安陪恭加 HKT48劇場最終公演 (2013/12/30、HKT48ひまわり組)

HKT48劇場 HKT48ひまわり組「パジャマドライブ」公演 22回目

12時30分開演 / 14時30分終演

■出演メンバー
穴井千尋植木南央田中菜津美松岡菜摘本村碧唯森保まどか若田部遥秋吉優花安陪恭加伊藤来笑今田美奈岩花詩乃上野遥岡田栞奈谷真理佳渕上舞

バックダンサー → 村重杏奈兒玉遥深川舞子熊沢世莉奈宮脇咲良下野由貴



■ポジション
出演メンバー → 全体曲オリジナル/ユニット曲オリジナル
※カッコ内は2013年10月27日、AKB48「パジャマドライブ」公演千秋楽メンバー

穴井千尋 → 佐伯美香(内山奈月) / 松岡由紀(村山彩希)
植木南央片山陽加(相笠萌) / 仲谷明香(岩立沙穂)
田中菜津美浦野一美(前田美月) / 浦野一美(前田美月)
松岡菜摘 → 米沢瑠美(茂木忍) / 柏木由紀(岡田奈々)
本村碧唯 → 松岡由紀(村山彩希) / 仲川遥香(北澤早紀)
森保まどか仲川遥香(北澤早紀) / 佐伯美香(内山奈月)
若田部遥渡辺麻友(西野未姫) / 米沢瑠美(茂木忍)
秋吉優花仲谷明香(岩立沙穂) / 野口玲菜(篠崎彩奈)
安陪恭加平嶋夏海(梅田綾乃) / 片山陽加(相笠萌)
伊藤来笑 → 早乙女美樹(橋本耀) / 早乙女美樹(橋本耀)
今田美奈田名部生来(岡田彩花) / 田名部生来(岡田彩花)
岩花詩乃多田愛佳(小嶋真子) / 多田愛佳(小嶋真子)
上野遥柏木由紀(岡田奈々) / 渡辺麻友(西野未姫)
岡田栞奈菊地あやか(峯岸みなみ) / 菊地あやか(峯岸みなみ)
谷真理佳 → 野口玲菜(篠崎彩奈) / 平嶋夏海(梅田綾乃)
渕上舞 → 井上奈瑠(高島祐利奈) / 井上奈瑠(高島祐利奈)


■抽選前に
有志の方より企画について説明。

「夢に向かって旅立って行く安陪恭加さんにエールを送るために企画を用意しました・・・」

アンコールの「きょうか」「ありがとう」コールを2回練習

最後に「最終公演です。みなさん全員で盛り上げていただけるとありがたいです」


■開演前の陰アナ
穴井千尋「みなさんこんにちは!」客「こんにちは」

「今日は今年最後の公演でもあります。安陪ちゃんの最後の公演をみなさん一緒に笑顔で送り出しましょう。そしてみなさん、安陪ちゃんのキラキラした笑顔を目に焼き付けてください。みなさん、盛り上がる準備できてますか?」客、拍手

「ありがとうございます、もう少しお待ちください。以上、穴井千尋でした」


■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.初日
安陪恭加「1期生としてHKT48に入って、みんなに出会えて幸せでした。いつものいきます。H!」
みんなで「1人じゃない、みんながおるけん」
安陪恭加「K!」
みんなで「心を1つに」
安陪恭加「T!」
みんなで「楽しみながら正確に。みんな大好きありがとう」
安陪恭加「うちらは」
みんなで「HKT48!」
◆M02.必殺テレポート (じゃんけん勝者:穴井千尋)
◆M03.ご機嫌ななめなマーメード
◆M04.2人乗りの自転車


■MC (自己紹介)
松岡菜摘「みなさん、こんにちは」
みんなで「HKT48です」客、拍手

松岡菜摘「私たちHKT48ひまわり組「パジャマドライブ」公演が始まりました。みなさん楽しんでますか!?」客「イェー!」

# 松岡菜摘 序盤4曲紹介

本日のお題:今年最後に言いたいこと

【1列目 下手側から】
秋吉優花「もうあべっこりーさんになりました。博多に咲く優しい花になりたい、みかんが大好きなゆかちゃんこと秋吉優花です」

「私が言いたいことは私が食べる食べ物はみかんだけじゃないんだよということです」客、軽くw

「なんか、いっつもGoogle+とかで違う食べ物を載せた時に「なんでみかんじゃないの?」と言う人が多いんですけど、でも私は人間なので、生きていく上にはみかん以外のものも食べているということをちゃんと覚えといてください」

岩花詩乃「みんなのハートのしのっちオン♪ 福岡県出身、中学2年生の13歳、ワンちゃんが大好きなしのこと岩花詩乃です」

「私は言い残したことというかやり残したことなんですけど、私と秋吉優花ちゃんでGoogle+の企画なんですけど、トントンプニっていう動画があるんですけど、忘れられてる感じなんですけど、ほんとはそれを今年中に上げるってMCで言ったんですけど、なかなか2人とも会う時も少なくて。今日も会えたんですけど、ちょっと時間がなくて撮れなかったんですよ。でも2人とも撮る気はあるんですけど、ちょっと時間がなくて、撮れないんですよね」
秋吉優花「でもやっぱり時間を言い訳にして逃げるっていうのは」客w
松岡菜摘「なんか来た」
秋吉優花「人生も時間あっという間に過ぎてしまうものだと思うので、だから早く撮ろう」
岩花詩乃「優花ちゃんから言われたから早く撮ります。来年には必ず載せるので見てください」

