松井咲子 23歳の生誕祭 (2013/12/13、チームA)

AKB48劇場 横山チームAウェイティング公演 10回目

込山榛香佐藤妃星福岡聖菜 チームA公演 初出演

■出演メンバー
チームA → 伊豆田莉奈大島涼花川栄李奈小林茉里奈佐藤すみれ鈴木まりや高橋朱里松井咲子森川彩香横山由依渡辺麻友
チームK → 近野莉菜
研究生 → 込山榛香佐藤妃星福岡聖菜



■開演
◆M00.overture
◆M01.ただいま 恋愛中
◆M02.くまのぬいぐるみ
◆M03.Only today


■MC (自己紹介)
渡辺麻友「みなさん、こんばんは」
みんなで「AKB48チームAです」客、拍手

# 渡辺麻友 序盤3曲紹介

お題提供:イエッピさん
本日のお題:これを考えている時が幸せだなと思うことがあれば教えてください

【1列目 上手側から】
大島涼花「中学3年生、15歳の大島涼花です。よろしくお願いします」

「私は公演終わりとかお仕事終わりとかに「今日の夕飯なんだろうな」って考えてる時はすごく幸せで、だけどお刺身がすごい食べたいなと思って帰ると、うどんだったりする時のテンションがガー(↓)ってなるんですよ。だから、あんまり期待しないんですけど、それを考えてる時がすごく幸せです」

伊豆田莉奈「ウソだけど伊豆から来ました。埼玉県出身の伊豆田莉奈です」

「私は幸せだなというか、ホッとするなんですけど、やってることで、家に加湿器と水蒸気でしたっけ? 2個混ざったやつがあるんですよ、家に」
メンバーたち「空気清浄機」
伊豆田莉奈「それです。その2個が混ざったやつが合体したやつがあるんですよ。それから水のなんか煙出るじゃないですか。私すごい鼻炎なんですよ。だから、それに鼻近づけて、鼻に水くると鼻が通りが良くなるんですよ。だからそれをやった時に、鼻ちょっとスースーしてきたわってなって」
メンバーたち「何の話?」
伊豆田莉奈「ホッとするんです、それが。鼻の詰まりがなくなったことに安心感が出てくるんですよ」
メンバーたち「何の話?」
鈴木まりや「アイドルって鼻詰まるんだね」
伊豆田莉奈「そういうタイプの人間なんです」客w

「なのでそれをしてる時がすごい幸せです。今日は私、AKB入る前ダンスやっててイケイケキッズだったんですよ」客、軽くw
メンバーたち「自分で言ってる時点で・・・」
伊豆田莉奈「だからキッズダンサーぶった髪型をしてみたんですよ。そこに注目してくれたらいいなと思います」

渡辺麻友「み~んなの目線をいただき~まゆゆ~。19歳のまゆゆこと渡辺麻友です。よろしくお願いします」客「かわいい」

「違います。私なんかより遥かにかわいい方たちがいるんですよ。聞いてください、乃木坂46のみんながかわいくて、毎晩苦しんでます、私」客w

「ほんとにかわいくて、元から大好きなんですけど、最近更に好きで。年末って歌番組の特別が多くて、けっこう共演する機会が多くて嬉しい季節なんですけど、この間も会って、みんなかわいいんです、天使なんです、ほんとに。かわい過ぎてほんとにもう嬉しいです。毎日元気に生きております」客、軽くw

横山由依「京都から来ました、金閣寺よりも輝きたい、横山由依、21歳です。よろしくお願いします」

「私はですね、真面目かって言われること前提で言うんですけど。メンバーと一緒にいる時とかメンバーとご飯に行ったりする時も絶対にAKB48の話になってしまうんですよ」
鈴木まりや「真面目か!。。そこじゃない?」
横山由依「だから、ほんとにAKB48での時間がすっごい好きなので」客「真面目か!」

「。。私がすべったみたいになるじゃないですか」客w

「そうですね、だからほんとにAKB48が好きなので、今この時間が幸せで仕方ないです」

松井咲子「はい、みなさんこんばんは。あなたのドレミを奏でたい、松井咲子です。よろしくお願いします」客、声援&拍手

「ありがとうございます、ありがとうございます・・・。私はですね、何を考えている時というか、妄想をしている時がほんとにこの世の中で一番幸せな時間なんじゃないかなと思っていて。私ほんとに自分で、ほんとにヤバイなと思ってることがありまして。最近、私ずっとメガネをかけてる方が好きって言ってたんですよ、AKB入った時から。だけど、もうそういう次元じゃなくて。メガネ自体が好きなんじゃないかと思い始めてしまって」
菊地あやか「ヤバイ」
松井咲子「メガネをかけてる人じゃなくて、メガネ自体が好きなんだと思って、ほんとに23歳になったけど、そろそろほんとに現実を見たほうがいいんだなと思いました。でも妄想はほんとに誰にも迷惑もかからないしお金もかからなくて、ほんとに幸せなことなので、これからも続けていきたいと思います。今日はほんとに幕が開いた瞬間からすごくハッピーな公演の予感がしたので、最後までこのハッピーが続けばいいなと思っています」


【2列目 上手側から】
森川彩香「アーヤロイドは好きですか? (大好き!) はい、知ってます。私もみなさんのことが大好きです。アーヤロイドこと森川彩香です」

「私はほんとにすごく家族が大好きなんですよ。いつも公演の帰りとかに電車で、今日は弟と何をして遊ぼうかっていっつも考えてるんですよ。夜中にいつもゲームしたりとか、戦いごっこしたりとかいっつもしてるんですよ。だからほんとにお家では子供っぽいので、なのでそんな一面も見せていきたいなと思います」

福岡聖菜「15期研究生のせいちゃんこと福岡聖菜です。よろしくお願いします」

「私はずっとチームAさんの公演にアンダー出演させていただきたいと思っていたので、こうやってAさんのみなさんと出れてることがとっても幸せです」

高橋朱里「はい、16歳の高橋朱里です。よろしくお願いします」

「私は電車に乗ったりした時にすっごいお腹が出てる人がいて。男性なんですけど。そういうのを見ると何食べたのかなとか」客w

「オムライスかな?とか、カレーかな?とか、そういうのを考えるのがすごいいいですよ」客w

川栄李奈「18歳の川栄李奈です。よろしくお願いします」

「私はですね、みなさんと同じ、咲子さんのことを考えているとですね、すごく胸がね、胸が痛くなります」
誰か「間違ってるよ。胸がいっぱい」
川栄李奈「胸がいっぱいになります」

小林茉里奈「Everyone everyday まりなってる? (まりなってる) ありがとうございます。17歳のまりんちゃんこと小林茉里奈です」

「私はですね、普段ちゃんと真面目に授業受けているんですけど、どうしてもやっぱり4時間目の残り10分ぐらいになると「あっ、次お弁当だ、あっお弁当だ」と思って、お弁当のことをすごい考えちゃうんですね。私はお弁当を食べるために学校に来ていると言っても過言ではないぐらい、お弁当の時間をほんとに楽しみにしてて、だからその、だんだん10分ぐらいからカウントダウンして行くんですよ。あと3分あと2分あと1分、その時間が幸せだなと思います」

鈴木まりや「3時のおやつは まりやんぬー。ありがとうございます。まりやんぬこと鈴木まりやです。よろしくお願いします」

「私はあんまり不幸せだなと思うことがそんなないんですけど、みなさんに堂々と話せることだと、やっぱり松井咲子ちゃんと一緒にお笑いを見に行くのが好きなんですね。昔よく見に行ってたんですけど、最近行ってなくて。咲子はさっき言ってた通りメガネをかけてる人が好きって言ってたので、私この前番組で咲子の一番好きな芸人は?っていうので山ちゃんって答えたんですよ」客w

「そしたら、南海キャンディーズの山里さんは遊びだったらしく、ほんとに好きなのは宮川大輔さんだったらしいんですよ。メガネの方多いですね、今日。みなさん宮川大輔さんを目指して今日は一緒に盛り上がっていきましょう」


【3列目 上手側から】
込山榛香「15期研究生のこみはること込山榛香です。よろしくお願いします」

「私は今日、今から真面目な話するんですけど、聞いてくれますか?」客、反応

「私は今この場所に立ってることがすごい幸せなんですよ。ずっとAさんの公演に出たいと思ってたし、出させていただいて、横山さんと福岡聖菜ちゃんと被ってるんですけど、その、Aさんの先輩たちもすごい優しくて、すごいみなさん大好きなので、Aさんの中でもこみはるスマイルをいっぱい出していきたいと思います」

近野莉菜「ミラクルミラクル? (きっとくる) ありがとうございます。大島チームKの近野莉菜です。よろしくお願いします」

「記念すべき第二回目のA公演ということで。今日は私はですね、メンバーの誕生日プレゼントを考えるのがものすごく好きで、この子はこういう子がいいかなとか、そういうのをいっぱい考えるんですけど、メンバーがい過ぎて、お金がかかってしょうがないので、ちょっと少なくしようかなと思います」

佐藤妃星「15期研究生のきぃちゃんこと佐藤妃星です。よろしくお願いします」

「私は兄弟が下に2人いるんですけど、その一番下の妹がいるんですけど、その子がめちゃくちゃかわいくて、私大好きなんですね、まず。私が夜遅くとかに帰って寝てる寝顔が見るのが一番幸せです」

佐藤すみれ「すーめろこと佐藤すみれです。よろしくお願いします」

「私はですね、ずっと昔からアニメ、マンガの名探偵コナンの大ファンなんですね。それで、名探偵コナンの大に出てくる黒い犯人の影わかりますか? あいついるじゃないですか。あいつらの一番偉いボスが実は主要メンバーの中にいるらしいんですね。あの方って呼ばれる一番このボスが。それをコナンのファンの方と一緒に語り合うのが一番の最近の幸せでして、私のあの方の予想はズバリ工藤新一の主演なんですけど、みなさんわかんない? わかりますよね? 主演がコナント別なんじゃないかなとかちょっと思ったりして。もしコナンのファンの方いたら今度ぜひ語り合いましょう」

「本日のチームA公演は以上のメンバーでお送りします。これからもだんだん進化して行くチームAのパフォーマンスにぜひご期待ください」


◆M04.記憶のジレンマ (伊豆田莉奈松井咲子大島涼花横山由依)
◆M05.キャンディー (鈴木まりや渡辺麻友小林茉里奈)
◆M06.残念少女 (高橋朱里川栄李奈森川彩香)
◆M07.ツンデレ! (近野莉菜横山由依大島涼花)
◆M08.抱きしめられたら (佐藤すみれ森川彩香伊豆田莉奈)


■MC
小林茉里奈森川彩香高橋朱里

高橋朱里悩んでること

「私は最近、今日も出てるんですけど、15期生の研究生とか、ほんとにかわい過ぎて。私、かわいいなーと思ってすごい見ちゃう人なんですけど、すごい重症だなと思ったのがリハ中に曲やってるじゃないですか。アウトロで、後ろ向いた時にここに妃星ちゃんがいたんですよ。あっ、佐藤妃星ちゃんがいると思って見てたら、アウトロ終わってて、1人だけ止まってたんですよ。妃星ちゃんかわいいなと思って」
小林茉里奈「ちゃんと踊ってください」
高橋朱里「集中力切れちゃうんですかね、かわい過ぎて。だからほんとに悩みです」
小林茉里奈「それは見ないでください」

森川彩香「私は最近すっごい量のご飯を食べちゃうんですよ」
小林茉里奈「元からけっこう食べるよね」
森川彩香「食べるんですけど、この間はおでん食べてラーメン食べて肉まん食べて」
高橋朱里「それ一食に?」
森川彩香「一食」
メンバーたち「えー?」
森川彩香「本当に食べちゃって、最近ヤバイなーって思って」
高橋朱里「全然体型に出ないですね」
小林茉里奈「細いからもういいんじゃない?みたいな」
高橋朱里「いいな、羨ましい。私すぐムチムチしちゃうから」客、軽くw

「ほんとにしかもそんなに暴食してないし。変動が激しいっていうのか、膨らんだり、シュッてしたりみたいなのの、それが激しくて、ファンの人とかにも握手会で一部と二部違い過ぎてみたいな。二部どうしたの?みたいな。寝てたから浮腫んじゃったんですよとか。握手会大変ですね、変動抑えるのが。羨ましいです、だから。全然悩みじゃないじゃないですか」
小林茉里奈「だから体型に出るようになったら控えればいいんじゃないですか」
高橋朱里「だから、いっぱい食べてください」

小林茉里奈「私は最近ですね、全国握手会だったりとかで、泊まりの時に麻友さんと同じお部屋になることが多いんですけど、ずっとね、宝塚の話をしたりしてて楽しいんですけど、ただ1つすっごい困ってることがあって。麻友さんって1回寝ちゃうとほんとに起きないんですよ。この間も気づいたら寝ちゃってて。お風呂に入ってなかったんですよ、まだ麻友さんが。私はもう入ってて、寝る準備もしてて。「麻友さん起きてください、お風呂入ってください」ってめっちゃ起こして。そしたらなんか、麻友さんって「うん、うん、わかった、起きた、お休み」って言ってまた寝るんですよ」客、軽くw

「しかも仕舞いには、この間「麻友さん麻友さん」って起こしてたら寝ぼけちゃったのか、ずっと「さ せ さ せ」」
高橋朱里「怖い」
小林茉里奈「"さ"と"せ"しか言わなくなっちゃったんですよ」客、軽くw

「それ正気だったらけっこうヤバイと思うんですけど。それで、毎回苦労して、この間「さ、せ」を乗り越えて、起こして、結局30分ぐらいかかったんですよ。で、お風呂に入っている間の麻友さんお風呂で寝ちゃうから、私ずっとお風呂の外で「なんとかですよね」とか話かけてて」
高橋朱里「えー? 大変過ぎでしょ」
小林茉里奈「歯磨きとかしてても寝ちゃうから、寝る準備できるまでずっと会話をしてて」
高橋朱里「でも寝相とかも悪いんですかね」
小林茉里奈「寝相そうでもないですね」
高橋朱里「横山さんなんですけど」客w

「この前ね、ぱるるさんと横山さんとあんにんさんで1つのベッドに寝たら、夜中パって重くてすごい。目覚ましたら私とぱるる並んでたのに横山さん足の下で横になってて、なんか。横山さんの足がぱるるさんの頭にあって、すごいカオスだったから。でも寝相がいいならまだ救えますね。いや、いいキャプテンなので」客w

「ギャップですね、ギャップ。ギャップ萌えです。ということで悩みはたくさんあると思うんですけど、みんなで共有して解決していければいいなと思います」

「後半戦は不良っぽく決めてみます」


◆M09.ダルイカンジ
◆M10.Mr. Kissman
◆M11.君が教えてくれた
◆M12.BINGO!


■MC
◆前半:川栄李奈込山榛香佐藤妃星渡辺麻友横山由依小林茉里奈佐藤すみれ高橋朱里

横山由依「今日はですね、研究生が3人も新たに出てくれてるということでですね、きぃちゃんとこみはるからのチームAのメンバーへの質問とかですね、相談とかあれば聞きたいし、私らからも質問をしたいなと思うんですれけども」

込山榛香「私は相談なんですけども。「ぎゃぎゅぎょ」が言えないんですよ」
横山由依「ん? もう1回言ってもらっていいかな?」
込山榛香「ぎゃぎゅぎょ」
高橋朱里「まさかはるっぴの仲間ですか?」
横山由依「じゃ~、このチームAのメンバーの中でも名前を言えない先輩がいるってこと?」
込山榛香「大島ぎょうか(涼花)さんが言えない」
メンバーたち「あー」「ぎょうかになってるよ」
横山由依「1回じゃ~、大島涼花さんって言って」
込山榛香「大島ぎょうかさん」客、反応
メンバーたち「ウソでしょ?」
横山由依「作ってるでしょ?」客w
込山榛香「作ってない」
横山由依「じゃ~、きぃちゃんは大島涼花って言える?」
佐藤妃星大島涼花さん」客、おー&拍手
小林茉里奈「普通ですけどね」
横山由依「こみはるは?」
込山榛香「大島ぎょうかさん」
横山由依「ウソ?」
込山榛香「言えます、今」
横山由依「もう1回言って」
込山榛香「大島ぎょうかさん」
横山由依「言えてないや」
渡辺麻友「完全にぎょうか」
横山由依「じゃ~、餃子って言ってもらっていい?」
込山榛香「ぎょうざ」
横山由依「ややサ行もおかしいですよ。ぎょうかになっちゃうんや。じゃ~、ちょっとこれから大島さんって呼ぼう、涼花のこと」客w

「それか、クソガキって呼んでいいから」客w
渡辺麻友「クソガキでいいよ」
横山由依「麻友さんから許可出たからこれからクソガキって呼んでいい」
渡辺麻友「クソガキさんって」
横山由依「名前間違うよりは合ってる名前のほうがいいから」客w

高橋朱里「私、こみはるちゃんにいいですか? なんでそんなに笑顔なんですか? 私、研究生の頃そんな笑ってなかったんですよ。わかります? 先輩がいっぱいいると笑えないっていうか」
横山由依「メッシって呼ばれたもんね」
高橋朱里「そう。私、なんでそんなに笑えるんだろうと思って」
込山榛香「楽しいですもん、だって」
渡辺麻友「(朱里に)楽しくなかった?」
高橋朱里「楽しかったんですけど、芯から笑えなかった」
横山由依「楽しくなかったんか」客w
高橋朱里「おかしいな、なんて言うんだろう」
渡辺麻友「愛想笑い?」
高橋朱里「天性のアイドル力があるんですかね、やっぱり、今の子は」
佐藤すみれ「あなたも今の子だよ」
高橋朱里「やっぱ育ちの違いですかね。すごいかわいい」

横山由依「まりんちゃん、きぃちゃんに質問は?」
小林茉里奈「もうなんか、赤ちゃんみたいでかわい過ぎて。好きな食べ物はなんですか?」
佐藤妃星「梅干です」
誰か「ギャップ萌え」
佐藤すみれ「おかゆとかじゃなくて?」
横山由依「マシュマロとか」
小林茉里奈「ボーロを期待してた」客、軽くw
横山由依「梅干食べれるんや」
佐藤妃星「大好きなんです」
高橋朱里「ヤバイ、梅干になりたい」

横山由依「じゃ~、きぃちゃんからチームAのメンバーに何かある?」
佐藤妃星「あの、私、喋るのがすっごい苦手なんですよ。なので、どうやったら喋っていいのかわかんないんですよ。それを相談したいなと思って」
横山由依「誰に相談してみたい?」
高橋朱里「いないかな?」
佐藤すみれ「みんな怖いと」
佐藤妃星「違います」
渡辺麻友「喋り上手い人いないかな」
佐藤妃星「普通に喋ってるのにおもしろいみたいなのが私にはないんですよ」
小林茉里奈「横山さんの出番じゃん」
横山由依「私の出番かな?」客「おー」

「なんやろうね。とりあえずじゃ~、喋る時に、あの、えーと、その、なんやろうっていうのを何回も言ったら、とりあえずこいつ喋れへんなと思われて、ちょっとウケるかもしれん。ヤバイかな、それは」
渡辺麻友「由依ちゃんのモノマネだね。意味わかんない、すみませんw」
横山由依「麻友さんフォローしてくれようとしたら一緒にすべっちゃったですね」
渡辺麻友「フォロー仕切れなかった、ごめん」
横山由依「こうやって劇場の公演のMCで成長していこう」
佐藤妃星「はい」客、拍手
渡辺麻友「一緒に成長していこう。チームAもがんばろう」
佐藤すみれ「みんな先輩だよね? ヤバイよ。がんばろう、みんな」
渡辺麻友「初心忘れるべからず」

◆後半:近野莉菜大島涼花伊豆田莉奈森川彩香福岡聖菜鈴木まりや松井咲子

伊豆田莉奈好きなやきいもの焼き加減について

「じゃ~、咲子さんからお願いします。ありますか?」客、軽くw
松井咲子「えーと、半生?」
鈴木まりや「せ~の」
メンバーたち「テッテレー! ドッキリ大成功」
伊豆田莉奈「本当は咲子さんについて、やっぱり今日はお話したいと思いますよ」客、拍手
鈴木まりや「騙された?」
松井咲子「全然」客w
大島涼花「23歳の咲子さん」
松井咲子「ありがとう」
近野莉菜「年齢で言っちゃダメだよ」

鈴木まりや「私、研究生で同期だったんですよ。その時に、送り迎え、最後帰り送ってくれる車がバラバラで、咲子が1号目で、私が2号目で着いた時にワーってみんなで再会する時に咲子がバナナの皮で転ぶようにステーンって思いっきり転んだんですよ。それから私は咲子はあんなにキレイに転ぶ人初めて見たので、たぶんAKBイチキレイに転ぶ人だと思ってます」
松井咲子「すごい覚えてる。すごかったんだよ。3メートルぐらい飛んだよね」
メンバーたち「えー?」
松井咲子「ほんと。ウソだと思うじゃん。ほんとだよね」
大島涼花「どういう感じですか?」
近野莉菜「今のまりやんぬの転び方ちょっと見て」
鈴木まりや「行くよ。あー、すてーん。いろんな意味ですべった」客、軽くw

大島涼花「私は咲子さんの好きなとこ言いたいと思うんですけど」客「おー」

「私いつも咲子さんに23歳のババァだなんだって言ってるんですけど」
鈴木まりや「ババァまでは言ってない」
松井咲子「そこまでは行ってなかったから、言ってたとしたらそれは裏で言ってるよね」客w&あー
大島涼花「でも咲子さんすごい好きなんですよ。いっつも「涼花♪」って言ってくれて、優しくて大好きなんですけど、咲子さんの好きなとこがあって。咲子さんがすごい疲れてる顔が好きなんですよ」客w
鈴木まりや「私が知ってる咲子は疲れた顔出なかった、昔は。でも最近疲れたって言うようになった?」
大島涼花「この1コ前のBINGO!って曲で、移動してくる時に顔が合うんですけど(憔悴した表情)」客w
鈴木まりや「見た見た」
大島涼花「疲れてんだ咲子さんと思って」
松井咲子「ごめんね」
大島涼花「でもそういう咲子さんも好きですよ」
松井咲子「いずれくるから、涼花にもそういう時が」
大島涼花「怖いですね」

伊豆田莉奈「私は咲子さんとチームAになるまではあんまり話したことがなかったんですよ。けどチームAになって、すっごい話すようになって、今日誕生日プレゼント私あげたんですけど、なんか、咲子さんが私に誕生日プレゼントくれた時にネタ系のものが多くて、キュウリのボールペンとか、そういうのがきたんです。だから私もちょっといいものをあげといて1コだけ変な物あげてやろうと思って、たぶん子供用なんですけど、犬がジャンプして一回転しちゃうみたいな、変ななんか、ネジで動くおもちゃ、そういうのあげたんですよ。それで咲子さんどんな反応するんだろうなと思ったらすっごい喜んでくれて。子供のおもちゃだから喜んでくれないかなと思ったんですよ、大人だから。だからそれ喜んでくれたのすっごい嬉しかったです」
松井咲子「すっごいおもしろかった。あれ1人でも遊べるから」客w
伊豆田莉奈「寂しい時はあれを使って遊んでください」
松井咲子「ありがとう」

近野莉菜「私はね、咲子との思い出なんですけども、一緒に1回だけカラオケに行ったことがあるんですよ」
松井咲子「あるあるある」
近野莉菜「その時に、いろんな歌入れるじゃないですか。全然知らない曲を入れるんです」客、軽くw

岩佐美咲と行ったんですけど、3人で行ったんですよ。めっちゃ異色メンなんですけど、私からしたら。2人とも全然私が知らない歌を入れて、2人はすごい盛り上がってるんだけど、私全然乗れなくて、なんか「あー」って思いました」
松井咲子「ごめんなさい」
近野莉菜「でもすごい楽しかった。ノリはけっこう盛り上がって。わかる曲はすごい盛り上がって楽しかったから、またぜひ行きたいなと思ってます」
松井咲子「今時の曲はあんまり知らないから。ちかちゃんめっちゃ今時の曲歌うんですよ。逆にそっちがわかんなくて、私は。だからお互い勉強しようね」

大島涼花「聖菜ちゃんは咲子さんのことどう思う?」
伊豆田莉奈「第一印象」
福岡聖菜「すごい背高くてキレイだなと思う」客「おー」
大島涼花「お世辞か?お世辞か?」
伊豆田莉奈「お世辞とか言うな」客w
松井咲子「涼花が決めることじゃないじゃん」

松井咲子「あーやもいいよ、あったら言ってくれて」客w
森川彩香「ほんとに、私は咲子さんのそのスタイルに憧れてます」
大島涼花「あーやさんのほうがいいですよ」
メンバーたち「お前さ」「なんで掘り返すの」
大島涼花「でも咲子さんほんと好きですよ」
鈴木まりや「クソガキなんでしょうがないんです」
松井咲子「そうだね、ありがとう」
大島涼花「(笑顔で)許してください」客、軽くw

松井咲子「ほんとに歳とりましたけど、かわいい妹たちがいっぱいいて、ほんとに幸せだなと思いました。それでは、まとめさせて言われました」客w

「この流れでまとめるってすごく難しかったから」
鈴木まりや「自分を褒められて自分でまとめるってね」
松井咲子「それでもみなさん応援してください。それでは本当に最後の曲です」


◆M13.軽蔑していた愛情


# 曲終了後、メンバー捌ける


■アンコール
有志の方(女性)「本日は12月10日に永遠の19歳」客w

「失礼しました。正しくは23歳のお誕生日を迎えた松井咲子さんの生誕祭です」客「イェー!」

「これからも咲子さんの素敵な笑顔をたくさん見せてください。そして、素敵な音色でみんなのドレミを奏でてです。咲子さんが充実した1年を過ごせるように、お祝いの気持ちを込めて、アンコールは咲子コールでお願いします。アンコールいくー?」


「咲子」コール


◆EN01.LOVE CHASE
◆EN02.制服が邪魔をする


渡辺麻友「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」 → 捌ける


■VTR (レッスン風景) BGM:桜の花びらたち


◆EN03.なんて素敵な世界に生まれたのだろう


松井咲子 生誕祭
渡辺麻友「本日はご来場いただきありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 大島涼花 ハイタッチ案内

高橋朱里「そして、12月11日に発売されました34枚目のニューシングル「鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」がですね」客、拍手

「あっ、すみません、ありがとうございます。オリコン・デイリーランキング第2位を獲得することができました」客、拍手
メンバーたち「ありがとうございます」
高橋朱里「これはですね、日頃応援してくださるみなさんのおかげです。本当にありがとうございます」
メンバーたち「ありがとうございます」客、拍手

横山由依「ハイタッチの準備ができるまでの間にですね、鈴懸なんちゃらのミュージックビデオを」客、反応
メンバーたち「ちょっとちょっと」「キャプテン」
横山由依「だってだって、鈴懸なんちゃらが公式略称でしょ? いいじゃないですか、公式なんですから」
高橋朱里「私が言った意味な」
横山由依「その鈴懸なんちゃらのミュージックビデオのショートフィルムバージョンをご覧いただきたいと思います。ダンスバージョンがあるみたいなのでぜひ見てください」

「それでは最後の挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶「せ~の(バック)」
鈴木まりや「ちょっと待ったーー!」客、拍手

「今日は12月10日に23歳のお誕生日を迎えた松井咲子ちゃんの生誕祭です。咲子、お誕生日」
みんなで「おめでとう」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ搬入&ロウソク火点け

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア 咲子 ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」

松井咲子 → ロウソク火を吹き消す(1フー) 直後に特効発射(客、拍手)

メンバーたち「おめでとう」客「おめでとう」

鈴木まりや「おや? おやおや? こんなところになんか、白い紙があるぞ」客「おー」

「咲子へ。

元気ですか? 私は元気です。

咲子と初めて会った時、私は舞台監督さんに怒鳴られてました。そんな始まりなのに、私と仲良くしてくれて、ありがとうございます。

咲子は私の寂しい夜のメール相手です。どんなくだらないメールを3時に送っても、4時に送っても、返してくれますね。

あなたこそ、しーちゃんハートホスピタルメンバーの鑑(かがみ)です。これからも私のハートを癒してください。

お誕生日おめでとうございます。大家志津香より」客、拍手

松井咲子「しーちゃん?」
鈴木まりや「しーちゃんです。ぜひ書きたいと、お手紙を」
松井咲子「ウケる」客w
鈴木まりや「書いてくれたんですよ」
松井咲子「嬉しいけど」
鈴木まりや「嬉しいけど?」
松井咲子「嬉しかった」
鈴木まりや「なんか待って。頭レーダーが。もう1コ見つけた」客、拍手

「というわけで、もう1つ読ませていただきたいと思います」

「咲子へ。

お誕生日おめでとう。もう23歳ですね。

あなたを産む時は本当に大変でした。切迫流産で半年の入院を余儀なくされ、ただただ無事に産まれてくることを毎日毎日祈っていました。

無事産まれ、幼稚園に入った頃から、ピアノを習い始めました。常にコンクールや本番があったため、あまり遊ぶことはできなかったと思います。それでも「辞めたい」と言ったことは、一度もありませんでしたね。

音大に進み、普通の人生を送るはずだったのに、私がAKBに応募したためにまったく違う華やかな人生になってしまったこと、それが咲子にとって本当に良かったのか、時々考えることがあります。

きっと親に言えないような辛いことや苦しいこともたくさんあるでしょう。あのまま普通の人生だったら、普通の生活だったら、そんな辛いこともなかったんじゃないかと責任を感じることもあります。

でも、あなたがファンの方々に愛され、素敵なメンバーさん、支えてくださるスタッフのみなさんに囲まれて笑顔の時は、私もホッとします。

これから先も辛いこと、苦しいことがたくさんあるかもしれません。でもあなたの周りには素敵な仲間や、スタッフのみなさん、そして、ファンの方々がついています。そういう方々への感謝の気持ちを忘れずに、これからもがんばってください。

パパも私もお兄ちゃんも、みーんなあなたの味方です。それを忘れないでね。パパも私もあなたのおかげで、本当に楽しい、幸せな人生です。私たちのところに産まれてきてくれてありがとう。

みなさん、これからも松井咲子をよろしくお願い致します。母より」客、拍手

「どうですか?」
松井咲子「ビックリした。しーちゃんのも十分ほんとに嬉しかったけど、なんでしーちゃんだろうって思ったから」客w

「すごく嬉しかったけど、なんか、そしたら母からもお手紙もらえて。ほんとに手紙にもあったようにAKBに入ったきっかけは母が応募してくれたのがきっかけでAKBに入っていて。もともとAKBは大好きだったんですけど、AKBになりたいって思ったことはほんとは正直なくて、私はどちらかと言ったら、アイドルが好きなほうの人間なので、応援してるだけで十分だと思ってたんですけど、今はほんとに母に感謝して、AKBに入れて良かったなと思っています。ありがとう、まりやんぬも読んでくれて」
鈴木まりや「こちらこそいつもありがとうございます」客、軽くw

「12月10日に23歳を迎えましたが、23歳はどんな年にしたいですか?」
松井咲子「そうですね、23歳の年は、んーと、22の年がすごく自分と向き合えた年だなと思いまして。いろんなお仕事が増えたりとかした反面、若い子の勢いにすごく焦ったりだとか、姉妹グループにもピアノキャラが出てきたりだとか」客w&反応

「すごく、それがあったおかげで自分と更に向き合えて、もっともっとがんばろうと思えたし、チームAだった大事な友達というかメンバーも卒業して行ったりとかして、更にすごく自分の視野が広くなったおかげで今こうやってチームAのメンバーを外側から見れるというか、すごく客観的にメンバーのことを年上ということもあって見られるようになったので、すごくプラスになった1年だったかなと思ったので、23の年はそのプラスになったことを活かしてもっともっとファンの方が喜んでいただけるような活動をたくさんしたいなと思っています」客、拍手

鈴木まりや「それでは今日こうして咲子のためにいろいろと集めてくださったり、配ってくださったり、生誕祭を企画してくださったり、応援してくださったファンのみなさんにメッセージをお願いします」
松井咲子「まずはみなさん本日来てくださって本当にありがとうございます。

えーと幕が開いた瞬間にすごく知ってる顔がたくさんあったので、すごくそれだけで安心しました。

なんか私のファンの方は私に似て、いろんなアイドルが好きだって」客w

「すごく私に言ってくるんですよ。例えば私がいろんなアイドルを紹介する番組をやってると「あのアイドルがいいな」とかその現場に実際に行ったりとか、ほかのメンバーのところにたくさん並んでる情報がたくさん入ってきて」客、ざわw

「私のファンの方で、私をイチ推しにしてくれてる方ってほんとは片手ぐらいしかいないんじゃないかなって」客、軽くw

「ずっと思っていたんです。でも、今年はそのファンの方のおかげでほんとにギリギリ総選挙にも入れたりだとかファンの方に助けられた部分がほんとにたくさんあったので、そんなファンの方にはほんとに感謝の気持ちをこの1年たくさん伝えていきたいなと思いますし、私をちゃんとイチ推しになってもらえるように、またAKB入って6年目になりますけど、更に気を引き締めて、推し変されないようにがんばっていきたいと思いました。

みなさんほんとに今日はサイリウムだったり咲子コールだったり、なんか猫を持ってくれたりありがとうございました。ほんとに幸せな1日になりました。今日はありがとうございました」客、拍手

鈴木まりや「おめでとう」
松井咲子「ありがとうございました。緊張した、すごい。なんかさ、生誕祭の日ってさ、割りとオンデマが映りがちな日じゃない」客w

「なのにさ、今日新しく出てくれた子がさ、3人もいるのにさ、絶対そのファンの方はそのメンバーのこと見たいじゃん」
横山由依「ネガティブ」客w
松井咲子「なのにさ、私ばっかり映ってしまったら、私のこと嫌いになっちゃうんじゃないかと思って」
横山由依「ならないですよ」
松井咲子「すごい不安だったんだけど、でも逆に今日出てくれて、ありがとう。チームAのメンバーかわいいわ」客w
大島涼花「お母さん」

横山由依「咲子さんがいるからね、こうやってチームAもみんなでまとまってできてますから、ほんとに」客「おー」

「ありがとうございます、ほんとに。これからもチームAのお母さんとして」客w
松井咲子「わかりました」
横山由依「クソガキもいますけど」
鈴木まりや「クソガキがどんどん増えていきますけどね」
横山由依「いきますけど、これからもね、咲子さんらしく、ネガティブなところもみんな好きなので、これからもがんばっていきますさん」
松井咲子「ありがとうございます。ほんとにみなさん今日はありがとうございました」客、拍手

横山由依「じゃ~最後の挨拶をお願いしてもいいですか?」

# 手繋ぎ挨拶(1回目の掛け声:松井咲子) 「せ~の(バック)、せ~の(前進、お辞儀)、ありがとうございました(お辞儀)」客、拍手

メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:ハート・エレキ)

松井咲子「ありがとうございます。またぜひA公演見に来てください。ありがとうございました、幸せです」

鈴木まりや「さよなら!」
松井咲子「バイバイ、ありがとうございました」

# 公演終了


■AKB48 34thシングル「鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」MV上映

■ハイタッチお見送り (ロビーにて)


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】12月13日(金)「横山チームA」公演 (手書きメッセージ)

公演後の感想 → 松井咲子鈴木まりや

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]




カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