FC2ブログ

松井咲子「美音ちゃん大好きなんですけど、恥ずかしくてあんま話せない」 (2014/01/31、チームA)

AKB48劇場 横山チームAウェイティング公演 17回目 (1月度お客様生誕祭)

■出演メンバー
チームA → 伊豆田莉奈入山杏奈岩田華怜大島涼花川栄李奈菊地あやか小林茉里奈佐々木優佳里鈴木まりや高橋朱里田野優花松井咲子森川彩香横山由依渡辺麻友
研究生 → 向井地美音

■開演
◆M00.overture
◆M01.ただいま 恋愛中
◆M02.くまのぬいぐるみ
◆M03.Only today


■MC (自己紹介)
渡辺麻友「みなさん、こんばんは」
みんなで「AKB48チームAです」客、拍手

# 渡辺麻友 序盤3曲紹介

お題提供:クマちゃんさん
本日のお題:皆さんの至福のひと時を教えてください

【1列目 上手側から】
岩田華怜「可憐で華麗な伊達娘。ありがとうございます。宮城県仙台市から来ました、中学3年生の華怜こと岩田華怜です」

「私は最近毎日腹筋をしてるんですけども、腹筋って辛いじゃないですか、やってる時は凄い辛くて、「あと5回、あと4回、あと3回」ってやって、凄い辛い状態でこうやって反る時。わかります? 腹筋し終わった後に伸びた時、ここ(お腹)を伸ばす時、めっちゃ至福の時です。頑張りを認められた気がして。。なんだこの空気は」客w

伊豆田莉奈「ウソだけど伊豆から来ました。埼玉県出身の伊豆田莉奈です。よろしくお願いします」

「私は至福の時って聞いた時、洋服の私服かなと思ってて。至福っていう言葉使わなくないですか?普段。至福って言うなら幸せな時っていう風に言うなって思ったので、至福の意味理解してなかったんですけど、理解して発見したことは、自分が至福だなって。おやずな会っていうのあるんですけど、知らないですよね?」客、反応

「知ってますか? それがニュースになったらしくて。それが嬉しかったので、それが至福なのかなって思ってます」

渡辺麻友「み~んなの目線をいただき~まゆゆ~。19歳のまゆゆこと渡辺麻友です。よろしくお願いします」

「前髪なくなりました。ヤバイですね、顔全開で。私はですね、お腹を凄い空かせて、凄いもう空腹の極限の空腹状態で焼肉屋さんに行って、もやしナムルを食べるのが最高にもう」
横山由依「お肉じゃないんですね」
渡辺麻友「お肉じゃないの。もやしナムルがもう本当に大好きで。今日ももやしナムルのことを考えて、皆さんを幸せな公演に出来るようにしたいと思います」

佐々木優佳里「涙の数だけ輝きたい、チームAのゆかるんこと佐々木優佳里です。よろしくお願いします」

「私の至福の時はですね、最近とろろ昆布に嵌っていて。とろろ昆布ってとろろと昆布の組み合わせなんですけど」客、失笑

「それを朝寒い時に毎日飲むのが至福の瞬間です」
横山由依「お味噌汁ってこと?」
佐々木優佳里「そうですね、最近寒いから朝に温かいとろろ昆布のお味噌汁を飲むことが至福の瞬間です」

松井咲子「あなたのドレミを奏でたい、松井咲子です。よろしくお願いします」

「私の至福の時はですね、ズバリ美音ちゃんに会えた時です。私、今までAKB入る前から今まで推しメンっていうのはずっとこじはるさんだったんですね。なんですけど、推し変したとかじゃなくて、新たな凄い気になるメンバーが美音ちゃんなんですよ。ほんとに可愛くて大好きなんですけど、恥ずかしくてあんま話せないんですよ。なんかボロが出るんじゃないかと思って、自分の。なんであんまり自分の変な面を見せたくないから美音ちゃんにあんまり変な話をしたくなくて。今日も楽屋が隣なんですね、着替え場所が。でも恥ずかしくて全然美音ちゃんのほう見れなくて、ずっとあやりんのほうばっか見てたから。だから今日をね、きっかけにせっかくA公演出てくれてるので、更に仲良くなれたらいいなと思っていて、今日はとっても至福な幸せな気持ちでいるわけです」


