出てくるじゃないですか。あれを見て、1人で「うわっ、美味しそうだな」ってニヤニヤするっていう、気持ちを高めてから行くのが私流なんですけど」
北澤早紀「普通はそんなにね、お店を調べてから行くってなかなか無いような気がするのでマメなのかなって思いました」

茂木忍「あなたのハートをもっぎもぎ。ありがとうございます。もぎちゃんこと茂木忍です」

「私はですね、自分なんですけど、私的には。さっき萌ちゃんが私とうめたんと萌ちゃん以外がマメだって言って、私たちはマメじゃないって言ってたんですけど、私は連絡とかのメールには返事しないんですけど、個人的にくるメールには、メールがくること自体が凄く嬉しくて。だから1分以内ぐらいに気づいたら返事するんです。すごい早いの。なぜなら自分が送ったメールに相手が返事してくれなかったら不安になっちゃうから、相手にもその想いをさせちゃいけないと思って」
岩立沙穂「確かにいつでも返ってくるよね」
茂木忍「いつでも返しますよ、私。携帯が鳴ることが嬉しいからね」客、軽くw

「だからメンバーとかにも返事をすぐするので、自分はけっこうマメなのかなと思います」

岩立沙穂「AKB48チーム4「手をつなぎながら」公演、以上のメンバーでお送りします。次は様々なユニットの登場です」※2度言い直す


◆M05.Glory days (相笠萌西野未姫梅田綾乃)
(BD:佐藤妃星市川愛美向井地美音湯本亜美達家真姫宝大川莉央)
◆M06.この胸のバーコード (茂木忍岩立沙穂土保瑞希)
◆M07.ウィンブルドンへ連れて行って (北澤早紀(黄)・篠崎彩奈(ピンク)・大和田南那(青))
◆M08.雨のピアニスト (岡田彩花岡田奈々高島祐利奈)
◆M09.チョコの行方 (内山奈月村山彩希前田美月橋本耀)


■MC
内山奈月村山彩希前田美月橋本耀

内山奈月「皆さん、今日2月3日は何の日ですか?」客「節分!」

「良かった、ありがとうございます。やっぱ節分の日にはですね、恵方巻きを食べるじゃないですか。なのでね、ここでは私、「えー? ほー」って話を考えてきました」
橋本耀「皆さんもっと笑ってあげてください」
前田美月「今の笑うポイント」
内山奈月「渾身のギャグですからね。だからえー? ほーの話していいですか? さっき自己紹介MCで橋本耀ちゃんがボディークリームをつけていい匂いって話をされてたじゃないですか。それ聞いて羨ましくて。私最近すごいいっぱいボディーミスト振りかけてるんですよ。皆さんにいい匂いって思っていただきたくて。だから負けないぐらいいっぱい内山奈月も振りかけてますよっていう」
メンバーたち「えー? ほー」
内山奈月「ありがとうございます」
橋本耀「何これ?」
前田美月「こんな感じで。なっきー臭いって思うほどかけるんですよ。もう届けっていう気持ちが大きいから」
橋本耀「鼻ツンツンするもん」
内山奈月「日常生活ではつけてないんですよ。公演の時はめっちゃつけてます」
橋本耀「じゃー匂い届いたらいいね」客、軽くw
内山奈月「適当。さっき私つけてるの見てピッカもめっちゃつけてたから」
橋本耀「負けてられないなと思って」
内山奈月「左右から皆さん匂いを感じてください」

前田美月「私は、私たちチーム4とかAKB48のメンバーは公式モバイルサイトでモバイルブログというのをやらせていただいてるんですけど、それによく、締め切りがあるんですけど、それによく遅れてしまうのが橋本耀ちゃんと西野未姫ちゃんと小嶋真子ちゃんと峯岸みなみちゃん」客w
内山奈月「なるほどね、宣伝ですか、これは」
前田美月「なんで言ってくれないの?」
メンバーたち「えー? ほー」
前田美月「やらせたみたいになっちゃった」客、軽くw

「モバイルブログやらせていただいてるんですけどどういうことでしょうかね?」
橋本耀「人間忘れることってあると思うんですよ。それで、頭ではわかってるんです、私は。けど、忘れちゃうんだよね」
内山奈月「良くないですよ、それ」
前田美月「これからね、毎回いい感じに出して欲しいなと思って。私の名前順が前なんですよ。それで耀が出されてなかったら私も出されてない時があるんですね、せっかく送ったのに。ちょっとしっかりしてよ」
橋本耀「でも私の1コ前の西野未姫ちゃんだって出してないじゃないですか」
前田美月「最近は頑張って待ち受けに「今日モバイルブログ」って書いてあるからね、頑張って工夫してるから耀ちゃんも頑張って」

