FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

荒井優希 (プロフィール・生誕祭レポート一覧)

荒井優希 (あらいゆき)

生年月日 : 1998/5/7
身長 : 164cm
趣味 : 服を買うこと、友達と話すこと
特技 : バレエ・習字
居住地 : 京都府
http://www.akb48.co.jp/akbdraft/index.php?page_id=arai


AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター (2016年)
荒井優希 AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター画像

AKB48 45thシングル選抜総選挙アピールコメント (2016年)


■生誕祭レポート
SKE48荒井優希 16歳の生誕祭 (2014/05/11)
荒井優希 16歳の生誕祭 (2014/05/11、17時開演、チームKII)

【速報版】 荒井優希 18歳の生誕祭レポート

160517 (15)

■エピソード集&発言集


・最近よく馬鹿って言われる

荒井優希「口を閉じたら賢く見えるってことでいいですか?」
大場美奈「やってみよう、1回。やってみて、言われなくなったらそれが正解だってことなんで」
荒井優希「そうします。とりあえず賢く見えるように頑張ります」

[2014年8月25日 チームKII「ラムネの飲み方」公演]



・優希ちゃんウルトラクイズ大会

荒井優希「(第1問) 私が好きな食べ物は何でしょうか
惣田紗莉渚「私、優希ちゃんと唯一同期なので (おー) いっつも部屋が同じ部屋だったんです、ホテルで。いつも2人で食べてたのはポテトチップス!」
荒井優希「ブー」客「えー」
北野瑠華「仲いいの?」
水埜帆乃香「マカロン!」
荒井優希「正解」客、拍手
山下ゆかり「何でわかったの?」
水埜帆乃香「キャッチフレーズに入ってる」
荒井優希「マカロン、アルパカむっちゃ好き~」
山下ゆかり「なるほどね。ちょっとキャッチフレーズ聞いてなかったわ、ごめん」
荒井優希「聞いてくださいよー」

荒井優希「(第2問) 私は兄弟がいるんですけど、何人兄弟でしょうか
山下ゆかり「そんなプライベート迫っていいんですか?」客w

2人兄弟
荒井優希「正解です」客、拍手
石田安奈「ちなみに優希ちゃんがお姉ちゃんですか?」
荒井優希「はい」
山下ゆかり「弟?妹?」
荒井優希「どっちでしょうか」
山下ゆかり「うまいねー。新人やるね」
北野瑠華「
荒井優希「正解」
古畑奈和「(北野に)誇らしい顔してるけど、二択だからね」客w

荒井優希「(第3問) 私は愛李さんのことが好きって言ってるんですけど、ドラフト生の時はブログに違う人の名前を書いてたんですよ。愛李さんのこと書くの忘れてて。その人は誰でしょうか
山下ゆかり「山下ゆかり?」
荒井優希「ブッブー」客「ブー」
石田安奈「ブーイングブーイング」
山下ゆかり「やっぱゆかりいじめられてるわ、ちょっと」客w

「(上手側に)参加してる?」
荒井優希「由麻奈さん答えてください」客「おー」
古畑奈和「由麻奈さんじゃない?」客「おー」
高木由麻奈「やめ、やめてよー(w) んなわけないじゃん、やめてよ」
山下ゆかり「さっさと答えろや」
古畑奈和「いいよいいよ、いこうよ」
高木由麻奈「チームKIIの (おー) 高木由麻奈!」
荒井優希「ブッブー」客w&フー
高木由麻奈「でしょうね」
山下ゆかり「しかも由麻奈の時だけフーで、ゆかりブーってどういうことよ」客w
石田安奈「ファンの人の本音も出てしまいましたが、正解は」
荒井優希「正解は木下有希子さん」

石田安奈「でもけっこう知れたよね、優希ちゃんのこと。皆さんも知れましたか? (はーい) 良かった。じゃー是非優希ちゃんのことどんどん皆さんも知っていってください、よろしくお願いします」

◆荒井優希 16歳の生誕祭

お母さんからのお手紙 (惣田紗莉渚が代読) ※最初にお母さんであることを言ってしまう

惣田紗莉渚「優希へ

16歳お誕生日おめでとう。そしてラムネ公演の初出演に加え、駆け出したばかりなのに生誕祭をしていただいて、こんな幸せな16歳を迎えることができるなんて夢のようですね。