【2列目 上手側から】
森川彩香「アーヤロイドは好きですか? (大好き!) はい、知ってます。私もみなさんのことが大好きです。アーヤロイドこと森川彩香です」

「私は毎朝こたつに入るのが至福の時だったんですよ。なのにこの間こたつが壊れちゃって、全然あったまらなくて、ママにずっと修理に出してって言ってるのに出す出すって言ってから1週間ぐらい経ってるんで、そろそろ直して欲しいなと思って、だから至福の時が欲しいです」

大島涼花「中学3年生、15歳の大島涼花です。よろしくお願いします」

「私は電車なんですけど、仕事で疲れて電車に乗って、揺れで寝ちゃうのが至福のひと時なんですけど。あっ、電車!。。実は今川栄さんと私と岡田奈々ちゃんでチーム神奈川っていうのができたんで」
川栄李奈「ヘタクソかよお前ほんとに」
大島涼花「横浜線とかにいっぱいポスター貼ってあったり、あと駅内アナウンスを私たちがやってるのでぜひ行ってください」

高橋朱里「はい、みなさんこんにちは。16歳の高橋朱里です。よろしくお願いします」

「私は餃子食べてる時にみんなしょう油付けますか? 私、お酢とラー油だけなんですけど。その時に「えっ?その透明なの何?」って言われて、「お酢です」って答える時」
大島涼花「至福なんですか?それ」
高橋朱里「至福ですね」

川栄李奈「18歳のりっちゃんこと川栄李奈です。よろしくお願いします」

「ペット飼ってる方いますか? ペット飼ってる方はわかると思うんですけど、うちん家の犬めっちゃ可愛くない?って言われて見せられて自分の犬のほうが可愛かった時」
横山由依「性格わるっ」
川栄李奈「違う。めっちゃ可愛いって思っても、自分の犬って一番可愛いじゃないですか。その時」
横山由依「性格悪いな」
川栄李奈「やっぱ自分の子供って大事じゃないですか。自分の愛情がさ、あるじゃないですか。どう思います?」
横山由依「性格悪いってことだけがわかりました」
川栄李奈「全部可愛いんですよ。全部の犬も猫も可愛いんですけど、やっぱ自分の犬が凄い可愛いなと思う時が至福です」

小林茉里奈「Everyone everyday まりなってる? (まりなってる) ありがとうございます。17歳のまりんちゃんこと小林茉里奈です」

「私はですね、甘い物を食べる時がすっごい好きなんですよ。で、甘い物は全般的に好きなんですけど、最近はあるドラマの影響でチョコレートに凄い嵌っていて、チョコレートを食べるのがすごい幸せだなって思います」

鈴木まりや「3時のおやつは まりやんぬー。ありがとうございます。まりやんぬこと鈴木まりやです。よろしくお願いします」

「私は3時のおやつっていうキャッチフレーズなんでケーキも大好きなんですけど、やっぱり最近好きだなって思うのはあん肝なんで、あん肝の時期になるとキターと思って、凄く至福の時になります」


【3列目 上手側から】
田野優花「16歳の田野優花です。よろしくお願いします」

「私は今です。今がとっても至福の時で、ほんとに、真面目なこと言うんですけど、AKB48のお仕事の中で一番公演が大好きで、だから今とても幸せです」

菊地あやか「二十歳のあやりんこと菊地あやかです。よろしくお願いします」

「私は家族と凄い仲が良くて、休みの時に家族みんなでどっか出かけることが一番至福で、あともう1つは韓国海苔がめっちゃ好きなんです、私。ケータリングによくさ、味のりとか韓国海苔じゃん。それ大半私が全部食べちゃって、ごめんなさいって感じで。まぁ、海苔人間です」

横山由依「京都から来ました、金閣寺よりも輝きたい、横山由依、21歳です。よろしくお願いします」

「私はですね、このチームAのメンバーと一緒にいる時間が至福の時かなと思うんですれけども、この間リクエストアワーの最終日にですね、大組閣祭りが今度あるっていうのが発表されまして、先ほど聴いていただいた曲の「Only today」って曲の中に「巻き戻せない時間の背中に寄せては返す波がせつない」っていう歌詞があるんですけども、それの時にですね、マジで、あーもっと長く、全然どのチームになるかわからないんですけど、もっと長くこのチームAやりたかったなって思ったから、すごいその曲の時に泣きそうになったし、でもなんかまだどのチームになるとか、どういう組閣になるかわかんないのでなんとも言えないんですけど、でもやっぱり劇場でこうやって皆さんと今日という日に出会えたのがほんとに幸せなことだと思うので、1日1日を一生懸命皆さんと一緒に生きていきたいなと思います」