橋本耀「今日は節分の日なんですけど、その他にまた違う日があって。今日は乳酸菌の日なんです」
メンバーたち「えー? ほー」
橋本耀「なんかさむくなるね。2月3日なんで、乳酸」
内山奈月「私今日ヨーグルトね、差し入れで3コぐらい置いてたの全部持って帰ってきたんですよ。だから乳酸菌に貢献してると思う」
橋本耀「だからぜひ皆さんもヨーグルト食べてください」

「それではAKB48チーム4「手をつなぎながら」公演まだまだ続きます」


◆M10.Innocence
◆M11.ロマンスロケット
◆M12.恋の傾向と対策


■MC
◆前半:前田美月土保瑞希相笠萌大和田南那岡田奈々高島祐利奈村山彩希岩立沙穂

岡田奈々メンバーのことを鬼だと思った瞬間

相笠萌「奈々なんですけど。テレビとかで見た方はわかるかと思うんですけど、凄く真面目で、メンバーに本気で怒るんですよ。その本気なのがほんとに怖くて鬼だなって思うんですけど。私は4のメンバーの中でも特に怒られるほうなので言葉遣いとかね」
岡田奈々「萌さん、ほんとに気をつけてください」客、軽くw
相笠萌「ほんとにこういう感じ」

土保瑞希「私も奈々さん関連なんですけど。今日のことなんですけど。奈々さんと耀ちゃん、隣に座ってたんですね。お行儀について奈々さんが説教してたんです、耀ちゃんに」客w

「真面目だなと思って、「おー」と思ったんですよ。そしたらエレベーター乗ってる時に、通行止めって言ったんです、奈々さんが。真面目な頭がいいような奈々さんが。交通止めを通行止めって・・・ん?」
岩立沙穂「通行止めを交通止めと間違えたのね」
土保瑞希「それを言いたくて。いつも真面目でキリっとしてるじゃないですか。だから真面目でも可愛い一面を見れて私的にグーって感じでした」
岡田奈々「鬼じゃない時もあるから大丈夫」

高島祐利奈「私は沙穂なんですけど。ほんとにずーっとディズニーシーに行こうっていう約束をしてるんですよ、この間から言ってる。沙穂から「ディズニーシーの美味しい食べ物調べてたら美味しそうでお腹が減って寝れなくなっちゃった」っていうメールがなんと夜中の2時にきまして。寝ろよ!と思って。まず2時にネットを開いてるってことは少なくとも1時以降にはじめてるわけじゃないですか。それ以前に、調べる前に寝ようよと思って。それを巻き添えくらうっていう」
岩立沙穂「寝れないって言って、この子起きたの11時なんですよ。11時まで返信返ってこなくて。私はもちろん寝ましたけど、その間に・・・」

大和田南那「私はあれですよ、私です。奈々さん、私と鬼ごっこするんです」
岡田奈々「なるほどな。だから鬼ごっこする時になーにゃがいつも鬼をやってくれるんですよ」

村山彩希岡田彩花ちゃんのことなんですけど。彩花が鬼だと思う理由は彩花がご機嫌斜めだった時に機嫌を直してもらおうと思ってずっとこうやって近くにいたんです。そしたら機嫌が直ってたんです。おーってなるじゃないですか。そしたら蹴っ飛ばしてきたんです。それもなんか、感謝の気持ちを込めて「ありがとう!」みたいなやつで、蹴っ飛ばしてきて、鬼だなと思って」

岡田奈々「私、なーにゃが鬼だと思うんですけど。すごい可愛いじゃないですか。誰もが可愛いと思うから「なーにゃちゃん可愛いねー」っていうと「可愛くないです」って言うんですよ」
相笠萌「さっきね、萌も「なーにゃ可愛い」って言ったら言われたの、「可愛いくない」ですって。なーにゃが可愛いくなかったら(自分)どうなっちゃうの?って思うじゃん」
土保瑞希「それって15期の前だと「可愛いね」って言ったら「うん知ってる」って」
メンバーたち「えー!?」「鬼だ」
高島祐利奈「出たな、本性」

