FC2ブログ
HKT48「3-2」 初回Type-A / 初回Type-B / Type-A / Type-B
AKB48「失恋、ありがとう」 初回限定盤A / 初回限定盤B / 初回限定盤C
乃木坂46「しあわせの保護色」 初回限定A / 初回限定B / 初回限定C / 初回限定D
NMB48「23rdシングル」 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D new2.gif

最近「えー」と思った話 (2013/10/02、チームS)

SKE48劇場 チームS 4th「RESET」公演 12回目

■出演メンバー
チームS → 阿比留李帆石田安奈磯原杏華江籠裕奈大矢真那・木﨑ゆりあ・後藤理沙子斉藤真木子佐藤聖羅都築里佳出口陽中西優香新土居沙也加向田茉夏矢方美紀
研究生 → 北川綾巴

前座ガールズ → 北原侑奈青木詩織山本由香北野瑠華

■開演前
山本由香「チームSさんの公演では毎回公演の前に前座ガールズが1曲披露させていただきます。今日は私たち4人がお届けします」

# 下手から順に自己紹介 (北原侑奈青木詩織山本由香北野瑠華)

北原侑奈「それでは聴いてください。檸檬の年頃」

◆M00.檸檬の年頃(前座ガールズ)

青木詩織「チームS公演始まります」

# 4人手を振りながら緞帳閉まる


■開演
◆M00.overture (SKE48 ver.)
◆M01.RESET
(OP → 石田安奈新土居沙也加江籠裕奈)
◆M02.洗濯物たち
◆M03.彼女になれますか?
◆M04.ウッホウッホホ


■MC(自己紹介)
中西優香「みなさんこんばんは」
みんなで「SKE48チームSです」客、拍手

中西優香「チームS「RESET」公演始まりました!」
メンバーたち「イェー」客、拍手

中西優香「1曲目からRESET・洗濯物たち・彼女になれますか?・ウッホウッホホ 4曲続けて聴いていただきましたが、みなさん楽しんでいただけてますか?」客「イェー!」

「ありがとうございます(一同お辞儀)」客、拍手

「それではまずは自己紹介からさせていただこうと思います。今日のお題は最近発見したことです」

【1列目 上手側から順に】
斉藤真木子「大阪から来ました、女子大生、19歳の斉藤真木子です。よろしくお願いします」

「私が最近発見なんですけど。さっき陰アナウンスで、あそこの非常誘導灯ついてるから見てねって言ったんですけど、私が言った直後に消えたらしくて、演技が悪いなと思ったんですけど、私、実は開演前にそこの辺で、撮影をしてたんですね。その時に、カメラが私の顔ではなくて、奥に映りこんだ非常誘導灯のこれ(ポーズ)をピント合わせたらしくて、私はこれに負けて人間として認めてもらえてないんだなと思ったら、今日はちょっと悔しいので、今日はその気持ちを公演で潰していきたいと思いますので、みなさん今日はついてきてください」

中西優香「巷で噂の男子系女子、中西優香です」

「私、気づいたんですよ。出口陽ちゃんは (おー) 私のこと意外と好きだなって (ひゅ~) だってですね、部屋は一緒になること多いんですけど、一緒のお部屋になったら喋ってくれるし、ご飯も一緒に食べてくれるし、私の好きな差し入れとかがきたら、教えてくれるんですよ (おー) だから」
出口陽「中西のことはすごい、いい仕事仲間だなと」客w

「それ以上でも以下でもない、感じ?」
中西優香「好きか嫌いかで言ったら」
出口陽「仕事仲間」客w
中西優香「好きと嫌いのカテゴリーにも入れてもらえない私ですが、今日はみなさんに好きと言っていただけるように、陽ちゃんにもね(手振る)、言ってもらえるようにがんばりたいと思います。今日もみなさん一緒にテンションアゲアゲでいきましょう」

北川綾巴「あなたに必要な材料は? (りょうは!) ありがとうございます。あなたに必要とされたいな。ちょっぴりツンデレ、14歳、6期研究生の北川綾巴です」

「私、ある日、写真を見てたんですよ。そしたら初期の頃の青木詩織ちゃんとの写真があって。その時のおしりんめっちゃ顔がシュッてなってて細かったんですよ、今より。だから、ちょっと丸くなってんだなって思って、心配になったんですけど、綾巴は瑠華ちゃんとかおしりんとかゆりあさんとか」客、軽くw

「みたいに丸くならないように気をつけていきたいと思います」

木崎ゆりあ「いやー、言うようになりましたね」客w

「いつも心に ピース! あなたの心に ゆりあピース! セブンティーンのチームS、木崎ゆりあです」

「そんな綾巴なんですけど。あの、綾巴って人見知りじゃないですか。けっこう言葉のキャッチボールができないんですよ。だからね、例えば、例えばですよ。例で言うと、こんな会話しましたっていう例だと、今日のご飯何食べた?」
北川綾巴「。。。」
木崎ゆりあ「的なね」客w

「全然ワンボールも返ってこないんですけど、でもね、私発見したんですけど、メールだと「今日ご飯何食べた?」って訊いたら「豆腐食べました!」ってすごい、テンション高い絵文字が返ってくるんですよ。それがね、すごい嬉しくって。だからね、言葉のキャッチボール難しいそうなので、私は綾巴とのコミュニケーションをメールでこれからどんどん増やしていきたいと思います。なのでね、今日の公演もみなさんとたくさんコミュニケーションが取れる公演になったらいいなと思います」

都築里佳「合言葉は~ ぴよす! ダンスに恋する17歳、永遠の中二病、りかちゅうこと都築里佳です」

「私、主に今日発覚したことなんですけども。あの、リハーサルの前に大矢真那さんが江籠裕奈ちゃんにすごい引っ付いてたんですよ。そこでやっぱり出動したのがゆりあたんと茉夏さんの江籠ちゃん守り隊。そこに私もこっそり参戦してみたんですけど、江籠ちゃん守り隊として。あの私、守り隊の資格あるんじゃないかなと」
大矢真那「あるある、だからいいよ、入って。おいで」客w
都築里佳「えっ?」
大矢真那「入っていいよ。どんどん来てくれれば」
木崎ゆりあ「あれですよ。江籠ちゃんは守るけど都築は守らないよ、私たち」
都築里佳「えっ?」
木崎ゆりあ「それでもいいなら入ってくれていいよ」
都築里佳「大丈夫。自分の身はがんばる。というわけで今日は江籠ちゃん守れる素質を発覚したので、今日の公演中も江籠ちゃんを守っていきたいと思います」


【2列目 上手側から順に】
磯原杏華「はっはー (はっはー) いつでもどこでも全力磯原いっきま~す! 17歳のきょんこと磯原杏華です」

「あのですね、私、北川綾巴ちゃん、さっき挨拶してたね、北川綾巴ちゃんと親友なんですよ。ゆりあと違って私は親友なので、すごい言葉のキャッチフレーズもできるんですけど。あっ、キャッチボールだ」客、軽くw

「キャッチボールできるんですけど、でも綾巴は時々やっぱり、ちょっと不発の時もありまして、そういう時のクセがあるんですよ、あの子。今からここで発表しちゃいたいと思います」客「おー」

「注目してくださいね、顔に。(その時の顔を披露) わかる?」
向田茉夏「わかる」
磯原杏華「わかるよね? 時々会話が止まるとベロを寄せるんですよ、どっちかに。それが猛烈にかわいいんですけども。そういうところも発見できた仲になれたので、今日はみなさん、私の意外なところもみんなの意外なところも発見して行ってください」


向田茉夏「フラッフィボイス、SKE48チームSの向田茉夏、17歳です」

「家に置いてあった妹のプリクラをみたんですよ。そしたら、私の服を勝手に来てたんですよ。別にいいんですけど、やっぱり姉として、許可を取って欲しいわけですよ。無許可で着るの、ちょっと嫌なんですよ。なのでみなさんぜひね、年上の兄弟がいたら、ちゃんと許可を取って、服を着ましょう」

後藤理沙子「強化ガラスのハートの持ち主、高校1年生、16歳の後藤理沙子です」

「私は好きって言われるのがすごい嫌いなんですよ。そう、だからたぶん、私、ファンの人に冷たくしちゃうのはそれが理由なんだと思うんですよ。でも、好きって言われないのもヤなんですよ。そういうめんどくさい人っていうことなんですけれども、今日はみなさん、好きって言わないでください」

大矢真那「せ~の、M・A・S・A・N・A まさな! 名古屋のスノーホワイト、大矢真那です」

「私は今日発見したことなんですけど、佐藤聖羅ちゃんが意外とモノ持ちが良くて、同じ化粧ポーチをずーっと使ってるんですよ。でも、聖羅って、1回使ったら捨てそうじゃないですか」客、軽くw

「だけど、ずっと使ってるっていうところで聖羅の好感度がアップしました。今日私ここにくる前に0歳から2歳ぐらいの赤ちゃんに囲まれたお仕事をしてきたんですよ」客「おー」

「それで、すごいパワーを吸収してきたので、その吸収してきたパワーをみなさまに今日は振りかけたと思います」

阿比留李帆「あなたの あなたの あなたの中の高まりほモード スイッチ オン! チームSのりぃちゃんこと阿比留李帆です」

「私はとあるお寿司屋のサーモンバジルっていう新種がすっごい大好きだったんですよ。でも、ある日販売中止になっちゃって、こっちからしたらドーン(↓)って感じなんですけど、ある日サーモンバジル食べたくて食べたくて仕方なくて、これどうしようと思って、じゃ~、サーモンバジルの画像検索しようと思って、サーモンバジルの画像を検索してたら、なんと李帆の画像でてきて」客w&拍手

「ビックリして。サーモンバジルの中に李帆の画像があるんですよ、何個か」客w

「サーモンバジルの中に紛れてる李帆がすごい嬉しくて、もうほんとにサーモンバジル食べれなかったけど、サーモンバジルから幸せをもらったので、今日はみなさんにたくさんの幸せをお届けできるようにしたいと思います」

新土居沙也加「尾張名古屋は沙也加でワッショイ 今日も輝けハート星。チームSの新土居沙也加です」

「私は最近というか、改めて気づいたんですけど、私来年大人になるんですよ。だから、今までいろいろママにやってもらったので、これではいかんと思って、最近料理が好きだと発見したので、これからいろいろ勉強したいと思います」


【3列目 上手側から順に】
矢方美紀「いくぞー! (おー!) ひー!ふー! みきてぃ!M! 大分県から屋形船でやってきました、チャレンジ精神旺盛なみきてぃこと矢方美紀です」

「さっき、ちょうど25分か8分前に、目の前にですね、中西優香さんがいたんですよ。ここら辺、首筋た見えたんで、ちょっと見てみたら、赤く2箇所点々ができたんですよ。これはドラキュラに噛まれたなと思って」客、軽くw

「たぶんもう少ししたら中西さんから牙が生えてくると思うんですけど、今日は中西さんはたぶん血を奪われたんですが、私はみなさんのハートを奪って帰れるように」客、ひゅ~

「いきたいと思います」

江籠裕奈「しっかり者なみんなの妹になりたい、2000年生まれ、13歳の江籠裕奈です」

「私はまだ13歳なんですけど、最近の流行についていけてないなと最近思ってるんですよ。それをどうやったら流行についていけるか考えたところ、矢方美紀さんのモノマネを見てたら、最新のトレンドをたくさん取り入れてるから」客、軽くw

「流行に乗れる気がして、最近はさやちゃんと一緒によく矢方美紀さんの観察をしています」客「師匠」

「師匠。じゃ~、これから師匠と呼びたいと思います。今日は美紀さんみたいにはおもしろくないかもしれないけど、私の中での精一杯のおもしろいことをたくさん喋っていきたいと思います」

出口陽「ヘーイ ヘイヘイ ヘーイヘイ! (ヘーイ ヘイヘイ ヘーイヘイ!) ヘイ! (ヘイ!) ヘイ! (ヘイ!) ヘン! (タイ!) ヘン! (タイ!) あきすん! すっごいフライングしたよね、そこ(w) 三重県出身、25歳のあきすんこと出口陽です。こんばんは~」

「最近発見したことなんですけど、SKEのおバカキャラと言ったら、ゆりあだとか、あんにゃとか、綾巴だとかいるじゃないですか」客「宮前」

「でも私はほんとのおバカを発見してしまったんですよ」客「おー」

「本当のガチのおバカは佐藤聖羅さんです」客w
佐藤聖羅「やめろー」
出口陽「なんでや」
佐藤聖羅「違いますよね、聖羅。そうでもないよね」
出口陽「聖羅は、なんかもう、バカっていうのがバレるのが嫌で、そういう時発言しないらしいんですよ」客、軽くw
佐藤聖羅「やめて」
出口陽「でも私はなんで聖羅がバカなのかっていうの気づいたんですけど、見ての通り、やっぱり頭に行くはずの栄養が」客w

「全部このお乳に行ってしまった」
佐藤聖羅「お乳って言わんの」
出口陽「ダメ? NG? でもいいと思う。やっぱり、バカで巨乳っていうのはすごい最高だと思います」客w

「ですよね?みなさん」客、拍手&最高
佐藤聖羅「ありがとう」
出口陽「ほら、良かったね。最高だってw」
佐藤聖羅「なんなんこれ晒されただけやん」客、軽くw

「なんかやめようや」
出口陽「というわけでカットされるような発言ばかりしてしまったのですが」客w

「そんなことも気にせず最後まで突っ走って行きたいと思います。みなさんよろしくお願いします」

石田安奈「今日も小悪魔なプレゼントをお届けしてもいいですか~? (いいです いいです いいですよ) あんにゃこと石田安奈、17歳です」

「私はですね、ピンクがすごく大好きで、あとカメラとかで、みんながおもしろいことしたりすると、記念に撮りたい人なんですよ。それを知ってるにししが「あんちゃんって林家ピー子パー子さんに似てるね」って言われたんですよ。合ってる?」
佐藤聖羅「ピー子じゃないよね」
矢方美紀「ペー、パー子さん」
石田安奈「ペー子、パー子さんに似てるって言われるんですよ」客、反応

「違う?」
矢方美紀「ペー、パー子さん。子はいらん」
石田安奈「ペー、パー子さんに似てて」客w

「言われるんですよ。それがすごい笑い方が似てるって言われて、ハハハw」客w → 拍手

「似てる?」
出口陽「ソックリ」
石田安奈「ハハハw」
矢方美紀「あん子ちゃん」
石田安奈「あん子ちゃん、ちょっと入れてもらおう」

佐藤聖羅「水泳は得意、でも陸上競技は苦手。ゴーイングマイウェイなSKEの人魚姫、佐藤聖羅です」

「最近はですね、この公演の記録用として撮ったDVDをメンバーに渡してもらうんですけど、その時に、自分たちをチェックしてたら、聖羅のクセを発見しまして。なんか、ちょっとマイクをにぎにぎしてるんですよ。これは、なんの時だろうと思った時に、ちょっと考えてみたら、歌詞を思い出してる時」客、軽くw

「ちょっと飛んじゃってる時とかある時、思い出す時にこうやってやってるらしいんですよ。毎回見ても、その一瞬一瞬が見えるので、今日ももしかしたらどっかで見えると思うので、ぜひ注目してください」

出口陽「チームS「RESET」公演 以上のメンバーでお送りします。この公演をみなさんと一緒にチームSの色に染めていきたいと思います」


◆M05.制服レジスタンス (都築里佳木崎ゆりあ斉藤真木子)
◆M06.奇跡は間に合わない (磯原杏華中西優香阿比留李帆)
◆M07.逆転王子様 (新土居沙也加向田茉夏後藤理沙子)
◆M08.明日のためにキスを (出口陽大矢真那江籠裕奈佐藤聖羅)
◆M09.心の端のソファー (中西優香石田安奈矢方美紀)


■MC
矢方美紀石田安奈中西優香

中西優香「さて、10月10、11日はSKE48のリクエストアワーセットリストベスト50がもう迫ってるわけですよ。それにちなんで、今日は私たちのリクエストアワー的なやつ。私たちの中で、これの一番はこれだみたいな。例えば、一番好きな野菜は?みたいな」
矢方美紀「これけっこう難しいですよ」
中西優香「私はね、ネギです」
石田安奈「渋い」
中西優香「ネギはどれにでも入れたら、美味しくなる」
矢方美紀「万能ですもんね」
中西優香「そう、万能ネギとかあるから」
矢方美紀「でも、ネギ食べた後の口ヤバイですよ」
中西優香「まぁ、残るよね。何が好き?」
石田安奈「トマト」
中西優香「(真似て)トマト♪」
石田安奈「バカにしてるでしょ? このトークいっつも私バカにするよね」客w
中西優香「バカにしてないよ」
矢方美紀「あんちゃんはさっきの自己紹介の時にも、あん子ちゃんっていうのがもう確定したから、もうあん子ちゃんしか見えない、今日は」
中西優香「あん子」
矢方美紀「みなさん写真撮られないように気をつけてね」
石田安奈「そう、いつでも撮っちゃうから」客「あん子ちゃん」

「やだー、ありがとう。旦那よりいいわ。はい、あん子ちゃんでいいよ」
中西優香「みきてぃはちなみに」
矢方美紀「私はしし唐ですね」
中西優香「一番だよ」
矢方美紀「そうですよ」
中西優香「ほかにさ、あらゆる野菜がある中、しし唐?」
矢方美紀「しし唐です」
中西優香「しし唐ってどういう時に使うの?」
矢方美紀「けっこう週3は食べますよ」客、反応
中西優香「しし唐、週3で食べる?」
矢方美紀「みなさんわかってないな。しし唐っていうのはたまにめっちゃ辛いのが入ってるんですよ、中に。それ当たった時の快感ね。ヤベー辛いのきた!辛いのきた! 何も飲まないぞって言って飲み込むのがすごいかっこいいんですよ、自分の中で。やってみてください。スーパーで100円ぐらいですから」
中西優香「なんでそんな、自分に試練を与えてるの?」
矢方美紀「野菜でも、人生のように試練を与えるという」

中西優香「ほかに、これが一番っていうの何かある? じゃ~、男性の中で一番好きな部位。このパーツが好きだな、みたいな」
矢方美紀「コアですね」
中西優香「私は、ここの筋肉(背中の肩下付近)。肩甲骨的なやつ」
矢方美紀「そこがどうなる瞬間が好きなんですか?」
中西優香「ピッチリしてる服着てる時あるじゃん」
石田安奈「あー、Tシャツとかなんかさ、合ってないんじゃないの?みたいな」客w
中西優香「できれば合ってるほうがいいんだけど、けっこう出てる人を見ると、「おう、いいね」って思う」
石田安奈「筋肉けっこういいですね。私、手。血管出てるじゃん、男の人って」
矢方美紀「甲のほうね」
石田安奈「みんな出てますよね?」
矢方美紀「みなさん見せてみたら?あんちゃんに。もしかしたら理想の手が見つかるかも」
石田安奈「(客席を見る) スってしてる手が好きなの。血管出てるのにスっとした手」
矢方美紀「います?」
石田安奈「赤い服の方かな?」客「おー」
矢方美紀「おめでとうございます」
石田安奈「握手会にぜひ」客、反応

矢方美紀「私はですね、スキニーパンツを穿いた時の後ろのここの太ももら辺」
中西優香「どういうこと? わかんない」
矢方美紀「よくあの、シルエットあるじゃないですか。そこのシルエットのこの開いた感じが好きなんですよね」
中西優香「モモとモモの間ってこと?」
矢方美紀「はい、そうです。お尻からのここの開いた」
石田安奈「気持ち悪い」
矢方美紀「気持ち悪いね。そんなとこずっと見てるわけじゃないんで。たまに見るんです」
中西優香「今日のこの会話リセットしよう」客w

「「RESET」公演だけに」客、拍手

「後半にね、みなさん切り替えて、このMCのことはすっかり忘れて見てください」客w

矢方美紀「ということでみなさん、もうリクエストアワー間近に迫ってるんですが、みなさんの好きな曲がランクインしているといいなと思っております」


◆M10.毒蜘蛛
◆M11.オケラ
◆M12.ホワイトデーには・・・


■MC
◆前半:中西優香阿比留李帆木崎ゆりあ新土居沙也加矢方美紀大矢真那江籠裕奈出口陽

江籠裕奈「はい(挙手)」
メンバーたち「江籠ちゃん」
木崎ゆりあ「どうした?挙手」
江籠裕奈「あの、今日は最近「えー」と思った話についてお話したいと思うんですけど、そこでファンのみなさんにもお願いがあるんですよ。私たちが今から「えー」と思った話をするので、みなさんも「えー」と思ったら「えー」って言ってください」客「えー」

「お願いします」

大矢真那「私、昨日食べたお弁当が」
木崎ゆりあ「また食?」
大矢真那「いいの。カツだったんですけど、そのカツにかかっていたものがケチャップとソースのダブルだったんですよ。えー」客「えー」
阿比留李帆「その真那さんの「えー」に対して「えー」が返ってきましたね、今」客w
矢方美紀「普通は何をかける派ですか?」
大矢真那「普通はソースとマヨネーズなのに」
メンバーたち「えー!?」客「えー!」
阿比留李帆「そっちに「えー」だよ」
矢方美紀「ソースとマヨネーズ?」
大矢真那「うん」
木崎ゆりあ「ケチャップが許せなかったの?」
大矢真那「うん、ケチャップが許せなかったの」
中西優香「味噌かなと思った。味噌でしょ?みたいな感じで言うかと思ったら、そっち?」
矢方美紀「ちなみにマヨネーズ好きな陽さんもマヨネーズはかけますか?」
出口陽「いや、ケチャップとソース」客w
阿比留李帆「新たな違う意味での「えー」が生まれましたけど。ほかに誰かなんか」

江籠裕奈「私これめっちゃ自信あるやつです」客「おー」

「なんと、大矢真那さんのターゲットに後藤理沙子さんも入っていた」客「えー」
大矢真那「今更ですか?」
江籠裕奈「今日目撃してビックリしたんですよ。なんか、始まる前に「えー?理沙子かわいい」って言ってました、真那さんが」
大矢真那「でも私のキッズの最年長がさやちゃんなんですけど」
阿比留李帆「さやちゃん大学生よ」
大矢真那「でもたぶんその大学生はキャラで、ほんとは違うんだよ」客w
阿比留李帆「はい、意義あり。さやちゃんと同い年」客「えー!」

「ここが「えー」じゃん」
メンバーたち「ノリいいね」
阿比留李帆「なんで李帆は真那さんのキッズ対象じゃないのか」客「ないわ」

「ないわって今誰か言った!」客w
中西優香「真那、体型はキッズだよ」
阿比留李帆「ちょっとちょっとおかしい」客、ひゅ~&拍手

「今さ、完全に「イェーイ」って言ったでしょ」

中西優香「私の「えー」の話なんですけど、ゆりあさんが魚を釣ることを「魚を狩る」って言うんですよ」
メンバーたち「えー」客「えー」
中西優香「いやいや、言うんですよ。ビックリするでしょ? 最近のゲームかっていう話」客w

「魚を狩るって言う?」
木崎ゆりあ「魚を狩りに行こう。言わない? マジか。そんな私からいいですか? わたくしごとなんですけど、二桁っぽい掛け算ができるようになりました」客「えー」
矢方美紀「っぽいってなんですか?」
木崎ゆりあ「なんか、聞いたんですけど、例えばね、15×4とか、二桁っぽくない? 二桁じゃないらしいけど二桁っぽいじゃん」
大矢真那「じゃ~、何ができるようになったの?」
木崎ゆりあ「15×4とかできるよ」
中西優香「25×9は?」
木崎ゆりあ「ちょっと待って、25か」客w
メンバーたち「どうした」
中西優香「やめとく?」
木崎ゆりあ「10の位だとやり易い」
中西優香「19×9」
木崎ゆりあ「9? 99?」客w
矢方美紀「もうやめよう」

阿比留李帆「ラスト誰かいますか? あきすんとか。陽ちゃんの「えー」が聞きたい」
出口陽「私、今すっごい猛烈に、眠い」
メンバーたち「えー!」客「えー」
出口陽「久しぶりに出たから張り切り過ぎて、踊ったらすっごい眠くなった」
中西優香「さっきの、すぐきた? 踊ってる時は大丈夫?」
出口陽「踊ってる時は大丈夫。さっきのMCとか全然たぶん頭に入ってなかった」
矢方美紀「今の「えー」でたぶん起きたと思うんで大丈夫です」

江籠裕奈「今日はみんなが最近「えー」と思ったことについてお話させていただいたんですけど」
メンバーたち「かわいい」
江籠裕奈「これからも私たちの成長した姿を見て、みなさんが「えー」って言っていただけるように努力したいと思います」
阿比留李帆「かわいい。もうほんとかわいい」

# 後半メンバー登場 / メンバーチェンジ

◆後半:佐藤聖羅都築里佳石田安奈北川綾巴後藤理沙子磯原杏華向田茉夏斉藤真木子

斉藤真木子「ということでですね、私今日、初体験をいたしまして。公演が始まる前にラーメン屋さんに行ったんですけど、初めて替え玉を頼みました。替え玉ってなんだろうってずっと思ってて」客「えー」
佐藤聖羅「その流れ続いてるの?」
斉藤真木子「だから、聖羅ちゃんに「替え玉って何?」って感じで訊いて、一緒に行ったんですけど、玉替えるんだね」客w

「ラーメンおかわりってことでした。ということでね、今日はみんなに最近あった初体験を訊いてみたいなと思います」

磯原杏華「私、ほっかほかのお弁当を食べてたら、プラスチックの箸が折れたんですよ。割り箸とかじゃない。カッチカチの箸だよ。普通のお弁当用ね。カッチカチの箸がほかほかの白米食べて、折れたんだよ」
斉藤真木子「それは何? 白米が悪いの?」
磯原杏華「白米が悪いんだよ、これは」
都築里佳「箸が悪いんじゃなくて?」
磯原杏華「白米が悪い、これは」
後藤理沙子「どっちでもいいけどね」客、軽くw

「私は初1人旅。なんか、1人旅っていうか、ただの散歩っていうかな。なんか、歩きたいんですよ、私。家から車で45分とかかかる場所を歩こうみたいなことを試してみて、結局道に迷ってタクシーで帰るっていう」客w
メンバーたち「もったいない」
後藤理沙子「初もったいない」

都築里佳「私、高校3年生にして、高校生活で初めて2人目の友達が最近できました」
メンバーたち「おめでとう」客、拍手
斉藤真木子「ダンゴマンみたいな子でしょ?」
都築里佳「違う。1人は実家が和菓子屋さんなので、豆大福が美味しいから豆大福って勝手に呼んでるんですけど、もう1人、里佳よりも背がちっちゃくて、すごいかわいい子がお友達になりまして。高校生活で初めて2人の友達ができました」
斉藤真木子「良かった。仲良くしてあげてね」
都築里佳「あと短いけど仲良くします」

石田安奈「私は、お家に自分の部屋あるじゃないですか、みんな。ベッドもあって、机もあるんですけど、いつも私お母さんと寝てるんですよ。家族パパママ妹私で寝てて。寝たことがないんですよ、自分の部屋で。これ17年間なくて、だけど、つい最近ちょっと寝てみようかなと思って1人で寝るとすごい寂しいね、あれ」客w
都築里佳「寂しいですよね」
石田安奈「なんかママとかパパがいたのに、いないと思うとお化け出そうで怖くて、カーテンとかすごい洗濯バサミで出てこないように閉めたりとか、完全防備、もう。怖かったの。でも初めて(1人で)寝て、怖かった」

北川綾巴「私は札幌ドームコンサートの時に初めて飛行機に乗りました」
斉藤真木子「どうだった?」
北川綾巴「めっちゃ楽しかったです」
磯原杏華「楽しかったんだ」
北川綾巴「はい」
後藤理沙子「耳が痛くなったりした?」
北川綾巴「なりました。耳が痛くて起きました、寝てて」
斉藤真木子「札幌ドームって言ったら茉夏、隣だったよね」
向田茉夏「何が?」客w
斉藤真木子「席」
向田茉夏「ごめん、全然覚えてない。あっ、隣でした。ゆっこと3人でね」
石田安奈「うるさかったよ、まっきー。まっきー、飛行機に乗るとうるさいんですよ、ほんとに。なんて言ってたっけ? 上がる瞬間に、あー!!(手をバタバタさせる)」客w
佐藤聖羅「それはほんとに迷惑」
石田安奈「しばいたろーか!とか飛行機に向かって」客、軽くw
メンバーたち「怖い怖い」

佐藤聖羅「聖羅はですね、最近山登り初体験したんですよ。しかも聞いて。サンダルで行って」客「えー」
都築里佳「ダメですよ、それ」
佐藤聖羅「山登りってさ、何で行ったらいいかわからんくて、服とかもわからんくて。その日に決まって。遊んでたら、山登りたいなと思って。でも今サンダルやけど大丈夫かなと思って、大丈夫やろう、若いしと思って行ってみたんですよ。けっこうヤバかった。辛かった。でも気持ちいいですよね、山頂まで行くと。登ったことありますか? えっ?ない? ちょいちょい」
石田安奈「何山?」
佐藤聖羅「高尾山わかる?」客「おー」

「でもあそこけっこう道になってるから、ゴタゴタしてないから行きやすいんだけど、でもすごい時間かけて登ったよ」

石田安奈「ということでですね、私たちSKE48に入ってから、ほんとにたくさんの経験を積ませていただけてます。これからもみなさんの心に私たちの曲が、私たちの顔が残っていけたら」
誰か「顔が?」客、軽くw
石田安奈「ねぇ、つっこまんどいて。今がんばって締めてんねん」客w
斉藤真木子「なんで関西弁なん」
石田安奈「初体験ってどうやって締めるん。難しいのよ、パンパン。仕切り直して。みなさんの中に私たちの顔が」客、軽くw

「10年20年30年とこれからもずっと残っていけたらいいなと思います。それでは最後の曲です」


◆M13.ジグソーパズル48


■アンコール
発動客「生きてて良かったから、アンコールいっていいすか?」 → アンコール発動


◆M14.星空のミステイク
◆M15.夢の鐘


木崎ゆりあ「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

木崎ゆりあ「アンコールの1曲目「星空のミステイク」2曲目「夢の鐘」2曲続けて聴いていただきましたが、みなさん、まだまだ元気は余ってますか?」客「イェー!」

「ありがとうございます。それではここで、7月17日に発売されましたSKE48のニューシングルをチームSバージョンで聴いていただきたいと思います」客、拍手


◆M16.美しい稲妻
◆M17.JYURI-JYURI BABY


■MC
中西優香「美しい稲妻そして美しい稲妻のタイプAに収録されているJYURI-JYURI BABY 2曲続けて聴いていただきました。チームS「RESET」公演、みなさんの温かい声援を受けて、今日の公演も終わりを迎えようとしています。今日の公演の感想を、聖羅」
佐藤聖羅「えー? こないと思ってた」

「今日はみなさん、お越しいただいて誠にありがとうございます」客、拍手

「そうですね、なかなかこの公演が当たらないっていうのと、あとこの公演がもう少しで終わってしまうっていうすごいこの短い時間なんですけど、私たちはどれだけこの時間で完成度を高められるかっていうのでいつも毎日話し合ったりして、みなさんに楽しんでもらうことを考えながら、パフォーマンスしています。今日はみなさん楽しんでいただけたでしょうか?」客、イェー!&拍手

「ありがとうございます。みなさんに楽しんでもらえるのが私たちほんとに一番嬉しいことなので、もしまたいつか会うことがあったらいつでも遊びにきてください」客w

「そうですね、倍率が低い(高い)ので、いつでも会えるわけじゃないんで、みなさんぜひお時間があったら会いにきてください。よろしくお願いします。ありがとうございました」客、拍手

向田茉夏「次に聴いていただきます曲は組閣を受けたメンバーの気持ちが表れているんじゃないかなと思います。それでは本当に最後の曲です」


◆M18.引っ越しました


大矢真那「本日はご来場いただき、誠にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 大矢真那 ハイタッチ案内

# 手繋ぎ挨拶 「ありがとうございました」

メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:RESET)

# 公演終了


SKE48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】10月2日(水) チームS 「RESET」公演

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]


スポンサーリンク

トピックス (外部リンク)

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

LIVE!! ON DEMAND






REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

遠征の交通手段、宿の確保に…

スポンサーリンク

検索フォーム

RSSフィード

月別アーカイブ

最新記事

AKB48グループ×「bis」レギュラーモデル最終審査進出権獲得イベント『AKB48枠』ポイントランキング ※3日目(4/6)終了時点 2020/04/07
HKT48新劇場、オープン延期になる模様 (E・ZO FUKUOKAビル、開業延期) 2020/04/06
本日のライブ配信はありません (2020年4月6日) 2020/04/06
AKB48グループ×「bis」レギュラーモデル最終審査進出権獲得イベント『AKB48枠』2日目終了 ※ポイントランキング 2020/04/06
本日のライブ配信はありません (2020年4月5日) 2020/04/05
SKE48 10期生 SHOWROOM個別配信がスタート! 林美澪、石塚美月、木内俐椛子らが配信 2020/04/05
AKB48グループ×「bis」レギュラーモデル最終審査進出権獲得イベント『AKB48枠』初日ランキング 2020/04/05
本日のライブ配信はありません (2020年4月4日) 2020/04/04
SKE48 10期生 SHOWROOM個別配信が4月5日18時に解禁 2020/04/04
『チーム8結成6周年記念特番』アーカイブ配信開始! 2020/04/03