FC2ブログ
HKT48「3-2」 初回Type-A / 初回Type-B / Type-A / Type-B
AKB48「失恋、ありがとう」 初回限定盤A / 初回限定盤B / 初回限定盤C
乃木坂46「しあわせの保護色」 初回限定A / 初回限定B / 初回限定C / 初回限定D
NMB48「23rdシングル」 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D new2.gif

SKE48リクエストアワー2013&神戸コンサートエピソード (2013/10/28、チームS)

SKE48劇場 チームS 4th「RESET」公演 13回目

■出演メンバー
チームS → 阿比留李帆石田安奈磯原杏華江籠裕奈大矢真那木崎ゆりあ後藤理沙子斉藤真木子佐藤聖羅都築里佳出口陽中西優香向田茉夏矢方美紀
研究生 → 北川綾巴北野瑠華

前座ガールズ → 野口由芽犬塚あさな折戸愛彩熊崎晴香

■開演前
折戸愛彩「チームSさんの公演では毎回公演が始まる前に前座ガールズが1曲披露させていただきます。今日は私たち4人がお届けします」

# 下手から順に自己紹介 (野口由芽犬塚あさな折戸愛彩熊崎晴香)

野口由芽「それでは歌わせてください。前座ガールズで檸檬の年頃」

◆M00.檸檬の年頃(前座ガールズ)

犬塚あさな「チームS公演始まります」

# 4人手を振りながら緞帳閉まる


■開演
◆M00.overture (SKE48 ver.)
◆M01.RESET
(OP → 矢方美紀?・中西優香出口陽)
◆M02.洗濯物たち
◆M03.彼女になれますか?
◆M04.ウッホウッホホ


■MC(自己紹介)
中西優香「みなさんこんばんは」
みんなで「SKE48チームSです」客、拍手

中西優香「チームS「RESET」公演始まりました!」
メンバーたち「イェー」客、拍手

# 中西優香 序盤4曲紹介 「みなさん盛り上がってますか?」客「イェー!」

「ありがとうございます(一同お辞儀)」客、拍手

「まずは自己紹介からさせていただこうと思うのですけども、今日の公演は前回の公演から26日経ったということで、この26日間にあったこと」客、軽くw

【1列目 上手側から順に】
斉藤真木子「大阪から来ました、19歳、女子大生の斉藤真木子です。よろしくお願いします」

「最近ココイチさんとのコラボが始まって、店内とかに置いてあるポスターに私も載らせていただてるんですけど、急にココイチさんが食べたくなった時に、店に行くのはすごい恥ずかしいなと思って、なんで恥ずかしいんだろうってなったんですけど、なんか恥ずかしいなと思ったんですよ」客、軽くw

「取りに行こうと思って、テイクアウトを頼んだんですけど、トッピングで私がお勧めしているゆで卵を私も頼んだんですよ。そしたらお会計の時にレジの人に「あっ、ゆで卵ですか。斉藤さん推しなんですね」って言われて」客w → 拍手&ひゅ~
メンバーたち「うそー?」
中西優香「恥ずかしい」
斉藤真木子「恥ずかしくて、これならお店で食べれば良かったなと思ったんですけど」客w

「今日はですね、ステージの上では人一倍輝けるように、斉藤真木子という存在感を出してがんばっていきたいと思います」

中西優香「真木子、私はシーフードが好きだな」客、軽くw

「巷で噂の男子系女子、中西優香です」

「先日の神戸でのコンサートの時にですね、私、出口陽ちゃんと同じ部屋だったんですよ。ちょっとホテルに入る時間がちょっと別々だったので、陽ちゃんが先にいたんですけど、ホテルの部屋にガチャって入った瞬間に出口陽ちゃんが「はぁー、今日ついてないわ」って」客w

「言ったんですよ」
出口陽「最近ついてなくてさ」客w
中西優香「今日はみなさんに中西が見れて、今日はついてるなと思っていただけるようにがんばりたいと思います。陽ちゃんも見てるね、私のこと」
出口陽「大丈夫」客w
出口陽「今日もみなさん一緒にテンションアゲアゲでいきましょう」

北川綾巴「あなたに必要な材料は? (りょうは!) ありがとうございます。あなたに必要とされたいな。ちょっぴりツンデレ、15歳の6期研究生、北川綾巴です」

「昨日放送されたんですけど、てんとうむChu!のドラマ見てくれた人? あー」
都築里佳「関東での放送だからね」
北川綾巴「そうなんです。良かったら見てください。綾巴も見てないんですけど、良かったら見てください。今日は久しぶりの公演で緊張してるんですけど、最後までよろしくお願いします」