松岡菜摘「ホルモンが~ (食べたーい!) ホルモンが大好きななつこと松岡菜摘です」

「私はですね、こんな最後の日に言うのもあれなんですけど、安陪ちゃんに言いたいことがあって。私、ブロッコリー食べれないんですよ」
安陪恭加「なんで? なんで?」松岡に迫る
松岡菜摘「ブロッコリーがあんまりじゃない、ちょっと苦手なんですけどどうしたらいい?」
安陪恭加「天ぷらも?」
松岡菜摘「天ぷらにしたことない」
安陪恭加「天ぷらにしたらね、めっちゃ美味しいとって、うふふふ」
松岡菜摘「食べられるようになったら連絡するってことでいいですか?」
安陪恭加「おねげーするっす」

植木南央「み~んなを笑顔にしちゃうけん。片っぽえくぼがチャームポイントの16歳、なおこと植木南央です」

「ありがとうえき、ありがとうえき。あのですね、南央が今年中に言いたいことは、南央の好きな『きょうか』は安陪恭加です」客、おー&拍手

「あっ、座布団5枚持ってきて。ありがとうえき。あとですね、今年中に言いたいのは、2013年もありがとうえき。2014年もよろしくおねげーするっすです。今日は1日おねげーするっす」

岡田栞奈「みーんなに幸せを届ける 青い鳥になりたい。どこにおってもあなたのところに飛んでくけん。福岡県出身、16歳、おかぱんこと岡田栞奈です」

「私が今年言い残したことは、言い残したことっていうか、ちょっとやり残したことなんですけど。あの、Google+で私、去年の大晦日に13回更新というのをやったんですよ。で、その後に今年も大晦日恒例として、24回更新をやるって言ってたんですよ。だけど、昨日冨吉に39回更新されちゃって、これはヤバイぞと。岡田考えました。HKT48魂を見せつけるということで48回更新にチャレンジしたいと思います!」
植木南央「座布団48枚あげる」
岡田栞奈「いらないです。朝の5時からちょうど日付が変わる1月1日の0時00分までに48回やるんで、みなさんぜひ大晦日ってやっぱ忙しいと思うんですけど、暇じゃなくても1回だけはコメントよろしくお願いします」
松岡菜摘「みんなしよう、ここにいる子」
メンバーたち「します」
岡田栞奈「待ってます」
植木南央「OK牧場」客、軽くw
岡田栞奈「(マイクを外し)ハイ、今日は1日よろしくお願いします!」


【2列目 下手側から】
渕上舞「今日のお天気は私にお任せ! ピーマンの天ぷらが大好きな舞ちゃんこと渕上舞です」

「私が今年やり残したことなんですけど、あべっこりーさんと天ぷら屋さんに行くことなんですよ」
安陪恭加「そうなんですよねー」
渕上舞「約束しましたよね。でもまだ今年行けてないので、私いつでも待ってます」
安陪恭加「恭加もいつでも飛んでくるよ」
渕上舞「でも私ブロッコリーの天ぷら食べたことないんですよ」
安陪恭加「でも天ぷら屋さんにもないよねー」
渕上舞「だから、その行く時はブロッコリーを持参して、お店の人に「はい」って渡そうかなって思ってます。お願いします」
安陪恭加「おねげーするっす」

谷真理佳「福岡県出身、17歳、いつでも!」
本村碧唯「どこでも!」
谷真理佳「あー」
安陪恭加「あなたを!」客「おー」
谷真理佳「ブロッコリーにさせちゃいます! チャームポイントは、せ~の、ヘリウム声~の真理佳こと谷真理佳です」

「ありがと真理佳、ありがと真理佳。谷真理佳ちゃんが言い残したことは本当にたくさんあるんですよ。けど、言い残したこともう1つありまして。実はみなさんにもたくさん心配かけたと思うんですけど、谷真理佳、今右手が猫ちゃんに引っ掛かれちゃって、(右腕に)引っ掻き傷があるんですよ。それで、みなさまからたくさん「手どうしたの?」とかたくさん言われたんですよ。今猫ちゃん、まーちゃん、さんちゃんっていう猫ちゃん飼ってまして」
本村碧唯「ネーミングセンスわるっ」
谷真理佳「ちょっと! 谷がつけたんですよ。それで、ケンカを止めたらガって引っ掻かれちゃったんですよ。なので、私、キュートで繊細なガラスのハートのもち、、ぬしみたいな真理佳ちゃんですが」
若田部遥「なんで噛んだの?」客、軽くw
谷真理佳「今自分でいっぱいいっぱいで。なので、心配かけて、ごめんな真理佳なさい!。。」客、ひゅ~
本村碧唯「そんなに心配してないみたい」
谷真理佳「ちょっと。それと、谷真理佳ちゃんがかわい過ぎて、ごめんな真理佳なさい!(一回転)」