前田美月西野未姫ちゃんなんですけど。今日リハーサルで振りを合わせてたんですね。私気になるところがあって。振りで、こうやって立つのかこうやって立つのかわからなくって、どっちなんだろうと思ってみんなに訊いたんですよ。そしたら未姫ちゃんに「そこはこうやって立つんだよ!」ってすごい怒られて」

# 後半チーム入場

西野未姫「そんなこと言ってないよ!」

# メンバーチェンジ

◆後半:内山奈月梅田綾乃北澤早紀篠崎彩奈西野未姫茂木忍橋本耀岡田彩花

茂木忍「今日は節分の日ということで、豆まきをするじゃないですか。それでですね、鬼は外、福は内って言うように、自分の中から出したいものと、メンバーとかの自分内に入れたいものを話したいと思います」

内山奈月「未姫ちゃんなんですけど。未姫ちゃんみたいなズバズバ言う力が欲しいんですよ。私、未姫の年上なんですけど、いっつもその髪型変って言われるんですよ」
西野未姫「思ったこと言ってるだけだよ」客、軽くw

「今日もちょっとあまり」
内山奈月「それで私言い返せなくて、いつも。言い負かされて終わって、しょんぼり。だから未姫に勝てる力が欲しい」
篠崎彩奈「わかる」
西野未姫「なんで共感してるんですか」
篠崎彩奈「自覚ないの?」
西野未姫「無いです、別に」
篠崎彩奈「すごいよね。若いってすごい」
西野未姫「そんな変わんないですよね。変わるか」客w

「私はすぐに泣き虫って言われるんですけど、元日公演の時に私は泣かないっていう目標を決めて、正直1回今日は泣いてるんですけど、でも我慢はしてるほうなんですよ。でも茂木さんってまったく泣かないんですよ。ほんとにビックリするほど泣かなくて。なんで泣かないんですか?」
茂木忍「家でママとケンカした時は泣くけど、でもなんか、仕事関係と言いますか、AKB48関係だと、私泣いたら怖いじゃん」
西野未姫「確かに」客、軽くw
茂木忍「みんなが声かけ辛くなっちゃうかなと思って。未姫ちゃんに怖すぎって言われるから、だから気遣わせないように」
西野未姫「大人ですね。茂木さんの泣かない強さが欲しいと思う、私は」

岡田彩花「私、あやなんの未姫ちゃんに何言われても耐えられる自信っていうか気持ち」
篠崎彩奈「可愛いじゃん、やっぱ」
西野未姫「なんでそんなニヤニヤしてるんですか。許せるのかな」
茂木忍「時々ズキってくることない?」
篠崎彩奈「ある、全然。あやなんね、ないと思ってたの?」
西野未姫「ヘラヘラしてるから無いかと思ってた」
篠崎彩奈「しょっちゅう「ウッ」って思うけど、必死に抑えてます」
西野未姫「初めて知った」
茂木忍「被害者が多いんですけど、未姫ちゃんはちょっと気をつけてください」

「私はですね、私もあやなんなんですけど。私は自分の中というか、自分から肩幅を出したくて。あやなんのその華奢な感じが欲しいんです。なんでかって言うと私肩幅がすっごく広いんですね。だからなんか、すごいあやなんとかが着るとすごい女の子らしい服なのに、私が着るとプロレスラーみたいな」
梅田綾乃「すっごいわかる。私もすっごいガタイがいいから」
内山奈月 → 梅田の肩を触る
梅田綾乃「触んないでよ!」
メンバーたち「怖い怖い」
梅田綾乃「すっごい触ってくるの。茂木がガタイの話してる時、私の肩ポンポンってしてくるんですよ。茂木とよく話すんだよね、そういうこと」
茂木忍「肩幅いらないねって話をよくしてるので、あやなんのその華奢な感じが欲しいなって思う」
篠崎彩奈「これをね、楽屋で話してたらね、未姫ちゃんが「でも胴長になるんですけどいいですか?」って」
西野未姫「あやなんちゃんの体が欲しいって言ったから。でもあやなんちゃんは胴長らしいので、あやなんちゃんの体もらったから茂木さん胴長になっちゃうけどいいですか?って訊いた」
茂木忍「足は大丈夫かな。肩幅だけ」