今こうしてステージに立っているのもすべてはあのドラフト会議に内緒で応募した頃から始まりましたね。

でもママは変化する環境に不安を感じ、心から応援してあげることができなかった。あの時は本当に優希に孤独で寂しい思いをさせてしまってごめんね。それでも優希はめげずに迷いなく自分の夢の実現に向かってチャンスを掴みに行きましたね。

その芯の強さと「私は本気だから」と言ったひと言。そしてブログのコメントで指名を願ってくださる皆さんの言葉にママは心を動かされ、一度しかない人生、後悔せず自分の思う道に進ませてあげたいと心から思えるようになりました。

もう無理かと思って4位指名、ちゅりさんに指名していただいて優希は今この場に立つことができてるんですね。

あれから一生懸命駆け抜けたあっという間の半年だったね。

今の優希は毎日が充実してて、ステージに立つと楽しそうでキラキラ輝いています。優希は自分の居場所を見つけたんだと改めて思いました。

そして、なんて素敵なチームに指名していただいたのかと感謝の気持ちでいっぱいです。

でもまだスタートに過ぎません。これから大きな壁にぶち当たる時もあるでしょう。そんな時、優希には素敵な先輩たち、そして支えてくださる多くの皆さん、そして家族がいます。1人で悩まないで。辛い時は頼って悩み事を半分に。そして喜びは倍に分かち合い、経験を積んで大輪の花を咲かせて欲しいと願っています。

ドラフト生の荒井優希ではなく、KIIの荒井優希、SKEの荒井優希として必要とされる存在になることが皆さんへの恩返しですね。

日々感謝の気持ちを忘れずに1年後またこの場所で一段と成長した優希を見せることができるよう願ってます。

最後になりましたが時間のない中、生誕祭を企画してくださった皆さん、そしてメンバーさん、スタッフさん、ありがとうございました。これからも優希のこと、よろしくお願いします。

母より」客、拍手

このお手紙の感想とファンの方にありがとうという気持ちを

荒井優希「まず今回私は誕生日が5月だったんで、生誕祭は絶対にしてもらえないと思ってて。で、私は柴田阿弥さんの生誕祭でデビューだったので、柴田阿弥さんが前で生誕祭をされてるのを後ろで見ていたので、凄くいいなってずっと思ってたんで、まさか自分がこんな早い段階で生誕祭をしてもらえると思ってなかったので、凄く嬉しいです。

まだ私から、なんやろ、握手会とかでしかお会いしたこともない方々ばっかりやと思うんですけど、そういう方々が私のために時間とかいろいろなものをかけて、この生誕祭を行ってくださったと思ったら本当に嬉しいです。

今日の生誕祭のことや、その他のこともですけど、すべてのことに感謝して恩返しができるようにこれから毎日頑張っていきたいです。

今日は本当にありがとうございました」客、拍手

[2014年5月11日 チームKII「ラムネの飲み方」公演 17時開演]



・初のフル出演

・自己紹介MC

荒井優希「京都府から来ました、高校1年生の荒井優希です」客、声援&拍手

「今日が私にとっては初めての公演になるんですけど、凄い緊張するんですけど、自分なりに頑張るのでよろしくお願いします」客、声援&拍手

「そして柴田阿弥さんみたいに可愛いアイドルになれるように、今日も背中を見て学びたいと思います」客、ひゅ~&拍手

荒井優希に質問大会

内山命「じゃんけんでは何を最初に出しますか?
須田亜香里「じゃんけん大会の予備選始まってるみたいな感じですね」
内山命「リサーチしとこう」
小林亜実「心理戦だね」
荒井優希「グーです」
小林亜実「OKです、ありがとうございます」客、軽くw
古川愛李「これじゃんけん大会見といたらさ、違うもの出してたらビックリだよね」
内山命「どうしよう」
古川愛李「それも楽しみということで」

山田みずほ「マカロンが好きって聞いたんですけど、私もマカロンが好きで、何味のマカロンが好きですか?
メンバーたち「質問が可愛いわ」
荒井優希「私は、フランボワーズが好きです」
メンバーたち「オシャレ」「ピンク」
須田亜香里「写メ撮ると可愛いやつ」
古川愛李「そこに行くんだね」
山田みずほ「亜香里さんはそうですね」
小林亜実「みずほは何味が好きなの?」
山田みずほ「私はキャラメル味が好きです」
竹内舞「私は抹茶とかが好きです♪」客w
小林亜実「こあみはちょこが好き~♪」
古川愛李「次の質問ある人?」

加藤るみ「荒井ちゃんは京都府出身って聞いたんですけど、京都弁の可愛い言葉を教えてください
メンバーたち「知りたい」
竹内舞「じゃー京都弁でさ、なんかちょっと告白とかしてみてよ」
加藤るみ「なんか京都弁ってモテるって聞いたんですよ」
古川愛李「キタキタキタ」
加藤るみ「いざという時に京都府の女は京都弁を使うとイチコロだっていうことを聞いたんですよ」
古川愛李「じゃーここでイチコロにしてもらいましょうよ」
小林亜実「今日阿弥ちゃんファン多いから、阿弥ちゃんファンをちょっとガッポリ」客w
内山命「イチコロリしてもらいましょう」
竹内舞「けっこう根強いかもしれんよ、頑張って!」客「どんとこい!」
内山命「優希ちゃんの告白まで」
メンバーたち「3・2・1」
荒井優希「あなたのことがむっちゃ好きやで」客「ひゅ~」
メンバーたち「いいね」
古川愛李「可愛い」
内山命「イチコロですね。柔らかい中の京都弁、これはもう、ありがとうございます」客w
小林亜実「いただきまーす」
須田亜香里「名古屋弁と全然違いますね」
加藤るみ「しかもなんか優希ちゃんの言い方が良かったよね(首を左右に傾ける)」
竹内舞「イントネーションが人と違うよね」
小林亜実「るみたんのやつ見るとイラっとする」
古川愛李「ちょっとバカにしてるよね?」客w
加藤るみ「違う違う違う.これからちょっとそういうとこも吸収していこうかなと思って」
古川愛李「やっぱやる人によって違うんだね、こんなにね」

竹内舞「私も訊きたいことがあるんです。ナゴヤドームの時にお披露目だったじゃないですか。そのMCの時に実絵子さんから質問があって、好きな先輩は誰ですか?っていうので、一番好きなのが古川愛李さんで、私、二番目だったんですよ。二番目に好きな先輩だったんですよ。でも今レッスンとかいろいろ一緒にやってて、気が変わってないかなっていう確認」
古川愛李「いいじゃん、そのまんまで」
小林亜実「一応確認しよう」
竹内舞「今一番好きな先輩は誰ですか?」客「阿弥ちゃん!
古川愛李「待って待って。皆さんに訊いてないよ」
山田みずほ「これ八百長って言うんですよ」
内山命「みんなそれはズルイよ」
古川愛李「心の中に仕舞っといて」
竹内舞「じゃー一番好きな先輩は誰ですか?
荒井優希「愛李さんです」客、拍手
内山命「ブレないですね」
竹内舞「二番目に好きな先輩は誰ですか?
荒井優希「舞さんです」
メンバーたち「良かった」
古川愛李「二番おめでとう!」
須田亜香里「じゃー亜香里何番目?」客、軽くw
内山命「そんな訊き方したら」
竹内舞「ランク外ランク外」
荒井優希「5番ぐらい
須田亜香里「リアル」
加藤るみ「そうなるとね、3、4番が気になるんですけど、ちょっとやめときましょう」

須田亜香里「最後に1コやりたいことがある。荒井ちゃん、バレエやってたって聞いたんですよ」
メンバーたち「おー」
須田亜香里「ちょっと、ひと技決めとかない?」
荒井優希「はい」
須田亜香里「どっちの足がいい?」 → 「せ~の」

# 2人でY字バランスを披露 (2人並び、荒井優希は右足、須田亜香里は左足をそれぞれ上げる)

メンバーたち「すげー」客、拍手
# 2人ハイタッチ
小林亜実「2人で「ここで一発」やったほうがいいんじゃない?」客w
竹内舞「そうだね、1人いるけどね」
加藤るみ「なんか1人いますけどね」
須田亜香里「そうなるとけっこう険しい道になりますよ、こっから」

[2014年4月16日 チームKII 4th「シアターの女神」公演]



・チームKIIドラフト生4人「ガラスの I LOVE YOU」で公演デビュー

・特技披露 (佐藤実絵子のモノマネ)

[2014年3月18日 チームKII 4th「シアターの女神」公演]



・先日KIIのドラフト生として入ってきた荒井優希ちゃんからね、私に「舞さんの顔が凄くタイプなんです。舞さんの顔になりたいんです。大好きです」って言われたんですよ。でもね、あの子ね、ナゴヤドームのコンサートでね、「一番好きな先輩は古川愛李さん」って言って、私は二番目の女なんです。

[2014年2月28日 チームKII 4th「シアターの女神」公演]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND