FC2ブログ

藤田奈那 17歳の生誕祭 (2014/01/18、18時開演、チームK)

AKB48劇場 チームK ウェイティング公演 88回目

小林香菜休演 (15名公演)

■出演メンバー
チームK → 阿部マリア内田眞由美北原里英倉持明日香島田晴香鈴木紫帆里近野莉菜中田ちさと永尾まりや野澤玲奈平田梨奈藤田奈那前田亜美宮崎美穂武藤十夢

■ポジション(全体曲)
大島優子武藤十夢 → 空き

(旧)秋元才加島田晴香野澤玲奈
(旧)板野友美永尾まりや近野莉菜
(旧)松原夏海内田眞由美
(旧)仲谷明香宮崎美穂
(旧)増田有華平田梨奈


■開演
◆M00.overture
◆M01.青春ガールズ
◆M02.脳内パラダイス
◆M03.最終ベルが鳴る
◆M04.スクラップ&ビルド


■MC (自己紹介)
武藤十夢「皆さんこんばんは」
みんなで「AKB48チームKです」客、拍手

# 武藤十夢 序盤4曲紹介

本日のお題:皆さんが三日坊主で終わってしまったことがあったら教えてください

【1列目 上手側から】
前田亜美「高校3年生、18歳のあーみんこと前田亜美です。よろしくお願いします」

「私は、今日はこんな可愛らしい髪型しちゃってるんですけども、私、髪長くってですね、ほんとは。トリートメント普通するんですけど、私あんまり好きじゃなくて、リンスはするんですけど、髪も乾かさず寝るんですね。なので、三日坊主というか、続けて髪を大切にしようと思って乾かしてたんですけど、やっぱりめんどくさくてやめてしまいましたので、今日からまた再会しようとか言ってまた終わっちゃうのかなとか思います。でも頑張りますので・・・。なぁなおめでとう」

平田梨奈「あなたのハートにひらひら舞い降りちゃうぞ♪ ひらひらひらで、ひらり~♪ ありがとうございます。大島チームK、15歳のひらりーこと平田梨奈です。よろしくお願いします」

「私は宿題ですね。学校で宿題をもらう瞬間のこの絶望っていうんですか? すぐクローゼットに放り込んじゃうっていうクセがあって、絶対宿題もらってそのやろうって思う心がないんですね。なので、もらった瞬間に頑張ろうって、3日間以内にできるようになりたいです」

武藤十夢「チームKの武藤十夢です。よろしくお願いします」

「梨奈の三日坊主じゃないです、それ」
平田梨奈「三日坊主の意味わからんっちゃん」客、軽くw
武藤十夢「三日目で飽きちゃうってこと。だから最初から飽きてるのは三日坊主じゃないの」

「私は手帳なんですけど、1日に学校のスケジュールとか仕事のスケジュールとかいっぱい1日に入ってることがあるので、1時間単位でいっぱい書くやつあるじゃないですか。それを買ったんですね。つけようと思ったんですけど、1週間、5日ぐらいでもう書くのめんどくさくなっちゃって。しかもけっこう厚いじゃないですか。1週間1ページとかだから、凄い厚くて大きいし重いし、挙句の果てには持ってくのもめんどくさくなっちゃって、結局そのほとんど手帳は書かなかったので、今年はちゃんとスッキリした小さい手帳を買おうと思います」

倉持明日香「皆さんこんばんは。もっちぃこと倉持明日香です」

「私はですね、基本3日で飽きることはなくて、1ヶ月2ヶ月3ヶ月ぐらいまでは続くんですけど、唯一3日も持ったかわかんないぐらいのやつが小学2年か3年の時にやった、自ら進んでやったタニシの観察日記だったんですけど、まぁタニシ動かないから毎日同じ絵で、2日ぐらいしか持ってない気がするんですけど、なんでそれをやったのか未だに不思議です」

阿部マリア「高校3年生、18歳の阿部マリアと申します。よろしくお願いします」

「私は3日坊主かわかんないんですけれども、けっこう忘れっぽくて、3日間後ぐらいの話されてもあんまり覚えてないんですね、約束しても。だからちゃんとスケジュール帳とかにメモしないと誰かと約束してても忘れちゃうことが多いんですけど、さっきなぁなにご飯行こうって誘われて、それはスケジュール帳に書くようなことでもないから」客w

「書かないから、だから3日以内にちゃんと誘って欲しいなと思います」


【2列目 上手側から】
中田ちさと「若さだけがアイドルじゃない、大人の魅力で勝負します。ちぃちゃんこと中田ちさとです。よろしくお願いします」

「私は三日坊主ではないんですけど、小さい頃に習い事をたくさんやってたんですけど、すぐにやめてしまって。水泳とかそろばんとかピアノとかやってたんですけど、今は泳げないし、そろばんの使い方もわかんないし、ピアノに関しては中学の時にバレーボールをやってて、ボール上げる役割で、指が曲がっちゃって、もうけん盤に届かないんですよ、指が。せっかくピアノすごいいいとこまでいってたのに、何にも弾けなくなっちゃって、お母さんに「ほんとあなたにはガッカリだわ」って言われて」客w

「でも唯一AKBはこうやってずっと続けていけてるので、この仕事でちゃんとお母さんに恩返ししたいなと思いました」

近野莉菜「ミラクルミラクル? (きっとくる) ありがとうございます。二十歳の近野莉菜です。よろしくお願いします」

「私探したんですけど、自分がマメ過ぎて、ないんですよね。なんか、スケジュール帳とか5年前からきっちり毎日書いてるし、すごい几帳面なんですよ。すっごい几帳面で、人の家とかも片付けちゃうし」
北原里英「ありがとうございます、その節は」
近野莉菜「見つからないので、私は三日坊主じゃないんだなって思いました」

永尾まりや「み~んなに幸せを届けたい、ウインクキラー、永尾まりやです。よろしくお願いします」

「私はですね、三日坊主しかない。ちかちゃんと違うんですけど、スケジュール帳とかも買ってもう終わりとか、いろいろ続かないんですよね。エレキギター買って、1日で飽きちゃうとか、すごいあるんですけど。興味いっぱい、多趣味なんですけど。でも筋トレとか自分のことは凄い続いて。ギターも自分のことだ、すみません。それなんで三日坊主は今年卒業しようかなと思います」

北原里英「愛知県から来ました、北原里英、22歳です。よろしくお願いします」

「私は健康のために青汁を飲もうと決めては3日でやめ、始めては3日でやめっていうのを月1ペースで繰り返しております。ですからある程度健康だとは思います」

野澤玲奈「玲奈恥ずかしくってみんなのこと見れない。でもみんなちゃんと玲奈のこと見てね。中学3年生、野澤玲奈です。よろしくお願いします」

「私は三日坊主でもあるんですけど、自分の頭の中でやったことにして、なくしちゃうクセがあるんですよ。例えば花の水やりをやんなきゃいけないっていう風に言われてるんですけど、夕方には「あっ、もうやったんで大丈夫」って思って、やっとことにしちゃうっていうクセがあるんで、それを直していきたいと思います」


【3列目 上手側から】
内田眞由美「皆さんこんばんは。二十歳の内田眞由美です。よろしくお願いします」

「私も三日坊主になることそんなになくて。なのでお家のお掃除とかご飯とか洗濯とかも毎日けっこう続けてるので、排水溝とかの水まわりのお掃除は凄く得意です」

鈴木紫帆里「シアターを支える3本目の柱になりたい、しほりんこと鈴木紫帆里です。よろしくお願いします」

「私がどうしても三日坊主になってしまうのはノートにメモしたり、スケジュール帳もそうなんですけど、お小遣い帳っていうんですか? 何に使ったかを書くノートとかを基本的に3日で終わらせちゃうんですね。でも、今年もらったお年玉がもうないんですよ。おかしくないですか? だから、何に使ったか実感がないから、これは危ないと思って、だからちゃんとこれから書こうって決めた。だから、お小遣い帳というか、家計簿をこれから頑張って1年間、今日ぐらいから新しく買って続けられたらいいなと思います」

島田晴香「チームKの島田晴香です。よろしくお願いします」

「私はですね、通販のダイエット器具」客、軽くw

「自分が悪いんですよ、別に器具のせいにはしてません、決して。でもやっぱりああいうね、やつ見てると簡単に痩せますとか、簡単にウエストマイナス5センチとかなると、マジかと思って。お母さんもけっこう通販大好きで「買っちゃう?」みたいな感じで2人でね、はんぶんこして買ったりするんですけど、お母さんもけっこう三日坊主でですね、すぐ結果が出ないと私たち親子はすぐ器具のせいにするんですね」
内田眞由美「うちもそうだ」
島田晴香「それは別に器具のせいじゃないんですよ。ほんとに1週間2週間3週間続けてたお父さんはちゃんとウエストとかマイナス5、6センチいってたりとか、ちゃんと続けてればいいんですけど、すぐ結果が欲しいので、私は、全然続けられなくて、もう3日目も、1日目は凄いダイエットのダンスのやつとかあったじゃないですか・・・」

藤田奈那「チームKの17歳、なぁなこと藤田奈那です。よろしくお願いします」

「私の三日坊主だったことは野菜を食べれるようになりますって言って、なってないんですよ。トマトが一番苦手なんですけど、だからトマトはこの17歳になったから、今年中にね、食べれるようになろうと思うんですけど、1個褒めて欲しいことがあって。キュウリ食べれます」客、拍手

「ちょっとそれも自分的には大きな成長なので、キュウリと同じような感じで一番苦手なトマトも17歳は克服していきたいと思います」

宮崎美穂「ド・レミ・ド・ミ・ド みゃお~! ありがとうございます。二十歳のみゃおこと宮崎美穂です」

「私はですね、オシャレですね。やっぱりオシャレにして生きていかないといけないと思って、服は買うんですけど、レッスンの日だったりとか、リハーサルしかない日は基本的にジャージで行っちゃうんですよ。だからそういうのはよくないかなと思うんですけど、やっぱオシャレするとヒールのハイヒールを履いたりだとか、けっこう着るぐるしいじゃないですか。だから3日でね、やめちゃうんですけど、ちなみに私、私もトマト食べれないんですよ。二十歳になっても食べれないんですよ」
藤田奈那「じゃー一緒に克服しますか」
宮崎美穂「克服します」

島田晴香「チームK公演、以上のメンバーでお送り致します。続いてはメンバーの新たな一面が見れるユニットの登場です。どうぞ」客、拍手


◆M05.誘惑のガーター (前田亜美阿部マリア倉持明日香)
◆M06.星の温度 (平田梨奈)
◆M07.キャンディー (中田ちさと永尾まりや野澤玲奈)
◆M08.初めてのジェリービーンズ (武藤十夢北原里英阿部マリア)
◆M09.ヒグラシノコイ (内田眞由美近野莉菜)
◆M10.エンドロール (宮崎美穂島田晴香藤田奈那鈴木紫帆里)


■MC
野澤玲奈倉持明日香前田亜美永尾まりや中田ちさと平田梨奈

平田梨奈ストレスの解消方法

中田ちさと「ストレス溜まんなそう、まりやぎって」
永尾まりや「ストレスあんまり溜まんないですけどね。解消方法は人と喋るとか。でも私ゲーム好きだからゲームずっとやってる」
前田亜美「雑誌とかずっと読んでそう」
永尾まりや「雑誌見ながらゲームやってる」

前田亜美「音楽を聴きながら泣く。楽しい曲でも泣くよ」
倉持明日香「何を考えながら泣くの?」
前田亜美「なんだろう。うーって」
永尾まりや「泣き方じゃない。どうやって泣くのって」
前田亜美「泣くとスッキリするから」
中田ちさと「悲しいことがあったとかじゃなくても」
前田亜美「なくても、泣いて、スッキリさせる」
倉持明日香「泣くのはいいって言うもんね、ストレス解消にいいって」
前田亜美「お風呂とかで泣くと、シャワーとかで汗とかも出てくるし、それに一緒に涙を流したいっていうのがあって」
中田ちさと「いい。やるわ、今日それ」
平田梨奈「ちさとさんこのMC凄い心に行ってますね」
永尾まりや「ちぃさんストレス溜まってるんですか?」客、軽くw
倉持明日香「ちぃちゃん、うちら相談に乗るから」
中田ちさと「珍しく食いついちゃった。参考にさせてもらいます」
前田亜美「悲しくなくてもできる」
中田ちさと「なるほどね。なんかありがとう」

野澤玲奈「私はとにかく一瞬で家出します」
前田亜美「わかる。一緒だね、気持ちわかる。私もよく家出してる」
中田ちさと「ちょっとお母さんとケンカしてってこと?」
前田亜美「とか、家ヤダと思って」
野澤玲奈「勉強しろって言われて嫌だって。そしたら家出して、1時間ぐらいで戻ってくる」客、軽くw
倉持明日香「家出じゃないよね、お散歩お散歩」
野澤玲奈「でも気持ちは家出してやる、なんですよ。自分の中では家出してやるって思うんですけど、だんだん時間経っていくうちにこの先どうしようと思って、1時間ぐらいで。お腹空いたり」
倉持明日香「プチ家出可愛すぎる」

「私はMAXにストレスを溜まったなって自分で感じたらパンをひたすら作り続ける。急に私が「みんなパン食べて」って作ってきたら「あっ、ストレス溜まってたんだ」って思って」
永尾まりや「あのさ、たまにありません?」
倉持明日香「パンを普通に作りたい時もあるんですよ。明日メンバーに持って行こうっていう時もあるけど、夜中に作り始めてる時は基本ストレス溜まってるなっていう時なんで、皆さん気づいてください。もしそういうの気づいたら気づいてください。パン作ってると心が落ち着く」
前田亜美「練るし、そこにウッて力入れるから」
倉持明日香「そこに物凄い愛情を込められるから、パンに。美味しいパンが作れて」
中田ちさと「それもいいかもね」

平田梨奈「私は食べ物じゃないんですけど、昨日自分のお母さんから自分で「あっ」って思ったことなんですけど、私、ストレス溜まってると絵を描くらしいんですよ。自分では気づいてないんですけど、お母さんがイライラしてる時はずっと絵描いてない?って言われて、昨日。昨日たまたま絵描いてて、私何にイライラしてたんだろうと思って、考えてたんですよ。そしたら、冬休みの宿題を1つ忘れたっていうね、ことに。やり忘れてて、その日先生に言われたんです、「提出してないですよ」って。たぶんそれでストレス溜まって絵を描き始めたんだと思います。先生に怒られるの凄い嫌なんです」
永尾まりや「それはひらりーが悪い」
中田ちさと「無意識に描いちゃうんだ、絵を」
平田梨奈「そうなんですよ」
前田亜美「絵が出ない?気持ちが。前にぐぐたすに絵を出したことがあって」客、軽くw

「とっても話題になっちゃって。私、別に、ふとカビを描いたのよ。カビです、みたいな感じで載せたら」
中田ちさと「なんでそれを描こうと思ったの?」
前田亜美「わかんない、わかんない。ただ描いてみたくて。黒い物体みたいな描いてみたの。そしたら「あーみん大丈夫?」みたいなコメントがいっぱいきたから」
倉持明日香「そりゃそうでしょうよ」
前田亜美「別にカビだから大丈夫って言ったんですけど」
倉持明日香「それなんかの内側から出てきそうですよね」
前田亜美「なのかな。別に特にないんだけどさ。ひらりーも真似しないでね、こんな」
平田梨奈「ハイ、気をつけます」
倉持明日香「みんなストレス溜まってんなと思ったらカビの絵を描き始めたら、ちょっと大変だなっていうのをね」
永尾まりや「ちぃさん参考になりましたか?」
中田ちさと「私はシャワー浴びますから、今日」客、軽くw

# 他のメンバーたち入場

倉持明日香「ここからは大島チームKそして48グループをお楽しみください」


◆M11.ただいま 恋愛中
◆M12.ALIVE
◆M13.オネストマン
◆M14.走れ!ペンギン
◆M15.姉妹グループメドレー
(1) 孤独なランナー ※ソロダンス:藤田奈那
(2) 強き者よ
(3) 絶滅黒髪少女
◆M16.転がる石になれ


■MC
◆前半:阿部マリア野澤玲奈倉持明日香島田晴香武藤十夢永尾まりや内田眞由美

島田晴香「やはり今日はあの方のめでたい日なので、藤田奈那ちゃんのお話をたっぷりしたいと思います」

「同期の阿部はどうですか?」
阿部マリア「直して欲しいところがいっぱいある。まずくっつき過ぎ。私が普通にメイクして、椅子に座ってるのに私の膝の上でメイクし始めたりするんですよ」
島田晴香「可愛いやん」
阿部マリア「島田さんも嫌だし」客、軽くw
島田晴香「別に私が阿部の上でメイクするってわけじゃないから。そしたら阿部さんの足が心配になっちゃう」
倉持明日香「それを直して欲しいと」
島田晴香「十夢、たまにこっちの足乗ってるよね」
武藤十夢「乗ってないですよ」客w
内田眞由美「拒否されてんじゃん」
島田晴香「なんでそうやって照れ隠しするの?」
内田眞由美「今、島田のコーナーじゃない」

「なぁなは凄くかっこいいなって思います。今日もリハーサルとかで鏡向いてやってる時とかも見とれてしまう、ダンスとか」
阿部マリア → 挙手
倉持明日香「阿部さん、きた?」
阿部マリア「きた。なぁなのエンドロール、マジかっこいい」客、拍手

「今日リハーサルを初めて見たんですけど」客、軽くw
島田晴香「曲順で違うからね」
阿部マリア「初めて見たんですけど、凄く、前はガツガツ踊ってる感じのイメージがあったんですけど、凄くなめらかさとキレと凄く完璧でした」客、拍手
内田眞由美「噂でどこかのダンスの先生がお客さんとして見にきてくれた時に、なぁなのことを「ダンスの人?」くらい凄くダンスが上手だったんですよ」

倉持明日香「なぁなはすっごい子供どうやってて、私は。めっちゃ子供だと思って接してるんですけど、字がめっちゃキレイなんですよ」
武藤十夢「めっちゃ達筆ですよね」
倉持明日香「それで、物凄いギャップで、めっちゃキュンってして。字キレイな人って凄い良いじゃないですか、女性でも男性でも。まだ若いのに、そんな字達筆なの?っていうぐらい凄い字キレイで」
島田晴香「ちなみに島田も達筆ですよ」
武藤十夢「そういうのいいです」客w
島田晴香「成長したね、十夢。つっこみ持ってたよ。初めてつっこみしてくれたよ、島田に。もうお母さん嬉しいよ」

武藤十夢「第一印象の話をしますと、めっちゃ怖かったんですよ、最初なぁなさん。今凄い仲いいからこそ言えるんですけど、私12期で、なぁな10期さんで、初めて入った時にユニットが一緒で、「シアターの女神」公演のロッカールームボーイをなぁなさんに教えてもらうってなったんですよ。でも、私たちまったくできなくて、なぁなさん踊り上手いから、すっごい怖くて。なんでこんなのできないの?みたいな感じの目で見てくるんですよ。それが凄い怖かった」
島田晴香「なぁな、こうやって十夢が言ってますけどどうですか?」
倉持明日香「実際どう思ってたんですか?」

# 後半チーム入場 / メンバーチェンジ

◆後半:鈴木紫帆里中田ちさと平田梨奈北原里英宮崎美穂前田亜美藤田奈那近野莉菜

藤田奈那「できな過ぎてビックリした」客w
北原里英「なぁな、ロッカールームボーイやってたの?」
藤田奈那「やってましたよ」
北原里英「じゃー一緒にやってたはずだよね」
近野莉菜「誰のところだったの?」
藤田奈那「小林さん」
北原里英「私、「シアターの女神」そんな出てなかったよね・・・出てたね」

なぁなちゃんについて

平田梨奈「私たっくさんあります。でも、どうしてもこれが言いたいんです。あの、オネストマンと言う曲があるじゃないですか。で、サイドステップをやるんですけど、研究生の時、私の目の前か覚えてないんですけど、なぁなさんとしほりんさんとかそうなんですよ。でもサイドステップがサイドステップじゃなくて、サイドスキップみたいな。跳んでるんですよ」
藤田奈那「研究生の時さ、しほりんと張り合って」
鈴木紫帆里「ずーっと横で張り合ってたんですよ。たぶん知ってる方もいるかと思うんですけど」
藤田奈那「サイドステップをどっちが幅広くいけるかみたいな」
宮崎美穂「見たいなー」客、拍手
藤田奈那「一緒にやろうよ」
鈴木紫帆里「なんで?」客、拍手
中田ちさと「思い出して、あの時を。張り合って」

鈴木紫帆里藤田奈那 → サイドステップ披露

藤田奈那「1回さ、島田さんに邪魔って言われたことある。だからもうやめたよね、あれは」
平田梨奈「なぁなさんは前のスキップはできないけど横のスキップはできるっていうね」
藤田奈那「もうできるんですよ」客「おー」

→ スキップ披露
メンバーたち「えー?」「できてないよ」
藤田奈那「練習してきますね、また」
近野莉菜「AKBってスキップできない人多い」
鈴木紫帆里「総監督も」
宮崎美穂「私なんていつも歩くのがスキップだもん。普通に歩いたことない、あんまり。いつもハッピー」

北原里英「共感してもらえるかわかんないんですけど、ずっと思ってたことがあって。なぁなって、声が綾瀬はるかさんに似てません? 声が綾瀬はるかさんに似てるから顔もそう見えてきたんだ、声から」

「八重の桜って言って」
藤田奈那「八重の桜」
宮崎美穂「わかるわかる、八重の桜ちょっとわかる」
北原里英「日曜日にやってた凄い数字取ったやつ、TBSの、9時からやってたやつ」客「ジン」

「短かった。でも誰も反応してないってことは誰も思ったことないのかな」
平田梨奈「でも顔は壇蜜さんに似てる」
北原里英「今度から意識して聞いてみてください」
宮崎美穂「喋り方は違うけど声が似てるよね」

前田亜美「次の曲が最後の曲になります」


◆M17.夕陽マリー


■アンコール
有志の方「本日は12月28日に17歳の誕生日を迎えたなぁなこと藤田奈那さんの生誕祭です」客、拍手

「なぁな、お誕生日おめでとう」客「おめでとう」

「ロビーの皆さん、オンデマの皆さん、そして場内の皆さん、盛り上がってますか?」客「イェー!」

「チームK好きですか?」客「イェー!」

「なぁなのことは ですか?」客「大好き」

「ありがとうございます。チームKとなぁなの活躍を祈って、アンコールはなぁなコールでお願いします。死ぬ気で叫べ、死なないから」客、拍手


「なぁな」コール


◆EN01.ヘビーローテーション
◆EN02.ファースト・ラビット


■MC
倉持明日香「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

倉持明日香「ヘビーローテーション、ファースト・ラビット 2曲聴いていただきました。本日の公演も皆さんの温かい声援に包まれながら、終わりに近づいています。ここで今日の公演の御礼と感想をメンバーを代表して1人から言わせてください。今日は、あべま」

阿部マリア「今日はですね、私の同期のなぁなさんの日なのに、私がユニットを2つも出演して、なんだか横取りしたみたいな気分で罪悪感があるのですが。大丈夫ですか? じゃいっか。ということで今日はなんだか凄くファンの皆さんも一緒に公演を作ってくださってるという感じがしましてですね、凄く私たちも楽しくて、ほんとに楽しかったです。こういう言い慣れてないことを言うとですね、全然言えないものでして、慣れないことは置いといて、楽しかったです。ありがとうございました」客、拍手

倉持明日香「あべまが言ってたように、ほんとに今日の公演は皆さんと一緒に作り上げた公演だったんじゃないかなって思ってます。ほんとにこのステージからファンの皆さんの顔を見ていたら、1曲目から一緒に歌ったり、一緒に振りをやってくださってる方が凄くたくさんいらして、私たちの目にそれが見えて、ほんとに自然と笑顔になってしまうような、そんな公演でした。本当に皆さんと一緒にこの2時間過ごせて楽しかったです。またぜひチームK公演に足を運んでください。本当にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」

倉持明日香「それでは本当に最後の曲です。皆さんも今日1日の出来事を思い浮かべながら聴いてください」


◆EN03.To be continued.


藤田奈那 生誕祭
永尾まりや「本日はご来場誠にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 永尾まりや ハイタッチ案内

「それでは最後の挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶「せ~の(バック)、せ~の(前進)」
鈴木紫帆里「ちょっと待った!」客、拍手

「わーすごい緊張するね、これ。ということで今日は12月28日に17歳のお誕生日を迎えた藤田奈那ちゃんの生誕祭です」客、拍手

「せ~の」
メンバーたち「なぁな、お誕生日おめでとう」

# BGM → 涙サプライズ!

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア なぁな ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」

藤田奈那 → ロウソク火を吹き消す(1フー) 直後に特効発射(客、拍手)

鈴木紫帆里「あるメンバーから手紙を預かっています」
藤田奈那「十夢が読むの?」客、軽くw

武藤十夢「こんばんは、皆さん、なぁなさん。

なぁなさん、お誕生日おめでとうございます。誰からのお手紙でしょう」
藤田奈那「わかんないです」客w
武藤十夢「そう、古畑奈和です」客「おー」

「なぁなさんにお手紙書くって約束したの覚えてましたか?

私はいつもなぁなさんに助けられてきました。最初に話しかけてくれたのも、仲良くなったのも、ご飯を食べたのも、大笑いしたのも、全部全部なぁなさんです。

なんでなぁなさんって、こんなにも優しいんだろうって思います。「ふるちゃんはチームKなんだから」って言葉が今でも嬉しくて嬉しくて、チームKにいてもいいんだってホッとしました。

私ね、本当に大好きなんですよ。周りのことをしっかりと見ていて、考え方が誰よりも大人で、いつも楽しませてくれて、なぁなさんのおかげでチームKに馴染めました。1人じゃありません。

今はもう引っ張る立場できっとチームのために色々考えて大変ですよね。でも絶対に周りの人が助けてくれるし、なぁなさんが私を助けてくれたみたいに私も助けたいって思っています。

いつでも手は差し伸べているのでピンチになる前に手を握ってくださいね。頼りないかもしれないけど側にいることは出来ますから。

なぁなさんが笑ってくれるの嬉しいから、これからもいっぱい笑いながら踊るし全力なダンスもします。これからのチームK、私もどうなるかわからないけどチームKも大好きだから、一緒にいろんな試練を乗り越えてキラキラ輝くチームになりたいです。その時は一緒にブサイクな笑顔になるくらい笑いましょうね。ねぇ、なぁなさん。

なぁなさん、本当に本当に大好き。

聞いてくださった皆さん、お手紙を呼んでくださったメンバーさん、ありがとうございました」客、軽くw

「なぁなさんにとって素敵な1年になりますように。古畑奈和でした。」

鈴木紫帆里「ということで、今日は出演できなかったチームK、SKE48兼任の古畑奈和ちゃんからの手紙です。大事に持って帰ってください」
藤田奈那「ふるちゃんさ、昨日さ「明日出ないの?」って言ったら「出れない」って言って、「手紙書くの?」って冗談で言ったら「えっ?なんで?」みたいな、書かないようなこと言われたから、嬉しい。ないと思った」
鈴木紫帆里「でもちゃんと奈和ちゃんはなぁなのこと大好きだし、こうやって手紙を書いてくれました」
藤田奈那「嬉しいです、ありがとうございます」客、拍手

鈴木紫帆里「17歳になったということで、17歳の1年の抱負とか目標とかあったらファンの皆様に」
藤田奈那「16歳の1年は正直、なんて言ったらいいかわかんないんですけど、全然結果が残せなかった1年だなって思ってて。悔しい思いをしたことが多かったんですけど、でもそれは私を応援してくださってる皆さんも同じように悔しい思いとか辛い思いがたくさんさせてしまったと思うし、ほんとに申し訳ないなって気持ちでいっぱいだったんですけど、でも辛い時とかにほんとに支えになってたのはファンの皆さんで、握手会とかお手紙とかGoogle+のコメントとか、あと公演のコールだったりほんとに嬉しくて。皆さんの顔を見るとほんとに嫌なことが全部忘れるくらいほんとに幸せで、応援してもらえて嬉しいなって凄く感じる1年でした。