上野遥「私が今から「いつでもどこでもみんなの食べ物は」と言うので、ブロッコリーって言ってください、お願いします」

「いつでもどこでもみーんなの食べ物季節は? (ブロッコリー!) ありがとうございます。14歳のはるたんこと上野遥です」

「私はやり残したことなんですけど、去年も言っていた雪だるまを作って、それを凍らせて、それを叩くっていうやつなんですけど。私がやりたいことなんですよ。等身大の雪だるまを作って、それを凍らせて」
若田部遥「どうやって凍らすの?」
上野遥「北極に持って行く。で、凍らせるんですけど、今年まだ雪全然積もってないじゃないですか、福岡は。なので1月ぐらいに明けたら積もるかなと思うので、私143センチなんですよ。ちっちゃいですか? 安陪さんに比べたらたぶんちっちゃい」
安陪恭加「ねー」
上野遥「なので、できれば安陪さんぐらいの雪だるまも作って、凍らせて、割りたい・・・割っちゃダメだ。ずっと作っておきたいです」

安陪恭加「あべ! あべ! あべっこりー! すごい! 好きな食べ物はブロッコリーの天ぷら。きょうかこと安陪恭加です」
若田部遥「(女性席を見て)かわいい。写真撮りたい」
安陪恭加「私の言いたいことは、私そんなにブロッコリー好きじゃないぞってことなんですけど」
メンバーたち「えー!?」「ウソでしょ?」
安陪恭加「ブロッコリーの天ぷらはすっごい大好きなんですよ。マヨネーズとか塩とか付けて食べたらすごい美味しいし、天ぷらはすごい大好きなんです。でも普通の茹でただけのブロッコリーは茎は美味しいかなと思うんですけど、そこまで好きじゃないんですね」
田中菜津美「そういう人いるよね。とうもろこし食べれるのにコーンは無理みたいな。コーンってとうもろこし取っただけなのにね」
安陪恭加「でも、メンバーに言ったら「キャラなの?」って。「今までブロッコリー好きって言ったのはキャラなの?」って言われたので、ビジネスでもなんでもなくて、私はブロッコリーの天ぷらが大好きっていうことです。覚えてくれたらうれピーマンです」

穴井千尋「HKT48チームHキャプテンのちひろんこと穴井千尋です」

「私はですね、ファンのみなさんにありがとうございますなんですけど。最初は、入ったばっかりの時はしっかりして見えたとすごく言われるんです。してたんです。なのに周りからぽんこつとかそういうこと言われ出して、私そうなのかな?ってちょっと思ってしまって。いろいろぐぐたすとかでいろいろ間違えの変な動画とか載せちゃったりとか、間違って10万人とか1万人とかよくわかんないことを載せたりちょっとやらかしちゃったんですけども、それをいつもファンのみなさんは温かく「ちいちゃんそれ違ってるよ」と優しくつっこんでくれるので、すごい私は助かってました、ほんとにありがとうございます。今日ちょっとですね、安陪ちゃんの顔を見ると泣きそうなので、見れないんですけど」
安陪恭加 → 穴井の顔を覗きに迫る
穴井千尋「やめて。ですけども、今日はファンのみなさんもたくさん見たいんですけど、今日はちょっとだけ安陪ちゃんを見るのを許してください」

本村碧唯「福岡を信号で表すけん、みなさんも一緒に言ってみてください。お願いします。赤は明太子、黄色はとんこつラーメン、青はやっぱり? あおい! ありがとうございます。福岡県出身、16歳のあおいたんこと本村碧唯です」

「みんながブロッコリーブロッコリーってキャッチフレーズに加えてるの見てやりたくなっちゃったので、ちょっとやりたいなと思ったんだけど、難しいかな? ちょっと考えたんですよ、今この短時間で。天ぷらが好きって言ったら「ブロッコリーの天ぷら」って言って」

「赤は赤ブロッコリーの天ぷら、黄色は黄色ブロッコリーの天ぷら、青はやっぱり? (ブロッコリーの天ぷら!) どう? 青ブロッコリーの天ぷら! あれっ?」
メンバーたち「かわいい」
若田部遥「あおいちゃん頭悪いのかな?」
本村碧唯「違う! やりたかっただけです」


【3列目 下手側から】
伊藤来笑「カムスマイル♪ カムスマイル♪ ライライラー! ありがとうございます。愛媛県出身、15歳、今日もみ~んなにカムスマイル♪ らいらこと伊藤来笑です」

「私が言いたいことは先輩方なんですけど。いつも公演一緒に出させていただいたりしてる時に、毒を吐いてごめんなさいって言いたいんですけど、私ボスのことをボスブスボスって言って、ちょっとブスって言ってみたりとか、村重さんにバカって言ったりしたことがあって、裏では「おもしろいからいいよ」って優しいから言ってくださるんですけど、やっぱり申し訳ないので、来年からは先輩たちに頼らなくても笑いを取れるようにがんばりたいと思います」

森保まどか「あなたの心を惑わせたい、博多のミステリアスガール、16歳のまどかこと森保まどかです」

「私はですね、今年は「訊けた」っていうのを言いたいなと思って。今年の最初に目標を立てて。聞くっていう目標を立てたんですよ。初対面の人とかあまり慣れてない人と喋る時に、けっこう猫被ってしまうクセがあるので、メールアドレスを訊いて、もっと親しくなりたいみたいなことを言ったんですけど、今年すごいけっこう達成できて、数えてはないんですけど達成できたんですよ、自分の中で」客、拍手

「ありがとうございます。だから来年からもたくさんの人と仲良くなれるようにがんばりたいと思います」

若田部遥「いきますよ。食べ 食べ 食べっこりー! 好きな食べ物はエピの天ぷら。普通でごめんなさい。わかちゃんこと若田部遥です」

「ありがとうございます。すみません、無茶振り。あのですね、恭加に食べっこりーって言われるから引き継いだみたいな。ということで、私が言いたいことは、私、なかなか泣く人なんですよ。涙もろいんです。だから、今日も円陣の時と初日と「2人乗りの自転車」でもう既に3回泣いてるんですよ、私。武道館のHKT48単独のメイキングもなんか若田部の泣き顔から始まったりして、なかなか泣く人だから、じめじめしてヤだな、ウザイなとか思われるかもしれないんですけど、今日は許して欲しいなーと思います」

田中菜津美「福岡県出身、なつみかん、ブロッコリーこと田中菜津美です」客、軽くw

「私はですね、昨日の投稿でですね、トイレが流れないって投稿したんですよ。そしたらコメント欄で、みんななんか「ボスのはそんなに大きいのか」とかなんか書かれて」客w

「違うんです。小さいほうです。なのになんかみんなそんなしたとか言われたので、はい、アイドルはそれはしないんです」

今田美奈「福岡を盛り上げるのは? いまだー! み~んなのアイドル♪ (ひゅ~) ありがとうございます。みなぞうこと今田美奈です」

「私が言い残したことはまだみんなのアイドルになりきれてないんですよ。だから、来年はもっと、裏ではね、泣き顔とか、表でもまぁまぁ泣いてるんですけど、今日もちょっと始まる前に泣いてて」
田中菜津美「なんか衣装がチクチクするとか言って泣いてたんですよ。めっちゃ子供でしょ?」
今田美奈「ここら辺(首元)がチクチクしてね、ちょっと泣いたんですけど、まだね、それはね、この体型でよ、お客さんの前で(子供口調)「衣装チクチクする」とか言って泣いたらただのちょっと変な人にしか見えないから、あんまり表に出してないんですけど、来年はもっとそういうとこ、かわいらしさをもっと前に出していけたらなと思います」

田中菜津美「HKT48ひまわり組「パジャマドライブ」公演、以上のメンバーでお送りします。ここからは様々なユニットの登場です。まずはこのユニットから」


◆M05.天使のしっぽ (秋吉優花岩花詩乃植木南央)
◆M06.パジャマドライブ (谷真理佳上野遥本村碧唯)
◆M07.純情主義 (安陪恭加渕上舞穴井千尋)
(BD:村重杏奈兒玉遥深川舞子熊沢世莉奈宮脇咲良下野由貴)
◆M08.てもでもの涙 (松岡菜摘森保まどか)
◆M09.鏡の中のジャンヌ・ダルク (岡田栞奈若田部遥田中菜津美伊藤来笑今田美奈)


■MC
若田部遥伊藤来笑岡田栞奈今田美奈田中菜津美

田中菜津美来年の意気込みについて。2014年の目標、抱負かな
若田部遥「明後日?」
今田美奈「だって明日の夕方にガキの使い始まるよ」客w
若田部遥「ほんとだ! 「ガキ使」見なきゃ」
今田美奈「ねぇ、みなさんおもしろいですよね、あれ。紅白歌合戦もありますし」
若田部遥「私、毎年2場面で見てる」

今田美奈「ツアーを絶対に、もうほんとに感動したってぐらいに成功させたいなと思って」客、拍手

「ありがとうございます。武道館で単独コンサートした時に、すごい達成感はあったんですけど、なかなか思うようにいかなかったとこもあるので、ちょっとツアーでね、気合入れてがんばりたいなと思って。それがちょっと今一番楽しみにしてるというか、がんばりたい目標です。目の前のことをね」

伊藤来笑「私はですね、知名度を上げたいってことなんですけど。私、愛媛県出身とか言っときながら、今までHKTに入ってから1回も愛媛で何もしたことがなくて。だからテレビも放送されてなくて、だからちょっと今こうやってHKT48の活動で知名度を上げて、いつか愛媛でコンサートだったり、握手会とかなんかしたいんですけど、知名度と言えば1月9日にヤングジャンプさんが私と今田さんのグラビアが」
今田美奈「私ソロなんですよ」客、拍手
今田美奈「だからそれはたぶん愛媛でも発売されると思うので、知名度を上げたいなって思ったんですけど」
田中菜津美「どんな感じよ、ここは(胸)」客w
今田美奈「見てからのお楽しみで」
若田部遥「来笑とゆうたんは期待していいよ」
田中菜津美「私も」
今田美奈「美奈は?」
若田部遥「ごめんなさい」客、軽くw
田中菜津美「探しちゃう」
今田美奈「ソロだから絶対見つかるから、みなさんぜひ見つけてください」

若田部遥「私はですね、なんか、なんですかね、きつい人と思われがちなので、なんか、若田部嫌いな人いっぱいいると思うんですよ」
今田美奈「そんなことない」
若田部遥「だから、若田部もうちょっといい人なんだよっていうことを教えてあげたい」
田中菜津美「いい人だよね」
今田美奈「まだ子供なんだよね」
田中菜津美「そうたぶん子供だから、感情が」客w
若田部遥「いやいやちょっと待って」
今田美奈「美奈が振ったのが悪かった。子供なんだよねって振ったのがダメだった」
伊藤来笑「一番年下ですよね、この中で」
田中菜津美「でも精神年齢的にまだ子供だから、わかちゃんは。大目に見てあげるのが一番いいと思う」客、軽くw
今田美奈「忘れてた、なつみかんが一番下のこと」
田中菜津美「私は年齢的に二十歳ぐらいいってるからね」

岡田栞奈「私、更に鳥になりたいです」
田中菜津美「どういうこと? 本物の鳥になりたいってこと?」
岡田栞奈「はーい」
田中菜津美「じゃーHKTにいたら遠回りじゃない?けっこう。こうやって日頃から飛ぶ練習してたほうがいいんじゃない?」
伊藤来笑「栞奈にずっと訊きたいことがあったからここで訊きたいんですけど。栞奈は鳥が好きで、鳥になりたいとか言ってるじゃないですか。っていう栞奈は鶏肉食べれるんですか?」
岡田栞奈「へへへへへ」客、軽くw
伊藤来笑「みなさん謎じゃないですか?」
田中菜津美「いろんな感情があるよね」
若田部遥「唐揚げとか美味しいしさ」
岡田栞奈「あの、自分からは食べない。出されたら食べるけど」
今田美奈「うわー、めっちゃ言い訳や」
岡田栞奈「いや、でもね」
若田部遥「チキン食べよるやん」
岡田栞奈「鳥さんも私の中で生きてるんだよ」
伊藤来笑「で、鳥になるんだね」
若田部遥「待って待って、いい風に締めたけどよく意味わかんないから」
田中菜津美「よく意味わかんないね。フレッシュレモンさんのレモン並みによくわかんない」客w
伊藤来笑「たしかに」
田中菜津美「ということで、今日は来年の目標について話したんですが、来年は今年よりももっともっといい年にできるようにみんなでがんばっていきたいと思います」

岡田栞奈「(煽り) HKT48「パジャマドライブ」公演まだまだ続きます」


◆M10.Two years later
◆M11.命の使い道
セリフ:伊藤来笑「おじさん、私いくつに見える?」
◆M12.キスして損しちゃった


■MC
松岡菜摘安陪恭加谷真理佳岩花詩乃伊藤来笑本村碧唯田中菜津美秋吉優花今田美奈

今田美奈「命の使い道とキスして損しちゃったは毎回日替わりでセリフを言う部分があるんですけれども、今日は命の使い道を来笑、そしてキスして損しちゃったは谷が言ってくれました」
安陪恭加「あれ何って言ったの?」
谷真理佳安陪さーん!
松岡菜摘「ふざけてるよね」
谷真理佳「これは一応公式にも載っていらっしゃいます、チャームポイントのヘリウム声ですから」
今田美奈「はい、ということで(スルー)」客w
松岡菜摘「さすが、みなぞうの技術は違うね」
今田美奈「今日はですね、年内最後で、今日はこのMCなんですけど、今日のお題は今年やり残したことについて話したいなと思って」
田中菜津美「やり残したことって言ったらあれしかないよね。1つしかないんですよ」
安陪恭加「♪いつか 手取り足取り」センターステージへ
松岡菜摘「何これ?何これ?」
田中菜津美「♪テニス教えてね」センターステージへ (客、手拍子始める)
今田美奈「♪私だけのあなた」センターステージへ
3人「♪憧れの個人レッスン フレー!フレー!フレー! ねえ頑張って」
松岡菜摘「回んないんだね」
3人「♪初めての恋 WOW WOW WOW フレー!フレー!フレー! 胸の奥で叫ぶ」
田中菜津美「。。さえも知らない」
今田美奈「あなただけど いつかは」
安陪恭加「私を 連れて行って」
3人「ウィンブルドン」客、拍手
今田美奈「チャッチャッチャッー チャーチャチャチャーチャ チャッチャッチャッー」3人ステップ踏みながらメインステージに戻る

「はい、イェー」客、拍手
安陪恭加「あー楽しかった」
今田美奈「楽しい。良かったね」
松岡菜摘「なつみかんさ、ちゃんと歌ってよ」
田中菜津美「まさかあんなに声が出ないと自分でも思ってなくて」客w
今田美奈「こんな感じでやり残したこと、今私たちやったから」
松岡菜摘「それさ、1つ目にやっちゃったらなんも言えないじゃん、私たち」
今田美奈「だから年内やり残したこと」
松岡菜摘「やっちゃう? いろんなことってこと?」
今田美奈「やっちゃおうよ」客「おー」
田中菜津美「ウィンブルドン2番もやりたい」客w
メンバーたち「いやいやいや」
田中菜津美「ダメ?」
松岡菜摘「なつみかんなしならいいけどさ」

本村碧唯「私ね、いつも何も考えてないけど、あの、恭加の身長越すこと」
松岡菜摘「無理ですね」
本村碧唯「私ね、入った時からずっとそれがやりたかった」
松岡菜摘「しゃがむとか、なんか叶えられないかな」
本村碧唯「抱えて、私を」
安陪恭加 → 本村のもとへ
本村碧唯「どうしたらいいの?」
安陪恭加 → 背後から本村を抱え、上へ (本村ジタバタ)
メンバーたち「かわいい」
安陪恭加「ちっちゃいね」本村の頭をよしよしと (定位置へ)
田中菜津美「待って、こんな低いね (本村と同じ高さに屈む) 何も見えない」
松岡菜摘「じゃーみんなであおいたんより低くなろう」
メンバーたち → 屈む (背の低い岩花以外)
本村碧唯「いい眺め」客w
松岡菜摘「良かったです」

伊藤来笑「私はですね、いっぱいあるんですけど、1つはなっちゃんとユニットがしたいって言ってて」
松岡菜摘「ウィンブルドンやる?」
伊藤来笑「もう1つは個人的な感じなんですけど、紙を切りたいってずっと言ってて、短くしたいって言ってたから切りたいんですけど」
本村碧唯「ショートにしたいの?」
松岡菜摘「来笑の話じゃないんですけど、幻のさ、楽屋で初めて安陪ちゃんが断髪式したんですよ」
安陪恭加「懐かしい」
松岡菜摘「楽屋で切ればいいじゃん。史上初で、最初で最後だったんですけど」
安陪恭加「こんぐらい(腰付近まで)あったのが、こんぐらい(肩に掛からない程度)で」
松岡菜摘「切ったんです、楽屋で。メイクさんに切ってもらったんですよね」
伊藤来笑「許可を得たら切りたいです」
安陪恭加「じゃー恭加が切ってあげる」
伊藤来笑「怖いです」
本村碧唯「ハゲになる」

谷真理佳「真理佳ちゃんはねー、んー、やっぱり安陪さんのやり残したことはないんですよ。さっき「安陪さん!」って叫べたから。やり残したことは掃除です」
松岡菜摘「じゃーこの後してもらって、そこ全部」
谷真理佳「違う違う」
今田美奈「真理佳はキャリーバッグの掃除しなよ。キャリーバッグからハエ出てきたんですよ」
メンバーたち「汚い」
谷真理佳「違うんです、これ」
秋吉優花「ロッカーからも汁出てたもんね」
メンバーたち → 反応
田中菜津美「意味のわからん汁が」
谷真理佳「やり残したことだから。今年こそは、よく大掃除ってやらなきゃいけないじゃないですか。だから自分で自分の部屋を見つめ直して掃除したい」
今田美奈「はい、ということで今日はこんな感じで」
松岡菜摘「待って。安陪ちゃんがやりたいことあるって」
安陪恭加「そうなの。まだあと1コあって。(松岡の頭に右手で)バカチョップ!」客、軽くw
松岡菜摘「バカチョップごっこやりたかったんだって。だからみんなでバカチョップやろう。それ何が楽しいのかな? 言えばいいの? みんな安陪ちゃんに向かって。嬉しい?」
安陪恭加「うふふw 嬉しい」客w
松岡菜摘「じゃー安陪ちゃんに向かってご希望通り」
安陪恭加「せ~の」
みんなで「バカチョップ!」右手でチョップ
安陪恭加 → 谷をチョップで攻撃
松岡菜摘「良かったです。帰ってきて」
今田美奈「今日はこんな感じで年内にやり残したことについて話したんですけど、ほんとにまだまだ私たちは成長過程なので、来年は今よりももっと成長できる姿をみなさんに見せれたらいいなと思います。ということで、次が最後の曲になります」

本村碧唯「次が最後の曲になります。メンバーの卒業は寂しいですけど、いつまでもHKT48のチームメイト、んー、だと思っているので、これからも一緒にがんばっていきましょう。心を込めて歌いたいなと思います」


◆M13.僕の桜


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール
有志の方「本日は今までHKTファンに笑顔を与え、2年と1ヶ月走り続けてきた安陪恭加ちゃんの卒業公演です」客、拍手

「恭加ちゃんへ感謝の気持ちを込めて、ありがとうコールをお願いします」客、拍手


「きょうか」「ありがとう」コール


1期生6名がダンスを披露

熊沢世莉奈深川舞子宮脇咲良兒玉遥下野由貴村重杏奈

熊沢世莉奈「恭加ありがとうコールありがとうございます。HKT48」
みんなで「1期生です」客、拍手

# 熊沢世莉奈から1本のマイクを1人1人リレーして行き、下野由貴に渡す(客w)
下野由貴「すみません、マイクが1本なもんで」

「普段の「パジャマドライブ」公演ではですね、このバックダンサーは研究生がしてくれてるんですけども、今回は恭加が最後の公演ということで、私たち1期生がバックダンサーをさせていただきました」客、拍手

「ありがとうございます。1期生はですね、16名いるんですが、今日はどうしてもお仕事で1人来れなかったメンバーがいるんだよね?」
村重杏奈「そうなんですよ」いったん捌け、すぐに戻る

「今日一緒にステージに立ちたかったけど、立てなかったメンバーから、今日メールで、写真だけでも出せって言われたので」客w

「今日はここで写真を披露したいと思います。中西です!」客、拍手 ※ちょっとあれ風

「今日はですね、1期生全員でステージ立ちたかったんですけどもね、智代梨お仕事で来れなかったということで、気持ちはみんなで立ちたいと思います」
宮脇咲良「智代梨生きてるよね?」客w

「智代梨生きてるんだよね? 良かった。うん、生きてて良かった。踊ってみてどうだった?はるっぴ」
兒玉遥「いやー、けっこうハードだなって思ったんですよ、このダンス。私、こういう動きが」客w

「すごい苦手で、できなくてすごい先生とかに注意されたんですけど、だから研究生もすごい一生懸命やってるんだなと思って、私も負けないようにがんばろうってすごい初心を思い出しましたね(舌まわらず)」客w

「思い出しました」

村重杏奈「智代梨は今日どうだった? んー、すごい難しかった。。」
下野由貴「ちょっとすべっちゃいましたね」客w

「大丈夫ですか? 緊張してるんだよね」

宮脇咲良「それではみなさん、今日が安陪ちゃんの最後の公演になります。盛り上がっていけますか?」客「イェー!」

「そんなんじゃ、ブロッコリーは天ぷらになれませんよ」客「おー」

「もう1回いきます。みなさん盛り上がれますか?」客「イェー!」

「ありがとうございます」

熊沢世莉奈「それではアンコール曲どうぞ」


◆M14.よっしゃーHKT!
◆M15.水夫は嵐に夢を見る


■MC
渕上舞「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 渕上舞 アンコール曲2曲紹介

植木南央「今日このMCでは恭加について、好きなとこでも第一印象でも何でもOK牧場です」

若田部遥「私はですね、恭加の第一印象なんですけど。最初会った時オーディションじゃないですか。まどかと話してる恭加ほんとめっちゃ大人びてたから、18歳ぐらいだろうなと思ったんですよ、私。だから、今から、これからこういう素敵な大人の人と活動できるんだと思って、すごいなんか中1なりに胸がときめいてた気がするんですよ。だから第一印象すごい大人っぽいだったのに、なんかレッスンで再会したら「あれっ?」みたいな」
安陪恭加「なんで?」
植木南央「あれっこりーみたいなね」
若田部遥「この人私の1コ上だぞみたいな」
安陪恭加「心も大人っぽくない?」
若田部遥「うん、大人っぽくないね」
安陪恭加「あら、そう」
植木南央「でもそのギャップがね、また」
安陪恭加「じゃーOK牧場?」
植木南央「OK牧場」
若田部遥「OK牧場」

穴井千尋「私、安陪ちゃんだけ私のことをちいちゃんじゃなくて、じいちゃんって言ってくるんですよ。いつも楽屋とか朝入ってきたら「あっ、じいちゃん♪」ってめっちゃ笑顔で言われるから、でもそれにすっごい癒されてました」
若田部遥「変なニックネームつけるよね」
安陪恭加「なんか、ちいちゃんとじいちゃん似てるから、じゃーじいちゃんでいいかなと思って」
穴井千尋「いや、ダメダメダメ」
安陪恭加「ダメ?」
若田部遥「私、一時期おはげって呼ばれてたんですよ」
上野遥「私も言われますよ。はるたんだからはげたんです」
本村碧唯「あおい、今「鼻血ぶー子ちゃん」だよ」
メンバーたち「えー?」
本村碧唯「なんかね、鼻血が出てそうな顔なんだって」
植木南央「そういう発想も恭加らしくてね。でも南央も変に呼ばれたいんだけど」
松岡菜摘「なつ、おかっこりーなんだけど。私だけ普通なんです」
植木南央「いいやん。南央、植木って呼ばれる」客w

「もっと何か考えてよ」
安陪恭加「なんかでも植木っぽいから植木でいいかなと思って」
植木南央「植木しか呼ばれたことなくて。でも恭加らしくて。じゃーはるたんは? はるたんはけっこう恭加と一緒にいるイメージが」
上野遥「私、この間10円ぐらいする棒のお菓子をたぶん20本以上あげたんですよ、安陪さんに。そしたら1日経っただけで全部食べちゃったって」
安陪恭加「もっと食べたくて今日も1本買ってきちゃった」
穴井千尋「お菓子大好きだよね」
若田部遥「だって一番最初にメンバーの前で紹介したキャッチフレーズ「お菓子が大好きな」だったからね。それだけだったから」
安陪恭加「最近いろんな人からお菓子もらえて幸せ」
植木南央「今の話聞いてわかるように恭加は同期にも後輩にもたくさん愛されている恭加でですね、これからもそんなちょっと変わった感性を持った恭加の夢をみんなで背中を押して応援していきたいなと思います」

森保まどか「続いては最後の曲になってしまいます。みなさんそろそろ疲れてきてないですか? めっちゃ疲れてますね。みなさん、これからも、この先も盛り上がっていただけますか?」客「イェー!」

「ありがとうございます。それでは最後の曲聴いてください」


◆M16.白いシャツ


安陪恭加 卒業コメント
穴井千尋「本日はご来場いただきまして、ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

穴井千尋「みなさんももう知ってると思いますが、今日が安陪恭加ちゃんの最後の劇場公演となります。安陪ちゃん最後にファンのみなさんにご挨拶をお願いします」

安陪恭加「私は1期生として、このHKT48に入ってきて、もう2年が経つんですけど、その2年間でこのHKT48にいろんなことを学ばさせていただいて。初めてレッスンした時とか、知らない場所に毎日レッスンに行ってて、これから大丈夫かなってすごい心配になったりとか、不安になったりとかたくさんしたんですけど、みんながいてくれて、どんな辛いことでも乗り越えることができて、ほんとに仲間ってすごいなって、やっぱり仲間って大切だなっていうことをHKT48は教えてくれました。

ここに入ったことは1回も後悔したことはありません。

HKT48の安陪恭加はもうすぐいなくなっちゃうけど、でもいつか必ず違う道で、またこの芸能界に戻って来られるようにこれからも一生懸命がんばります。

応援してくださった方、本当にありがとうございます。HKT48でいて、本当にすごい幸せでした。ありがとうございました、今まで」客、拍手&恭加!

「ありがとうございます。でも今日は1期生15人がいるということで、やっぱりここのHKT48劇場で最後に1曲だけすごいやりたい曲があるんですけど、みなさんやってもいいですか?」客「イェー!」

「ありがとうえき、ふふふ。みんなもやってもいいかな?」
メンバーたち「OK」「もちろん」
安陪恭加「この曲は1期生にとってすごい大切な曲です。それでは最後の曲聴いてください。手をつなぎながら」


◆M17.手をつなぎながら (1期生15名=安陪恭加穴井千尋今田美奈植木南央熊沢世莉奈兒玉遥下野由貴田中菜津美松岡菜摘深川舞子宮脇咲良村重杏奈本村碧唯森保まどか若田部遥)


穴井千尋「手をつなぎながらを1期生15人バージョンで聴いていただきました」

「安陪ちゃんの卒業発表を聞いた時はすっごくビックリしました。もう卒業しちゃうんだなーって思って、すごく寂しかったんですけど、安陪ちゃんは1期生としてHKTができた時からずっと一緒にレッスンをしてきたかけがえのない仲間なので、ほんとはすごく寂しいんですけど(涙)、でも、すごく寂しいんですけど、でも卒業は安陪ちゃんが夢に向かってまた一歩踏み出したということでもあります。なので、またいつか、どこかで、お仕事か何かでもまた一緒に会えるのを楽しみにして、待っていたいなと思います。

今日で安陪ちゃんは最後ですけども、ずっとずっと、安陪ちゃんが卒業しちゃってもずっと私たちはここで応援したいなと思います。なので、笑顔で、ちょっと泣いちゃったんですけども、みんなも泣いちゃったんですけど、でもやっぱり安陪ちゃんの笑顔を見たらほんとみんなやっぱりもう笑顔になるので、私も最後は笑顔で、みなさんも一緒に笑顔で送り出したいなと思います。

最後に安陪ちゃん、今までありがとう」
安陪恭加「ありがとう」
穴井千尋「またどこかで一緒にお仕事できるようにお互いがんばりましょう」
安陪恭加「がんばります。ありがとがんばりましょう」
穴井千尋「だからずっとがんばってね、応援してます、ここで、いつでも」
安陪恭加「恭加も応援してます、ずっと。ありがとう」
穴井千尋「ありがとう。辛くなったらいつでも劇場にみんないるので、ファンのみなさんも。待ってるのでいつでも来てね」
安陪恭加「ありがとうございます」
穴井千尋「ありがとう」客、拍手

「ありがとうございます。ということで、最後はみなさん笑顔で終わりましょう。みなさん笑ってください。笑ってますか? ありがとうございます・・・(ハイタッチ案内)」

「それでは最後の挨拶をしましょう。今日は最後の挨拶は安陪ちゃんお願いします」
安陪恭加「はい」

# 手繋ぎ挨拶
安陪恭加「せ~の」バック / 客「恭加!」

「せ~の」前進 / 客「卒業おめでとう!」

メンバーたち「ありがとうございました」お辞儀(客、拍手)

# メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:Two years later)

安陪恭加「(センターステージへ) ありがとうございました。ブロッコリー♪」
森保まどかが駆け寄る

安陪恭加「(上手袖前にて) 2年間ありがとうございました」お辞儀 (客、拍手)

# 公演終了


■ハイタッチお見送り (ロビーにて)


HKT48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】12月30日(月) ひまわり組「パジャマドライブ」公演

公演後の感想 → 1期生15名

若田部遥「ほんと、今日もう数えきれないくらい目から汗が出てきたんですけど。まだ実感沸かないんですけど、なんかね、いるだけで幸せになれる恭加が」
植木南央「同じステージに立つのが最後というのがほんとに」
若田部遥「そう、信じられないけど、またどこかで会いましょう」
村重杏奈「村重も将来の夢はモデルだから、いつか一緒にパリコレ歩こう」
松岡菜摘「安陪ちゃんだけ歩くかもね」
村重杏奈「そんな!悲しげ」

今田美奈「私はですね、やっぱり一緒に研究生としてがんばってきた仲間なので、寂しいんですけど、でも安陪ちゃんの夢のために背中を押してみんなで笑顔で送り出せたのですごい良かったなと思いました」

植木南央「じゃーあべもりのまどか」
森保まどか「最初から仲が良くて、だから卒業って聞いた時いろんな気持ちがあったんですけど、その気持ちを全部表せてるような公演になったかなと思いますよ」

植木南央「今日はほんとに考えれば考えるほどすごい寂しくて、ほんとに嫌なんだけど(涙)」
安陪恭加「がんばってがんばって」
植木南央「ほんとに嫌だ(涙) 嫌だけど。先頭を切って、一歩、環境を変えて夢を目指そうとしてる恭加の背中をみんなで押して、また別のどこかのステージで一緒に立てたらいいなと思います」

安陪恭加「1列目の前の席の方がブロッコリーじゃない、豚のうちわ持って来てくださって、すごいそれが嬉しくて。ロビー観賞してくださった方もたくさんいて、すごい今日の公演思い出に残ったというか、一緒に忘れない公演になりました」拍手

最後にみんなで「恭加卒業おめでとう!」

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]




カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