木崎ゆりあ「いつも心に ピース! あなたの心に ゆりあピース! セブンティーンの木崎ゆりあです」

「この間おじいちゃんが誕生日を迎えまして。幾つになったの?っておじいちゃんとしてたんですね。そしたらおじいちゃんが「ゆうかは幾つになったんだ?」って私に訊いてきたんですよ。おっと、ゆうか? 私、ゆりあだけど間違えてんのかなと思って、えっ?って思ったら、中西さんのことを訊いてたみたいで」客、反応
中西優香「お世話になったます」
木崎ゆりあ「なんかね、私のおじいちゃん、中西さん推しなんですよ」客、おー&拍手
中西優香「えっ? そうなの!?」
木崎ゆりあ「なんか、中西さんよくうちに遊びにくるんですけど、そういう時に一緒にご飯とか食べに行って、好きになっちゃったみたいで」客、反応

「最近もなんか「優香」とか呼び出して、誰なんだって話なんですけど。でもなんか嬉しいですよね」
中西優香「ゆりあさん、ちょっとおじいちゃんによろしくお伝えください」
木崎ゆりあ「まだ誕生日プレゼントあげてないんで、今度ちょっと中西さんね、連れて行こうかなって思ってます」客「おー」

都築里佳「合言葉は~ ぴよす! ダンスに恋する17歳、永遠の中二病、りかちゅうこと都築里佳です」

「私、ほんとに最近なんですけども、ksgk選抜なるものをGoogle+上で発表してまして。昨日2人目、6期生の日高優月ちゃん発表したんですけど、一応今回は7人に絞ったんですけど、私入れようか入れまいかとすごい悩んだ人が5、6人ぐらいいまして。その6人で、予備軍となりますアンダーガールズというものを作ったんですけど、今日実はここでアンダーガールズのセンターを発表しようと思ったんですけど、実は2人で悩んでて、その2人が今ここにいるので」客「おー」

後藤理沙子さん、北川綾巴。ちょっとね、今日ここで、この公演でこの2人のksgk具合を見極めていきたいと思いますので、みなさんもちょっとそこ注目して、あとでGoogle+のほうにコメントでどっちのほうがksgkだったか教えてください。よろしくお願いします」


【2列目 上手側から順に】
磯原杏華「はっはー (はっはー) いつでもどこでも全力磯原いっきま~す! 17歳のきょんこと磯原杏華です」

「26日間なかなか会えない間も江籠さんとの仲は親友度をどんどん増していってるんですけども、最近、江籠さんすごい積極的に絡んできてくれるのはいいんですけど、ちょっと暴力的になってまして」
江籠裕奈「違う違う」
磯原杏華「さっきもね、私がお茶を飲んでいたんですよ。そしたら、この顔面スレスレをグーパンチするという荒業をかましてきてですね」
江籠裕奈「してないよ」
磯原杏華「あれっ? 私たち仲いいよなとか疑問に思う部分も出てきちゃったんですけど、仲いいよね?」
江籠裕奈「仲いいですよ」客、軽くw
磯原杏華「仲いいということなので、それは安心してですね、今日の公演では江籠さんとの仲良しっぷりとか、メンバーとの絡みを見て行ってください」

向田茉夏「フラッフィボイス、SKE48チームSの向田茉夏、17歳です」

「私にはですね、まつりなはけっこうペット的な存在なんですよ、私の中で。公演がない26日間でですね、新しくペット枠に入るメンバーが出てきまして」
阿比留李帆「李帆?」
向田茉夏北野瑠華ちゃんなんですけど。ほんとにかわいくて、動物で表すとトイプードルとたぬきのハーフっていうとこなので」客、軽くw

「これからいっぱいかわいがっていきたいと思います」

後藤理沙子「強化ガラスのハートの持ち主、高校1年生、16歳の後藤理沙子です」

「私はさっきの出来事なんですけども、さっき楽屋にあるホワイトボードにうさぎさんを描いたんです。その横に消さないでねって書いたんですよ。そしたら、佐藤聖羅さんがすっごい豪快にバって消してるのを見てしまって」
佐藤聖羅「あれ理沙子だったんだね。聞いてください。ホワイトボードがあるんですよ。そこにちっちゃいうさぎが毎回いっつもあるんですよ。消さないでねって書いてあったら「いやいや、消すから」と思って、顔面を消してみたんですよ。途中で2、3時間後ぐらいに行ったら再生してるんですよ」客w

「聖羅もううさぎの呪いじゃないかと思って、1人でビックリしてたの」
後藤理沙子「私がまた描き直したんです、聖羅さんが消しちゃったから。ということで、今日は佐藤聖羅さんにうさぎさんを消されてしまったんですけども、この公演では後藤理沙子という存在を消さないように生きていきたいと思います」

大矢真那「せ~の、M・A・S・A・N・A まさな! 名古屋のスノーホワイト、大矢真那です」

「私はつい最近すごく気持ちが笑顔になったことがありまして。後藤理沙子ちゃんがモノマネを2つ見せてくれたんですよ」客「おー」
後藤理沙子「もうやめてよ」
大矢真那「それがすっごくおもしろくて楽しくなっちゃったので、今日はここでみなさまにも」客、拍手

「この嬉しい気持ちを分かち合ってもらうために見てもらいたいなと」
後藤理沙子「どっちやればいいですか?」
大矢真那「両方やって」客、拍手

「なんでかわいそうなの?」
佐藤聖羅「真那がおもしろいとか言っちゃったから。全然おもしろくないの見せられたって言いなよ」
後藤理沙子「じゃ~、2つあって、1つは杏華さんとやるので最初私だけですよ。林家パー子さんのモノマネ。(カメラ撮る真似しながら)アーハッハッハッハ。。もう、ほらね」客w

「杏華さん着て」
磯原杏華「巻き込まないで」
後藤理沙子「(強引に磯原を引き連れ) 続きましてイルカのモノマネ。せ~の」
後藤理沙子磯原杏華「(ピョンピョン跳ねながら)アッアッアッアッ。。」
後藤理沙子「ほらね」客w → 拍手
磯原杏華「巻き込まないで」
大矢真那「おもしろかったよ。おもしろかったですよね?」客、拍手
後藤理沙子「ウソでしょ? 最悪」
大矢真那「こんな感じですごくテンションが上がるモノマネを見せてもらったので、私も今日はこの笑顔全開パワーをみなさんと一緒にこの時間に過ごしていきたいと思います」

阿比留李帆「あなたの あなたの あなたの中の高まりほモード スイッチ オン! チームSのりぃちゃんこと阿比留李帆です」

「この26日間ほんとにたくさんのことがあったんですけど、かおたんのマツムラブが発売されたじゃないですか。そのPV私も見せてもらったんですけど、かおたんものすっごくかわいく映ってるのみなさん知ってますか? 映ってて、集中して見てたんですよ。そしたら途中からだんだん、かおたんが茉夏に見えてきて」客、え~
向田茉夏「ほら、似てないから」
阿比留李帆「ほんとにね、めっちゃかわいいの、かおたん。もともともかわいいんだけど、かわいく映ってて、いやー、今の技術ってすごいなと思って」客w

「違います、そういう意味じゃないんですけど、茉夏級にかわいく。茉夏、かおたんのこと30点って言ったんだっけ?」
向田茉夏「うん」客w
阿比留李帆「それはほんとにかわいくて。だから今日はみなさんの目に李帆もかわいく映っていきたいなと思います。だからマツムラブならぬ、阿比留ラブになってください」

北野瑠華「今日も1日がんばるか! (がんばるか!) ありがとうございます。14歳の生意気北野こと研究生の北野瑠華です」

「先ほど茉夏さんがお話してくれたように、私、茉夏さんのペットなんですよ。さっきも楽屋でたくさんお喋りしたり、写真を撮ったりしてたら、真木子さんがすごいなんか冷たい目っていうか、寂しそうな目でこっちを見てきてくれたので、真木子さんも私のこと好きなんだなーって思って、この公演も真木子さんと茉夏さんとこのたくさんの先輩」
佐藤聖羅「何?その他大勢みたいな」客w
北野瑠華「違います違います」
佐藤聖羅「おっとおっと」
北野瑠華「そういうことじゃないです。チームSさんの先輩方はみなさん優しいので、今日の公演は先輩に負けないように精一杯のパフォーマンスをしていきたいと思います」


【3列目 上手側から順に】
矢方美紀「いくぞー! (おー!) ひー!ふー! みきてぃ!M! 大分県から屋形船でやってきました、チャレンジ精神旺盛なみきてぃこと矢方美紀です」

「私、見ての通りショートカットなんですけど、チームSにはショートヘアーがですね、今、瑠華ちゃんと杏華ちゃんもいたんですけど、あと中西さん、里佳ちゃん、4人いるんですよ、今、この時点で。26日間の間に私、中西さんに2回間違えられたんですよ。しかも、いつもいるチームSのメンバーに。これはけっこう重大なことだと思うんですけど、今日のこの公演ではですね、中西さんは男子系女子じゃないですか。私は女子系女子で今日はいきたいと思います。みなさん、女子力アップするんでよろしくお願いします」

江籠裕奈「しっかり者なみんなの妹になりたい、2000年生まれ、13歳の江籠裕奈です」

「私は最近早起きが苦手なので、早起きをしてるんですよ、朝。早起きが苦手だから目覚ましを早くセットするのに起きれないんですよ。だから、なんかこの26日間ぐらいの間に寝ながら目覚まし時計を止めるという技術を身につけてしまって、これじゃダメだと思ってるんですけど、今日も6時半にセットしたんですけど、目覚ましを。7時に起きました」客、軽くw

「なので元気いっぱいなので、今日はたくさん弾けていきたいと思います」

出口陽「ヘーイ ヘイヘイ ヘーイヘイ! (ヘーイ ヘイヘイ ヘーイヘイ!) ヘイ! (ヘイ!) ヘ・・・ (ヘイ!) (タイ!) (タイ! あきすん!) ありがとうございます。久しぶりになったら何やってんやろうと思ってw(w) 三重県出身のあきすんこと出口陽です。こんばんは~」

「ここ最近の26日間のことはちょっとあんまり覚えてないので、今現在なうな話をするんですけども、実は昨日東京で、幕張メッセで握手会がありまして、それ終わってから家に帰ってきたんですよ。すごいお腹が空いてたので、お母さんに味噌汁を作ってもらって、それを食べたんですけど、そしたら朝、お腹の調子がおかしくて。たぶん味噌汁に卵を入れてくれたんですけど、たぶんその卵がちょっと悪いやつだったみたいで、ずっと朝からお腹が痛くて、今日も公演前、ずっと30分ぐらいずっとトイレに行って、ひきこもったんですよ。基本劇場のトイレに住んでるんですけど」客、軽くw

「トイレにいるんですけど、今日もずっといて。こんな報告いらないですか?」客w

石田安奈「今日も小悪魔なプレゼントをお届けしてもいいですか~? (いいです いいです いいですよ) あんにゃこと石田安奈、17歳です」

「先日アイキという海外の方が来て、関係者の方だけでやるコンサートっていうかライブがあって、参加させていただいたんですけど、やっぱり海外って言ったら英語じゃないですか。私、英語喋りたいんですけど、できなくて、ちょっとネタを仕込もうということで、覚えた英語があってやったんですよ。今言いますね。In Japan,if you ○○ uderstand something with you サッパリ ピーマン repeat after me?」
誰か「サッパリ ピーマン」
石田安奈「あれっ? これは、もし日本でわからないことがあったら「サッパリ ピーマン」って言ってくださいって言ったんですよ。生憎こんな感じですよね」客w

「客席は。でも1人だけ返してくれた人が「ワーオ、サッパリ ピーマン」って言って」客、軽くw

「そう海外の方がね、使ってくれると思うんですけど、でも外に出ると新聞とかには石田安奈が「サッパリ ピーマン」と言いましたが、微妙な会場でしたみたいな言われて、良かったのか悪かったのかわかんないんですけど、今日はがんばります」

佐藤聖羅「水泳は得意、でも陸上競技は苦手。ゴーイングマイウェイなSKEの人魚姫、佐藤聖羅です」

「9月ぐらいまでの2ヶ月ぐらいまでは聖羅最近すごいキレイになったねみたいな感じでいろんな人に言われてたんですよ。10月入ってからカメラマンさんがね、「おっ、聖羅いいね」って撮ってくれてたんですよ。そしたら、「いいね、ママ感が出てるよ」みたいな」客w

「言われて。すごいショックだったんですよ、まだ21歳ですよ。友達に写真を送って、「今日ママ感が出てるって言われたんだけどどう?」って言ったら「めっちゃ人妻感出てきたね、最近」って言われて」客w

「もうすごいショックで。色気を出そうってがんばったりすることはあるんですけど、まさかそこまで飛び越えてしまうと思わなくて。今日は逆にちょっとほんとに若返って、がんばっていきたいと思っています」

出口陽「チームS「RESET」公演 以上のメンバーでお送りします。この公演をみなさんと一緒にチームSの色に染めていきたいと思います」


◆M05.制服レジスタンス (都築里佳木崎ゆりあ斉藤真木子)
◆M06.奇跡は間に合わない (磯原杏華中西優香阿比留李帆)
◆M07.逆転王子様 (木崎ゆりあ向田茉夏後藤理沙子)
◆M08.明日のためにキスを (出口陽大矢真那江籠裕奈佐藤聖羅)
◆M09.心の端のソファー (中西優香石田安奈矢方美紀)


■MC
矢方美紀石田安奈中西優香

中西優香「私、最近嵌っている遊びがあるんですけど。いかに甘いセリフを言えるか選手権っていうのを」客「おー」

「兼任メンバーの美奈とか○○とかと一緒に遊んでるんですよ。だから今日はここで、ちょっとやってみたいなと思って」客、おー&拍手

「お題を出して、そのお題に関する甘い気分をいけたらな、みたいな」
矢方美紀「それってあれですか? それでちょっと甘かったら「あまーい!」みたいな感じで言うんですか?」
中西優香「あれっ?聞いたことあるな、それ」
矢方美紀「あまーいって芸人さんがちょっと言ってるんで、ここはちょっとアレンジして、もしみなさんもちょっと甘いなって感じたら「スウィーート」って言ってください。今SKEもコンビニでスウィートも」客「おー」
中西優香「なんかお題あります?」
矢方美紀「じゃ~、みなさんが持ってるサイリウムでいきましょう。サイリウムでかけて」

中西優香「ねぇ、知ってた? サイリウムってさ、2つの化学薬品を合わせると光るんだって。オレたちもさ、2人一緒に輝こうぜ」客「スウィーート」
矢方美紀「ちょっと待ってください。ほんとに2つの化学薬品で光ってるんですか?」
中西優香「パキパキってすると、その液体が混ざって光るとか。ふわっとした知識でお送りしてるから。あとからネットで調べて」
矢方美紀「みなさん、スウィーートって言ってくれましたね」
中西優香「良かった。みなさんほんとに反応することが早いから」

矢方美紀「君の輝きは、ボクのこのサイリウムと同じぐらい、光ってる」客「スウィーート」
中西優香「みきてぃみきてぃ、セリフはまぁいいよ。ポーズめっちゃムカつくから」客、軽くw

「このポーズがちょっとイラっとしましたけどね」

石田安奈「みんな男の子系なの?」
中西優香「女の子系ある?」客「おー」

「いいよ」
石田安奈「神戸のキレイな夜景より、あなたの持ってるペンライトのほうがキレイ」客「スウィーート」
中西優香「ほんとスウィーートだった?今」客、軽くw

「ペンライト褒めたんでしょ? 別に、あなたを褒めたわけじゃないでしょ?」
石田安奈「あなたが持ってるからペンライトはキレイなの」客「スウィーート」
中西優香「ん?」
矢方美紀「スウィーート言えばいいっていう空気になってるから」客、軽くw

中西優香「別のお題出しますよ。最後に、この劇場でなんかあります?」
石田安奈「あなたが踊ってる劇場が、キレイ」
矢方美紀「キレイ?」
中西優香「あんちゃんちょっと1回休み。最後にみきてぃある?」客「おー」
矢方美紀「君とこのステージで会えたことが、スウィーツ」客「スウィーート」
中西優香「みきてぃはもうね、いちいちね、ポーズがイラっとするんだよね」
矢方美紀「ポーズ決まればいいと思ってるから。ということで、人生生きてたら酸っぱい思い出とか、辛い気持ちになったり、苦い想いしたりすると思うんですけど、みなさんこの劇場に来て、私たちとこういう風に会えて、スウィートな想いをして返っていただけたらなと思います。みなさん甘い気持ちで生きていきましょう」客「スウィーート」
中西優香「良かった、みなさん優しいですね。それでは後半戦にいきたいと思います」


◆M10.毒蜘蛛
◆M11.オケラ
◆M12.ホワイトデーには・・・


■MC
◆前半:中西優香阿比留李帆木崎ゆりあ北野瑠華矢方美紀大矢真那江籠裕奈出口陽

阿比留李帆「今月の10月10日、11日にはSKE48のリクエストアワーがありまして、なんと今年の1位は、あきすん、あなたとクリスマスイブ」客、拍手&おめでとう
メンバーたち「おめでとうございます」
阿比留李帆「あなたとクリスマスイブ おめでとうございます。どうでした?あきすん。ひと言」
出口陽「でもすごい、1位を取れたことは初めてだったので、SKEにいて。すごい幸せでした。ありがとうございます」客、拍手
阿比留李帆「感動的でしたね。そんな感じできっとみんなもリクアワの裏話だったり感想だったりあると思うので、みんなに訊いていきたいと思うんですけど」

江籠裕奈「リクエストアワーのリハーサルの時なんですけど、私、見事にこういう状態だったんですよ。真那さんとあきすんに挟まれたんですけど、あの、誰も助けにきてくれなかった」客、反応
矢方美紀「ゆりあ、なんで助けないの。守り隊でしょ?」
木崎ゆりあ「気づかなかった・・・」
矢方美紀「ダメだよ、こういう時にちゃんと監視しなきゃ」
大矢真那「なんかね、江籠ちゃんにチョッカイかけてる時に、その江籠ちゃんが一生懸命探すんですよ、キョロキョロ」客w
木崎ゆりあ「ほんとごめん」
大矢真那「見ると、「あっ、ゆりあさん、あそこで喋ってる。茉夏さん、あっ、いない」」客w
誰か「かわいそう」
木崎ゆりあ「すごい罪悪感に・・・」
中西優香「その江籠ちゃんを抱きしめてる真那が「誰も助けにこないね」みたいな、すごい悪役みたいだった」
矢方美紀「しめしめって思ってたんですね」
阿比留李帆「でもなんだかんだ微笑ましいですよね、3人の関係は」

北野瑠華「私はですね、初めて出させていただいて。それで、研究生の夕立の前とか、片想いFinallyを研究生でやらせていただいて。夕立の前は初披露で、しかも大きい会場じゃなかったじゃないですか。だから、すっごい緊張して、カメラもたくさんあるからもうどうしようと思って。でもなんか、すごい、声援があったり、あと片想いFinallyではすっごいできなくって、だから研究生全員で揃えたりして。そしたら本番すごいなんか緊張したんですけど、たくさんの先輩方とかスタッフさんに褒めていただけたので、ちょっといい共感になったんじゃないかなって思いました」
中西優香「いい話だな」客、拍手

「ゆりあ、夕立の前と言えばゆりあ、あれがあったんじゃないの?」
木崎ゆりあ「そうですね、私、「狼とプライド」が11位でランクインさせていただいたんですけど、前の曲が「夕立の前」だったんですけど、基本自分が出る楽曲の2曲前ぐらいにスタンバイしてなきゃいけないんですけど、「夕立の前」が流れてる時、私メイクをしてて。それも、私「夕立の前」を聴きながら、あと3曲あるなと思ってメイクしてたんですよ。そしたら、もうスタッフさんとメンバーさんが「ゆりあどこ!」ってすっごい叫ばれて、誰がこんな私を探してるんだと思ったら、もうほんとすっごいギリギリになっちゃって、「狼とプライド」のドーンって出て、名前が出て、ウワーってなるじゃないですか。ファンの人が「おー!」ってなってる時、私、超ダッシュして」
メンバーたち「えー?」
木崎ゆりあ「もう、チャンチャチャンのギリギリでほんとに着いて」
中西優香「間に合って良かったね、ほんとに」
木崎ゆりあ「ほんとに、申し訳ないです(頭を下げる)」
阿比留李帆「間に合ったから大丈夫だよ」
木崎ゆりあ「土下座レベル」

中西優香「私の思い出と言えばスルー・ザ・ナイトが初披露だったじゃないですか。私は歌ってないよ。陽P選抜のみなさんがちょっと露出度の高い服を着ていらっしゃって、やっぱりメンバーも大興奮だったじゃないですか、リハーサルから。で、佐藤実絵子がですね、1人1人の胸元を触っていらしたんですよ。どうしたのかなって思ったんですけど、遠めに見てたんですけど。そしたら私のとこに着て「誰々ちゃんの胸は張りがあっていい」とか、そういう報告をしてくれてたんですね。その中で、佐藤聖羅の胸は未確認との出会いだった」って言われて」客、軽くw

「やっぱりね、すごいなって。やっぱりエースだから、陽P選抜の」
阿比留李帆「1つ言うとね、スルー・ザ・ナイト見て、いつか李帆もあの衣装で歌いたいなと思いました。なんで「えー」って言うの?」
中西優香「李帆、自分を苦しめるようなことしちゃダメだよ」客、軽くw
阿比留李帆「苦しめてない、自信満々だから」
矢方美紀「がんばり組でもしかしたら何かあるかも」
中西優香「がんばりましょうね」

阿比留李帆「話は逸れましたけど、SKE48たくさんいい曲があるので、これからもたくさんの歌をみなさんに愛されていけたらいいなと思います。日本語おかしかったけどこれからもよろしくお願いします」

# 後半メンバー登場 / メンバーチェンジ

◆後半:佐藤聖羅都築里佳石田安奈北川綾巴後藤理沙子磯原杏華向田茉夏斉藤真木子

佐藤実絵子「先ほどのメンバーはリクエストアワーの話でしたが、私たちは先日26日に行われた神戸でのツアー初日の話をしたいなと思います」

都築里佳「ユニットシャッフルで、真木子とあとチームEの菅なな子ちゃんと「思い出以上」という曲をやらせていただいたんですけど、私、一度ほんとに「思い出以上」という曲をやりたくてやりたくて仕方がなくて、今回しかもまきちゃんとなな子っていうすごい踊れるメンバーと一緒にできてすごい嬉しかったですっていう話」客、拍手

「そう、だから「都築、思い出以上やる」みたいな連絡きた時すっごいニヤニヤしながら寝れずにいて、ほんとに。連絡が来た日寝れずにいてお母さんに「早く寝なさい」って怒られたの」
斉藤真木子「楽しかったね」
都築里佳「楽しかった」

磯原杏華「神戸と言ったら、ホテル泊まったじゃないですか」
斉藤真木子「前日にね」
磯原杏華「その時に私、ホテルの相部屋おかしかったんですよ。みんなは普通だった? イレギラーじゃなかった?」
都築里佳「いつもと変わらない」
磯原杏華「誰だったの?」
都築里佳「ゆりあたん」
石田安奈「みきてぃ」
後藤理沙子「聖羅さん」
北川綾巴「綾巴は愛ちゃんと樹奈ちゃん、6期生のみんな」
佐藤聖羅「聖羅は理沙子とだった」
磯原杏華「茉夏は?」
向田茉夏「まさにゃ」
斉藤真木子「みなるん」
磯原杏華「普通じゃん」
斉藤真木子「誰?」
磯原杏華「かおたん」客w&拍手
メンバーたち → w
磯原杏華「ビックリした」
斉藤真木子「それ何? 罰ゲーム?」客w
磯原杏華「同期でもないし、チームも違うのに、なんかかおたんだった」
斉藤真木子「どうだったの?それは」
磯原杏華「かおたんずっと起きてたから、私知らないうちに寝て、知らない間にもう起きてたから、知らない」
誰か「カメラがあるからね」

後藤理沙子「そう言えば私、聖羅さんと同部屋だったじゃないですか。私、もう準備万端過ぎて、聖羅さんよりも早く寝て、聖羅さんより早く起きたんです。でも聖羅さん10分前になっても、集合の。起きないんですよ。だから、「聖羅さんそろそろ起きないとヤバイですよ」って言ったら「集合まだ1時間後なんですけど」って言われて、ヤバイ、コンサートの当日に1期生を起こしてしまったっていう」
斉藤真木子「違うかったんだよね、集合時間がね」
佐藤聖羅「そう、だからすごいおにぎり食べてる音とか聞こえるんですよ」客w

「それでちょっと目は覚めてたの。で、起こされて何?と思ったら、集合時間めっちゃ早く起きてて」
後藤理沙子「ごめんなさい」
佐藤聖羅「私、ご飯も済ませちゃったのにって1人ショックを受けて、聖羅軽く謝られただけなんですよ」
後藤理沙子「ごめんなさい、すみませんでした」
佐藤聖羅「貴重な睡眠時間をね」
後藤理沙子「申し訳ないです」
佐藤聖羅「大丈夫だよ、全然」

磯原杏華「でもそんな聖羅さん、私に甘えてきたんですよ、コンサート中」
斉藤真木子「珍しい」
磯原杏華「甘えてきましたよね?私に」
向田茉夏「ちょっと待って。私にも甘えてきたよ」
メンバーたち「えー?」客、反応
佐藤聖羅「ほんとに聖羅記憶にないんだけど。たぶん人肌が恋しい季節になってきたから、きょんちゃんがたぶんきっとお胸のほうが寂しいんだろうなと思って温めてあげようと思って寄ってったんだと思う」
斉藤真木子「そんな聖羅ちゃん、お胸の話してあげなよ」客、軽くw

「うちヤバイんですよ」
佐藤聖羅「聖羅ね、SKEで一番衣装を壊すっていう事件」客w

「壊した数がたぶん一番多いんですよ。でもただ激しく踊り過ぎて壊すとか、衣装と衣装がくっついて壊すっていうんじゃなくて、ただもう自分の体つきのせいで壊れてしまうっていう」客w

「もうほんとに1期生でね、片想いFinallyを踊ってたわけですよ。で、みんな最後「盛り上がっていくぞー!」って着いて、踊った時に、バチーンって言って」客、軽くw

「どうしようと思ってまず考えたの。こう踊りながら、ここを押さえながらFinallyこうやってやるべきか、もう捌けるかって考えて、捌けましたよね」
石田安奈「聖羅ちゃん転げ落ちてきたんですよ」
佐藤聖羅「そう、それで焦り過ぎて、階段降りなきゃいけないんだけど、飛び込んで」客w
誰か「焦ったよね。みんなビックリしたから」
佐藤聖羅「ちょっと怪我を負っちゃったりとかしたんですけど、いや、でもね、無事に終われて良かったなって思いましたよね。前のほうの人たちはたぶんラッキーだったと思いますよ。弾ける瞬間がね」
斉藤真木子「ブツがね」
佐藤聖羅「ブツっていうな」客、軽くw

北川綾巴「綾巴は「チョコの行方」でチョコを配ったり、「嘘つきなダチョウ」でバックダンサーをしたり、青空片想い♪をしました」客w
メンバーたち → w 「歌ってくれた」
斉藤真木子「楽しかった?」
北川綾巴「はい」
佐藤聖羅「チョコ配ってるの知らなかったんだけど」
メンバーたち「研究生が配ったんだよね」
北川綾巴「投げるんじゃなくて手渡ししたんですけど。綾巴の箱の中に安奈さんのサインが入ったチョコがあったんですよ」
石田安奈「500個ぐらい配ったんだけど、その中に8個だけ書いたの、サインを」
メンバーたち「すくなっ」「めっちゃレア」
北川綾巴「それで、安奈さんのうちわを持ってる人がいたんで、「あっ、これ安奈さんのです」って言って渡せたんで」客、拍手
メンバーたち「優しい」「めっちゃ優しい」「気遣いできるやん」
後藤理沙子「神対応だ」
石田安奈「推し変しないといいなと思うけどさ」客、軽くw

「綾巴の優しさに心掴まれて」
斉藤真木子「逆に?」
石田安奈「嬉しかった、ありがとう」
北川綾巴「どういたしまして」客、軽くw

石田安奈「神戸のコンサートも無事終わり、横浜アリーナでのコンサートが追加公演ということで、すごくありがたいコンサートをやらせていただくんですけれども、いつもこうやって劇場公演に来てくださる方やコンサートに足を運んでくださる方、1回でもSKE48を見た方にもこれから先、私たちのことを少しでも思い出していただけたらいいなと思います。それでは最後の曲です」


◆M13.ジグソーパズル48


■アンコール


◆M14.星空のミステイク
◆M15.夢の鐘


木崎ゆりあ「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

木崎ゆりあ「星空のミステイク・夢の鐘 2曲続けて聴いていただきましたが、みなさん楽しんでいただけてますか?」客「イェー!」

「それではここで、7月17日に発売されましたSKE48 12枚目のシングル「美しい稲妻」のタイプAに収録されている「JYURI-JYURI BABY」を披露させていただきたいと思います」客、拍手


◆M16.JYURI-JYURI BABY


■MC
中西優香「チームS「RESET」公演、みなさんの温かい声援を受けて、間もなく終わりを迎えようとしています。今日の公演の感想をみきてぃ、お願いします」

矢方美紀「今日は本当にチームSの「RESET」公演に見に来ていただき、本当にありがとうございました。「RESET」公演は初日が11月30日に新公演があるんですけど、本当に残り少ない期間、あと全員で立てる日はわからないんですけど、1回1回今後もみなさんとのこの劇場でしかできない時間を大切にして、もっとみなさんにチームSが一番、チームSが大好きって言っていただけるような、そして最後にはSKE全部が大好きってみなさんに言っていただけたらなと思います。本当に今日はありがとうございました」客、拍手


向田茉夏「次に聴いていただきます曲は組閣を受けたメンバーの気持ちが表れているんじゃないかなと思います。それでは本当に最後の曲です」


◆M17.引っ越しました


大矢真那「みなさん今日はお越しくださりありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 大矢真那 ハイタッチ案内

# 手繋ぎ挨拶 「ありがとうございました」

メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:RESET)

# 公演終了


SKE48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】10月28日(月) チームS 「RESET」公演

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]


スポンサーリンク

トピックス (外部リンク)

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

LIVE!! ON DEMAND






REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

遠征の交通手段、宿の確保に…

スポンサーリンク

検索フォーム

RSSフィード

月別アーカイブ

最新記事

AKB48グループ×「bis」レギュラーモデル最終審査進出権獲得イベント『AKB48枠』ポイントランキング ※3日目(4/6)終了時点 2020/04/07
HKT48新劇場、オープン延期になる模様 (E・ZO FUKUOKAビル、開業延期) 2020/04/06
本日のライブ配信はありません (2020年4月6日) 2020/04/06
AKB48グループ×「bis」レギュラーモデル最終審査進出権獲得イベント『AKB48枠』2日目終了 ※ポイントランキング 2020/04/06
本日のライブ配信はありません (2020年4月5日) 2020/04/05
SKE48 10期生 SHOWROOM個別配信がスタート! 林美澪、石塚美月、木内俐椛子らが配信 2020/04/05
AKB48グループ×「bis」レギュラーモデル最終審査進出権獲得イベント『AKB48枠』初日ランキング 2020/04/05
本日のライブ配信はありません (2020年4月4日) 2020/04/04
SKE48 10期生 SHOWROOM個別配信が4月5日18時に解禁 2020/04/04
『チーム8結成6周年記念特番』アーカイブ配信開始! 2020/04/03