FC2ブログ

阿部マリア 18歳の生誕祭 (2013/12/2、チームK)

AKB48劇場 チームK ウェイティング公演 77回目

■出演メンバー
チームK → 阿部マリア内田眞由美北原里英倉持明日香小林香菜島田晴香鈴木紫帆里近野莉菜中田ちさと永尾まりや野澤玲奈平田梨奈藤田奈那宮崎美穂武藤十夢
研究生 → 湯本亜美

■ポジション(全体曲)
大島優子武藤十夢小林香菜
前田亜美藤田奈那湯本亜美

(旧)秋元才加島田晴香野澤玲奈
(旧)松原夏海内田眞由美
(旧)仲谷明香宮崎美穂
(旧)増田有華平田梨奈


■開演
◆M00.overture
◆M01.青春ガールズ
◆M02.脳内パラダイス
◆M03.最終ベルが鳴る
◆M04.スクラップ&ビルド


■MC (自己紹介)
武藤十夢「みなさんこんばんは」
みんなで「AKB48チームKです」客、拍手

# 武藤十夢 序盤4曲紹介

本日のお題:子供の頃の夢はなんですか?

【1列目 上手側から】
内田眞由美「みなさんこんばんは! 内田さんこと内田眞由美です。よろしくお願いします」

「私の小さい頃の夢はですね、小学校3年生ぐらいの時に、小説家になりたいってちょっと思って、自分でプチ小説を書いたことをすごく覚えてます。いつか自分も作品を書けるような人になれたらいいなと今も密かに思っております」

永尾まりや「み~んなに幸せを届けたい、ウインクキラー、永尾まりやです。よろしくお願いします」

「私は幼稚園の時によく将来の夢とか書くのを見てたら「いい人」って書いてて、いい人になりたいらしかったんですね。それで現在私はいい人になれたんじゃないかなって思います。今日はちなみに阿部さんと一緒に目の下にほくろを書いたんですよ。カメラさん注目です。注目してみなさん今日も楽しんでください」

武藤十夢「チームKの武藤十夢です。よろしくお願いします」

「私の小さい頃の夢は、小さい子に将来の夢を訊く時って大きくなったら何になりたい?って訊くじゃないですか。それで私は大きくなるって、こうやって大きくなるほうだと思って、ゾウになりたいって言ってたんですよ。でも、幼稚園のお誕生会の時に、11月生まれの子から順番に言って行くんですけど、その時に、みんながケーキ屋さんとかお花屋さんとか言ってるのを聞いて、初めて、あっ、大人になったら何になりたいかを言わなきゃいけないんだって思った時から夢はアイスクリーム屋さんになりました」

倉持明日香「みなさんこんばんは。もっちぃこと倉持明日香です」

「私の小さい時の夢はイルカの調教師だったので、それはね、惜しくも、惜しくもかわからないんですけど、なれなかったので、今24歳の夢は十夢ちゃんの調教師です」客w

阿部マリア「高校3年生、17歳の阿部マリアと申します。よろしくお願いします」
鈴木紫帆里「18歳だよ」
阿部マリア「間違えた。今なんにも聞いてないです、みなさん」客w

「高校3年生、18歳の阿部マリアと申します。よろしくお願いします」客、声援&拍手

「ありがとうございます、ありがとうございます・・・はい、お時間です、ありがとうございます。なんでしたっけ? 小さい時の夢は、生誕の時に言うのもあれなんですけど、私の一番覚えてる範囲の私の小さい頃の夢は玉の輿結婚」客w

「すごく言うか悩んだんですよ。ほんとそれしかなくて、覚えてなくて。小学校の卒アルをこの前見たら、将来の夢「玉の輿結婚」って書いてあったので、いつかね、まだこれは叶ってないわけじゃなく、まだこの先にも可能性のある話なので、このまま持ち続けていこうかなと思います」


【2列目 上手側から】
中田ちさと「ふんわりわたあめのような甘い女の子になりたい、ちぃちゃんこと中田ちさとです。よろしくお願いします」

「私は小さい頃は幼稚園の先生にずっとなりたかったんですよ。で、高校卒業する時に、ほんとに大学に、幼稚園の先生になるために行こうか悩んだんですけど、どうしても子供に好かれなくて、諦めてしまったので」客w

「このお仕事でいつか子供と接するお仕事がこれからできたらいいなと思ってます」

近野莉菜「ミラクルミラクル? (きっとくる) ありがとうございます。二十歳の近野莉菜です。よろしくお願いします」

「私の小さい頃の夢は歌手だったんですけども、これは叶ったんですかね? 歌手なんですかね?AKB」
北原里英「半分ぐらい」
近野莉菜「じゃ~叶ったということで、良かったです」

平田梨奈「あなたのハートにひらひら舞い降りちゃうぞ♪ ひらひらひらで、ひらり~♪ ありがとうございます。大島チームK、15歳のひらりーこと平田梨奈です。よろしくお願いします」