17歳は、やっぱり悔しい思いをたくさん一緒にした1年だったと思うので、17歳ではもっとファンの人の笑顔をたくさん見れる1年にしたいなって凄く思ってて。いつもファンの皆さんが焦らなくていいよとか、自分のペースでいいんだよって言ってくれるんですけど、でも私はもっともっと前に進みたいし、上に行きたいし、自分の目標ももっと叶えていきたいので、17歳は結果も残せるようにファンの皆さんと一緒にたくさん笑い合える嬉しいこととか楽しいことのほうがいっぱい分かち合えるような1年にしたいなって思います」客、拍手

鈴木紫帆里「今、ファンの皆様の笑顔が見たいっていうのをなぁなが言ってたけど、今日のなぁなのこの生誕祭を開いてくださったファンの皆様にエンドロールで赤いサイリウムを振ってくださったり、To be continued.でみんな緑のサイリウムをこうやって振ってくださったり、開いてくださったファンの皆様にひと言お願いします」
藤田奈那「皆さん今日は本当にありがとうございました。なんか、たくさんコールしてもらったり、いつもよりたくさんの人と目が合ったりする度に何度も泣きそうになってたんですけど、私、思ったんですけど、こんだけたくさんの、48グループってほんとにたくさんのメンバーがいるじゃないですか。でもその中で皆さんがAKBのファンになってくれて、チームKのファンになってくれて、その中で私のファンになってくれてっていうのが凄い確率で、ほんとに奇跡みたいなことだなって最近凄く思って。可愛いメンバーもダンス上手いメンバーもいっぱいいるけど、その中でも私を推しメンだよって言ってくださる皆さんのことが本当に大好きで、いつもほんとに、辛いことがあると皆さんの顔が浮かんでくるぐらいほんとに感謝してるし、普段あんまり照れる性格なので言わないんですけど、ほんとに大好きです。

やっぱりさっきも言ったように、私は皆さんの笑顔たくさん見たいので、私が今一番目標にしている舞台に出るっていう目標を今年は絶対叶えます」客、拍手

「ありがとうございます。なので、皆さん、これからも応援よろしくお願いします。もちろん私の応援もよろしくお願いしますですけど、チームKも、卒業生もいますけど、みんな絆も深まってほんとにこれからもっともっと頑張っていくので、チームKの応援と私、藤田奈那の応援よろしくお願いします。今日はほんとに、幸せ過ぎる日でした。ありがとうございました」客、拍手

鈴木紫帆里「なぁなから「チームKの応援もよろしくお願いします」という言葉が出ると思わなくて凄い嬉しくって。研究生の頃はそれこそ「しほりん」とか言って、ずっとなぁなが甘えてくれてたんだけど、チームKになって、後輩メンバー、ひらりーとか奈和ちゃんとか兼任のメンバーも増えて、なぁなを慕ってくるメンバーがどんどん増えて、お姉さんらしくなってきた気がします。これ言うと調子乗っちゃうかなと思うんだけど、でもやっぱり大人になって、お姉ちゃんになっていってるなっていうのを思いました」
藤田奈那「頑張ります17歳。頑張りましょうね、17歳」客、拍手
平田梨奈「おー!」
藤田奈那「ほんとにありがとうございました、幸せでした」

# 手繋ぎ挨拶(1回目の掛け声:藤田奈那)「せ~の(バック)、せ~の(前進、お辞儀)、ありがとうございました(お辞儀)」客、拍手

メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの)

# 公演終了


■ハイタッチお見送り (ロビーにて)


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】1月18日(土)「大島チームK」18:00公演

公演後の感想 → 鈴木紫帆里藤田奈那(武藤十夢平田梨奈)

[ 配信中の公演一覧 ]

dTVチャンネルにて AKB48全国ツアー 見逃し配信中 new2.gif
dTVチャンネル
チーム4千秋楽(1/20まで)、 チームB千秋楽(1/21まで)、 チームK千秋楽(1/22まで)、 チームA千秋楽(1/23まで)