入山杏奈「高校3年生、18歳のあんにんこと入山杏奈です」

「私はですね、用意していた答えがうずら納豆見てる時って答えだったんですけど、横山さんがすごい真面目な話をしたので取り下げていただきます」

向井地美音「15期研究生のみーおんこと向井地美音です。よろしくお願いします」客「お誕生日おめでとう」

「あーありがとうございます」
メンバーたち「おめでとう」客、拍手
向井地美音「そうなんです、一昨日16歳の誕生日を迎えたんですけど。私はですね、やっぱ私服の時、誕生日プレゼントをもらった時とか、さっき楽屋で咲子さんが誕プレをくれたんですよ。それですごいなんか覚えててくださったんだとか思ってめっちゃ嬉しかったので、皆さんもなんかください」

横山由依「以上の16名でお届けします。チームAと美音ちゃんの進化する姿をぜひ皆さん目に焼き付けてください」


◆M04.記憶のジレンマ (伊豆田莉奈松井咲子佐々木優佳里岩田華怜)
◆M05.キャンディー (鈴木まりや渡辺麻友小林茉里奈)
◆M06.残念少女 (高橋朱里川栄李奈森川彩香)
◆M07.ツンデレ! (菊地あやか横山由依大島涼花)
◆M08.抱きしめられたら (岩田華怜入山杏奈田野優花)


■MC
小林茉里奈入山杏奈高橋朱里

高橋朱里リクアワが4日間あって、ユニット祭りもあったんですけども、そのね、4日間あったんでエピソードか何か話したいと思います」

入山杏奈「NMB48の白間美瑠ちゃんが好きなんですね」
小林茉里奈「あれですよね?一部でTOって言われてるやつですよね」
入山杏奈「一部っていうか全面的に言われてて。なんですけど、ついにユニット祭りで同じユニットをやることができまして」客、拍手

「SKE48の狼とプライドっていうユニットなんですけど。衣装もすごい可愛いくて、みるるんに似合い過ぎてて、しかも隣で踊ってるじゃないですか。でもメンバーの目線とファンの目線どっちも持ち合わせてるわけじゃないですか、私は。だから隣ですっごい緊張して踊ってて、ちょっと先輩みたいな目線と、でもやっぱりファンの目線でみちゃって、なんか超緊張してんだけど超可愛いと思って・・・。緊張してたの、みるるんが。彼女が緊張してて」
小林茉里奈「その緊張姿が可愛くて萌えるようへうへしてたってことですか?」
入山杏奈「うへうへはちょっと言い過ぎなんですけど。そんな感じですよ」
高橋朱里「可愛かったですよね、めっちゃ」
入山杏奈「そう、可愛かった」
小林茉里奈「言い続けて良かったよね、なんか」
入山杏奈「そう、続けてればね、夢は叶うんですよ」

高橋朱里「リクアワ期間に・・・会えるチャンスで。私、太田夢莉っていうNMBのめっちゃ可愛い子がいるんですけど。太田夢莉ちゃんほんと可愛くて、そっからすごいメールするようになって、ほんと可愛いんですけど、夢莉からメールがきて。NMBの楽屋のメイク室に私の生写真があったらしくて、夢莉が「朱里さんの生写真ありましたよ」みたいな感じで写真を送られて来たんですけど「捨てときました」ってきたの」客、反応

「違うの。それでこいつ何言ってるんだと思って、たまたまぐぐたすを開いたら、夢莉がね、「朱里さんの生写真がありました。嬉しくてもらいました」みたいな、ぐぐたすでは。私には「捨てときましたよ、えへっ」みたいな。ほんと可愛くて、ほんとに夢莉ちゃんには毎回振り回されますね」
小林茉里奈「朱里、すごい溺愛してるよね」
入山杏奈「それツンデレじゃなくて、ほんとは捨てたけど、ファンの人が嬉しかったって」
高橋朱里「そっち? めっちゃショックですよ、それ。さすがに冗談でしょ。めっちゃ可愛いんですよ」
小林茉里奈「でもさ、けっこうクソガキだよね、あの子もね」
高橋朱里「今すごいみんなから見つかってますよね、可愛くて。まりんちゃんも好きだし、川栄さんも好きだし」
小林茉里奈「PVでね、一緒だったんだよね。次のシングルの」
高橋朱里「それから仲良くなって、リクアワで更に仲良くなって。すごい思い出です」
小林茉里奈「可愛かったですよ」

「私もね、ちょっと朱里ちゃんと似てる話があって。私はその夢莉ちゃんもそうなんですけど、その同じ今言った、次のシングルのPV撮影がきっかけで、NMBのりぃちゃん、近藤里奈ちゃんと仲良くなって。りぃちゃんがすごい「まりんちゃんまりんちゃん」って言ってくれて、私も大好きで。でもなんかりぃちゃん人見知りらしいんですよ。全然そんな感じしなかったから。「でもね、私人見知りなの」って言ってて、なんか凄いフレッシュだった。うへうへってしてました」
高橋朱里「うへうへってしないで」客「羨ましい」
小林茉里奈「でしょ? メンバーの特権だから。職権乱用ってやつです」

高橋朱里「そんな感じですごい楽しかったですね。こんな感じで後半戦は少し不良っぽく決めてみます」


◆M09.ダルイカンジ
◆M10.Mr. Kissman
◆M11.君が教えてくれた
◆M12.BINGO!


■MC
◆前半:川栄李奈田野優花森川彩香渡辺麻友横山由依小林茉里奈佐藤すみれ高橋朱里

横山由依「1月22日にですね、5枚目のアルバム「次の足跡」というのが発売されたんですけど、その中でチームAは「確信がもてるもの」という曲をね、歌わせていただいてるんですけど、だから今日は最近確信がもてたものとか、確信がもてたことについて訊いちゃおうかなと」

向井地美音「私はですね、そういうの自己紹介MCで、咲子さんが私のことを好きって言ってくれたじゃないですか。で、咲子さんってDDだと思ってたんですよ。でも、私のことを好きって言ってくださって、そうなんだなって確信がもてました」
メンバーたち「可愛い」
横山由依「咲子さんだけじゃなくてね、みんな好き、美音のこと。全秋葉原の意見。可愛い。ほんとに可愛いですよね」

渡辺麻友「確信したんですよ」
横山由依「何をでしょ?」
渡辺麻友「そんなたいしたことじゃないけど、恥ずかしい、持ち上げちゃった。ユニット祭りとかでHKT48のなこみく、皆さん知ってますか? 3期生の矢吹奈子ちゃんと田中美久ちゃんとなこみくコンビっていう小学6年生、12歳の、もうヤバイぐらい可愛いコンビがいるんですよ。ほんっとに可愛くて、もうずっと触ってたんですよ。はぁーってなって、めっちゃ可愛いくて。で、なこみくちゃんと、みーおんも身長そんな変わらないよね」
向井地美音「そうなんですよ、5センチぐらいしか変わんないんですけど」
渡辺麻友「だから同じ括りで見ちゃうんだけど、みーおんを。なこみく、みーおんみたいな感じで。ほんとなんか、ちっちゃい子は可愛いんだなって確信しました」
横山由依「ちっちゃい子可愛いですね」
渡辺麻友「可愛くてしょうがない」
横山由依「AKBの未来も明るいですよね」
渡辺麻友「こんな可愛い子いっぱいいるんだから安泰ですね。可愛いは正義」

小林茉里奈「私もね、ほんとにね、美音ちゃんが可愛くて、もう大好きなんですよ。で、すごい可愛いくって、リクアワの時に近くにたかみなさんがいたんですけど、私がこう美音を眺めてて、可愛い過ぎて「いやーほんとロリって正義ですよね」ってつぶやいてしまったんですよ。そしたらたかみなさんに「なんやそれ? ババァは犯罪か?」とか言われて」客w

「いや、そういうわけじゃないですって。私はただもう可愛い過ぎて、ロリってほんと素晴らしいっていうこと言っただけなのに「ババァは犯罪」とか言われちゃって。いや、そんなことないですよって全力で否定したんですけど」
横山由依「たかみなさんってたまに関西弁出るよな」
田野優花「たまにとかじゃなくて、標準語みたいになってます、関西弁が」
横山由依「けっこう真剣な話の時も言うもんな」

田野優花「私その流れでちょっといいですか? 私、武藤十夢ちゃんってめっちゃ好きなんですよ。で、リクアワの時、確信したんですけど、もう十夢は私のこと見る気もしてくれない。もう確信しちゃった。休憩中にずっとみゆぽんと動画見てんの。もうこんなくっついちゃって。もう確信」
渡辺麻友「ちょっと怒った確信」
田野優花「半ギレですよ、半ギレ」

高橋朱里「私はやっぱりあれですよ。ちょっと戻りますけど、やっぱ私ロリコンだなって確信しました」
渡辺麻友「そういうネタ多くない? みんな疲れてる?」
高橋朱里「ちっちゃくて可愛い子が多過ぎて。太田夢莉ちゃんもなんですけど。いや、ほんとに今回のChu!Chu!Chu!神でしたよね、ユニット祭りの」
渡辺麻友「ヤバかったね、なこみく」
横山由依「そう言えばさ、ロリっちゃんって言われてのどこ行ったん?」
川栄李奈「あの、いけるでしょ。なこみくみーおんりっちゃんみたいな」
渡辺麻友「もうきついんじゃない? ちょっとジャンルが変わっちゃった」
横山由依「ジャンルが足臭姫やから」
川栄李奈「そっち? 私もそのジャンルでいきたかったんだけどね」

# 後半チーム入場

メンバーたち「華怜さんも負けてないですよ」「華怜ロリですよ」
渡辺麻友「華怜、今何歳?」
岩田華怜「15です」
渡辺麻友「ウソつき!」
岩田華怜「みーおんより年下なんですから、私」
メンバーたち「どよめいてる」「すごいビックリしてる、皆さん」
岩田華怜「そんな反応ある?」客、軽くw

# メンバーチェンジ

◆後半:岩田華怜菊地あやか大島涼花伊豆田莉奈入山杏奈佐々木優佳里鈴木まりや松井咲子

伊豆田莉奈「リクエストアワーがあったということで、ここにいるメンバーにリクエストしたいこと、リクエストしてそのままここでやっちゃおうっていうコーナーです」

大島涼花「私は華怜さんにやって欲しいんですけど」
岩田華怜「絶対くると思った」
大島涼花「華怜さんってけっこう男勝りというか、けっこうイケメン系じゃないですか。だから萌えとか見たことないなと思って。やっぱ皆さん見たいですよね」客、軽く拍手
岩田華怜「そうでもないと思うけど」
大島涼花「1月の締めとしてね、見ときましょうということで、お兄ちゃんって言って欲しいんですよ」
岩田華怜「ほんとにやめて」
メンバーたち「見たい」
岩田華怜「今日叔父さん見にきてるの私。こういう姿見せたくないんだけど、ちょっと」
松井咲子「やらない? じゃー私やるよ」
メンバーたち「私やる」次々と
岩田華怜「。。じゃー私やりますよ」
メンバーたち「どうぞどうぞどうぞ」
岩田華怜 → 『ドン』と足を踏み鳴らす
メンバーたち → ジャンプ 「もう芸人じゃん」

「3・2・1」
岩田華怜お兄ちゃん?
メンバーたち「可愛い」「可愛くてビックリ」
鈴木まりや「意外とノリノリ」
岩田華怜「そんなことないよ。やり切ろうと思っただけです」
菊地あやか「月1でやっていけば?」客、軽くw
岩田華怜「絶対嫌だ」

佐々木優佳里「私は早口言葉が言えないんですよ」
鈴木まりや「試しに言ってもらえる?」
佐々木優佳里「青巻き紙赤巻き紙黄巻きまき」
メンバーたち「黄巻きまき?」
佐々木優佳里「なので誰か」
入山杏奈「超得意」 → 「青巻き紙赤巻き紙黄巻き紙 青巻き紙赤巻き紙黄巻き紙 青巻き紙赤巻き紙黄巻き紙」客、拍手
メンバーたち「凄い」
鈴木まりや「あの竹垣に竹立てかけたのは 竹立てかけたかったから 竹立てかけたのですって言える? 1回だけ」
入山杏奈「あの竹垣に竹立てかけたのは、、。難しい、わかんなかったです」
鈴木まりや「初めて聞いたからね」
松井咲子「でも凄かった」
入山杏奈「どうですか?」
佐々木優佳里「感動しました」
入山杏奈「ありがとう」

菊地あやか「咲子なんだけど、咲子にね、ぜひフレッシュレモンになりたいの~」客w → 拍手
メンバーたち「聞きたい」
菊地あやか「それを全力でやって欲しくてね」
松井咲子「ほんとに見たいと思って言ってる?」
菊地あやか「見たいよね?皆さん」客、拍手

「全力でやって」
伊豆田莉奈「センターへどうぞ」
松井咲子「なかなか立つことないよ、ここ」
菊地あやか「咲子のフレッシュレモンまで」
メンバーたち「3・2・1」
松井咲子それでは知っている方、みんな一緒にやってください。いきます。フレッシュレモンになりたいの~♪」 → そそくさと定位置へ
鈴木まりや「なんかちょっとデカかったけど」
松井咲子「そうなんだよね」
菊地あやか「レアレア」
岩田華怜「レモンさんっていうよりタラちゃんぽかった」
松井咲子「声がね、タラちゃんっぽくなる」

入山杏奈「リクエストっていうか華怜がさっき「私15歳」って言ってたじゃないですか。みーおんより年下ってほんとかなと思って。気になっちゃって次の曲いけない」
岩田華怜「ウソつかないでしょ、そんな。ほんとですよ。みーおんの1コ下だよね」
伊豆田莉奈「みーおんちゃんが高1」
岩田華怜「中3。1コ下なんです」
伊豆田莉奈「なんか意外」
岩田華怜「まぁ見えないですよね。事実です」

伊豆田莉奈「こんな個性豊かなね、チームAメンバーたくさんいるんですけども、残り少ない横山チームAもっともっとたくさんアピールがだったらいいなと思っています。ということで、次が最後の曲になります」


◆M13.軽蔑していた愛情


# 曲終了後、メンバー捌ける


■アンコール


◆EN01.LOVE CHASE
◆EN02.制服が邪魔をする


伊豆田莉奈「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」 → 捌ける


■VTR (チームA活動映像) BGM:桜の花びらたち


◆EN03.なんて素敵な世界に生まれたのだろう


■1月度お客様生誕祭
渡辺麻友「本日はご来場本当にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

渡辺麻友「そして!今日は1月に誕生日を迎えられたファンの皆さんの生誕祭です!」客、拍手

「みんなでお祝いしましょう。1月生まれの皆さん」
みんなで「お誕生日おめでとう!」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ搬入&ロウソク火点け

渡辺麻友「では、メンバーの中にも1月生まれのメンバー、みーおん!」客、拍手
松井咲子「おめでとう、美音ちゃん」

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア 1月生まれの皆さん ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」

向井地美音 → ロウソク火を吹き消す(4フー) 客、拍手

渡辺麻友「ちなみに今日が誕生日だよっていう人いますか?」
メンバーたち「いっぱいいる」
横山由依「6人ぐらい」

「1月生まれの皆さんと今日ここでお会いできたのはね、凄く嬉しいんですけれども、あともう1つですね、皆さんにプレゼントがあります。卒業発表やと思った?」
メンバーたち「ビックリした」
横山由依「違うんですよ。この後ロビーでですね、私たちの直筆のバースデーカードをですね、お渡ししたいなと思ったんですけど、入りがすごい卒業っぽくなって。すみません。そのカードはですね、私たち全員で書いたんですけどランダムで入ってるので、誰のが当たるかわからないんですけども、お楽しみにしといてください」

「それでは最後の挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶「せ~の(バック)、せ~の(前進、お辞儀)、ありがとうございました(お辞儀)」客、拍手

メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの)

渡辺麻友「おやすみれ」

# 公演終了


■直筆バースデーカード手渡し (ロビーにて)


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】1月31日(金)「横山チームA」公演 (手書きメッセージ)

公演後の感想 → 向井地美音松井咲子

[ 配信中の公演一覧 ]

dTVチャンネル