「私はまだ子供なんで、将来の夢はみんなを幸せにできるような、今はアイドルなんですけど、ここを旅立って行ったら、歌手とか女優とか、で、みなさんを笑顔にできたらいいなと思います。今日の髪型が阿部さんにこうやってって言われたのでやりました」

小林香菜「ん~、負けない」
鈴木紫帆里「新しいキャッチフレーズ?」
小林香菜「これは野呂佳代ちゃんっていう、今ロンドンハーツさんにけっこう出てる元AKB48、SDNの子が考えてくれました。そして私の小さい時の夢はチューリップでした。かわいいでしょ? 今日もかわいくがんばります」

北原里英「愛知県から来ました、北原里英、22歳です。よろしくお願いします」

「ちっちゃい頃とはまたちょっと違うかもしれないんですけども、中学2年生の夏休みの宿題のひとつに将来の夢を作文に書くっていう宿題があって、それに私、幕張メッセのステージに立つって書いたんですね」客「おー」

「それで、今、幕張メッセってたくさんのことで使わせていただいてて、歌番組とかだったら、その幕張のステージに立てているということで、中2の頃の夢は叶ったということで、これからもどんどん夢を叶えていきたいと思います」

野澤玲奈「玲奈恥ずかしくってみんなのこと見れない。でもみんなちゃんと玲奈のこと見てね。JKT48チームJ、AKB48チームKの中学3年生、野澤玲奈です。よろしくお願いします」

「私はいっつも毎回子供の頃のこととかお母さんに訊くと毎回のようにバカにして言われるんですけど、玲奈はちっちゃい頃、友達に将来の夢何になりたいの?って言ったらパンダって言ったらしくて、それを毎回毎回聞かされるんで、それが私の将来の夢だったのでしょう」客、軽くw


【3列目 上手側から】
湯本亜美「15期研究生の高校1年生、ゆあみこと湯本亜美です。よろしくお願いします」

「私は小さい頃からダンスを習っていて、小さい頃の夢も今の夢もダンサーなんですけど、こうやって今AKBとしてダンスにかかわるお仕事をしているので、この先将来1人で立派なダンサーになれたらいいなと思います」

鈴木紫帆里「シアターを支える3本目の柱になりたい、しほりんこと鈴木紫帆里です。よろしくお願いします」

「私は小さい頃の将来の夢はなんでも屋さんになりたいってことで、いろいろたぶん夢があって、1コに決められないという理由でなんでも屋さんだったと思うんですけど、1つだけすごく覚えてるのが、小学校の1年生から4年生ぐらいまで、背の順ってあるじゃないですか。一番前でこうやってる人だったんですよ。私、身長がすごいちっちゃくて、130センチとか、小学6年生の時に140センチあるかないかぐらいだったんですね。なのに、その時からモデルになりたいという夢を描いてたんですけど、身長がちっちゃいとまず無理だと思って、とにかく大きくなりたいって思った結果がこれ」客w

「なったんですよ。だから、ちっちゃい頃から大きくなりたいとか思ってたら、今身長がちっちゃくて悩んでる子とかは大きくなると思うので、ぜひ希望を持ってください」

島田晴香「大島チームKの島田晴香です。よろしくお願いします」

「私はですね、駄菓子屋さんになりたかったんですけど。ちっちゃい頃ずーっと駄菓子屋さんに行ってたんですね、小学校終わるたんびに。で、ガムとかって10円払うと当たりの色とかあるじゃないですか。それが当たりが出るまでずっとやりたかったから、駄菓子屋さんって書いたんです。運営側になれば幾らでもできるじゃないですか。だから、駄菓子屋さんになりたくて、小学校1年生から小学校6年生ぐらいまでの全部見ると駄菓子屋さんって書いてあって、あとその理由はっていうのにその1つが、ガムをずっと押し続けられる、2 いつでも食べれる、3 カップラーメンあるじゃないですか、有名なやつ。それがいろんな種類あるじゃないですか、駄菓子屋さんに売ってるやつって。それがものすごく大好きなのと、私生きてた中で1回も当たりが出たことないんですね、あれで。なので当たりを求めに駄菓子屋さんになりたいっていうのをずっと書いてたみたいで、今だとちょっと駄菓子屋さんが少なくなってきちゃってるので、駄菓子屋さん大好きなんで、将来なんか、できたら駄菓子屋さん開けたらいいなってちょっと思ってるんで、叶うかわかんないんですけど、駄菓子屋さんは今でもたまに見つけると100円ぐらいかな、けっこう買っちゃいますね、大好きなので」

藤田奈那「せ~の、マリア! 16歳、なぁなこと藤田奈那です。よろしくお願いします」

「私は小さい頃なりたかったのは滑り台なんですけど、私、滑り台がすっごい好きだったんですよ、幼稚園の頃に。なんか、ちっちゃい子独特の好き=なりたいみたいな思考あるじゃないですか。だから私、紫色好きだったから、紫の滑り台になりたかったんですね。そういう安易な考え方で滑り台になりたいって言ってたんですけど、小学校入って最初にできた友達と夢の話をした時に「何なりたいの?」って言われて「紫の滑り台」って言ったら、「あー」みたいな、そういう人なんだみたいな感じになっちゃったので、それ以降言わないようにしてたんですけど、でも絶対私思うんですけど、この中に滑り台になりたかった人絶対いますよね? ほらいるって。なのでみなさん滑り台になれるようにがんばりましょうね」

宮崎美穂「ド・レミ・ド・ミ・ド みゃお~! ありがとうございます。二十歳のみゃおこと宮崎美穂です」

「私はですね、皮膚科の先生になりたかったです。これはもうほんとに小さい頃から変わってないんですけど、理由がありました。私、もともと皮膚があんまり強いほうじゃなくて、荒れると近くの皮膚科にかかってたんですよ。それで、私もどんどん小学校中学校なって行くにつれて、そこの皮膚科、お家と一緒になってる皮膚科だったんですね。で、すごいちっちゃかったのに、どんどん歳を取るにつれて大きくなっていったんですよ、家が。だから「あっ、ここの皮膚科こんなに儲かってんだ」と思って」客w

「ほんと大きいの、家が。だから、小さいながらに皮膚科になったら家がでかくなるんだと思って、ずーっと将来の夢はなんですか?言われたら皮膚科ですって言ってました。今はね、皮膚科ではないですけど、自分の夢を追い続けてがんばりたいと思いますので、今日もよろしくお願いします」

島田晴香「チームK公演、以上のメンバーでお送り致します。続いてはメンバーの新たな一面が見れるユニットの登場です。どうぞ」客、拍手
客「みなさん青いサイリウムでお願いします!」


◆M05.誘惑のガーター (内田眞由美阿部マリア倉持明日香)
◆M06.星の温度 (永尾まりや)
◆M07.キャンディー (中田ちさと平田梨奈野澤玲奈)
◆M08.初めてのジェリービーンズ (武藤十夢北原里英小林香菜)
◆M09.ヒグラシノコイ (湯本亜美近野莉菜)
◆M10.エンドロール (宮崎美穂島田晴香藤田奈那鈴木紫帆里)


■MC
野澤玲奈倉持明日香阿部マリア平田梨奈中田ちさと内田眞由美

倉持明日香あべまについて

平田梨奈「阿部さんのブログに写真を大量に載せているんですよ。阿部さんと同じ現場にいるとみんなに周りながら「写真撮らせて」って言って、みんなが仲良くしてる写真を撮ってくださって、それを上げてくださるのがすごい嬉しくて。私、以外とよく載っていて、それが嬉しいです」
阿部マリア「だってカメラこうやってやってると来るんだもん」客w
中田ちさと「画質もキレイだしね」
平田梨奈「写真撮るのも上手で」
内田眞由美「意外と豆なのね」
阿部マリア「そうですかね? そうかな?」

中田ちさと「マリアは意外と仲良しだよね」
阿部マリア「そう、意外と仲良しなんですよ」客w
倉持明日香「その意外がわかんないけど」
内田眞由美「どういうところが共通点」
阿部マリア「なんでなんだろう」
中田ちさと「なんでなんだろうね」
阿部マリア「でも2人ともサッカーが好きで」
倉持明日香「よくサッカーの話してる」
阿部マリア「会うとサッカーの話しかしてない」
中田ちさと「熱が上がって「昨日の試合見た?」みたいな」
倉持明日香「ちぃちゃん基本怒り気味だもんね」客、軽くw

「サッカーに対してはね、熱くなっちゃう」
中田ちさと「そこで勝てよ。シュート入れろよとかすごい言っちゃう」
倉持明日香「あそこで入れるべきだよねってこの間言ってたもん、ちぃちゃんが。解説者みたいになったもんね」

内田眞由美「私は個人的にマリアが大好きで」
阿部マリア「ウソだ絶対。聞いたことない」
内田眞由美「言ったよ。マリアがいないとこでも私けっこう言ってるけれど」
阿部マリア「うそ?知らない」
内田眞由美「キレイで大人っぽい感じが羨ましいなと思って。もし私が男だったら、絶対好きなタイプ」
阿部マリア「ほんとですか? ありがとうございます、内田姉さん(棒読み)」客、軽くw
中田ちさと「心のこもってない姉さん」
内田眞由美「ほんとよ」
阿部マリア「ありがとうございます」
平田梨奈「スタイルほんとにいいですよね」
阿部マリア「そんなにフューチャーされることがあまりないので、訊いちゃうんですよね」
倉持明日香「たしかに自分のことあまり言われることないもんね。今日は特別な日ですから」
阿部マリア「ありがとうございます」

倉持明日香「玲奈ちゃんはある?」
阿部マリア「ないよね?」客w
野澤玲奈「そんなことないです」
中田ちさと「あるよね」
野澤玲奈「阿部さんすっごい優しさんで、例えば、ちょっとなんかね、リハーサルとかでぶつかったりしても「ごめんなさい、ごめんなさい」ってすごいなんか・・・優しいの」客w

「いっつもいろんなことすごい教えてくれて、こういう振りだよとか言って、すごい教えてくれます。なんでとっても優しいです」
阿部マリア「ありがとうございます」
野澤玲奈「いつもありがとうございます」
阿部マリア「こちらこそありがとうございます」客w
中田ちさと「なんなの?これ」
内田眞由美「距離感が見えたね」
阿部マリア「助けてください」客、軽くw
倉持明日香「でもあべまほんとに、後輩メンバーなんだけど、ひらりーとか玲奈ちゃんとか新しく入ってきたりとか、研究生の子とか4の子がステージに立つと、振りを教えてくれるんですよ、ほんとに。率先して、その振りこうだよとか教えてる姿を見て、あっ、大人になったなと思って」客、軽くw
阿部マリア「ありがとうございます」
倉持明日香「K始まった当初から比べるとね」
平田梨奈「研究生の時、一緒の時あったんですけど、「シアターの女神」公演あったじゃないですか。その時に「嵐の夜には」の曲の阿部さんがヤバイんです。さっきのガーター、今日初めての」
中田ちさと「私たちリハーサルを実はセンターで見てたんです」
阿部マリア「すっごくやり辛くて」客w
平田梨奈「今日リハーサルの時、阿部さんがガーターをちゃんと付けてて、投げる時に私ゲットしたんですよ!」客、拍手
阿部マリア「ありがとう」
内田眞由美「私もやっててね、隣ですごいオーラを感じた」
阿部マリア「内田さん間違えまくってましたよね、なんか」
内田眞由美「リハでしょ? 本番はちゃんとやるから」
倉持明日香「ガーター初めてやった感想はどうでしたか?」
阿部マリア「なんか、やっぱ18歳にならないとできなかったのでやってみたんですけど、ファンの人が喜んでくれたらそれでいいかなと思いました」客、拍手
内田眞由美「いいこと、いいこと」
倉持明日香「またあべまのガーターいつやるかね、わかりませんが、みなさんまたぜひ見に来てください」

# 他のメンバーたち入場

倉持明日香「ここからは大島チームKそして48グループをお楽しみください」


◆M11.ただいま 恋愛中
◆M12.ALIVE
◆M13.オネストマン
◆M14.走れ!ペンギン
◆M15.姉妹グループメドレー
(1) 孤独なランナー ※ソロダンス:阿部マリア
(2) 強き者よ
(3) 絶滅黒髪少女
◆M16.転がる石になれ


■MC
◆前半:小林香菜阿部マリア野澤玲奈倉持明日香島田晴香武藤十夢武藤十夢永尾まりや内田眞由美

島田晴香「メンバーと生活していると不満というか、言いたいこととかあるじゃないですか。なのでここではここだけは言わせてをやりたいと思います」
内田眞由美「言い方が嫌だわ」客w

小林香菜「あべま」客「おー」

「さっき自己紹介で目の下にほくろ描いたって言ったじゃない。私、目の下のほくろ取ったから」客、軽くw

「いちいち描かなくてもいいの。あなたは今日は誕生日なんだから、ありのままで出なさいって」
阿部マリア「すみませんでした」
小林香菜「取りな、取りな。誰がそれやろうって言ったの?」
阿部マリア「言っていいですか? 私、誕生日の日の夜中にメイク落としてたら、ここに黒いのできて、それでメイクだと思ってずっとこすってるんですけど取れないし、傷だと思って引っ掻いてるんですけどまったく引っ掛からなくて、ほくろができたんですよ」
倉持明日香「誕生日の日の夜に?」
小林香菜「聖なる夜に?」
阿部マリア「できたんですよ。で、メイクさんにも言って、これほくろだねってなって、ファンデーション塗ったら消えちゃったから、ちょっと足したっていう」
倉持明日香「逆にね。でも誕生日の夜にできたらなんか縁起がいいんじゃない?」
阿部マリア「縁起いいんですかね? 今年1年こいつになんかいいことをしてもらえたら」
小林香菜「そうだよ、運貯まってる貯まってる」
阿部マリア「でも取ったんですよね?」客、軽くw
小林香菜「ほくろ取ったりすると運気変わるっていうけど、まったく変わんないよ」客w

「私がずーっと誰にも目立たないように生きてるからわかんないだけかもしれないけど。だって私、この手のひらのほくろは運を掴むって言われてるの。あるんだけど、何もないよ」客、軽くw

「若いから大丈夫。がんばりな」

武藤十夢「倉持さん、調教とか言わないでください」
倉持明日香「ほんとね、十夢ちゃん私のこと大好きなんですよ」
武藤十夢「違いますよ。嫌いなわけではないんですけど」
倉持明日香「もうね、十夢ちゃんの愛がね、ビシビシ伝わってくるからしょうがないから」
武藤十夢「倉持さんが私のこと好きなんですよね」
倉持明日香「それは調教師だもんね。十夢ちゃんは楽屋で私が着替えてるじゃないですか。その時に走ってきて、耳サって触って、どっか走って逃げるんです。私のこと好きとしか思えないから」
島田晴香「私も耳触ろうとしてますけど」
倉持明日香「島田さん大丈夫です」客w
島田晴香「すごい勢いで叩くんですよ」
小林香菜「でも好きなんでしょうね、そういう態度するってことは。それが思わせぶりだったら、立派な・・・」
メンバーたち「出てこない」
小林香菜「思わせぶりだよ」
倉持明日香「思わせぶりだったら傷つくよ」
小林香菜「女の子だからね、倉持」
倉持明日香「そんなね、すぐ傷癒える歳じゃないから」客、軽くw
武藤十夢「倉持さん何歳でしたっけ?」
倉持明日香「来年成人式です」
島田晴香「きついっすきついっす」客、軽くw
倉持明日香「うるさいわ」
島田晴香「来年成人式はちょっときつい」
倉持明日香「それは思った。ごめんね」

野澤玲奈「なんだろう、みんなに声が子供っぽいって言われるのが嫌です」
倉持明日香「キャンディーのね」
島田晴香「みんな子供っぽいじゃなくて、かわいいってなってるからね」
野澤玲奈「でも私は大人なんです」客、軽くw
島田晴香「そこが子供なんです」
野澤玲奈「私は大人なんです」
小林香菜「いいじゃん、でもさ、かわいいって言われて嬉しくない? だってさ、(島田は)かわいいって言われないんだもん」
島田晴香「そうだよ、かわいいって言われるだけ存分にいいと思ったほうがいいよ」
小林香菜「そうだよ。だって「おい島田」って呼び方とさ、「おい、玲奈ちゃん」のほうが全然嬉しくない?」
島田晴香「おい野澤って言われるのと、おい島田って言われるのどっちがいい? 玲奈ちゃんのほうがいいでしょ?」
野澤玲奈「でも、そうですね」
小林香菜「もうちょっとしたらいろんなキャラクターを試してみたらいいんじゃない? 今はそのまんまでいいの」
倉持明日香「香菜ちゃんはなんなの?」客w

「なんか悟り開いたよね」
小林香菜「なんか最近ね、悟り開いたね」客、軽くw

島田晴香「後半のメンバーに訊きたいんですけど、藤田奈那ちゃんどうですか? メンバーに言いたいこと」

# 後半チーム入場

藤田奈那「マリアに言いたい。私のことを雑に扱うな」客w
阿部マリア「しょうがないじゃん」

# メンバーチェンジ

◆後半:鈴木紫帆里湯本亜美平田梨奈北原里英宮崎美穂藤田奈那中田ちさと近野莉菜

平田梨奈やってみたいサプライズ

「私、ほんとにやってみたくて。巨大ケーキの中からバーンって出てきたい」
中田ちさと「生クリームだらけよ、体」
平田梨奈「あの、違います。ケーキみたいな箱。プレゼント箱でいいや。ケーキの下の箱からバーンって出てきたい」

宮崎美穂「私この間友達が誕生日だったんですよ。それで、今年はやっぱりサプライズとして祝おうと思って、すっごいずーっと悩んで悩んでやったやつ言っていいですか? あのね、らぶたんもいたんだけど、その友達に今日熱が出ちゃったから行けなくなったったって言ったの」
メンバーたち「なったった」
宮崎美穂「行けなくなったったって言ったの、まず。それで、伝えてもらったら「マジで?」みたいな。超テンション下がって。でも12時ピッタリにめっちゃ巨大ケーキと共に登場した」
メンバーたち「すごい」
宮崎美穂「喜んでくれて、泣いてくれた。大成功だったの。それをずーっとやりたくて、やっとこの間実行できたよ、みたいな」
近野莉菜「そういう風に思ってくれて友達幸せだろうね。嬉しくない?自分のためにそんなに考えてくれてさ」
宮崎美穂「ちなみにサプライズされたことある人?」
平田梨奈「はい。ありますよ」
北原里英「いつ頃?」
平田梨奈「小さい頃ですよ」
北原里英「やっぱりアメリカンだから」
平田梨奈「お城みたいな家があるんですよ、アメリカに。なんも言わずに「今日は家見に行くよ、見学しに行くよ」みたいな。家に入ったら、床におもちゃが大量に置いてあるんですよ。そしたら大人の人が「よーい、スタート」って言って、子供たちがみんな来て、「お誕生日おめでとう」って言って、今からどれだけこの時間でプレゼント、おもちゃを拾えるかって急に言われて、ヤバイヤバイってなって、おもちゃがんばって拾いました」
鈴木紫帆里「それ全部拾ったものもらえるってこと?」
平田梨奈「全部拾えます。すごいビックリしました。ケーキの中にお人形さんが入ってて」
宮崎美穂「ケーキの中にお人形さんいるの? じゃ~さ、分けられて、イチゴがーとかやったら髪の毛出てくるみたいな」
平田梨奈「違うんです。お人形がポーンって真ん中に入ってて、ドレスを着てて、そのドレスがケーキ」
鈴木紫帆里「すごいね」

湯本亜美「私はですね、お誕生日の定番と言えば顔に生クリーム、バーンってやるじゃないですか。あれをやりたいし、やられたんですよ」
鈴木紫帆里「それをチームKの中で言ってしまう?」客w
藤田奈那「チームK、顔面ケーキ恒例ですよ」
近野莉菜「全力でやっちゃうよ」
湯本亜美「よく土保瑞希ちゃんが学校でそういうお誕生日の子がいると、学校でやるらしいんですよ、そういうことを。そういう写真とかを見せてくれて、すごい楽しそうだなと思うので、やってみたいです」
近野莉菜「誕生日いつ?」
湯本亜美「私、10月です」
近野莉菜「あー」
島田晴香「だいぶ先だよ」
宮崎美穂「なんかおめでとう」客、軽くw

近野莉菜「今日はね、あの子のね、生誕祭ということでね、みなさんこの後も盛り上げていきましょう。ということで次が最後の曲になります」


◆M17.夕陽マリー


■アンコール
有志の方「今日は11月29日に18歳の誕生日を迎えた阿部マリアさんの」一同「生誕祭です!」拍手

代表「悔しかった」一同「総選挙」

代表「嬉しかった」一同「じゃんけん大会」

代表「夢が叶った」一同「モデル○○」

「18歳の1年もマリアさんらしく突き進んでください。今日のアンコールはこれからのマリアさんの活躍を期待して、マリアコールでお願いします」客、拍手

(女性)「マリアコール、いくわよ!」

「マリア」コール


◆EN01.ヘビーローテーション
◆EN02.ファースト・ラビット


■MC
倉持明日香「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

倉持明日香「ヘビーローテーション、ファースト・ラビット 2曲聴いていただきました。本日の公演もみなさまの温かい声援で終わりに近づいています。ここで今日の公演の御礼と感想をメンバーを代表して1人から言わせてください。今日は、しほりん」

鈴木紫帆里「みなさん本日はご来場いただきありがとうございます」客、拍手

「この大島チームKになって1年ちょっと経つんですけれども、私はこの大島チームK公演は実は皆勤賞で」客、拍手

「今日までフル出演をさせていただいていて、今日で言うとゆあみちゃんが初めてのポジションで、2回目のチームK公演だったり、なぁなが初めてのポジションだったりして、毎日チームKのメンバーでもいろんなポジションやったり、いろんなメンバーが出演したりして、毎回毎回新鮮味があるっていうか、絶対同じ公演は今までに1回もなかったと私は思います。来年もたぶんこの大島チームK続くと思うし、新セットリストもね、たぶん来年あるという予想なので」客、反応

「私たちもよくわからないんですけれども、ぜひ待っていただいて、今年たぶん12月は2と5の付く日は全部チームK公演なんですね。なので ぜひまた年末お時間があればメールを送っていただいて、ぜひチームK公演に遊びに来てください。本日はありがとうございました」客、拍手

倉持明日香「しほりんが言ってくれたように、いろんなメンバーがいろんなポジションをやって、今日はですね、あべまの生誕祭がありますが、あべまがなんとユニットを変えるという」
阿部マリア「本当に申し訳ない」
倉持明日香「ファンの方は衝撃で驚きで今手袋をされてらっしゃいますけども」客w
小林香菜「私さ、すっごい申し訳なかったもん、私があべまのところやってたの。ごめんなさいと思った、自分」客、軽くw
宮崎美穂「そんなこと思わないで」
倉持明日香「メンバーがいろいろな、メンバー自身もファンのみなさんにいろいろなサプライズと言ってはいいんでしょうが、わかりませんが、いろんな表情を見せていきたいなと思っています。この劇場でしか見られないMCだったり、メンバーとのいろんな表情だったりをこの劇場で見せていきたいなと思っていますので、またぜひいろんなサプライズを期待して、また遊びに来ていただけたら嬉しいです。本日は本当にありがとうございました」
メンバーたち「ありがとうございました」客、拍手

倉持明日香「それでは本当に最後の曲です。みなさんも今日1日の出来事を思い浮かべながら聴いてください」


◆EN03.To be continued.


阿部マリア 生誕祭
平田梨奈「本日はご来場誠にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 永尾まりや ハイタッチ案内

# 平田梨奈 「鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」MV上映案内

タイトルをスラスラと言え、客席から拍手

「この曲はですね、すごいみんなで盛り上がれるようなとっても王道アイドルソングで、みなさん良かったら楽しんで聴いてください。それでは最後の挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶「せ~の(バック)、せ~の(前進)」
島田晴香「ちょっと待った!」客、拍手
メンバーたち「どうしたの?」「やめる?」
島田晴香「違う。みんな寂しがるなってそんなうちがみんな大好きだからって」
メンバーたち「お疲れ~」
島田晴香「違いますよ。今日はですね、11月29日で18歳のお誕生日を迎えた阿部マリアちゃんの生誕祭です!」客、拍手

「せ~の、マリア、お誕生日」
みんなで「おめでとう」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ搬入&ロウソク火点け

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア マリア ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」

阿部マリア → ロウソク火を吹き消す(5フーぐらい) 直後に特効発射(客、拍手)

島田晴香「18歳になったと思うんですけども、ある方から」
阿部マリア「えっ?何?」
島田晴香「お手紙のほうを」
阿部マリア「ウソでしょ?」
島田晴香「預かっておりますので、私が代わりに読ませていただきたいと思います」
阿部マリア「うそ? 島田さんじゃないよ」客w

島田晴香阿部マリアちゃんへ。18歳のお誕生日おめでとう。

今日は生誕祭ということで、私たちからお手紙を書かせてもらいました。長くなるので覚悟して聞いてください」

「マリアは昔からダンスがすごく上手で、いつもパフォーマンスを見ていてすごいな、かっこいいなと思っています。

私がチームKになったばかりの頃は馴染めるか不安で、でも同期のマリアが同じチームにいるということだけで心強かったです。いつもは適当にあしらわれるけど、私が自主練をしていたらご飯とお菓子をいっぱい買ってきてくれたり、そんな他人想いなマリアと同じチームになれて良かったと心から思います。これからもよろしくね。藤田奈那

「最初はちょっと怖いと思っていたマリアちゃんと今ではくだらない話で笑うくらい仲良くなれるなんてビックリです。人見知りなだけだったんだよね。

クールで他人に興味なさそうって思われがちだけど実は優しくて、同期想いで、そんなマリアちゃんと同期で良かったです。これからもニコイチってことでよろしくね。小林茉里奈

「研究生の時はダンス習ってたという共通点があって、お泊りしたり、ダンスの練習したり、よく一緒にいたね。今はチームが違うからなかなか会えなくなっちゃったけど、逆に久しぶりに会うと甘えちゃうんだ。

大人っぽいし自分の意志をしっかり持っているマリアちゃんは尊敬するし、10期の中でも素敵な存在です。

これからもいっぱい甘えさせてね。よろずな(w)

今度は10期会みんなでしようね。伊豆田莉奈

「マリアちゃんはダンスが上手くて本当に色々な部分で憧れます。

一回口を聞かないほどケンカをしたことがあったよね。その時は2人とも子供だったなって思います。

だけど今となっては私はすごく仲いいと思っているし、ケンカがあったからこそ心が開けたのかなと思っています。

みんな想いのマリアちゃんが私は大好きです。これからもよろしくね。加藤玲奈

「マリアちゃんは見た目からして大人っぽいし、しっかりしててお世話もしてくれるから、お姉ちゃんみたいな存在です。

だけどやっぱり子供なんだなって思うところもあって、気持ちが態度や行動に出やすかったり、周りに誤解されやすいこともありますね。それは自分に正直だからであって、最近はすこし我慢をするようになったことを知っています。

でも我慢と1人で抱え込むことは違います。相談してくれた時はすごく嬉しかったんだよ。だから辛い時は頼っていいんだからね。10期のみんなもいるし、マリアちゃん大好きだよ。昨日お部屋も片付けたからいつでもお泊りにおいでね。市川美織

「最近「マリ大人だからさ」なんてよく言ってるけど、同じ年の私から見てもまだまだ子供だよ。でもいろんな気持ちを我慢するようになったなーって思います。

我慢も時には必要だけど自分を壊さない程度にね。すぐ態度に出ちゃうところ、何でも言っちゃうところ、それだってマリアらしさなんだから、我慢し過ぎず溜め込まないで、話せる人に話してください。私で良かったらまた焼き肉行こう。

私が元気ない時には手を差し伸べてくれるよね。ご飯誘ってくれたり、一緒に遊んでくれたり。

AKBに入ってから出会ったけど、昔から一緒にいるお友達みたいです。いつもありがとう。これからも仲良くしてね。また後で。入山杏奈

「昔からのモデルという夢を叶えて、紙面で活躍している姿を見ると私たちも嬉しいし、とても刺激を受けています。これからも良き仲間、良きライバルでいてください。改めて18才のお誕生日おめでとう。10期一同より」客、拍手

藤田奈那「泣いてるの?」
島田晴香「10期のみなさんからのお手紙でしたけども」
阿部マリア「嬉しい.知らなかった。さっきもメールしてたじゃん、朝」
藤田奈那「でもね、マリアがいないところでみんなでね、やってたんだ」
阿部マリア「鼻水出ちゃった(振り返り、奥の壁へ)」客w
島田晴香「いいんだよ、そういうところもね、かわいいんだから、いいんだよ」

「18歳になったということで、18歳の1年どんな1年にしていきたいですか?」
阿部マリア「みんながなんか気づいてくれてちょっと恥ずかしい部分と嬉しい部分とあったんですけど、いろいろ自分の中で考えて喋ったり。そうなんです、18歳は考えて喋るようにしようっていう風に一応思っていて、そう、ウソがつけなかったり、なんでも顔に出ちゃったり、なんでも言っちゃったりするんで、ファンの人を傷つけたこともたくさんあると思うし、今まで。私、メンバーとかにもけっこうストレートに言っちゃうので、それをね、どうにかしようっていう風に思っていたんですけど、それもマリアらしさだよって言っていただいたりして、その、みんなから今年は、17歳はみんなからすごいいろんなことを刺激を受けて、みんなからいろいろ学んで、それで大人になろうってちょっと思いまして、で、18歳になって、まだたぶん、一緒にオールナイトニッポンやった時も、もうなんか自分さらけ出し過ぎだったし、まだできてないかもしれないんですけど、もうちょっと、なんだろうな、あんにんとかもすごい考え方が大人だったり、周りには素敵な先輩がたくさんいたり、やめちゃった人もすごくいい、周りに私はほんと恵まれてるなーと思うことが多いので、周りの人のいいところをたくさん吸収して、ちゃんと口だけじゃなく、大人になりたいと思います」客、拍手

島田晴香「今日ユニットは違いましたけども」
阿部マリア「ほんとに申し訳ないよね」
島田晴香「手袋を用意してくださったりとか、サイリウム振ってくださった素敵な生誕祭を開いてくれたファンのみなさまにひと言」
阿部マリア「まずはほんとに申し訳なかったです」客w

「オレンジのサイリウムぐらいかなと思ってたから、まぁガーターはないけどまぁいっかと思って、驚かすの好きなんですよ、人を。だから、サプライズしたくて、で、どうしても昨日も握手会で「ユニット、ジェリービーンズだよね?」って確認されたのに「はい、そうです」とか言って」客w

「ドヤ顔で言っちゃって、まさかこの手袋あると思わなかったから、ほんとに申し訳なかったなっていうのと、でも昨日ですね、なんか握手会ですごくファンの方が18歳になったのを喜んでいて、なんだろう、変態なファンの方が多くて、私」客、軽くw

「それに気づいてさらけ出していただいて、なのでなんか、ガーターとエンドロールで迷ったんですよ。なんか、大人っぽい面も見せたいけど、エンドロールもファンの人やってって前から言っていただいてたから、どうしようか悩んだんですけど、ガーターにして良かったと思いました、ほんとに」客、拍手

「すみません、ありがとうございます。なんか、なんだろう、ほんとに入ったばっかりの時はほんとにブサイクだったし、愛想悪かったし、なんでAKB入ったんだろうこの子ってぐらいだったので、ファンの方にこう今こんなファンの方がたくさんいて? ファンの方がいて、こう会場を一体となるなんて考えてもいなかったので、私考えて喋られてないですね、まだ」客w
島田晴香「すぐになれるもんじゃないからいいんだよ、少しずつで」
阿部マリア「うまくまとまんないんですけども、入った時から今までやってきて、去年はほんとにいろいろ自分の中で心変わりが多かったので、その感じで、どんどん自分も前に進んで行って、ファンの方もついてきて、背中を押してきていただければ嬉しいなと思います。今日は素敵な会を開いてくださってありがとうございました」客、拍手

「鼻水は止まりました。なんか難しいですね、大人になるの」客、軽くw
島田晴香「少しずつ階段を上がっていきましょう、一緒に」

# 手繋ぎ挨拶(掛け声:阿部マリア)「せ~の(バック)、せ~の(前進、お辞儀)、ありがとうございました(お辞儀)」客、拍手

メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:ハート・エレキ)

阿部マリア「ありがとうございました」

# 公演終了


■ハイタッチお見送り (ロビーにて)


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】12月2日(月)「大島チームK」公演

公演後の感想 → 島田晴香阿部マリア藤田奈那

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

dTVチャンネルにて AKB48全国ツアー 見逃し配信中 new2.gif
dTVチャンネル
チーム4千秋楽(1/20まで)、 チームB千秋楽(1/21まで)、 チームK千秋楽(1/22まで)、 チームA千秋楽(1/23まで)