北澤早紀橋本耀ちゃんの見た目。私実は中学3年生の時にクラスの女子で二番目に足速かったんですよ」
メンバーたち「えー?」
北澤早紀「えーってなるでしょ? この見た目だからたぶんそうなるんじゃないかなと思って。ピカちゃんがリレー選なんですって言ったらおーってなるじゃないですか。その見た目のヤンチャな感じの見た目が欲しくて」
橋本耀「私は陸上部だったので、入った時からスポーツ系の体だねって言われてたので。でも私は逆に早紀ちゃんみたいな雰囲気が欲しいです」
西野未姫「じゃー交換しちゃえば?」
橋本耀「そんな簡単にできたらいいけどね。そんなふわふわした雰囲気が欲しいです。私はどっちかと言うと、ふわふわしてなくないですか?」
メンバーたち「してない」
茂木忍「ハッキリしてる感じだよね」
橋本耀「担任の先生にもサバサバし過ぎですって言われたので。だから早紀ちゃんみたいなすごいふんわかした雰囲気欲しいです」
茂木忍「早紀ちゃんはなんかふんわかした秘訣みたいなのないの?」
北澤早紀「私、そのまんまいるだけなんだけど」
西野未姫「それが早紀ちゃんだからね」

梅田綾乃「私は未姫ちゃん。未姫ちゃんと私、同い年なんですよ」
西野未姫「学年は違うんですけどね」
梅田綾乃「それで、同じ14歳なんですけど、私すっごい落ち着いて見えるって言われるんですよ。未姫ちゃんはすっごい元気みたいな言われるじゃないですか。私、14歳だからもっと元気なところを出してるつもりなのに落ち着いてるって言われちゃうから、その未姫ちゃんの元気さ、パワフルさをすっごい欲しい」
西野未姫「でも私最近よくクソガキって言われるんですよ。だからうめたんもクソガキになっちゃうけどいいの?」
梅田綾乃「うん、元気があれば」
茂木忍「ってかクソガキの自覚あったんだね」
西野未姫「無いです!」
茂木忍「そういうのがクソガキだよね」

篠崎彩奈「私はギャップが欲しいんだけど。岡田ちゃんは見た目クールで、すごい可愛いことするんですけど、これやって欲しいんですけど、岡田ちゃんが「ほっぺたはーむ」って言ってくるんですよ」
メンバーたち「何それ?」
篠崎彩奈「クールな顔してもう可愛い過ぎて、なんだこの子はと思って。ピカちゃんにやってみてよ」
岡田彩花「(橋本のほっぺに顔を近づけ) ほっぺたはーむ♪」
メンバーたち「可愛い」
篠崎彩奈「震えるんです、やられると。可愛過ぎて」
岡田彩花「これやってるの、本番。前半曲の「マンゴー No.2」で彩奈と向き合うとこがあるんですけど、そこでやってます」
篠崎彩奈「ギャップ欲しい」

梅田綾乃「ということで今言ったみんなの欲しいものをちゃんと手に入れるように努力して、みんなで成長できたらいいなと思います。ということで次が最後の曲になります」

篠崎彩奈「私はこんなに素敵なメンバーとこんなに素敵なステージに立たせていただけることがほんとに嬉しいです。これもすべて応援してくださる皆さんのおかげだと思っています。そんな皆さんに感謝の気持ちを込めて、歌いたいと思います。聴いてください、大好き」


◆M13.大好き


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール


◆EN01.ロープの友情
◆EN02.火曜日の夜、水曜日の朝

# 暗転 (メンバー捌ける)

■VTR (チーム4活動映像) (BGM:大人への道)

# 上映終了 / メンバー入場


西野未姫「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 西野未姫 アンコール曲2曲紹介

「AKB48チーム4「手をつなぎながら」公演いかがでしたか?」客、拍手

篠崎彩奈「これからもAKB48そしてチーム4の応援をよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

篠崎彩奈「本日の公演も皆さんの応援のおかげで無事終わりに近づいてきました。この劇場を出た後も私たちのことを忘れないでください。私たちも忘れません。次の曲は皆さんのことを想いながら歌いたいと思います」


◆EN03.遠くにいても


内山奈月「本日はご来場いただき、誠にありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

内山奈月「今日は2月3日、節分の日ということで、ロビーにて皆さんと一緒に豆まきをやりたいと思います」客、拍手

「詳しい説明は係りの方にしていただきますので、もう少々楽しみにお待ちください。それでは最後の挨拶をしましょう」

# バックダンサーが登場し、列に加わる

# 手繋ぎ挨拶 「せ~の(バック)、せ~の(前進、お辞儀)、ありがとうございました(お辞儀)」

# メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの)

# 公演終了


■豆まき (ロビーにて)


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】2月3日(月)「手をつなぎながら」公演

公演後の感想 → 内山奈月橋本耀

[ 配信中の公演一覧 ]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND